駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 4月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - - - -

5月 17日 (水) 言葉を制する
5月 16日 (火) 嫌いな人間が増えたら脳の硬直....
5月 15日 (月) ガツン
5月 14日 (日) 誰も見て無いどころか生きてる....
5月 13日 (土) 大きな船は波に抗い 小さな船....
5月 12日 (金) 閉塞感をブチ破る特効薬・・・....
5月 11日 (木) 生き残りをかけてあれこれ考え....


 

 5月 17日 (水)
 言葉を制する
言葉を話すのは私達人間だけ 
 
なんて言われますが 
 
実際には動物も言葉とは言えないまでも 
 
発する音で警戒音を出したり 
 
あるいはメスを呼び寄せたり 
 
なんて事をしてるようですから 
 
音による情報のやりとり 
 
これがあるから私達動物はここまで進化したのでしょうね。 
 
多分私達人間が他の動物と決定的に違うのは 
 
言葉を高度に発達させた 
 
ここに原因があるように思います。 
 
ですから 
 
私達は言葉は大変大切です。 
 
言葉は情報伝達手段だけに意味がある訳ではありません。 
 
私達人間は 
 
言葉によって考えますから 
 
この語彙が多ければ多いほど思考は深まります。 
 
私は考える時にはもちろん日本語で考える訳ですが 
 
寝る前とか朝一番とか 
 
時々意識して英語やウチナーグチで物事を考える 
 
こんな事をしています。 
 
これだけで 
 
思考の幅が大きく広がり 
 
人間の事がよく見えたり 
 
なんて事が起こります。 
 
日々テレビや新聞を賑わす出来事も 
 
言葉を変えて考えるだけで 
 
その当事者達が気づかない本質みたいなものが簡単に見抜けたりします。 
 
まぁこの話しは 
 
私の脳で起こる感覚ですから 
 
中々人に伝える事はできませんが 
 
いずれにしても 
 
若い人は 
 
できれば複数の言語で思考する 
 
これを心がければ 
 
人生の幅は拡がる 
 
そんな風に思います。 
 
で 
 
この言葉 
 
良い事だけえかと言えば 
 
大きな弊害があります。 
 
それは 
 
言葉は 
 
真実を伝える機能以外に 
 
全く逆の効果があるのです。 
 
つまり 
 
真実でない事を言葉で伝える 
 
これが可能な訳です。 
 
この言葉のウラの効果 
 
これは実際には真実を伝える表の効果より大きい 
 
そんな風にも思えます。 
 
特に心とか気持とか 
 
そんな事を語るときには 
 
私は真より虚の方がはるかに多い 
 
そんな風に思います。 
 
例えば戦没者慰霊祭で 
 
首相が 
 
“戦争で大切な命を落とした人達を思うと胸が痛みます” 
 
みたいな話しを全国民に向けて語りますが 
 
本当に胸が痛む訳ありませんよね。 
 
逆に本当に胸が痛むのであれば 
 
心筋梗塞ですからすぐに救急車を呼ぶべきでしょう。 
 
こんな話しをすると 
 
私が屁理屈を言ってる 
 
なんて思うかも知れませんが 
 
そうではありません。 
 
私がもし総理大臣で追悼慰霊祭で挨拶すれば 
 
やはり胸が痛みます 
 
って言葉を使うと思います。 
 
ただこの言葉を使うときに 
 
私はこの言葉は自分の本当の気持を表してるのではなく 
 
人前で語るには皆さんに受け入れてもらえる言葉だと分かってるから使うのです。 
 
この自分の本心を理解する事 
 
これは実は真実ではない言葉が飛交う人間社会では 
 
意識しないと 
 
中々出来ません。 
 
個人でもそうですが 
 
会社でも同じです。 
 
ビジネスの世界では 
 
お客様の事を第一に考えて 
 
なんて安易な言葉が飛交いますが 
 
これは実際には大嘘です。 
 
ビジネスは自社の利益を追求するために存在する訳ですから 
 
お客様は自社に利益をもたらす対象でしかありません 
 
本当にお客様のためを思うのであれば 
 
例えばスーパーであれば 
 
リンゴを買いに来たお客様に 
 
“今日は大量に売れ残りますから明日は半額になります” 
 
みたいな話しをしなければならなくなります。 
 
つまり 
 
極言すれば 
 
お客様の事を第一に考えるのであれば 
 
会社は儲からないって事になります。 
 
こんな話しをすると 
 
私も以前 
 
社長はいつも同じような事を言ってるじゃないですか? 
 
