駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 10月
 日 月 火 水 木 金 土
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - -

10月 18日 (水) 酒を飲まない飲み会もまた良し
10月 17日 (火) 選挙は自分の立ち位置を確認す....
10月 16日 (月) 自己評価と客観評価のギャップ....
10月 15日 (日) 簡単に起業できる世界は簡単に....
10月 14日 (土) 一旦リセットされた記憶はもう....
10月 13日 (金) 人間心理を学べば苦しみは減る
10月 12日 (木) オスに戻れば人間も野獣
10月 11日 (水) 改革は必然 でも疲れる
10月 10日 (火) 好きな男もいずれ粗大ゴミ
10月 09日 (月) 出来る社員は上司を酷使する


 

 10月 18日 (水)
 酒を飲まない飲み会もまた良し
おとといは会社の飲み会でしたが 
 
私は不覚にも風邪を引いてしまい 
 
酒を飲む事はできませんでした。 
 
しかしこの酒が飲めない飲み会 
 
これも悪くありませんね。 
 
社員の皆さんを車に乗せて私が運転する訳ですが 
 
タクシー代が浮きますし 
 
一人でシラフだと 
 
社員の皆さんの会話も離れた立場から観察する事ができます。 
 
でこの会話の中身 
 
自分自身も普段はそれで盛上がっていますが 
 
冷静に聞くと 
 
何十年も基本的には同じパターンですね。 
 
酔っ払いの会話は 
 
いくら時間が経っても進歩しない 
 
これを改めて確認しました。 
 
私自身同級生が集まって飲むときには 
 
皆腹を抱えて笑いまくってますが 
 
考えて見れば中学からほとんど中身は進歩してませんね。 
 
還暦を過ぎても 
 
私がフラれた時の話しは定番のネタです。 
 
しかし会話の進歩はしませんが 
 
お互い酒を飲んでると 
 
気持は完全に昔に戻ってる訳で 
 
その意味では酒は魔法の液体ですね。 
 
ただ自分が酒が入らないと 
 
酔っ払いの周りへの無神経さ 
 
これもよく分かりますね。 
 
先日行ったお店は 
 
当社のお客様の店で 
 
高級を売りにする焼き肉店でしたが 
 
そんな中 
 
居酒屋ばりのデカイ声で盛上がってる訳で 
 
すこし気が引けました。 
 
しかしこれは普段の私の姿だし 
 
せっかくみんな揃って楽しく過ごしてるので 
 
私はあえて注意をする事はしませんでした。 
 
で 
 
店の人が不快な顔をしてないかチラチラ見てましたが 
 
しかし私の心配は杞憂で 
 
皆さん全くとがめる様子もなく安心しました。 
 
まぁしかし良く考えれば 
 
お店としてはお酒を提供した段階で 
 
酔っ払いは想定済みでしょうし 
 
実際にそんなお客様はたくさんいると思います。 
 
今回は逆に 
 
店員の皆さんも 
 
当社の社員が盛上がってるのを見て 
 
嬉しそうでしたので 
 
サービスする側としては 
 
喜んでる客の姿が一番 
 
そんな側面も改めて見た気がします。 
 
つまり 
 
私は気を回しすぎだったって訳です。 
 
人間関係は本当に難しいですよね。 
 
他人に気配りをする人 
 
素晴らしいのは間違いありませんが 
 
これも過ぎると逆に人を不快にする事があります。 
 
よくゴルフでいるのが 
 
やたら同伴者にマナーを注意する人ですね。 
 
このタイプが同伴者にいると 
 
周りはいつもビクビクしていなければなりませんので 
 
楽しいはずのゴルフが苦痛になります。 
 
その方の言う事は間違ってはいませんが 
 
場の楽しい空気はブチ壊しとなる訳です。 
 
私が今回の飲み会で 
 
“静かにしろバカヤロー” 
 
なんて怒鳴った日には 
 
楽しい空気が一変 
 
お通夜状態になるはずです。 
 
そんな感じで 
 
人をまとめる立場になったら 
 
自分の立ち振る舞いはいくら気配りをしても害はありませんが 
 
その自分の厳しい基準を他人に押しつけると 
 
他人の楽しい時間が苦痛の時間になる 
 
これもしっかり頭に入れた方が良いですね。 
 
最近車で他のドライバーを高速で止めさせ事故死させた事件 
 
その後の続報を見ると 
 
この男は 
 
普段普通なのに 
 
車に乗ると急に自分をアピールし出す人間だったようですね。 
 
しかしこのタイプの男 
 
特殊ではありません。 
 
私達の周りにもゴソゴソいます。 
 
運転手で無くても 
 
私がゴルフで同乗させて上げると 
 
やらた 
 
“なんだ前の車タラタラ走りやがって” 
 
