駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 9月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - - - -

9月 22日 (土) No2は黄金の椅子
9月 21日 (金) 副作用も大きい高い能力と知識
9月 20日 (木) これからの会社のあり方
9月 19日 (水) 災難は黒カバンと一緒にやって....
9月 18日 (火) 企業の目的は利益を上げる事で....
9月 17日 (月) 孫ができたら乱暴な運転がとて....
9月 16日 (日) 二つの法に挟まれ苦しむのが人間
9月 15日 (土) 情報伝達のために生まれ 心を....
9月 14日 (金) マンガ喫茶は避難所?
9月 13日 (木) 大坂選手に教えられた偏狭な自分


 

 9月 22日 (土)
 No2は黄金の椅子
自分の家に長年住んで 
 
何にも問題が無かったのに 
 
それを売却しようとすると 
 
不動産屋からあれこれ欠点を指摘され 
 
落ち込んでしまう方 
 
世の中には大変多いんだろうと思いますね。 
 
最悪の場合 
 
財産だと思っていたのに実際は負債だった 
 
なんて事もあると思います。 
 
土地代を上回る売却費用がかかる事もよくある話しです。 
 
これ 
 
お客様の気持を思うと本当に同情しますね。 
 
元々価値があったのに 
 
いつの間にそれを失う 
 
どうしてそうなるかと言えば 
 
一口で言えば 
 
時代の変化で 
 
行政や市場が不動産に求めるハードルが上がったからです。 
 
行政は特に災害防止の観点から 
 
色んな基準をどんどん上げて行きます。 
 
以前は問題無く建築許可が下りたのに 
 
今はやり直しを求められる擁壁がたくさんあります。 
 
土壌も工場をやってたなんて場所であれば 
 
そっくり入れ替える 
 
なんて事も起こり得ます。 
 
そんな感じで 
 
不動産はそこに住んでた時には 
 
何にも問題にならなかったのに 
 
売却するとなれば 
 
色んな悪い話しが出てくる 
 
こんな事が多いのです。 
 
この話し 
 
不動産の営業をするのであれば 
 
しっかり頭に入れて置きたいですね。 
 
そこに思いが至らずに 
 
ただお客様に対して 
 
事務的に淡々と悪い話しを語れば 
 
例えそれが間違って無くても 
 
お客様は 
 
ショックを受けていますから 
 
イメージで物事を判断するようになります。 
 
プライドの高い人であれば 
 
バカにされた 
 
って思うでしょうし 
 
責任感の強い人であれば 
 
責められてる 
 
そんな風に感じるはずです。 
 
そんな感情による誤解を丁寧に解いて 
 
そして冷静に現実を理解してもらう 
 
ここに全神経を集中するべきであって 
 
ただ無神経に言葉を並べ立てても 
 
目的を達する事はできません。 
 
せっかくお客様が足を運んで売却の相談に来て 
 
その後一生懸命物件を調査して 
 
そして結果を伝えたのに 
 
その後お客様からはウンもスンも無い 
 
なんて事で気を揉んでたら 
 
いつの間にか他社からレインズに出て来た 
 
なんて事であれば 
 
その失敗の原因は 
 
相手の心に対する無神経さ 
 
ここに起因する事も多い訳です。 
 
お客様に良い話しを伝える時には 
 
そんなに神経を使う必要はありません 
 
悪い話しを伝えなければならない時には 
 
相手の気持に可能な限り思いを巡らして 
 
そして事前にしっかり言葉を選んで準備する 
 
せめてプロを自称するのであれば 
 
この位は心がけたいものです。 
 
まぁしかしそうは言っても 
 
いくら準備をしても 
 
お客様はショックを受けますから 
 
結果こちらに悪印象を持たれてしまう 
 
そんなケースは避けられません 
 
それを防ぐには? 
 
まぁずるいようですが 
 
その役目は他社に負って貰うのが一番ですよね。 
 
ですから 
 
私は 
 
昔から 
 
二番手は黄金の椅子 
 
そんな風に思っているのです 
 
他の会社と競合したときに 
 
あえて最初の委任は取らない 
 
そんな事も良くありました。 
 
一度売りに出して 
 
売れなければ 
 
相手の営業マンも連絡が疎遠になりますからね 
 
そこで2番手で攻めて行けば 
 
売主は悪い話しを全て理解していますから 
 
良い話しだけをして 
 
喜ばれて成約になる 
 
なんて事も良くあるのです。 
 
不動産の営業は 
 
時間軸を入れて戦略を練れば 
 
結構楽しめる 
 
そんな世界でもあります。 
 

>> 返信
 

 9月 21日 (金)
 副作用も大きい高い能力と知識
再来年から改正民法が施行されますが 
 
私自身はまだあまり詳しくは勉強していません。 
 
一通り目は通しましたが 
 
すでに大半は忘れてしまいました。 
 
ですから 
 
施行が迫ってからもう一度勉強するつもりです。 
 
まぁこんな事ではプロとして失格? 
 