って社員から言われた事があります。 
 
まぁ理解不足ですね。 
 
私が言ってるのはお客様を何でもかんでも第一に考えるって事ではありません。 
 
大体本当にそんな事を考えて実践するのであれば 
 
お客様も大迷惑です。 
 
例えば 
 
お客様が家買いたいと言って来た時に 
 
“そんな低い収入で家を買うのは止めなさい” 
 
とか 
 
あるいは 
 
家を買うのであればまずその高級車を処分しなさい 
 
みたいな話しになりますから 
 
とても商売は成り立ちません。 
 
ですから 
 
私はお客様の立場を第一に考えて 
 
みたいな紛らわしい事は言っていません 
 
私が語る言葉で誤解を招きやすいのは 
 
当社の利益とお客様の利益が相反する時にはお客様の利益を優先しなさい 
 
って言葉です。 
 
具体的に良くあるのは 
 
委任を受けた物件が 
 
自社の客は両手になるが 
 
他社付けは片手 
 
でも値段は他社付けが高い 
 
こんな時には 
 
迷う事なく当社の手数料が半額になる 
 
その道を取りなさいって事です。 
 
逆に最近もありましたが 
 
長年付き合ってる地主さんでも 
 
当社より高値を付けた業者がいれば 
 
潔く 
 
おめでとうございます。 
 
って言う 
 
その気持を持ちなさいって事です。 
 
これが 
 
逆に綺麗ごとを言ってると 
 
自分の本心が見えなくなり 
 
結果お客様の利益を害する事になる訳です。 
 
お客様を大切に 
 
みたいな言葉を掲げながら 
 
一方ではレインズに出しても 
 
物確に 
 
“お話が入ってます” 
 