なんて強がる人 
 
お年寄りでもいます。 
 
本人は自分が正しいと思い込んでますが 
 
周りはウンザリしますね。 
 
この勘違い 
 
結構自分の人生を悪化させますから 
 
要注意です。 
 
私自信は 
 
この手の同乗者は 
 
2度と一緒に車に乗せる事はありません。 
 
ありませんが 
 
私も断る時には 
 
大人の対応で 
 
都合が悪いとかなんとか話しを作りますから 
 
本には気づきませんね 
 
気づかないから改善しない訳です。 
 
そんな訳で 
 
周りが大人だと直接教える人はいませんので 
 
自分で気づくしかない訳ですが 
 
その方法は 
 
ゴルフであれば 
 
自分への誘いがあるかどうか? 
 
これで簡単に分かります。 
 
私が日頃から仕事では 
 
自分の問題は 
 
紹介客とリピーターの数から学びなさい 
 
って言ってるのと同じです。 
 
私の経験上 
 
本来人間性に問題なければ 
 
ゴルフお誘いもお客様も 
 
ワンサカ押し寄せてくる 
 
これが当たり前に起るのです。 
 

>> 返信
 

 10月 17日 (火)
 選挙は自分の立ち位置を確認する良い機会
選挙のたびにNHKでは政見放送が流れますが 
 
これ一応見ますが飽き飽きしますね 
 
と言うより嫌悪感が湧いてきます。 
 
大体似たような飾り立てた言葉が並びます 
 
皆さんの生活を守りますとか 
 
安心安全な社会をとか 
 
少子高齢化社会に対してどうこう 
 
そんなたぐいの話しです。 
 
その中でも不快に感じるのは 
 
子供達の将来のためとかなんとか 
 
自分の政治目的に子供をやたら利用する人ですね。 
 
本当にそんなに子供達の将来を思うのであれば 
 
口に出す前に行動しなさい 
 
っていつも思います。 
 
まぁしかしこんな政治の文句ばかり言ってても 
 
逆に自分自身の価値を下げますからこの位にしましょう。 
 
今回の政見放送 
 
それぞれの政党が作った動画をそのまま流してますが 
 
最初の党首の話 
 
これは興味深く聞いています。 
 
安部首相は 
 
真っ先に北朝鮮って言葉が出てきましたね。 
 
この言葉を聞いた瞬間 
 
危機感を煽って選挙に勝つ 
 
そんな戦略が見て取れました。 
 
で 
 
面白いのは 
 
立憲民主党の枝野さんの話しですね。 
 
“右だの左だのイデオロギーの話しではないんです。 
 
21世紀の対立軸は上か草の根かなんです。“ 
 
って語ってました。 
 
しかしこの枝野さん 
 
明らかに勘違いですね。 
 
この観点間違ってはいませんが 
 
何もこれは21世紀の話しではありません。 
 
私達が若い頃から 
 
政治思想の対立はイデオロギーのように見えて 
 
実際は経済格差の問題だったのです。 
 
大学で左翼運動に励んでる人達は 
 
大体苦学生でしたし 
 
また私達の地域は団地がたくさんありますが 
 
その団地を基盤にして革新勢力が強かった訳です。 
 
逆に私達は地主さんをたくさん知っていますが 
 
この方達のほとんどが自民党支持者です。 
 
市会議員クラスでは 
 
地主の金持ちの子供が自民党で出てきます。 
 
私自身は学生の頃は貧しいのにノンポリでしたから 
 
金持ちの仲間にも入れず 
 
貧しい人達の仲間にもなれずに浮いた存在でした。 
 
どうして私が貧しい人の仲間にならなかったかと言うと 
 
政治に文句ばかり言ってるのが格好悪かったからです。 
 
貧しくても日本の社会では努力と実力で這い上がる事ができます。 
 
私はそれを目指してた訳です。 
 
ですから 
 
今でも体が健康であるにもかかわらず 
 
自分の責任は棚にあげて 
 
世の中が悪いから家賃を払えない 
 
なんて人達を見ると 
 
どうしても同情する気持にはなれないのです。 
 
まぁしかしそうは言っても 
 
今の時代の若い人達は大変です。 
 
私の息子も子育てに励んでますが 
 
時々自分たちではどうにもならなくて 
 
私に出動依頼が来ます。 
 
そんな時は 
 
私は 
 
早めに孫を風呂に入れてまた会社に戻ったり 
 
たまには会社で膝の上に孫を乗せてパソコンを叩いたりします。 
 
そんな経験をしてるから思うのです。 
 
私達のように支えられる環境にあれば良いのですが 
 
そうでない人達は大変だろうな? 
 
