駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 10月
 日 月 火 水 木 金 土
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - -

6月 09日 (土) 優劣ではありません 選択の問....
6月 08日 (金) 隠せば悪人 晒せば善人
6月 07日 (木) 自分以外の人間は皆ストレスの....
6月 06日 (水) 時間を軸に戦略を立てる
6月 05日 (火) いくら不動産屋を回っても良い....
6月 04日 (月) 煽り運転も煽り経営も嫌いです
6月 03日 (日) 空気に流されて目先の世界への....


 

 6月 9日 (土)
 優劣ではありません 選択の問題です。
私は20代半ばにして 
 
普通の同世代と比べると 
 
大きなお金を手にする事ができました。 
 
不動産の世界は歩合給がありますから 
 
面白いくらいに仕事がまとまって 
 
ガンガン稼いだのです。 
 
また不動産の世界は実力主義ですから 
 
会社での地位も上がり 
 
自分よりはるかに年上の部下を持つ事になりました。 
 
その頃の自分は誇らしい? 
 
逆です 
 
今思い出しても恥ずかしくなります。 
 
私はそのせいで一時とんでもない人間になりかけました。 
 
この若くして成績が上がる人 
 
私に限らずに大きな落とし穴があって 
 
それにハマる人 
 
本当に多いですよね。 
 
これは潜在意識の問題ですから 
 
中々避ける事はできない 
 
これも事実です。 
 
無意識の中で育まれる 
 
自分は特別だと思う気持ち 
 
あるいは他の人が無能に見えたり 
 
なんて感じの心理が 
 
ガン細胞のように人間の中で増殖していきます。 
 
ガン細胞って事は 
 
初期の段階では気づかないって事ですから 
 
皆その心理的病魔に冒される訳です。 
 
私の場合は幸い目を覚まさせる友人達がいましたから 
 
ある時期に我に返りましたが 
 
それがなければ 
 
気づかぬまま悪化して 
 
今頃は本当に孤独な人生になってた 
 
そんな風に思っています。 
 
ですから 
 
今日の話は 
 
仕事に限らず 
 
優秀な人達がその罠にはまらないための自己診断から始めます。 
 
まず 
 
自分が華々しい成績を上げたら 
 
仕事を離れて自分と酒を飲む人がどのくらい居るか? 
 