そう言われそうですが 
 
私の脳のスペックが低い訳ですから 
 
その都度学ぶしか無い訳です 
 
が 
 
世の中私より更に下の人間もいて 
 
と言うよりそっちの方がはるかに多くて 
 
驚く事が良くあります。 
 
同業者と話してもその事に全く関心が無い 
 
みたいな態度を取る人もいますし 
 
信じられない話しですが 
 
今の段階でも民法改正がある事すら知らない 
 
そんな不動産屋もたくさんいるのです。 
 
まぁそれでも問題無く仕事をしてますからね 
 
別にとやかく言う事でも無いし 
 
私が言えば五十歩百歩 
 
そんな風にも思いますから 
 
墓穴を掘らないためにもこの位にしますが 
 
実はゴルフでも 
 
民法改正と同じ位か 
 
あるいはそれ以上の大きな規則改正が行われます 
 
しかも 
 
それは来年1月1日から適用されますから 
 
もう3ヶ月くらいしかありません。 
 
ところが 
 
こちらはもっと驚く事に 
 
ほとんどのゴルファーはこの改正がある事自体を知りません。 
 
どうしてそうなんでしょうね? 
 
実はゴルフは大変面白い事に 
 
皆さん元々ルールについてああだこうだとうるさく言いますが 
 
ルールブックを読んでる人はほとんどいないのです。 
 
つまり 
 
先輩ゴルファーからの言い伝え 
 
これによって規則の伝承が行われています。 
 
って事は 
 
間違った知識も蔓延してるし 
 
本当の意味でルールを知ってる人は 
 
正式な競技に出るごく僅かの人達 
 
そうも言えるのです。 
 
大体私はたくさんの人とゴルフをしましたが 
 
ルールブックを持ってる 
 
なんて人はまずいません。 
 
私は有難い事に 
 
そのルールブックをプレゼントした方がいますので 
 
持っていますが 
 
そうでなければ 
 
私も伝承ルールゴルファーの仲間だったはずです。 
 
私は今回の規則改正 
 
一通りは学びましたが 
 
それはルールブックを持ってるからそうなった訳です。 
 
で 
 
他のゴルファーは知識がないのに 
 
自分だけ知識がある 
 
こんな時にどうするか? 
 
これ 
 
意識しないと 
 
自分自身が孤独になってしまう危険があります。 
 
つまり 
 
自分が良かれと思って色々語ると 
 
相手はそんな規則にがんじからめのゴルフなんて元々目指してない訳ですから 
 
ウザイ 
 
そんな風に思われてしまうのです。 
 
ですから 
 
正式な競技以外では 
 
自分の知識は封印 
 
これができなければ 
 
相手は 
 
文句ばっかり言われてるように感じて 
 
“アイツが来るなら行かない” 
 