って 
 
だから思う訳です。 
 
少子高齢化問題は 
 
この子育て世代の支援 
 
これを充実することが一番だと・・ 
 
5千億円とか6千億円では少なすぎますよね。 
 
防衛予算に5兆円も使いますが 
 
一番の防衛は 
 
国民を増やして国力を付けることですからね。 
 
立派な戦闘機を買っても 
 
それを操縦する若い人がいなくなれば意味がありません。 
 
私自身は 
 
そんな事も考えながら投票するつもりです。 
 
考えて投票しても結果は変わりませんが 
 
選挙の時には 
 
自分の立ち位置も確認する 
 
良い機会なんです。 
 


  少子高齢社会で日本の人口が減り国力が衰えるので移民を受け入れて国力を維持しようと煽る一部政治家・経団連の連中がいますが、それと引き換えに、治安の悪化や社会保障のただ乗りなど明らかに負の要素が大きいように思います。いまの欧州各国を見ていると収集がつかない状況です。今回の選挙の争点の1つとして取り上げてもらいたいものです。
なる ..10/17 8:55(火)

  >なるさん
移民問題はこれから語られるでしょうね。
ただ私は移民問題と欧州あるいはアメリカの治安悪化と日本をリンクさせるのは間違いだと思います。 欧州では移民ではなく大量の難民を受け入れてる訳ですし元々その国には害になるのを承知で人道上の見地から大量に受け入れてる訳でです。 日本の場合は日本の労働力不足を補うという日本の都合で移民を受け入れるかどうかって話しですから。大変な社会的負担を追いながら難民を受け入れてる国には同列に扱うこと自体が失礼 私はそんな感覚です。
はるぼ ..10/17 10:47(火)
>> 返信
 

 10月 16日 (月)
 自己評価と客観評価のギャップに注意
私が子供の頃は 
 
舶来品は高級品の代名詞でしたね。 
 
逆に日本製は粗悪品の代名詞でした。 
 
しかし 
 
田中角栄が総理大臣になった当たりから 
 
日本製品はガンガン海外で売れるようになり 
 
いつの間にか逆転して 
 
日本製は信頼できる 
 
って私達日本人が思うようになりました。 
 
また物価も 
 
私が若い頃は 
 
日本はバカ高くて海外は安い 
 
そんなイメージでしたから 
 
日本人は豊かになると共に海外に買い物にでかけるようになりました。 
 
しかしこの日本の物価高も 
 
これも今海外に行くと 
 
逆転してる事がよく分かりますよね。 
 
私自身はヨーロッパの物価高を見て 
 
もうしばらくは行く気になれません。 
 
ただ 
 
海外で比較する機会があれば分かりますが 
 
日本だけで住んでるとこの変化が理解できない人は多いですよね。 
 
私の身近な人間でも 
 
日銀の物価目標に 
 
“日本は世界一物価が高いのにどうしてまた上げるの” 
 