それを意識しましょう。 
 
毎日のように忙しく酒を飲んでいても 
 
それが仕事の関係者だけであれば 
 
かなり危険です。 
 
私の場合は 
 
当時 
 
銀行の支店長だとか 
 
あるいは証券会社の支店長 
 
また大手住宅メーカーやゼネコンの役員 
 
そんな人達とよく飲んでいて 
 
自分は特別な存在 
 
なんて勘違いしていましたが 
 
今にして思うと 
 
親子ほども離れてた皆さん方 
 
私を本当にバカにしてたんだと思います。 
 
結論から言えば 
 
私がそんな人達と酒の場にいれたのは 
 
私が仕事になるからです。 
 
つまり生意気な若造で不快なのにそれを隠して飲んでた訳です。 
 
当時は分りませんでしたが 
 
今はよく分ります。 
 
当時は 
 
そんな感じでよく色んな地位の高い人達と飲んでいましたが 
 
逆に本当に大切な人達とは疎遠になっていたのです。 
 
で 
 
そんな生活に10年近く染まって暮らして 
 
ある日幼なじみと久しぶりに飲んだら 
 
彼等は私の変化に驚き 
 
必死に正気に戻してくれました。 
 
私が今でも昔の友人達を大切にするのは 
 
その体験から 
 
自分で気づかない自分の内面の変化 
 
これを知るには 
 
幼なじみと酒を飲むのが一番 
 
こう思うようになりました。 
 
だからそれ以来 
 
私は沖縄に良く帰る訳です。 
 
それまでは 
 
海外にばかり行って 
 
戻ってはまた高慢になる 
 
そんな事ばかり繰り返していましたが 
 
今は 
 
もう海外より沖縄 
 
そんな生き方を貫いています。 
 
私の事はともかく 
 
この優秀で我を失う人達 
 
自己診断と共に 
 
自分自身の軽薄さを知るためには 
 
まず 
 
自分が優秀だと思ってる潜在意識 
 
これは間違いが多いんだと言う事 
 
これに気づけば 
 
人を見下す事がいかに浅はかか 
 
これに気づくはずです。 
 
私の場合は 
 
華々しく成績を上げましたが 
 
そのウラでは 
 
妻は一人で毎日遅くなる自分を当てにすること無く3人の子供を育て 
 
そして 
 
幼稚園から中学まで 
 
入学式も卒業式も学芸会も三者面談も運動会も 
 
仕事ばかりして 
 
一切何もしないダンナに耐えて来たのです。 
 
つまり 
 
私は自分で能力がある 
 
なんて勘違いしていましたが 
 
逆に言えば 
 
これほど家庭を犠牲にすれば 
 
誰でもできる話しであって 
 
別に威張る理由はありません。 
 
その他にも 
 
世の中には学業優秀で 
 
エリートの道を歩んでる人もたくさんいますが 
 
それは実は 
 
大半は優秀と言うより選択の問題 
 
だってのも不動産の世界にいるとよく分ります。 
 
不動産の世界は 
 
勉強ができなかった人もたくさん活躍してますが 
 
勉強が出来なかったのは 
 
能力が低かった訳では無く 
 
好きな彼女との時間を選んだ 
 
って人もたくさんいます。 
 
ですから 
 
彼女もできずにひたすら勉強するすしかなかった人が 
 
青春を謳歌して学業不振だった人を見下す 
 
なんてのも大間違いです。 
 
それぞれ優劣ではなく 
 
選択の問題だって事です。 
 
私自身は 
 
今度生まれ変われるとしたら 
 
もう同じ生き方はしません。 
 
仕事より家庭 
 
これを貫きます。 
 
まぁ時間は元へは戻せませんからね 
 
これからは 
 
せめて 
 
孫の行事は 
 
仕事を犠牲にしてでも 
 
すべて参加するつもりです。 
 
社員の皆さん 
 
長々と書きましたが 
 
言いたい事はそれです。 
 
今日は2番目の孫のお宮参りで 
 
夕方までいませんので宜しく! 
 

>> 返信
 

 6月 8日 (金)
 隠せば悪人 晒せば善人
日大アメフトの問題で 
 
実際に怪我を負わせた本人でありながら 
 
マスコミに叩かれないどころか被害者扱いで同情されてる選手 
 
どうしてそうなったかと言えば 
 
実名を晒した記者会見ですよね。 
 
宮川君と言いましたね。 
 
あれは私も見ましたが 
 
大変新鮮でした 
 
大体この手の記者会見は 
 
歯切れが悪かったり 
 
質問を反らしたり 
 
なんて事が多いのですが 
 
彼は保身より真実 
 
この姿勢が見えて好印象だった訳です。 
 
それを見て慌てたんでしょうね。 
 
翌日監督とコーチの会見がドタバタで開かれましたが 
 
これは最悪のタイミングでしたね。 
 
私自身はそんなに監督コーチが嘘をついてたようには見えませんでしたが 
 
なんせ宮川君の直後ですからね 
 
初老の監督は見た目だけで悪人 
 
そんな印象を持った人も多いと思います。 
 
監督の名前はなんでしたっけ? 
 
あっ そうそう内田さんでしたね。 
 
いずれにしてもこの内田監督 
 
宮川君の直後の記者会見 
 
私はそれ自体が失敗だったと思った訳です。 
 
では 
 
もっと後にすればどうでしたでしょうか? 
 
まぁ同じだったのかも知れませんね。 
 
むしろ遅れた事で 
 
逆にもっと責められたかも知れません。 
 
ではどのタイミングで? 
 
まぁ一言で言えば 
 
宮川君より先に会見をするべきでしたね。 
 
と言うより 
 
問題が起きた直後に会見を開けば 
 
同じ事を言ったとしても 
 
ここまで燃え上がる事は無かったと思います。 
 
結果論ですから断言はできませんが 
 
監督も理事の職も失わなかった可能性が高いのです。 
 
今回問題になってるのは 
 
直後は知らんプリしてたから 
 
やましいからそうしてた 
 
そんな風に印象づけられた訳です。 
 
実際にやましかったんだろうと思います。 
 
そんな感じで 
 
私たち人間の起こす問題は 
 
時間の経過と共に 
 
憶測が一人歩きし 
 
そして怒りに代わる 
 
そんな性質があるんだって事 
 
特に営業の仕事をするのであれば 
 
絶対に意識しなければなりません。 
 
私はこの事は社員が入社したら 
 
徹底的に教えてきました。 
 
トラブルは火災と同じです 
 
素早く処理すればボヤで終りますが 
 
放置すれば大火事になります。 
 
私はこの事を 
 
たくさんトラブルを体験した事で経験的に理解できた訳ですが 
 
日大の皆さんは 
 
危機管理学部なんてのがありながら 
 
この程度も理解できないのか? 
 