って人が増えてくるのです。 
 
これが知識を持った人が孤独に陥るパターンです。 
 
ですから 
 
ゴルフで 
 
自分が正しい知識を持ってるとしても 
 
相手の許容範囲と人格を考慮して 
 
時には間違いだらけのゴルフを受け入れる 
 
この広い気持がなければ 
 
たくさんの人とゴルフを楽しむ事はできません。 
 
まぁゴルフは遊びですからね 
 
別にゴルフ仲間がいなくなってもそれは大した話でもありませんが 
 
この同じ構造は会社でも存在するし 
 
特に今の時代 
 
これを意識しないと 
 
パワハラの汚名を着せられ 
 
自分の人生が大きく狂う 
 
そんな事にもつながる可能性が高くなります。 
 
スポーツの世界で金メダルリストが 
 
次々にパワハラで失脚して行くのは 
 
自らの能力の高さ 
 
これを基準に指導するからです。 
 
金メダルを基準に選手を判断して 
 
大多数は無能と言う事になりますから 
 
指導者に排除の気持が湧くだろうと思います。 
 
そうなれば 
 
競技は成り立ちません 
 
たくさんの選手がいて 
 
その中に一握りの優れた人がいる 
 
これがスポーツです。 
 
にも関わらず 
 
一握り以外の人を否定するから 
 
結果自らの足下を救われる訳です。 
 
会社でも 
 
経験を積んだ者とそうでない者 
 
この間には 
 
知識も視野も大きな開きがあります 
 
にも関わらず 
 
部下を同列に扱っては 
 
これから伸びる芽を潰す事になります。 
 
人を使う立場になれば 
 
時には幼い行為にも 
 
目をつむり 
 
大きな気持で育てる事が求められます 
 
この気持が持てずに 
 
相手を責め立ててばかりでは 
 
誰も育てる事ができないし 
 
人が育てられなければ 
 
自らの管理職の評価も 
 
不合格 
 
って事になるのです。 
 
能力が高い者は 
 
自らの能力を封印する事ができなければ 
 
人生が上手く行かなくなる 
 
今の時代は 
 
そんなケースがたくさんテレビで流れますから 
 
しっかり学びましょう。 
 
能力が高ければ 
 
孤立から転落 
 
この危険も高い 
 
だから国家組織も 
 
スポーツや芸能の世界も 
 
ワイドショーのネタの宝庫な訳です。 
 

>> 返信
 

 9月 20日 (木)
 これからの会社のあり方
ゴルフ人口の減少に伴い 
 
ゴルフ場は色んな取り組みをして対応していますが 
 
その中に一人予約と言うのがあります。 
 
実際にはゴルフ場と言うより 
 
そんなシステムを提供してる会社ができた訳ですが 
 
これは大変斬新な発想ですよね。 
 
ゴルフは元来仲間集めが大変ですから 
 
その負担が取り払われて 
 
好きな時に一人で好きなゴルフ場でプレーする 
 
これは大変有難い話しです。 
 
私もこのサイトが出来たときには試しに2〜3回行った事があります。 
 
今は毎週予定がギッシリ詰まってますから行く事はありませんが 
 
機会があればまた行きたい 
 
そんな気持は今でもあります。 
 
この一人予約サイト 
 
申し込む前に先にエントリーしてる人がいれば 
 
その人のプロフィールが分かります 
 
年齢、性別、スコア 
 
そんな物を参考に 
 
一緒に回りたいかどうか? 
 
決めてポチッとエントリーボタンを押すわけです。 
 
で 
 
先日 
 
この一人予約サイトに頻繁に行ってる女性の話を聞きました。 
 
一人予約は男性が多い訳ですが 
 
一人で若い女性が見ず知らずの男達と回る 
 
まぁすごい勇気ですよね。 
 
ただ 
 
女性は生まれながらにして男性を手玉に取る 
 
そんな能力を備えた人もたくさんいますから 
 
いても不思議ではありませんよね。 
 
で 
 
この方が一人予約に行く理由 
 
これを聞いて 
 
男の哀れさ 
 
こんなものを感じてしまいました。 
 
その女性が一人で出かけるのは 
 
実はタダでプレーさせてくれるゴルフ場が多いそうです。 
 
どうしてそうかと言えば 
 
女性がエントリーすると 
 
すぐに男性が群がって申し込んで来るそうです。 
 
ですから 
 
ゴルフ場としては 
 
女性のプレー代を無料にしても元が取れる 
 
そんな話しです。 
 
情けないですよね。 
 
歌舞伎町で道端に立ってる美女に釣られてキャバクラに入る 
 
この構造がゴルフの世界でもあるって訳です。 
 
この話しを聞いて子供の頃のトンボ取りを思い出しましたね 
 
正式名は分かりませんが 
 
ケンタマーと呼んでた大きなヤンマの仲間がいて 
 
これをたくさんとって自慢する 
 
これが一時期私の村の子供達の間で流行っていました。 
 
で 
 
これ 
 
最初の一匹を取るまでは本当に大変で 
 
頑張っても何日も取れない時があります 
 
ところが 
 
一匹だけ捕まえると 
 
もう何十匹でもあっと言う間に取れます 
 
それは 
 
最初の一匹がメスだからです。 
 
メスを捕まえて糸に縛って飛ばせば 
 
どこからともなくオスのケンタマーが押し寄せて来るんです。 
 
この記憶が 
 
一人予約サイトの常連のお姉さんの話を聞いて蘇った訳です。 
 
オスは哀れ 
 
って訳です。 
 
まぁしかし最近私は孫が二人産まれて 
 
女性は本当に大変だと思いますね 
 
妊娠のつわりの苦しさから出産の痛み 
 
そしてその後も夜中も頻繁に授乳しますから 
 
寝る時間もありません。 
 
そうやって命をつなぐわけですから 
 
そもそも異性に快楽だけを求める私達男とは 
 
同じ人間とは言っても 
 
その価値は大きく違う 
 
そんな風に思います。 
 
私は 
 
今の女性の社会的地位はまだまだ改善すべき 
 
特に今年孫が産まれてその事を強く感じるようになりましたね。 
 
そして 
 
出産子育てに関わる社員がいれば 
 
お母さん達の負担の軽減 
 
これを支えるのも会社の役目ですし 
 
その事ができない会社は 
 
存在意義も問われる 
 
そんな風に思います。 
 
昔は隣近所で助け合って子育て 
 
これが当たり前でしたが 
 
地域のつながりが薄れた今 
 
それを担うのは会社 
 
そう思って 
 
これからの会社作りをするつもりです。 
 


  本当に(我ながら)男って哀れですよね。
私の周りにいる女性も大変な境遇ながら強くたくましく生きている方が多いので、もっと会社や社会での地位が改善してもらいたいと思っています。

今年の年末に沖縄に遊びに行けそうです。
12/28から行って29あたりから沖縄本島をロードバイクで一周しようと思っています。
28の夜とかオフ会があるようでしたら、是非参加させていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします!
ニチ(テツ) ..9/20 22:40(木)