この言葉を平気で連発する事になります。 
 
長くなりましたが 
 
私達人間は 
 
知らないうちにウソを連発していますが 
 
内面に向き合うと 
 
その言葉と行動の一致 
 
これを自分自身が求めるようになりますから 
 
人生に重みが出るって訳です。 
 
大変難しい事ですが 
 
私はそんな道を歩もうと思ってるのです。 
 

>> 返信
 

 5月 16日 (火)
 嫌いな人間が増えたら脳の硬直が始まってます。
小さな子供を見ていると 
 
私達人間は生まれながらにして性差を抱えながら生きてく 
 
これが良く分かりますよね。 
 
1歳の私の孫は 
 
もうすでに車のおもちゃで遊んだり 
 
ボールを蹴ったり投げたりしてますが 
 
同じ年頃の女の子たちは 
 
大人しく 
 
ぬいぐるみで遊んだりしています。 
 
また男の子は食事の時にも動き回りますし 
 
お風呂の後の着替えも暴れて大変苦労しますが 
 
女の子は行儀良く食事をしますし 
 
着替えも協力的です。 
 
そんな様子を観察して 
 
私達人間は男女それぞれ生まれながらにして 
 
違う役目を背負ってる 
 
そんな風に思うのです。 
 
ですから 
 
それぞれ自分の性を意識して 
 
なるべく自然に生きる事を心がけたいものです。 
 
ただこの性差による脳の違い 
 
これ 
 
歳を取ると男性の脳の弊害が目立ちますね。 
 
中高年になると 
 
よほどそれを意識しないと 
 
孤独になって行きます。 
 
男性の脳は 
 
加齢と共に硬直的になります 
 
視野が狭くなり 
 
その狭くなった視野で世の中を見るようになります。 
 
そうすると 
 
周りは引いて行きますから孤独になるのです。 
 
この男性脳の硬直化 
 
自分でそうなりたくないと思えば自己診断するべきですね。 
 
私は高齢の人とたくさん接してきましたが 
 
簡単な診断方法があります。 
 
それは他人批判が多くなるのです。 
 
周りの人ばかりではなく 
 
政治家や有名人 
 
また隣国に対しても嫌悪感丸出しで語るようになります。 
 
ですから 
 
何かをやたら嫌いになる 
 
これが自分の脳に起こったら 
 
少し頭の硬直を疑い 
 
できれば 
 
柔らかくする努力 
 
した方が良いかも知れませんね 
 
ただ 
 
硬直した段階でもう他人の意見を受け入れる能力も失ってる場合が多いので 
 
実際には皆さん 
 
どうしようも無いのかも知れません。 
 
この中高年男性の脳の硬直 
 
プライベートであればそんな人を避ければ良いのですが 
 
私達の仕事は 
 
そんな人達とも対峙する事が避けれない 
 
って事がよくあります。 
 
この硬直型のお父さん達 
 
本当にやっかいです。 
 
大体潔癖症で 
 
部屋の中は綺麗に片付き 
 
物は整理されています 
 
で 
 
自分が玄関先を毎日掃除したりなんかする訳ですが 
 
自分が掃除するって事で収まれば 
 
大変良い入居者って事になる訳ですが 
 
これを隣人にも求めるようになります。 
 
玄関先を掃除するのは常識だろうって訳です。 
 
本人はそれを正しいと思い込んでますが 
 
そもそも常識の言葉の使い方が間違ってますよね。 
 
常識って事は 
 
多数の人が正しいと認めてるって事でしょうが 
 
玄関先を毎日掃除する独身入居者はほとんどいませんからね 
 
間違ってるのはその潔癖症のお父さんですが 
 
自分が正しいと思い込んでますから 
 
最後は刃物騒ぎになったりなんかします。 
 
その他にも 
 
例えば他の入居者が夜風呂に入ると 
 
10時過ぎに風呂に入るのは非常識だとかなんとか 
 
そんな事でモメます。 
 
この神経過敏型のトラブル 
 
これはほとんどが 
 
中高年の男性が起こします。 
 
そして 
 
そんな人達と何度も話して 
 
男の脳は硬直するのが早い 
 
これに気づいた訳です。 
 
この硬直 
 
特に一人暮らしになると 
 
加速度的に悪化します。 
 
当社で大騒ぎになるのは 
 
大部分は一人暮らしの中高年男性です。 
 
これからは 
 
結婚できない男が増えていきますから 
 
その意味では 
 
私達の仕事は本当に大変になります。 
 
ですから 
 
できれば 
 
私達のためにも 
 
一人暮らしの男性は 
 
脳の柔軟体操 
 
是非実践してもらいたいものです。 
 
ネットの掲示板の書き込みを見ると 
 
この硬直型中高年の書き込が目立つようになりましたね。 
 
ヤバイですよ 
 
早めの対策お願いします。 
 
 
 


  この事は昔から感じていました
日本の男性全体で言えると思いますが
すぐ怒りますね
物事の解決をしようという姿勢がなく、怒ることでどうにかしようとするというか 

初対面で食事を断りましたら
不愉快なのか怒りを出す人やら
思い出せばたくさんいますね
HP等で不満ばかりを書いている人もいます
日本人は文句がとても多いと思います
ある種の心の病ですね

N ..5/17 6:16(水)

  >Nさん
男性と女性は明らかに脳の構造が違う
これは私自身は断言できます。
ですから
人間関係を上手く保ちたいなら
その事をしっかり頭に入れて対処する必要があると強く思います。
はるぼ ..5/17 17:41(水)
>> 返信
 

 5月 15日 (月)
 ガツン
昨日の朝 
 
出社した長津田店の店長が厳しい顔で私の机にやってきました。 
 
社長昨日の書類の話しですが・・ 
 
何の話しだっけ? 
 
伊志嶺が提出した保険の書類です 
 
ああダブって2枚出したから1枚で良いよって言った話し? 
 
そうです 
 
で? 
 
その話しを伊志嶺にしたら 
 
その前に社長が伊志嶺に電話したそうですよね。 
 
そうだっけ? 
 
そうだっけじゃありませんよ 
 
何でそんなに怒ってるの? 
 
だって社長はその電話で伊志嶺に書類が提出されてないから提出するように言ったそうじゃないですか? 
 