不思議でなりません。 
 
まぁしかし 
 
学問と実践との違いかも知れませんね。 
 
危機管理に限らず 
 
学校でいくら教えても 
 
現場では全く通用しない 
 
なんて事がたくさんありますよね。 
 
私は大学は法学部でしたので 
 
学生時代はよく仲間同士でああだこうだと議論しましたが 
 
不動産の世界に入ったら 
 
そんな話しのほとんどが意味が無い事が分りましたね。 
 
理屈より証拠 
 
理屈より採算 
 
これが人の争いを支配します。 
 
いくら理論上は裁判で負ける事がなくても 
 
勝利する事によって 
 
十分な弁護士費用が確保できなければ受ける弁護士はいません。 
 
と言うより逆に法律的にはこちらが勝利でも 
 
金銭的には負け 
 
これは普通に存在します。 
 
家賃滞納者を裁判で追い出しても 
 
元々お金がない訳ですから 
 
金銭的には取れません 
 
多額の損害金を泣き寝入り 
 
これが今の現状です。 
 
そんな訳で 
 
日大の皆さん 
 
危機管理学部なんてのを作ったのであれば 
 
私を講師に招いた方が良いですね。 
 
私が考える危機管理は 
 
隠し事は隠せば悪人 
 
晒せば善人 
 
世の中で大切な事は 
 
“怒りをこらえて泣き寝入り” 
 
こんな話しをたくさんしますから 
 
大変ためになると思うんですがね? 
 
宮川君と内田さんの争い 
 
色んな事を勉強させてくれるものです。 
 
親子以上に歳の離れた老獪な監督と成人したての選手 
 
本来共犯者なのに 
 
一方は悪人 
 
一方は悪人にそそのかされた被害者 
 
こんな風に見事に勝負が分かれたのは 
 
素早く全てを晒した 
 
ここに行き着く訳です。 
 
宮川君の勝ちです。 
 
 
 
 
 
 
 


  怪我させた相手が、大阪市の議員の息子だからまずかったですね。
想像ですが、議員の権力でマスコミを動かしたと思います。
学生のタックルであれほど騒ぎになるのは、不自然ですよね。
その通り ..6/8 7:45(金)

  >その通りさん
私も全く同感です。
理事長に反旗を上げる職員が出てきたり
あるいは大学のイメージ戦争
そんな大人の事情が裏では渦巻いて問題が大きくなってる そんな風にも勘ぐっています。
はるぼ ..6/8 17:08(金)

  宮川さんに内田さん、
どこかで聞いたような名前ですね。
確かその会社も腹黒い黒幕はボスでした。(笑)
takahiro ..6/9 13:47(土)

  >takahiro  さん

し〜〜っ!
はるぼ ..6/9 15:29(土)
>> 返信
 

 6月 7日 (木)
 自分以外の人間は皆ストレスの原因になるって事です
時々妻が外出して帰りが遅くなる 
 
なんて事がありますが 
 
皆さんはどんな気持でしょうね? 
 