って尋ねた人がいます。 
 
まぁしかしその程度であれば良いのですが 
 
日本の製品の私達の評価 
 
どうやらこれも誤解かも知れませんね。 
 
日産だの神戸製鋼だの 
 
日本経済を支える会社が 
 
大きくモラルが後退してる訳ですが 
 
日本人全体にはまだ危機感はあまりありませんが 
 
外国からこんなニュースを見れば 
 
日本製品は信用できない 
 
こんなイメージにつながり 
 
かなりヤバイと思いますね。 
 
隣国を見下してプライドを保つ日本人も増えましたが 
 
この状態が続けば 
 
いずれ見下すどころか 
 
世界からレイシストの蔓延する国として 
 
逆に蔑まれる 
 
そんな気もします。 
 
まぁしかし 
 
この今の日本の状態 
 
人間の作る組織の没落の方程式なんですよね。 
 
歴史を見れば国も栄枯盛衰を繰り返しますが 
 
繁栄した事による慢心 
 
これが没落をもたらす訳です。 
 
慢心がどうして没落につながるかと言うと 
 
自己評価と客観評価のギャップが生じるからです。 
 
これが今の日本に見られますから 
 
やばい 
 
私はなんとなくそう感じています。 
 
まぁ国レベルでは私にはどうしようもありませんが 
 
この構造は 
 
私達零細企業 
 
あるいは個人でも存在する普遍的な原理です。 
 
特に不動産の世界は 
 
この罠に陥り易い 
 
こんな構造があります。 
 
会社レベルでは 
 
地元で評判が地に落ちても 
 
経営者は 
 
自分の会社は信頼されてる 
 
なんて思い込んでる人がほとんどです。 
 
私達の地域にも存在します。 
 
特に資産のある会社 
 
その資産に物を言わせて良い物件を安く提供できる訳ですが 
 
これにお客様が寄って来ますから 
 
どうしても高慢になっていきます。 
 
顧客はその態度にムカついても 
 
ガマンして契約する訳ですが 
 
そのガマンが 
 
相手に本来伝わるべき顧客の評価 
 
これが伝わらなくなり 
 
結果顧客心理と経営者心理のギャップを起こす訳です。 
 
個人の営業マンレベルでは 
 
基本的にその営業マンの態度が気に食わなければ 
 
顧客は何も言わずに連絡を取らなくなる訳ですが 
 
契約まで至る顧客は 
 
逆に 
 
ほめちぎる事が良くあります。 
 
この顧客の褒め言葉 
 
これは本当に営業マンにとっては毒です。 
 
不動産の営業マンであれば 
 
誰でもこれを経験する訳ですが 
 
これによって 
 
大体営業マンは自己評価が高くなります。 
 
大した能力も備わらないのに自分を高みに置けば 
 
成長も止まるし 
 
コケルのも早くなります。 
 
そんな訳で 
 
社会は 
 
国レベルから個人レベルまで 
 
自己評価と客観評価のギャップ 
 
これで崩れていく訳です。 
 
ではそうならないためには? 
 
不動産の世界では簡単です 
 
リピーターと紹介客 
 
この数の多さによって客観評価ができます。 
 
これにしっかり向き合えば 
 
一部の顧客や 
 
一部の地主に褒められて舞い上がってる事の愚かさ 
 
これに気づくはずです。 
 
耳に入ってくる声だけでは 
 
自分の客観評価は不可能 
 
せめてこの程度は 
 
不動産の仕事をするのであれば 
 
頭に叩き込みましょう。 
 

>> 返信
 

 10月 15日 (日)
 簡単に起業できる世界は簡単に潰れる
昨日の朝日新聞に載ってたやくみつるの1コママンガ 
 
見た瞬間吹き出してしまいましたね。 
 
小池都知事が自らの報酬を半額にすると公約して当選した事への皮肉ですが 
 
まぁ見事に真実を捉えてますよね。 
 

 
 
どうやら小池人気は早くも終焉に近づいてるようですね。 
 
今回の選挙は 
 
これまた皮肉な事に 
 
小池人気にあやかろうと自分の信念を捨てて 
 
なりふり構わず希望の党にすがった 
 
風見鶏議員の皆さんの在庫一掃選挙になりそうです。 
 
私の中でもこれほど大量の風見鶏が一カ所に集まった記憶はありません。 
 
その意味では一網打尽って感じですね。 
 
私達国民をナメた事の報いとなりますので 
 
先生方はしっかり学んで欲しいものです。 
 
私達ももう単に空気に流されるのではなく 
 
しっかり候補者の本質を見る努力 
 
これを一人人が行うべきでしょうね。 
 
都知事を辞めた桝添さんが 
 
“小池さんは全く仕事してませんよ” 
 