  >ニチ(テツ)さん
多分そのいずれかでオフ会があります。12月半ばには決まりますのでその頃連絡いただければと思います。
はるぼ ..9/21 10:07(金)

  了解しました!
また改めてご連絡させていただきます。
よろしくお願いします。
ニチ(テツ) ..9/21 11:27(金)
>> 返信
 

 9月 19日 (水)
 災難は黒カバンと一緒にやってくる
世界でダントツのベストセラーと言われて 
 
私も数冊持ってるのに 
 
聖書をまともに読んだ事はありません 
 
たまに暇つぶしで目を通しますが 
 
その記述は膨大ですから 
 
とても最後まで読むなんてのは不可能だって分かってますから 
 
つまみ読み程度で終る訳です。 
 
しかしいつも感心するのは 
 
読むだけの事も私にはできないのに 
 
これを翻訳した人がいるって事ですよね。 
 
大変根気の要る作業ですから 
 
まさに信仰がその力を与えたのかも知れません。 
 
しかし翻訳した人には申し訳ないのですが 
 
書物は翻訳した段階で本来の価値の大半を失いますよね。 
 
聖書に限らず 
 
私は外国文学の翻訳した物もあまり好きではありません。 
 
無理矢理翻訳してますから 
 
日本語としてもおかしいし 
 
人名地名はカタカナ表記ですから 
 
読んでる内に誰が誰だか分からなくなってしまって 
 
脳が拒否反応を起こすのです。 
 
まぁしかし言っておきますが 
 
これは私の脳のレベルが低いってだけの話しです。 
 
実際外国文学のファンもたくさんいますし 
 
優秀な方達は医学書のように難解な書物もしっかり消化してますからね 
 
アメリカへ留学してノーベル賞を取るような人達は 
 
私とは明らかにその脳のスペックは違う事を感じさせてくれます。 
 
この事が分かってますから 
 
私は自分が理解出来ないからと言って外国文学を否定する事もなければ 
 
聖書に価値が無い 
 
なんて事にはもちろんなりません。 
 
自分の脳を超えた価値はむしろ間違い無く存在する 
 
そんな風に思っています。 
 
ただこの難解な世界 
 
脳のスペックの違いだけで起こる訳ではありません。 
 
脳のレベルは変わらないのに 
 
ある分野に集中して脳の資源を注げば 
 
そこに普通の人が簡単にできない世界を作る事はできます。 
 
具体的には 
 
例えば私の兄は車の車検の検査官の資格を持っていますが 
 
兄が語る車の専門用語は 
 
私にはチンプンカンプンでした。 
 
また逆に兄は 
 
私が法律の話しをしても 
 
ほとんど理解できません。 
 
お互い兄弟ですから 
 
脳のレベルは同じですが 
 
その得た知識の分野によって 
 
相手の世界が理解できないのです。 
 
この現象は 
 
今の高度に分業された世界では普通に起こる事です。 
 
つまり 
 
職業によって 
 
自分の従事する世界はどんどん知識が深まりますが 
 
そうでない世界は全くの無知 
 
これが今の時代です。 
 
そしてそのギャップには 
 
大きな落とし穴が待ってる事があるのです。 
 
最近当社のお客様がハマった例では 
 
飛び込みでやってきた建築業者に 
 
税金だの経済予測だの 
 
難解な話しをガンガン吹き込まれ 
 
結果不安になり 
 
言われるままバカ高い建物を建てさせられた人がいますが 
 
この話し 
 
後で聞かされましたが 
 
私達から見れば 
 
詐欺に近い話しです。 
 
気の毒にもう建物も完成してますから 
 
後戻りはできませんが 
 
この被害に遭わないためには 
 
この落とし穴に落ちないための準備 
 
これが必要です。 
 
難解な世界を利用して金儲けをする人達 
 
共通した特徴が有りますから 
 
それを頭に入れるだけでも 
 
被害は防げます。 
 
不動産で言えば 
 
私が大学を卒業して 
 
知らずに勤めた詐欺会社の上司が 
 
“身内には黒カバンを持って飛び込みでやってくる不動産屋は相手にするなって言え” 
 