他の人は分りませんが 
 
私はワクワクします。 
 
誰も家にいないとなると 
 
会社を早く出て家に戻る 
 
そんな行動に出ます。 
 
理由は解放感です。 
 
妻が家にいれば 
 
テレビも好きな番組を勝手に見る事もできませんし 
 
妻がテレビを見ていれば 
 
サンシンを弾く事もできません。 
 
つまり 
 
誰かと居る時間と言うのは 
 
それがどんなに大切な人であっても 
 
自分の欲求を制御してるのです。 
 
だから誰もいないとなれば 
 
その制御から解放されて至福の時間となる訳です。 
 
この原理 
 
これは人生を平和に過ごしたいと思うのであれば 
 
絶対に意識しなければなりません。 
 
誰かと一緒にいるのに 
 
自分の欲求の制御を意識できない人は 
 
大体孤独になります。 
 
酒の場では 
 
相手に話をさせずに 
 
自分だけしゃべり続ける人は 
 
最後は誰からも酒に誘われなくなります。 
 
私の身近にも昔いました 
 
うんざりする程人の話を聞かない男が・・ 
 
また 
 
自分の欲求のまま家庭で過ごすには 
 
虐待がセットになります。 
 
奥さんを暴力で脅して逆らわせない 
 
なんて人も世の中にはたくさんいると思いますが 
 
これではいつか逃げられますし 
 
自分の子供に対しても 
 
恐怖で何でもかんでも言う事を聞かせる癖がつくと 
 
最後は刑務所行き 
 
この可能性が高くなりますし 
 
無事育てたとしても 
 
その子は親を一番憎む人間に仕上がりますから 
 
何のために育てたか分りません。 
 
最悪は 
 
大人になって 
 
親を虐待する 
 
そんな事になるかも知れません。 
 
そんな訳で 
 
私たち人間は 
 
誰かと接すれば 
 
自分の欲求をコントロールしなければならない 
 
これが宿命です。 
 
これは 
 
社会的上下関係があっても同じです。 
 
その理解が足りないと 
 
パワハラ、セクハラになるのです。 
 
高級官僚や知事さんや市長さんたちが 
 
セクハラをよく起こすのは 
 
自分は偉いから下の者は思い通りになる 
 
なんて勘違いするからそうなるのです 
 
実際には 
 
いくら偉くてもそれだけで思い通りになる人間は今の時代にはいません 
 
アメリカ大統領ですら 
 
セクハラで攻撃を受ける 
 
そんな時代です。 
 
ですから 
 
社会的地位が上がったり 
 
あるいは経済的に富を築いたら 
 
それで舞い上がるのでは無く 
 
逆に自分を律しないと落とし穴に落ちる可能性が高くなる 
 
これを意識するべきでしょう。 
 
女性を思い通りにしたいのであれば 
 
お金でなびく女性を求めれば良いのです 
 
夜の町に行けば 
 
そんな女性はたくさんいます。 
 
だから不動産屋は儲かれば 
 
高級クラブに通うのです 
 
この事を理解せずに 
 
素人の部下に迫るから 
 
知事さんでも大恥をかいて辞めてくのです。 
 
人は誰一人自分の思い通りにはなりません 
 
ですから 
 
人と接する事は自分の欲求を抑える事 
 
この事が必然なんです。 
 
そしてそれがストレスになりますから 
 
私自身は妻の外出もワクワクするのです。 
 
沖縄のヤンバルでの自給自足生活に憧れるのも 
 
行きつく所はそこです。 
 
散々人に気をつかって生きて来ましたから 
 
誰もいない 
 
そんな空間に憧れるのです。 
 
 
 


  いいね!を沢山したい気分です。

私の母は酷い虐待をする親でした。
元夫は、目立つ暴力をしないまでも言葉による暴力がありました。
こうした人々の悪癖は今は犯罪ですから
逮捕されてほしいですね。
現在ニュースとなっている目黒の虐待女児の件、心が痛みます。
この手の馬鹿者たちはこれからも逮捕されるのでしょうね。
通りすがり ..6/7 21:45(木)

  >通りすがりさん
大変辛い体験をされたんですね。
にも関わらず冷静な文章を書かれて頭が下がります。
今回の目黒の事件は私は見る事はできません。
あまりにも辛くてすぐにチャンネルを変えます こんな事件の無い時代にしなければ行けない 豊になってもこれでは意味が無い 心よりそう思います。
はるぼ ..6/8 8:25(金)
>> 返信
 