って言ってましたが 
 
もう都知事を踏み石に国政の野望を遂げる人達 
 
絶対に選ぶべきではありませんね。 
 
都知事でありながら尖閣ばかり気にして 
 
結果豊洲の事はおろそかにした石原都知事から学ぶべきでしたが 
 
どうやら小池さんも 
 
実際には東京より国政 
 
これが見えた訳ですから 
 
もう次回の選挙からはだまされないようにしたいものです・ 
 
しかし自民党 
 
特に安部首相 
 
運が良いですね。 
 
国民は飽き飽きしてるのに 
 
敵がエラーばかりやらかしてくれますから 
 
また勝利の可能性が高くなりましたね。 
 
しばらくは一強状態が続きそうですが 
 
国民としては辛いですよね。 
 
自民党に代わる政党が無い訳ですから・・ 
 
しかし歴史を見れば 
 
この一強状態 
 
没落の始まりなんですよね。 
 
どうやって没落するかと言うと 
 
メタボのお父さんと同じです。 
 
デカくなりすぎると 
 
内部から病魔が発生するのです。 
 
私達は一口に自民党と言っていますが 
 
その内部では 
 
安部政権に冷や飯を食わされてる人達もいる訳で 
 
その不満がマグマのように煮えたぎってるますから 
 
チャンスと見れば 
 
一気に爆発するはずです。 
 
つまり 
 
外部に強い敵が居なくなると 
 
その組織は分裂によって 
 
新たに敵味方に分れる 
 
これが私達人間の組織にはよく見られます。 
 
特に不動産会社は 
 
この内部分裂がきっかけになり出来た 
 
そんな会社がたくさんあります。 
 
どうしてそうなるかと言えば 
 
不動産の世界はあまりスケールメリットがないからです。 
 
大手の会社は看板が信用につながって魅力はありますが 
 
しかしその大手は乱立しても 
 
銀行やコンビニのような収縮の動きは起りません。 
 
そんな事からも元来不動産の世界は分裂圧力の働きやすい 
 
そんな構造になってる事が分かります。 
 
ただこの不動産の世界で良く起る分裂 
 
これはその分裂が上手くいくケースと 
 
分裂した瞬間が絶頂期で 
 
その後は下降線ばかり 
 
ってのがよくありますよね。 
 
今の希望の党とよく似ています。 
 
最後はいつの間にか消え去る訳ですが 
 
この下降線を辿る分裂 
 
たくさん見てきてはっきり分かる事があります。 
 
それは 
 
分裂の時におみやげを勝手に持って来ると 
 
先細り 
 
この傾向があります。 
 
おみやげとは顧客です。 
 
つまり元の会社の顧客を当てにしてるって事は 
 
新しく会社を起こしても 
 
経営者自身が最初から自分で道をゼロから切り開く 
 
そんな気概に欠けてる証ですから 
 
結果長続きしない訳です。 
 
そんな訳で 
 
これから起業しようと思う若い人 
 
たくさんいると思いますが 
 
前の会社のノウハウは資産として持ち出しても構わないと思いますが 
 
顧客を持ち出せば 
 
その段階で 
 
失敗の確率が高くなる 
 
それをしっかり頭に入れて 
 
最初はあえてゼロからスタートして 
 
茨の道を歩む 
 
これが一番の成功の近道 
 
私に相談されれば 
 
そんな話しとなります。 
 
 
 

>> 返信
 

 10月 14日 (土)
 一旦リセットされた記憶はもう取り去れない
先日ゴルフ倶楽部にいくと 
 
いきなり 
 
“あっ川端さんこんなところで何してる?” 
 
って親しげに話しかけて来た人がいます。 
 
親しげですが私はその方が誰だか分かりません。 
 
で 
 
勇気を振り絞り 
 
“失礼ですがどちら様だったでしょうか?” 
 
って尋ねると 
 
“えっオレの事忘れたの? 最近話したばかりだよね?” 
 
一瞬私は若年認知症になったのかと思いましたね。 
 
最近話した人を忘れてる 
 
自分でも驚きました 
 
でもこのままではいけないので 
 
“申し訳ありません。どちら様でしたか?” 
 
“○○○○の△△です。” 
 
“え〜っびっくり あなたが△△さんですか? 髪の毛が無いから別人になりましたね。” 
 
“久しぶりに会ったのに失礼な・・” 
 
まぁタネ証はこうです。 
 
この方私達の地域では一番大きな不動産屋の社長さんです。 
 
この方が最近私と話したと言うのは電話で話したって事です。 
 
電話ではたまに会話してますから 
 
お互いそんなに長く会ってない感じはしませんが 
 
記憶を呼び起こすと 
 
私が最後に会ったのは 
 
私が会社を立ち上げると言う事で 
 
お祝と励ましの宴を開いてくれた 
 
これが最後です。 
 
つまり私が34歳の時です。 
 
大変お世話になった方ですから 
 
私は日頃からその社長の縄張りは荒らさないように社員には指示しています。 
 
髪の毛の話しは失礼? 
 
まぁそう聞こえるかも知れませんが 
 
それだけ気心が知れてるって事です。 
 
お互い気心は知れてますが 
 
しかし相手は大社長さんですから 
 
30年近くもお会いする機会は無かった 
 
これにも改めて驚きますよね。 

まぁしかしこれからはお互い倶楽部のメンバー同志 
 
又会う機会は増えると思います。 
 
しかし私は久しぶりに会って 
 
相手の外見があまりにも変化していて一瞬分からなかったのですが 
 
人間の脳は不思議ですよね 
 
瞬時に修正作業が行われて 
 
記憶が上書きされます。 
 
つまり再会した段階で外見がアップデートされるって訳です。 
 
これは私が昨年中学の同窓会で強く感じました。 
 
同窓会会場に行くと 
 
一瞬おじいちゃんおばあちゃんだらけで 
 
場所を間違えたか? 
 