って言ってましたが 
 
本人がその黒カバンで飛び込み一筋の人生を歩んでましたから 
 
説得力がありました。 
 
今でもこの話しは使えます 
 
実際にさっき言ったお客様も 
 
飛び込みでやってきた建築屋に引っかかったのです 
 
リフォーム詐欺やら 
 
布団商法やら 
 
みんな飛び込みで理解力のない獲物を探すのです。 
 
そんな訳で 
 
飛び込みでやってくる人達は注意 
 
これがまず一番です 
 
で 
 
飛び込みでやってくる人達 
 
大体相手の不信感を取り去る道具がありますよね。 
 
昔の詐欺会社は 
 
社員に自分の所の社長が 
 
有名人と握手してる写真が入ったチラシを持参する事がよくありましたし 
 
投資詐欺の会社は 
 
自社が新聞で取り上げられた記事を持ってきます。 
 
先ほどの当社のお客様で言えば 
 
テレビコマーシャルを流してる会社だから引っかかった訳ですが 
 
少し過去を遡れば 
 
たくさんの被害舎を出した会社は 
 
一時テレビコマーシャルをガンガン流してた 
 
ってのが多いのです。 
 
私達の地域には 
 
昔、別荘地を買って今は無価値になり困ってる人がたくさんいますが 
 
当時はそんな別荘地を 
 
テレビコマーシャルを流して売ってた会社がたくさんあったのです。 
 
その信用をバックに 
 
たくさんの黒カバン持ちが 
 
ローラー作戦で飛び込みで別荘地を売りまくった訳です。 
 
まぁこんな話しばかり書いてると飽きられるかも知れませんので 
 
この位にしますが 
 
最後にもう一つ 
 
簡単な話をあえて難解に仕上げて 
 
素人に語る人 
 
大体ろくな人間はいません 
 
難解な話しを分かり易く語る努力をする人 
 
信用できる人が多いですね。 
 
私は社員の重説は 
 
そんな事を意識して 
 
時には指導しています。 
 
これは 
 
宗教でもビジネスでも共通してますから 
 
頭に入れると良いでしょう。 
 


  いつも楽しみに読んでます
聖書なら 箴言 ですね。、ビジネスにも役立つ言葉、格言たくさんあります。
箴言16:32
怒ることに遅い人は力ある者に勝り+,自分の霊を制している人は都市を攻め取る者に[勝る+]。
saikoo ..9/21 0:46(金)

  >saikooさん 
大変良い言葉ですね。
私自身これまでの人生
怒りの沸点を下げる事に格闘してきましたから大変良く理解出来ます。
はるぼ ..9/21 8:13(金)
>> 返信
 

 9月 18日 (火)
 企業の目的は利益を上げる事ですよ社員の皆さん
私は良く知合いから不動産の仕事は大変でしょう? 
 