 6月 6日 (水)
 時間を軸に戦略を立てる
ゴルフで私と上手な人達の違い 
 
真っ先に来るのは技術ですが 
 
しかしそれと同じかもしかしたらそれ以上に違うのが 
 
マネージングです。 
 
具体的には私の沖縄の友人は 
 
去年私のゴルフクラブに来た時に 
 
ネットで調べて 
 
コースのデータをたっぷり持っていました。 
 
その上でどうやって攻略するか 
 
しっかり戦略を立ててやって来る訳です。 
 
技術は私よりはるかに高いのに 
 
さらにしっかり準備をしてゴルフに挑む訳です。 
 
一方私は下手くそな上に 
 
その都度一か八か 
 
そんなゴルフですから 
 
とても足下にも及ばない訳です。 
 
逆に言えば 
 
ゴルフに対する思いが違うって事かも知れません。 
 
まぁゴルフは私にとっては娯楽ですから 
 
それで良いからそうしてる訳ですが 
 
私は仕事に関しては 
 
全く逆です。 
 
最近は前線で仕事する事は少なくなりましたが 
 
若い頃営業の第一線でやってた頃は 
 
顧客に対して必ず戦略を立てていました 
 
そしていつの日か 
 
同じ成約案件でも 
 
戦略が見事に上手く行ったのと 
 
戦略は外れたのに結果はOKだった 
 
ってのでは喜びは大きく違う 
 
そんな心理になっていました。 
 
そしてそんな事を繰り返す内に 
 
戦略を立てる事 
 
これ自体が楽しいと思うようになったのです。 
 
私の友人のゴルフと全く一緒だと思います。 
 
そうやって自分が戦略営業にハマると 
 
行き当たりばったりの営業をしてる人 
 
これが世の中の営業マンの大半だと言う事もよく分ります。 
 
当社でも私が散々その話を語ってるのに 
 
戦略を立てられない社員もたくさんいます。 
 
って事は 
 
ある意味無戦略営業マンの行動パターンは手に取るように分る訳です。 
 
敵を知れば 
 
戦略も立てやすくなります。 
 
この私の姿勢が分らないと 
 
社員は私の行動が理解できません。 
 
私がお客様に 
 
競合他社に最初は頼むように語ると 
 
慌てる人間もいますが 
 
私自身はそれはしっかり戦略を立ててそうするのです。 
 
また 
 
家主が 
 
当社を離れて他社に頼みたい 
 
なんて言う事があります。 
 
そんな時に社員に言う事は 
 
必ず戻って来るから 
 
絶対に捨て台詞を吐かないように 
 
って事です。 
 
私自身は 
 
当社に対して不満を持つのであれば 
 
他社に対してはもっと不満が大きくなる 
 
そう確信してる訳です。 
 
そして 
 
そんな他社の不満を募らせれば 
 
また違う家主になって戻って来るのです。 
 
そんな感じで 
 
私は戦略を立てていつも営業をしていますが 
 
その戦略の中で 
 
他の人と一番違うのは 
 
時間軸 
 
これを柱にするって事です。 
 
競合客が専任で他社に持って行かれても 
 
これで悔しがるだけではまだまだです。 
 
本当の勝負は 
 
2ヶ月3ヶ月売れない時期が経過した後です。 
 
これを頭に入れるだけで 
 
成果は大きく違って来ます。 
 
あまりブログで語ると社員に叱られそうですね。 
 
いずれにしても 
 
目先の営業しかできないのでは 
 
狩猟採取生活と一緒です。 
 
文明は農耕と一緒に始まった 
 
この事を考えれば 
 
もしかしたら 
 
アナタの営業は 
 
原始的 
 
そう言えるかも知れませんよ。 
 

>> 返信
 

 6月 5日 (火)
 いくら不動産屋を回っても良い物件が出て来ない訳
不動産業はトラブルと付き合う仕事ですが 
 
たくさん経験すると 
 
このトラブルの根ざす所は 
 
全く異なる二つの場所がある事が分かります。 
 
ひとつは 
 
利害によるトラブルです。 
 
売買であれば 
 
契約したにも関わらず 
 
心変わりした人が 
 
違約金を取られるのが嫌で 
 
説得力のない話しでケチを付けて 
 
大騒ぎする事がありますし。 
 
賃貸ではエアコンの修理代を誰が持つかでもめたり 
 
あるいは不動産屋同士であれば 
 
客を取られただのどうだのと大げんか 
 
なんてのは突き詰めれば皆利害に行き着きます 
 
このトラブルは 
 
最終的にはお金の問題ですから 
 
お金で決着する訳ですが 
 
やっかいなのは 
 
もう一つの原因で起こるトラブルです。 
 
これは何かと言えば 
 
私達がサルの仲間だった頃から 
 
遺伝子の中に深く組み込まれた本能に根ざすトラブルです。 
 
具体的には群れの順位付け本能から来るトラブルです。 
 
これがやっかいなのは 
 