あぁそうだね 
 
あぁそうだねって社長、伊志嶺は一旦提出したのに社長から催促されたので2度提出したんすよ。 
 
そう伊志嶺が言ってんの? 
 
そうですよ。だから私は大恥かいたんです。 
 
大恥って・・大げさな 
 
だから私は伊志嶺に言ったんです 
 
何て? 
 
社長にガツンと言ってやるって 
 
だから今ガツンと言ってる訳か? 
 
そうですよ 
 
せっかくガツンと言ってもらったのに恐縮ですが 
 
何ですか? 
 
反論です。 
 
えっ? 
 
確かに私は伊志嶺に書類が届いてないと電話しました 
 
ですよね 
 
ただ私がダブってるって言ったのは 
 
違うんですか? 
 
催促した結果同じ申込書が2枚一緒に来たから1枚で良いって言った訳です。 
 
って事は社長が電話したときにはそれはやっぱり無かった? 
 
はいその通りです。 
 
げ〜っ じゃ悪いのは伊志嶺? 
 
悪いとかなんとかは大げさなので勘違いと言いましょう。 
 
では私は今大恥掻いてるって事ですか? 
 
それも大げさですからこれも勘違いって事で終わりましょう。 
 
いやそれでは社長に申し訳ありません 
 
別にそんなに気にしませんから大丈夫です。 
 
私から伊志嶺に言います。 
 
そうですか? では事実をお伝え下さい。 
 
私から間違いなくガツンと伝えます。 
 
そのガツンは要らないから普通に穏やかにお伝え下さい。 
 
・・・・・・スミマセンデシた。 
 
 
まぁしかし大した話でも無いのに 
 
話しが大きくなってしまいましたね。 
 
この話し 
 
私達仲介業者が気を付けなければいけない事ですよね。 
 
よくある話しなんです。 
 
本来当事者同士では何でもない事が 
 
間に人が入る事により 
 
その間の人間が過剰に自分の存在をアピールすると 
 
大火事になってしまう事が・・ 
 
不動産屋は大家さんに気を使って 
 
入退去の時に過剰に入居者に負担を求める 
 
なんて事が良くあります。 
 
ところが大家さんは 
 
長く住んでもらったのでそんなに負担して貰わなくて良い 
 
なんて言ってるのに 
 
それでも仲介業者が頑張るものですから 
 
突然大家さんに入居者から内容証明郵便が届く 
 
当社でも具体的にありました。 
 
これでは仲介業者は邪魔ですよね。 
 
また私が何度も書いてますが 
 
税務調査の時の税理士 
 
これも要らない事が多いです。 
 
税金を誤魔化す気がなければ 
 
何も税務署を恐れる事はありません 
 
全て晒して判断を仰げば良いのです。 
 
ところが 
 
間に税理士が入ると 
 
報酬が発生しますが 
 
その報酬が税理士に 
 
仕事をしなければ・・ 
 
って意識を強く植え付ける訳です。 
 
結果要らない頑張りを見せて 
 
余計な税金を払わされたり 
 
逆に隠して重加算税 
 
なんてケースに発展する事が良くあります。 
 
ですから 
 
私達仲介業者は 
 
自ら間に入る事によって 
 
顧客の利益になる 
 
なんてのは 
 
実は簡単そうで簡単では無い 
 
これをしっかり理解する必要がある訳です。 
 
当事者が求めない頑張りは 
 
問題を深刻にする 
 
そんな事も多いって事です。 
 
 
とにかく 
 
ガツンは要りません。 
 
 
 
 
話しは変わりますが 
 
今日は沖縄の復帰記念日ですね。 
 
ついこないだの気がしますが・・ 
 
もうあれから45年も経つんですね・・ 
 
当社の社員の大半は生まれてもなかったんですよね。 
 
大きな目で見て 
 
育てていきたいと思います。 
 
 