って聞かれます。 
 
大変と言えば大変ですが 
 
しかし私は大学卒業以来不動産の仕事以外はした事が無いので 
 
他の職業の事は良く分かりません 
 
分かりませんが 
 
私から見れば他の仕事の方が大変 
 
そんな風に見えます。 
 
例えば床屋さん 
 
私は若い頃から重い鼻炎を患っていますので 
 
鼻水を垂らしながらお客様のヒゲを剃る事になりますから 
 
誰も来なくなると思いますし 
 
食べ物屋さんであれば 
 
料理に鼻水を垂らしてしまう可能性もありますから 
 
トラブルが多発してしまいます。 
 
また製造業の皆さんも 
 
新しい製品の開発から始まって 
 
商品化して利益を生むまでは 
 
大変長い時間がかかる訳で 
 
その忍耐と勇気は 
 
とても私には備わっていない 
 
そんな風にいつも感じます。 
 
私達の身近では建築業がありますが 
 
これも私から見ればとてもやれない 
 
そんな世界です。 
 
お客様は相見積もりを取るのが当たり前ですから 
 
大変な労力をかけて図面やなんかを描いても 
 
それが徒労に終る確率は高いですし 
 
実際仕事を受けても 
 
たくさんの下請け業者を使って工事を依頼しますが 
 
その下請け業者にはいい加減な人間もたくさんいるでしょうし 
 
また施主からの入金が遅れても 
 
期限には下請けには支払わなければなりませんので 
 
資金繰りも大変だろうと察します。 
 
そうやって考えると 
 
実はどんな商売でも楽で儲かる 
 
なんてのは滅多にない訳で 
 
それを理解すれば 
 
私は不動産の仕事は別に大変では無い 
 
そう思っています。 
 
ただ不動産の仕事は 
 
明らかに他の業種とは違う 
 
そんな部分がたくさんありますので 
 
この仕事に向いてる人は限られる 
 
そんな風にも感じています。 
 
そしてその適性は 
 
不動産屋によって求められる物が違う 
 
これも間違いありません。 
 
資産家の経営する家族が支配する会社は 
 
その社員に求められるのは 
 
従順さと忍耐です。 
 
経営陣には逆らわずに 
 
ひたすら言われた事を忠実にやれば 
 
長く居られますが 
 
反抗すれば即針のムシロに座らされます 
 
そんな会社は 
 
一番の目的は経営者家族の資産を守る事ですから 
 
一般社会の常識を持ち込む事は 
 
逆に経営者の逆鱗を買う 
 
なんて事になります。 
 
感覚的には封建時代の殿様と家来です。 
 
また 
 
ひたすら売り上げに固執して 
 
社員を追い詰めて収益を上げる 
 
なんて会社もたくさんあります。 
 
社員の定着率は低くても 
 
業績はうなぎ上りとなります。 
 
こんな会社では 
 
体育会系の押しの強い人間が出世していきます。 
 
そんな感じで 
 
不動産屋は会社によって 
 
その求められる人材が違う 
 
そう言えるのかも知れません。 
 
当社も例外ではありません。 
 
私達が求める人材も 
 
他とは明らかに違います。 
 
他の会社では務まっても当社では務まらなかった 
 
なんて事もありましたし 
 
逆に当社では務まらなかったのに 
 
他の会社では頑張ってる 
 
そんな人もいます。 
 
では 
 
私はどんな人を求めるかと言えば 
 
基本的には真面目な人間です 
 
当社の社員は今真面目な人間ばかりです。 
 
ただ 
 
この真面目な男達 
 
欠点も抱えています。 
 
それは柔軟性に欠けるのです 
 
その欠けた部分 
 
これを補うのも私の仕事です。 
 
例えば 
 
私が指導しないと 
 
社員は全員ボランティアになります。 
 
つまり 
 
顧客から言われた事に 
 
真面目に応えようとしてる内に 
 
収益にならない仕事 
 
これに走って 
 
本来の業務から逸脱してしまうのです。 
 
具体的には 
 
以前一生懸命駐車場を探してる社員がいましたので 
 
何のために探してるのか? 
 
って尋ねたら 
 
お客様に頼まれたから 
 
って答えました 
 
で 
 
そのお客様はどんなお客様か? 
 
と更に尋ねたら 
 
3ヶ月ほど物件探しを手伝ったそうです 
 
手伝った結果どうなった聞いたら 
 
他の不動産屋でお部屋を借りたそうです 
 
で 
 
何でその他で契約になったお客様の駐車場を探してるのか? 
 
と尋ねたら 
 
そのお客様に頼まれたから 
 
って言いました。 
 
どうして部屋を借りた不動産屋に頼まないのか? 
 
って聞いたら 
 
その不動産屋は 
 
駐車場は仲介できない事が多いので 
 
自分で駐車場の看板を見て電話するように言われたそうです。 
 
だから 
 
当社の社員に頼んだ訳です。 
 
で 
 
社員は 
 
言われるまま 
 
お金にもならないのに 
 
一生懸命走り回って駐車場探しって訳です。 
 
まぁこの行為 
 
人間的に間違ってるかと言えばそうは言えませんよね 
 
但し 
 
会社は利益を目的としてる訳ですから 
 
収益の見込みの無い行動 
 
これはやってはいけない事です。 
 
これを私は指導するわけです。 
 
真面目さ故に 
 
こんな事まで言わなければならない 
 
当社ではこんな事が 
 
よく起こります。 
 

>> 返信
 

 9月 17日 (月)
 孫ができたら乱暴な運転がとても気になるようになりました
以前何度かブログに書きましたが 
 
バスの運転手の質が低下していて 
 
横断歩道を渡ってる歩行者のギリギリまで車を寄せて 
 
威圧するような運転手が増えてきましたが 
 
一度だけそれだけでは飽き足らずに 
 
窓を開けて歩行者をにらみつけてる人がいましたので 
 
あまりにも酷いと思い 
 
あまりやりたくは有りませんがバス会社に通報しました 
 
まぁしかし今の運転手不足でバス会社も何もしないだろう 
 
なんて思っていたら 
 
すぐに連絡が来て 
 
会社で状況を確認したそうです。 
 
で 
 
余りにも酷くて会社も愕然とした 
 
って話しでした。 
 
平謝りで 
 
指導を徹底する 
 
って書いてありました。 
 
まぁしかしそうは言っても多分お決まりのクレーマー対応 
 
そう思ってあまり期待はしていませんでしたが 
 
その後何度か連絡があり 
 
本当に危機感を持ってる事が伝わってきました。 
 
クレーマー扱い覚悟で通報したのに 
 
どうしてそこまでやるのか? 
 