行為そのものよりも 
 
相手と自分との順位に対する思いが 
 
トラブルの原因になるのです。 
 
例えば 
 
あるアパートで 
 
入居者の一人が隣人に 
 
喧嘩腰で 
 
うるさいから子供を道で遊ばせるな 
 
って言ってきたそうです。 
 
奥さんはその時には謝罪しましたが 
 
その後も玄関の閉め方がうるさいとか 
 
あるいは遅くに風呂に入るのは止めろとか 
 
とにかく命令調で叱りまくる訳です。 
 
耐えかねた奥さんは 
 
ご主人に相談したら 
 
そのご主人が激怒して 
 
そのまま隣人の所に行き 
 
怒鳴り合いをしたそうです。 
 
で 
 
相手は真っ青になり 
 
その後は 
 
すっかり大人しくなって 
 
今度はそれまでとは逆に 
 
低姿勢で接して来るようになった訳です。 
 
つまり 
 
奥さんは自分より弱い 
 
そう思ってますから 
 
叱りまくる訳ですが 
 
ご主人は自分より順位が上 
 
って事になれば 
 
それまでの態度は逆転するのが私達人間です。 
 
これが私が言う猿の群れで暮らしてた頃からの本能って訳です。 
 
順位付けですから 
 
同じ行為をされても 
 
人によって腹を立てたり何とも思わなかったりします。 
 
同じ足音でも 
 
いかにも危なそうな入居者が出す足音は耐えられますが 
 
自分より弱い人が出す足音は許せない 
 
って事になります。 
 
最近問題になったあおり運転で言えば 
 
大人しそうな乗用車がタラタラ走ってると腹が立って煽る訳ですが 
 
黒塗りでスモークのベンツとなれば 
 
同じようにゆっくり走っていても 
 
しっかり車間距離を取る 
 
これが人間の本能です。 
 
やっかいですよね 
 
この順位付け本能が強い人は 
 
どうすれば良いのでしょうかね? 
 
この手の方達は 
 
実はその心理を利用すれば 
 
割とすんなりトラブルが解決したりします。 
 
逆に言えば 
 
サルの群れが安定する条件 
 
これを考えれば解決方法も見えてきます。 
 
それは 
 
順位が決まれば落ち着きますから 
 
それをしっかり示してあげる事です。 
 
つまり 
 
大人しい入居者でも 
 
脅したりすれば 
 
私達不動産屋だけでなく 
 
警察も 
 
皆敵に回してしまいますよ 
 
って事を教えるのです。 
 
この手の方達は 
 
大体夜警察がやってきて 
 
ドアをノックした段階で問題は解決します。 
 
また最近は 
 
どこでもそこでもお客様を持ち上げますから 
 
客は事業者より上 
 
この順位付けが頭の中で固まってしまってる人 
 
たまに来店しますね。 
 
しかし 
 
コンビニとか居酒屋は 
 
基本的に買い物や食事をした後 
 
お金を支払えば 
 
これで関係は終わりますから 
 
多少横柄な客でも 
 
下手に出ますが 
 
不動産の仕事はこれでは務まりません。 
 
それは 
 
例えば賃貸であれば 
 
契約をした時から延々と関係が続く訳です。 
 
ですから 
 
その客が 
 
他の入居者や家主に迷惑をかける 
 
そんな可能性がないかどうか? 
 
こちらもしっかり見極める事になります。 
 
そんな事情が分からずに 
 
横柄な態度で 
 
“この不動産屋クソだな もっと良い物件出せよ” 
 
みたいな言葉を発しても 
 
もうこちらの頭は物件紹介どころか 
 
一刻も早くお帰り頂く 
 
この事で一杯になりますから 
 
良い物件なんてとても出て来ない訳です。 
 
不動産屋回りをする時には 
 
業者も家主も客を選ぶ 
 
せめてその程度の常識は頭に入れたい物です。 
 
そうしないと 
 
いくら不動産屋回りをしても 
 
徒労に終わります。 
 


  当社でも、先日、賃貸物件をお探しの方で、明らかに言動がおかしかったので、物件を紹介できないと判断し、その時点で、内覧自体をお断りしましたが、案の上、逆切れされました。その中で、やはり、「自分はたくさん不動産屋を回ってきたが、(回ってるんか〜い〜、そして言っちゃってるし、)お宅のような・・・」と。(笑)お陰様で、これにもだいぶ慣れてきて、トラブルもほとんどなくなってきましたが、社長様のおっしゃられる通り、お客様も「選んでいるようで、選ばれている」ということは本当に知っておいて頂きたいです。いつも有難うございます。
ロコロコ ..6/5 20:54(火)

  >ロコロコさん
時々威圧しに来てるのか部屋探しに来てるのか分らない人いますよね。 そんな人がこのブログでも読んで
不動産の事情を理解していただければと思います。
はるぼ ..6/7 8:07(木)
>> 返信
 