>> 返信
 

 5月 14日 (日)
 誰も見て無いどころか生きてる間ずっと監視され続けられています。
広島の警察署から8500万円もの現金が消えた事件 
 
どうやら内部の犯行の可能性が高いようですね。 
 
現金を見れば 
 
警察官も瞬時に泥棒に変わるようです。 
 
私達は職業や地位でその人間をある程度判断しますが 
 
実際には内面までは理解できないって事ですよね。 
 
学校の先生が痴漢行為で捕まって新聞に出ますが 
 
そもそも学校の先生が清い心の持ち主 
 
なんて私達の意識自体が間違ってる訳です。 
 
私自身は今して思うと 
 
中学生と高校生の時に 
 
人間的にとても尊敬できない先生に出会った事は貴重な体験でしたね。 
 
教師だから人格が優れてる訳ではないってのは 
 
その時からしっかり理解していますから 
 
校長先生が女性のスカートを盗撮した 
 
なんて報道を見ても別に驚きません。 
 
まぁしかし校長先生の盗撮はまだ可愛い物ですよね 
 
欧米では 
 
宗教関係者による子供への性的虐待が蔓延してるそうですが 
 
こんな報道に接するたびに 
 
私達人間は大した代物ではない 
 
そんな風に強く思いますよね。 
 
では 
 
どうして聖職者が犯罪者になるのでしょう? 
 
これを突き詰めると 
 
私達人間は皆自分自身から目を反らしてる事がよく分かります。 
 
結論から言えば 
 
犯罪かどうかは私達人間が作る法 
 
これによって決まる訳で 
 
実際には私達人間の欲望は 
 
その法を超えて存在する訳です。 
 
であれば 
 
その欲望を抑えて法を破らない 
 
これを心がけて実践する事ができれば 
 
善良な市民として生きて行けるし 
 
逆に欲望に負けて法を冒せば犯罪者 
 
って事になりますから 
 
その一線は地獄と天国を分ける 
 
そんな風にも.言えます 
 
ではその一線を越えなければ良い訳で 
 
簡単な話 
 
って思ったとしたら 
 
大間違いですね。 
 
私達人間社会はそんな単純ではありません。 
 
私達人間は少し極端な言い方をすれば 
 
皆その一線を越えています。 
 
つまり 
 
国民全員が犯罪者なんです。 
 
では 
 
超えてるにも関わらず 
 
なぜ警察に捕まるのは少ないのでしょうか? 
 
大半は法を冒しても軽微なために見逃されてる 
 
って事ですね。 
 
雀荘でもゴルフでも皆さんお金を賭けますが 
 
これをいちいち逮捕してたら 
 
留置場はとても足りませんし 
 
第一警察官も逮捕される人が続出って事になりますよね。 
 
でも実際には本来警察に捕まるような犯罪 
 
これも私達普通に市民が冒しまくっています。 
 
どうして捕まらないかと言うと簡単です。 
 
それは 
 
単にバレないからです。 
 
この話し 
 
一瞬納得できないかも知れませんが 
 
実際に私達の暮らす法治国家は 
 
犯罪者と善良な市民の境は 
 
法を破るかどうかではありません。 
 
法を破った事がバレるのかバレないのか? 
 