理由が分かりました 
 
単なる電話の段階では伝わりませんでしたが 
 
彼等は動画を見たのです 
 
バスにはドライブレコーダーが設置してあって 
 
私のように時間と場所を伝えると 
 
その状況が動画で見れる訳です 
 
で 
 
これは酷すぎる 
 
って事になったようです。 
 
その後どうなったかと言うと 
 
明らかに運転手の皆さん以前とは変わりましたね 
 
悪質な威圧運転は無くなりました。 
 
言って見るもんだと思いましたね 
 
バスの運転は命に関わる事ですから 
 
私の孫もこの地域にいますので 
 
本当にあんなのが増えたら危ない 
 
そう思って通報したのですが 
 
これで一つでも事故が減れば 
 
大変意味があったと思っています。 
 
まぁそんな訳で 
 
私達の地域は問題が改善しましたが 
 
他の地域では悪質ドライバーはいると思いますので 
 
見かけたら是非時間と場所を伝えて 
 
通報した方が良いと思いますね。 
 
運転手不足だからと言って悪質ドライバーを放置する事は無い 
 
これが今回の事で良く分かりました。 
 
そんな訳でバスは良いとして 
 
もう一つ 
 
タクシーのドライバーも少しマナーが悪くなってきましたね。 
 
タクシーは昔は元々悪質なドライバーが多くて 
 
昔は私の地元の沖縄では 
 
タクシードライバー=アウトロー 
 
そんなイメージがありました。 
 
今では信じられない話しですが 
 
お客様を人気のない所に連れて行き 
 
金を奪う 
 
そんな事件も頻発しました。 
 
まぁ元々カゴを担いでた雲助 
 
って職業はそうだったようですから 
 
一時はカゴがタクシーに変わっただけ 
 
って事だったのかも知れません。 
 
その後 
 
この事が社会問題にもなり 
 
タクシー会社も運転手のマナーの教育に力を注いだために 
 
随分質は向上しましたよね。 
 
一時期当たり前のように語られてた乗車拒否 
 
って言葉も死語になりました。 
 
ただ 
 
この世界もまた最近は質の低下を感じる事が増えましたね 
 
私自身はタクシーに乗る事はあまりないので 
 
乗客への態度が悪くなってるかどうか分かりませんが 
 
最近見かけるのは 
 
住宅地で信じられない位に猛スピードで走ってく人や 
 
直進車がいるのに 
 
ギリギリで右折して行く人とか 
 
とにかく少し前まではあまり見られなかったシーンが起こるのです。 
 
どうして私がそこまで運転手の質の低下を感じるかと言うと 
 
当社の前が交差点になっていて 
 
毎日たくさんのバスとタクシーを長年見続けてきたからです 
 
だから 
 
普通の人が気づかない変化が見える訳です。 
 
先日も書きましたが 
 
企業はその足場を顧客から従業員へ移してるのは間違いありません 
 
その結果運転手の質の低下も甘受してる 
 
そんな風にも見えます。 
 
これは世の流れですから抗う事はできませんので 
 
この変化は社員側としては好ましい変化ですが 
 
消費者としてはサービスが悪化する 
 
これは意識するべきでしょうね。 
 
まぁしかし 
 
バスやタクシーは人の命がかかってますから 
 
こんな時代でも 
 
会社の方はナントカ頑張って運転手を指導してもらいたいものです。 
 
せっかくドライブレコーダーついてのであれば 
 
頑張ってチェックしてもらいたいものです 
 
そうすれば 
 
制限速度の倍で走ってる人がいるのも分かりますから 
 
社内に爆弾を抱えてる 
 
そんな気持にもなるはずです。 
 
まぁしかし人ごとでもありませんね。 
 
当社の社員も毎日外を走り回っています。 
 
皆さんくれぐれも安全運転に気を配って下さいね。 
 
小さな子供をみかけたら 
 
この子達の命を守るのは社会の義務 
 
そう思えば 
 
アクセルを踏んでる足も力が緩むはずです。 
 


  那覇で毎日車or原付を運転していますが、沖縄のバス、タクシーの運転手のマナーやモラルは20年前と比べると、琉球バスと那覇交通の経営破綻による、本土企業で、地元企業よりは経営や社員教育が優れていると思われる第一交通の進出による好影響、昨今のインバウンドがもたらす好景気で、以前は物凄かった客待ちタクシーも少なくなり、大分良くなったと思います。
今でも第一交通に買収されていない東〇バスの運転だけ荒くて残念な状況ですが。
東京や神奈川よりも沖縄のほうが優れている事象もあるのかと思いました。
ちゅらさん ..9/17 5:56(月)

  >ちゅらさんさん
沖縄のタクシー運転手のマナーが向上してるのは私も大変良く知っています。
もう15年くらい前ですが最終便で帰ったらユーマールが走ってなくて
タクシーに赤嶺駅までって伝えたら
言葉も発せずに120km位のスピードで連れて行かれました。多分遠方までの客を期待してたのでしょうが当時は東京ではぜったに見られないシーンなので本当に驚きました。
今は毎回快適に乗せてもらっています。
道中のウチナーグチでの会話
いつも盛上がりますので
沖縄のタクシーは大好きです
はるぼ ..9/17 8:29(月)

  那覇バスターミナルが10月に新装オープンするそうですが、北九州のタクシー会社である第一交通産業(株)の沖縄展開は不動産ビジネスを展開する貴社、貴方の視点、観点からすると成功すると思いますか?
ちゅらさん ..9/20 22:30(木)
>> 返信
 