 6月 4日 (月)
 煽り運転も煽り経営も嫌いです
最近当社の社員がまとめてくる売買の案件を見ると 
 
本当に難しい取引をよくまとめてると感心しますね。 
 
難しい案件をまとめるのは私と密に連絡をとる社員です。 
 
言い方を変えればまとめるために私の脳も利用する訳です。 
 
彼等を見てると 
 
もつれた糸をほぐすように 
 
粘り強く仕事に取り組んで行きます。 
 
で 
 
このタイプの社員に私が意識する事は 
 
一言で言えば焦らないように気を配る事です。 
 
このじっくり仕事に取り組むタイプは 
 
上司が気を長く持てば 
 
大きな成果につながりますが 
 
焦らせると 
 
徒労に終ります。 
 
ゴルフでもやたら同伴者のプレーを煽る人は嫌われますが 
 
それは急がされるとプレーに集中できませんから 
 
スコアはメチャクチャになります。 
 
これでは高いお金を出してゴルフに行く意味がありませんから 
 
皆敬遠して避けるようになる訳です。 
 
そんな訳で 
 
人の上に立つのであれば 
 
部下の性格を見て 
 
じっくり型であれば焦らせない 
 
これを意識しないと 
 
絶対に社員は育たないのです。 
 
私は勤めてた頃は 
 
煽り型の上司の下にいましたので 
 
この煽る人間をよく観察していました。 
 
で 
 
自分が会社を経営したらそんな風にはならない 
 
そう決めてたわけです。 
 
この煽る人間は 
 
基本的に視野が狭く臆病です。 
 
人の上に立ちながら 
 
少し業績が落ちると不安になり 
 
結果社員を煽る訳です。 
 
社員は牛や馬じゃありませんからね 
 
ただムチで叩けば良いって訳ではありません。 
 
成績が上がらないときには 
 
どうすれば上がるか 
 
それを考えて社員を指導するべきなのに 
 
自らは思考を停止して 
 
ただ大声で精神論 
 
これでは有能な人間は去って行きます。 
 
そんな思いをしてまで残るのは 
 
他で生きてく自信が無い社員ばかりですから 
 
従順で無能 
 
こんな傾向になります。 
 
他社の話しはともかく 
 
私はそんな考えですから 
 
社員にノルマも課さなければ 
 
成績が悪いからと行って追い込む事もしない訳です。 
 
不動産の仕事は大変難しくなる一方です。 
 
知識をつけて 
 
深く戦略を練らないと 
 
大きな成果はでません。 
 
そんな社員に育て上げるためには 
 
まず経営者が 
 
しっかり度胸を据えて 
 
多少の業績低迷には動じない事です。 
 
経営者がじっくり構えて初めて 
 
社員は難しい仕事にも時間をかけて取り組む事ができるのです。 
 
そんな訳で 
 
煽る経営者は視野の狭さと臆病の現れ 
 
私は社員を使うようになってから 
 
この事をずっと意識して居ます。 
 
今は車の煽り運転も警察が厳しく取り締まるようになりました。 
 
人間を煽る事は 
 
自分の無能を晒す事 
 
これを理解するだけで 
 
人生は大きく違って来ますよ。 
 

>> 返信
 

 6月 3日 (日)
 空気に流されて目先の世界への対応を誤らないように
日大のアメフト問題収まりませんね。 
 
伝わってくる報道を見ると 
 
人間の卑劣さみたいなもたくさん見えて来ます。 
 
選手はコーチが怖くて物が言えない 
 
コーチは監督に物が言えない 
 
監督は田中理事長に物が言えない 
 
まぁ報道によれば日大の構造はそんな形になってるって事です。 
 
さも酷い腐りきった組織 
 
ってイメージが作られてますが 
 
これ 
 
別に日大だけではありませんよね。 
 
私が高校生の時にも 
 
私たちは部活の先輩にはなれなれしく話せませんでしたし 
 
先輩達はOBに逆らえませんでした 
 
だから冷房設備のない体育館で地獄のシゴキが行われたのです 
 
また当時の顧問を思い出しても 
 
たまに教頭が練習を見に来ると 
 
気の毒なほど小さくなっていました。 
 
また官庁でも 
 
最近の財務省の書類の改ざんを見ると 
 
日本で最高の教育を受けた人達の集団であっても 
 
上司から指示される違法行為を断れない 
 
こんな実態が見えてきます。 
 
これ 
 
今私たちは皆悪として叩いていますが 
 
実際には 
 
人間の作る組織は 
 
元来上に下が従うから安定する訳です。 
 