なんて思ってしまいますが 
 
名前を確認すると 
 
すぐに記憶の書き換えが行われ 
 
そのおじいちゃんおばあちゃんが 
 
中学の時の記憶と一致します。 
 
ですから 
 
こいつは悪いやつだっとか 
 
この子は可愛い子だったとか 
 
そんな思いがよみがえり 
 
その延長で会話が進みます。 
 
この記憶の起こす現象 
 
良い面と悪い面がありますよね。 
 
昔の親しかった仲間と打ち解けるには大変有難いのですが 
 
人によっては 
 
この外見の記憶のリセットが 
 
昔の悪い記憶をよみがえらせ 
 
結果苦しむ事になる 
 
こんなケースもあります。 
 
以前知り合いの女性に部屋探しを頼まれた事がありますが 
 
理由は同居してる娘の精神状態がおかしくなったって話しでした。 
 
この話し 
 
詳しく書けば大変面白いのですが 
 
残念ながらそれは出来ません 
 
理由はお察し下さい。 
 
ただ 
 
この娘さんの精神状態がおかしくなった理由 
 
これがまさに記憶のリセットだった訳です。 
 
小さい時に自分を捨てて出て言った虐待お母さん 
 
年老いて頼ってきたときには 
 
全てを許して受け入れた訳ですが 
 
一緒に暮らすようになると 
 
子供時代に自分を苦しめた母親が目の前にまた現われた訳です。 
 
結果 
 
暴力沙汰って訳です。 
 
そんな訳で 
 
人間の中には 
 
先の事は知った事では無い 
 
って好き勝手をする生き方に走る人がたくさんいますが 
 
いくら時間が過ぎても 
 
人の記憶はゾンビのように行き返り 
 
結果それが大きな苦しみをもたらす 
 
そんな事も多い訳です。 
 
人は 
 
小学生の時にいじめられた事も 
 
相手が目の前に現われれば 
 
還暦同窓会でもいやな気分になる 
 
これが人間です。 
 
ですから 
 
できれば子供の内から 
 
人に恨みを買うような生き方はしてはいけない。 
 
私は自分の子供にはそれを散々言って来ました。 
 


  外国で、路面電車の前を男が横切ろうとしました。ところが運転士はスピードを上げて、男をはねて死なせてしまいます。運転士はなぜスピードを上げたか自分でも分からないと言います。ユングという精神医学者が依頼されて様々な分析をした結果、「はねられた男が、運転士が子供の頃に、彼をしばしば殴っていた父親に似ていた」ということが分かりました。心の奥底にしまわれていた父親への憎しみが、とっさの瞬間に(顔の似ていた他人に対して)噴出したのでしょう。怖い話だと思いました。
江戸川 ..10/14 10:57(土)

  私もゴルフのロッカールームで着替え中に挨拶をされて、んーん?誰って?思ったことがあります。頭髪が真っ白に変わっており、少し痩せていたので分からなかったのですが、声は変わってなかったので分かりました。
たか ..10/14 15:12(土)

  >江戸川さん
その話し大変面白いですね。
私達は潜在意識レベルでも過去の記憶の影響を大きく受けてるって訳ですね。

>たかさん
特に頭の変化は印象が大きく変わりますね。
植毛業界やかつら業界が
テレビコマーシャルをガンガン流すほど儲かってるのも理解できます。
はるぼ ..10/15 8:01(日)
>> 返信
 

 10月 13日 (金)
 人間心理を学べば苦しみは減る
今の時期は野球のシーズンも残りわずかになり 
 
ゴルフの試合も数試合を残すのみ 
 
となりますので 
 
気温の低下と共に 
 
なんとなく暗い気分になる訳ですが 
 
しかしこの時期にはボジョレーの解禁とか 
 
あるいは美味しい食べ物とか 
 
そんな楽しみもあるんですよね。 
 
その数少ない楽しみの一つにノーベル賞がありますね。 
 
ここ数年は毎年のように日本人が受賞しましたので 
 
その都度誇らしい気分になります。 
 
私のゴルフクラブでは数年間にメンバーが受賞しましたので 
 
デカデカとお祝の幕が飾られてました。 
 
ただこのノーベル賞 
 
私の中で大きな偏見があります。 
 
自然科学だとか医療 
 
そんな分野の賞は大変価値があるように感じていますが 
 
どうも文化だとか経済だとか 
 
そんな分野はいまいちノーベル賞と言ってもスッキリ馴染まない 
 
そんな気持がいつもあって 
 
同じ賞でも価値が違う 
 
そんな風に思っています。 
 
特にノーベル平和賞は 
 
佐藤栄作が受賞した頃から 
 
あまりにも政治的に偏りすぎて 
 
大きな意味を感じません。 
 
ネルソンマンデラは女癖の悪さの情報から 
 
いまいち尊敬できませんし。 
 
オバマ大統領はイラク撤退でイスラム国の台頭を許し 
 
中東情勢を大きく悪化させ 
 
たくさんの意の命を失う結果になりましたし 
 
スーチーさんはロヒンギヤ問題で 
 
ノーベル賞は間違いだった 
 
なんて話しが飛交っています。 
 
文学でも川端康成は 
 
私と同じ名字ではありますが 
 
どうも作品を読んでて私には馴染まない感がありますから 
 
当時高校生ながら違和感を覚えたものです。 
 
また経済分野の賞 
 
これも難しすぎて理解できませんので 
 
誰が取ったか 
 
あるいは何の偉業だったのか 
 
それすら知らない 
 
そんな感じです。 
 
ですからノーベル賞と言っても 
 
私の中で明らかにその価値は2分化しててる訳です。 
 
で 
 
そんな興味のないノーベル賞の分野である経済学 
 
今年はその受賞者の名前を聞いて驚きましたね。 
 
リチャードセイラー 
 
何で驚いたかと言うと 
 
古典的な経済学に全く興味が失せた私が 
 
久しぶりにこの人の本を買って 
 
面白いと読みふけったからです。 
 
実は私のブログも時々この人の影響を受けた話しを書いています。 
 
なぜ経済学嫌いの私がこの本に興味が湧くのか? 
 