 9月 16日 (日)
 二つの法に挟まれ苦しむのが人間
海外から色んなニュースが流れてきて 
 
私達日本にいては信じられない 
 
なんて話しも多いのですが 
 
おととい流れてきた 
 
ドイツのカトリックの聖職者による性的虐待のニュースは 
 
本当に驚きましたね。 
 
これまでもアメリカやヨーロッパやラテンアメリカから 
 
同じようなニュースはたくさん流れて来ましたが 
 
今回のドイツのケースはケタ違いですね。 
 
1946年から2014年までで 
 
加害者である聖職者は1670人 
 
被害を受けた人は3677人だそうです 
 
ドイツ司教協議会は 
 
がく然とし恥ずかしく思う 
 
なんてコメントを出してますが 
 
そんな生やさしい話しではありませんよね 
 
カトリックの存在意義が大きく揺らぐ 
 
私はそう思います。 
 
更に私達が理解出来ないのは 
 
世界で起こるカトリックのこの醜態 
 
共通点がありますよね。 
 
それは加害者は男性聖職者で 
 
被害者は未成年の男の子 
 
つまり 
 
カトリックの聖職者は 
 
同性愛者と小児性愛者だらけな訳です。 
 
宗教とはかけ離れた人達が宗教指導者? 
 
信じられませんが 
 
そんなイメージですよね。 
 
カトリックはこのまま存続できるんでしょうかね? 
 
まぁしかし私は宗教に詳しい訳ではありませんが 
 
こうなる理由も少し分かりますよね。 
 
宗教では聖職者は妻帯を許されない 
 
なんて事も多いですから 
 
元々は 
 
そのハケ口でそうなったのかも知れません。 
 
日本でも昔は坊さんは禁欲生活を強いられた訳ですから 
 
公にならないだけで似たような事はあったのかも知れませんね。 
 
いずれにしてもこの話しから学ぶ事は 
 
私達人間は動物と大きく違うのは 
 
生き物全般に備わってる子孫をつなぐための法と 
 
私達人間の社会を律する法 
 
この二つの間で苦しむ 
 
そんな生き方が運命づけられてる 
 
って事ですよね。 
 
辛い物ですね 
 
こんな風に考えると 
 
聖職者の皆さんも気の毒な気になりますが 
 
しかし実際にはそうではありませんね 
 
自らの性欲を抑えられないのであれば 
 
元々聖職者にならなければ良かった訳です。 
 
自らの社会的評価を高みに置かなければ 
 
本能に重点を置いた生き方もできる 
 
これが今の社会です。 
 
聖職者の皆さんが叩かれるのは 
 
その地位で社会的評価を得ながら 
 
一方で本能を抑制できない生活を送る 
 
このズルさが許されないのです。 
 
禁欲生活に自信が持てないのであれば 
 
元々そんな職業に就かなければ良いだけの話しです 
 
ですから同情の余地はありません。 
 
この話し 
 
カトリックの聖職者だけの話ではありませんよね。 
 
私達の日々の生活においても 
 
この本能が作る法と 
 
社会が作る法 
 
この二つに苦しめられる構造は一緒です。 
 
ですから 
 
自らの内面とよく向き合い 
 
それで職業を選択すべきです 
 
その選択が間違ってるから 
 
定年間際の校長先生が懲戒免職 
 
なんて悲惨な事になるのです 
 
社会的評価の低い職業であれば 
 
風俗通いも何にも問題がありませんから 
 
動物の本能が強ければ 
 
そんな道を歩むべきです。 
 
下ネタだけの話しではなく 
 
私達は自身の本質と違う生き方をするから苦しむのです 
 
自らの本質に忠実に生きれば 
 
人生も捨てたものでは無い 
 
そう思うはずです。 
 
また 
 
不動産の仕事は 
 
そんな人達とたくさん出会える世界でもあります。 
 
ボロアパートに住みながら 
 
夜になると女装してオカマバーでお仕事 
 
それはそれでとても輝いてますから 
 
立派な生き方 
 
私はそう思います。 
 
カトリックの聖職者の皆さん 
 
お参りするなら 
 
バチカンより新宿二丁目ですよ 
 
読んでますか? 
 


  私も新宿2丁目に行きたいし週一ぐらいで通いたいのですが、沖縄に住んでいるとどんなに安いLCCがあっても、仕事休んで連休を取ったり、成田空港に降りて都心に向かうのにも物凄く時間が掛かったり疲労感が凄くて、頻繁に通うのは無理で困っております。

これを解決するには沖縄を去り東京に移住するしかないと思っていますが、それにもいろいろ困難があり困っています。
ちゅらさん ..9/17 6:05(月)

  >ちゅらさんさん
今は東京も人手不足ですから移住するチャンスかも知れませんよ。アパートもたくさん余ってますし・・
はるぼ ..9/17 8:23(月)

  御社の営業エリアの町田や神奈川には決して住みたくなく、新宿区中野区限定で住まねば新宿二丁目にも毎日まともに通えないと思うのですが、その方面の物件も紹介してもらえますか?
ちゅらさん ..9/17 22:39(月)

  >ちゅらさんさん
その方面でも物件を探す事はできますが
賃貸の場合良い物件は地元の業者が抱えてる事も多いので一度はその地域の会社から当たった方が良いかも知れません
はるぼ ..9/18 9:04(火)
>> 返信



>> 過去の日記へ



| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++