そしてその上下関係が強ければ強いほど 
 
組織としては外部に対して強くなる 
 
そんな部分があるのです。 
 
ですから 
 
本当の生死をかけた軍隊は 
 
上官の命令には絶対服従 
 
これが前提になってる訳です。 
 
もし戦闘になって 
 
上官が 
 
撃て 
 
って命令した時に 
 
部下が 
 
嫌です 
 
なんて言ってしまっては 
 
敵の弾が飛んできて命を落とす事になります。 
 
逆に言えば 
 
日大はその強固な上下関係があったから 
 
あれほど巨大な組織が出来上がった 
 
そんな風にも言えるのです。 
 
この組織が抱えるジレンマ 
 
今回の報道で私たち国民は勘違いしそうですが 
 
勘違いが過ぎると 
 
社会生活が上手く行かなくなります。 
 
私たちのような小さな会社でも 
 
上司の言う事に逆らってばかりいると 
 
排除される事になります。 
 
幸い当社ではそこまで行った事はありませんが 
 
業務上の些細な指示を断って 
 
上司と揉めた 
 
なんて話しは何度かありました。 
 
こんな経験を積んで 
 
この組織に向かない人間 
 
これは厳しい人生を歩む 
 
これも分っています。 
 
会社では体育会系の人間は 
 
大変使いやすくて重宝されますが 
 
その理由は 
 
スポーツを通じて 
 
組織の中で自分を抑える 
 
これを身に付けてるからです。 
 
つまり上司としては使いやすいのです。 
 
ところが 
 
部活経験もなく 
 
自分の感情のまま生きる 
 
なんて人は 
 
些細は事で上司に逆らい 
 
その後口も利かない 
 
なんて事をよくやらかします。 
 
こうなれば 
 
もう会社は双方にとって地獄です。 
 
どちらかが辞めるまで重苦しい空気が流れます。 
 
そんな感じで 
 
会社で働くのであれば 
 
ある程度上司の命令には従う 
 
これは絶対に必要ですが 
 
今回の日大の報道や 
 
最近流行のパワハラ騒ぎで 
 
これを真に受けて 
 
厳しい人生を歩む 
 
そんな人が増えそうな気がするのです。 
 
で 
 
この上司の命令に素直に従えないやっかいなタイプの人間 
 
当社にもいます 
 
誰だと思います? 
 
私です 
 
私は勤めてた頃は 
 
経営者夫婦のやり方に反発していました。 
 
使う方としては 
 
本当に使いにくい人間だったと思います。 
 
私は自分の意思を貫く道を選びましたが 
 
と言う事は 
 
会社を辞めると言うことです。 
 
小さな子供が3人居るのに 
 
妻の猛反対を押し切って 
 
あえて会社を辞めたのです 
 
そして 
 
自分の性格を良く分ってますから 
 
それから別の組織に入っても同じ 
 
そう考えて 
 
自分で会社を起こしました。 
 
ですから 
 
私が会社経営をしてる理由は 
 
大金持ちになりたいからではありません 
 
自分らしく生きたい 
 
これが第一番目の目標です。 
 
この仕事をしてると 
 
たまに私を金で動かそうとする人がいますが 
 
金で動くくらいなら 
 
会社を起こすなんて必要も無かった訳です。 
 
そんな訳で 
 
日本中に 
 
今回の日大の騒ぎやパワハラ報道で 
 
上司に逆らう 
 
そんな勘違い行動に出る方も多いと思いますが 
 
組織に逆らうと言う事は 
 
そのまま厳しい人生が待ってるって事でもあるのです。 
 
その覚悟がなければ 
 
今の社会の空気に流されずに 
 
ある程度自分の思いは会社では封印する 
 
この事も意識するべきですね。 
 
いずれにしても 
 
くれぐれも 
 
財務省の人間や日大の人達を批判して終るのでは無く 
 
残念ながら 
 
これは人間社会の本質である事も頭の隅に入れて 
 
冷静に報道を見ましょう。 
 
 
 


  半沢直樹がヒットしたころから、そーゆー勘違い野郎が・・・
真田 ..6/3 15:45(日)

  >真田さん
たしかにテレビに影響される人も多いんでしょうね。ドラマと現実社会のギャップにも注意が必要ですね。
はるぼ ..6/4 8:11(月)
>> 返信



<< 新しい日記へ    過去の日記へ >>



| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++