それはこの話しが今までの経済学とは違い 
 
私達の日々の業務に大きく生きるのです。 
 
詳しい中身はとてもブログで書くことはできませんが 
 
この人の研究分野は 
 
行動経済学と呼ばれていて 
 
従来の経済学との違いは 
 
経済学に心理学を埋め込んだ事です。 
 
経済学は人間の心理の結果 
 
この単純な理屈が 
 
従来の経済学にはおろそかになっていたって訳です。 
 
この人間心理を加える事によて 
 
私のような人間でも面白くてたまらない 
 
そんな経済学が出来上がった訳です。 
 

 
 
まぁしかしそんな大層な話しにしなくても 
 
ビジネスの世界では人間心理との格闘で成り立ってる訳で 
 
逆に言えばリチャードセイラーの本が面白いのは 
 
私達の日々の行動原理が再確認できる 
 
そうも言える訳です。 
 
特に不動産の営業は 
 
この人間心理に振り回される 
 
こんな職業です。 
 
現在進行中の話しでも 
 
売主のコロコロ変わる心に 
 
若い社員が振り回されて 
 
ストレスで胃に穴が空く寸前です。 
 
また 
 
他の社員のお客様は 
 
こちらが散々危険だからと警告したにも関わらず 
 
それを無視して突き進み 
 
結果 
 
にっちもさっちも行かなくなり助けを求めてきています。 
 
まぁしかしこれが私達の仕事です。 
 
人間心理に振回される 
 
これは大変辛いものですが 
 
しかし面白い物で 
 
これを長く続けてると 
 
一見不可解な行動も 
 
大局的に見る事ができます。 
 
それが出来れば 
 
顧客の心変わりによる苦しみは半減します。 
 
今若い社員が悩んでる事も 
 
私には結論は見えていますから 
 
その悩みは意味がないように思いますが 
 
しかしこの広い視覚は 
 
長年の経験で得られるものですから 
 
今苦しんでる人は 
 
将来の自分の成長のためには 
 
欠かせない苦行 
 
そう諦めて頑張る事ですね。 
 
人間心理が読めれば 
 
苦しみは大きく減る 
 
これを信じて 
 
たまには心理学の文庫本も手にする事をお勧めします。 
 

>> 返信
 

 10月 12日 (木)
 オスに戻れば人間も野獣
東名高速で 
 
トラブルになった車を無理矢理追い越し車線に停めさせ 
 
結果後ろから来たトラックが追突し 
 
夫婦が亡くなった 
 
ってニュースが流れましたが 
 
後ろには娘さんが二人乗ってたそうですが 
 
目の前で殺された両親を見て辛いでしょうね。 
 
私は頻繁に高速でゴルフに行きますが 
 
この乱暴な運転をする人 
 
必ずいますよね。 
 
他の車を威嚇しながら走っています。 
 
この人達を見る度に思います。 
 
何でこんな人達に免許を与えてるの? 
 
って 
 
車は武器になりますからね 
 
幼稚な精神状態の人からは取り上げるべきです。 
 
まぁしかし警察の立場に立てば 
 
乱暴な運転をするかどうかなんて事前には分からない訳ですから仕方がないですよね。 
 
でも 
 
一回でもこの乱暴な運転を見つけたら 
 
即免許取り上げ 
 
これを法律で決めるだけでも随分抑止効果はあると思うんです。 
 
これからは車載カメラも増えてきますから 
 
これをネットで繋げれば 
 
いちいちパトカーで現認しなくても 
 
違反は確認できる 
 
そんな時代がすぐそこまで来てると思いますので 
 
是非この危険な運転をするドライバー 
 
免許を剥奪していただきたいものです。 
 
しかし今回の事件 
 
詳しく読むと 
 
その原因は私達人間に備わった動物の名残り 
 
ってのが良く分かりますよね。 
 
具体的には 
 
このトラブルは 
 
被害者が駐車場で加害者に 
 
“邪魔だ” 
 
って言ったのが発端ですが 
 
大体そうやって男が強がる時には 
 
それを見せたい相手がいますよね。 
 
今回のケースで言えば 
 
奥さんと娘さんの前で 
 
お父さん少しイキがったんだと思います。 
 
で 
 
そんな事を言われてキレた加害者 
 
わざわざ追いかけて追い越し車線で停車させた訳ですが 
 
これまた助手席には彼女が乗ってたそうですから 
 
こっちも雄の強さをアピールしてる訳です。 
 
で結果は 
 
二人が亡くなり 
 
加害者の彼女も重症 
 
やりきれませんよね。 
 
この雄の本能は 
 
私達の仕事でも本当によく目にします。 
 
些細な事でクレームを入れて怒鳴り散らかす人の中には 
 
その目的は彼女や奥さんへの格好付け 
 
こんな人がたくさんいます。 
 
目的が分かればそれに合わせた対応をする訳ですが 
 
これが理解できないと 
 
その理屈の通らないクレームの中身にいつまでも付き合い 
 
ああでもないこうでもないと 
 
延々と続く事があります。 
 
私の場合は 
 
こんなケースは 
 
まず雄を女性から切り離す事にしています。 
 
切り離せば 
 
雄の本能は抑制されますから 
 
まるで別人 
 
そんなケースも何度かありました。 
 
一番極端なケースは 
 
私が夜ご自宅にお邪魔したら 
 
奥さんが後ろにいて猛獣のごとく怒鳴り始めましたので 
 
私が翌日また来ますと言って立ち去ろうとすると 
 
“逃げるのかコノヤロー” 
 
って言われました。 
 
でもここで正論を言っても相手は目的が強さのアピールですから 
 
何の生産性もありません 
 
ですから無理矢理立ち去りました。 
 
で 
 
この方 
 
偶然翌日の夕方 
 
会社帰りで歩いてるのを見かけましたので 
 
私が小走りで近づいていきました。 
 
すると 
 
前日とは打って変わって 
 
私と視線を合わせる事無く 
 
足早に立ち去りました。 
 
その後は一切電話もなく 
 
しばらくして退去しましたが 
 
退去の際も全くモメずに出て行きました。 
 
そんな感じで 
 
私達男は悲しい事に 
 
メスへのアピール本能 
 
これがまだ残ってるのです。 
 
この本能は大変危険ですから 
 
不動産の仕事をするのであれば 
 
この手の方達とは 
 
メスを切り離して会話する 
 
そんな事を心がけるべきです。 
 
まぁしかし男は憐れですよね。 
 
女性に必死に格好つけても 
 
実は女性はそんな男に幻滅してるんですよね。 
 
必死にオスをアピールすればするほど 
 
自分の脳ミソの軽さを晒して 
 
彼女に逃げられる 
 
そんな気の毒な男もたくさんいます。 
 
今回の事件の男も 
 
彼女さえ乗せてなければ・・・ 
 
なんて 
 
今頃留置所で後悔してるんでしょうね。 
 


  10日ですが、12日のが見れて得した気分です
通りすがり ..10/10 17:27(火)

  今回の「事件」は、常習性、計画性もあったようです。ブログのような内容なこともあったのかもしれませんが、「威嚇→謝罪」を求め、自己の欲求を満たすパターンの人間であると分析しています。
ロコロコ ..10/12 7:56(木)

  それと、駐車場で邪魔して待っていたのは、加害者は獲物を狙っていたんではないかと思います。絡んでいって、金(保険金含む)を脅し取るとか。失うもののなさそうな犯人ですから・・
はま10 ..10/12 9:49(木)

  >通りすがりさん
有り難うございます。
連休前はまとめて事前投稿をしています。

>ロコロコさん
常習性があった訳ですか?
威嚇してプライドを保つ人間だった訳ですね。
憐れな男です。

>はまさん
確かにあまり失う物はないかも知れませんね。
しかし高速の追い越し車線で車を停めるとは
かなり頭の成長が遅れてますね。
そんな人は世の中にはゴソゴソいそうですから被害に遭わないようにしたいものです。
はるぼ ..10/12 16:50(木)

  加害者は、北九州で3度も同様の加害行動をしています。
(被害者のご主人が)「奥さんと娘さんの前でお父さん少しイキがった。」というミーハーなレベルではないと思います。
残念な記事です。
大家さん ..10/12 20:02(木)

  >大家さん
続報を見るとそんな感じですね。
いずれにしてもこの手の人間はたくさんいますから気を付けたい物です。それと今回の事は別にして大体からまれるドライバーもそれなりの運転してる事が多いのでしっかり安全運転心がけたい物です。
はるぼ ..10/13 8:10(金)

  今回のような話は、形は違いますが、よくありますよね。肩がぶつかったとかで、殺人とか。
昔の住職が、防御する方法を説いていました。
1寸の虫にも五分の魂 と言う諺
弱い相手でも、プライドがあるので、見下す態度をとると、痛い目にあう。
今回に当てはまるかは、別にして、身を守るには役立つと思います。
昔から ..10/13 14:49(金)

  >昔からさん
威嚇で人生を築く人いつの世も耐えませんが皆さん悲惨な結果が待っていますよね。当社の入居者にもたくさんいますが別の生き方はできなかったのか?って気の毒になります。
はるぼ ..10/13 17:06(金)
>> 返信



>> 過去の日記へ



| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++