ここにある訳です。 
 
スカートを盗撮した校長先生も 
 
もし盗撮がバレなければ 
 
人格者として人生を全うできたはずです。 
 
またお金を盗んだ警察官も 
 
もしバレなければ 
 
このまま警察官としての人生を全うして 
 
自宅の居間には 
 
表彰状の額が飾られたりなんかして 
 
家族もそれを誇りに思う 
 
そんな感じでしょう。 
 
犯罪にならないまでも 
 
愛人を作っても 
 
それが奥さんにバレなければ 
 
良いお父さんとして家族から尊敬されますが 
 
バレてしまえば離婚って事になります。 
 
つまり 
 
私達人間は 
 
そもそもバレない所では 
 
本能に従って生きる 
 
この程度のものだって話しです。 
 
人の目がない空間は 
 
ある意味この地球上に自分しか存在しない 
 
そんな事を可能にする素晴らしい世界 
 
そうも言える訳です。 
 
だから年頃になった子供達は 
 
親から離れ一人暮らしをしたがる訳です。 
 
誰にも見られる可能性が無い 
 
って空間はもう本能が解放される 
 
天国みたいな場所です。 
 
何でそんな話しをするかと言うと 
 
この事を理解すると 
 
人間に寛大になれるのです。 
 
逆にこの理解が足りないと 
 
自分は風俗通いをしながら 
 
奥さんの浮気を許せない 
 
って事になります。 
 
不動産の世界では 
 
自分は平気で他社の物件に手をつけるくせに 
 
自分の客に接触されたら 
 
抜く抜かないの大騒ぎ 
 
こんな感じの 
 
自分にはとことん優しい社長さん達 
 
ゴソゴソいます。 
 
逆に私はその事を理解していますから 
 
当社の物件を他社が取りに来ても 
 
何とも思いません 
 
取られた方が悪いと思っています。 
 
お客様が自分より相手を選んだ訳ですからね? 
 
これが理解できずにクダクダ言うのは 
 
彼女を他の男に取られていつまでも追いかけるストーカーと同じ 
 
社員にはそんな話しをしています。 
 
しかし 
 
私は見て無い所では好き放題で構わない 
 
なんて言ってる訳ではありませんよ 
 
大部分の人間が 
 
人の目のない所ではずるく卑劣になる訳ですから 
 
自分はそうならなければ 
 
他人より秀でた素晴らしい人間になれるって事です。 
 
そして 
 
そのためには 
 
誰も見て無い空間 
 
それをしっかり見てる人が一人だけ居る 
 
これを知る事です。 
 
その一人とは 
 
自分自身です。 
 
自分自身の目に耐えられる生き方 
 
これを追求すれば 
 
人生が大きく変わります。 
 
長くなりましたね。 
 
いずれにしても 
 
他人に厳しく自分に寛大 
 
ゴルファーにもゴソゴソいますが 
 
そんな情けない人間にはならなくて済むでしょう。 
 

>> 返信
 

 5月 13日 (土)
 大きな船は波に抗い 小さな船は波に任せて漂う
昔と比べれば少なくなりましたが 
 
今でも時々営業の電話を頂きます。 
 
金の投資であったり 
 
あるいは広告の勧誘だったり 
 
って訳です。 
 
ただこの電話営業 
 
長年経験して 
 
不思議な事があります。 
 
それは 
 
大半の営業電話は社員の段階ではじかれて 
 
私まで来る事はありません。 
 
社長に営業の電話を取り次がないのが当たり前 
 
なんて思う人が多いかもしれませんが 
 
私が驚くのは 
 
社員はこの営業電話を高い確率で瞬時に見抜くのです。 
 
凄い能力? 
 
ではありませんね 
 
営業電話は受けた段階で誰でも分かります。 
 
私が不思議だと言うのは 
 
そのバレる話し方が 
 
昔から改善される事無く延々と続いてるって事です。 
 
大体特徴は 
 
大きな声で元気が良いって感じです。 
 
大声で元気が良ければ 
 
相手に好印象を与えて 
 
成功率が高い 
 
なんて思ってるのでしょうが 
 
これは勘違いですね。 
 
声がデカければ良いって物ではありません。 
 
逆も多いのです。 
 
日々の仕事ではそんな元気な電話は滅多にありませんから 
 
それだけで警戒されますよね。 
 
にも関わらず電話営業はいつまで経ってもそのスタイル 
 
これが不思議に思う訳です。 
 
逆に 
 
たまに電話営業でも 
 
社員のバリアをクリアして私まで来る事がありますが 
 
そんな人の声は普通か小さいですよね。 
 
そのトーンが社員の目を欺く訳です。 
 
まぁ電話営業の世界は無縁ですから 
 
私にはどうでも良い事ですが 
 
実は私達人間の社会では 
 
常識と思われてる事が 
 
実は間違い 
 
なんて事はたくさんある物です。 
 
先日テレビでやってましたが 
 
雷が鳴ると金属を外す 
 
なんて人は多いと思いますが 
 
あれも間違いだそうです。 
 
医療の世界でも 
 
私達は子どもの頃から 
 
怪我をすると消毒をしてガーゼを当ててましたが 
 
数年前にその行為は傷の回復を遅らせる 
 
なんて研究結果も出てましたね。 
 
ただ私自身は随分前から与えられた情報に過剰に頼らず 
 
自分の体は自分で考えて維持する事を心がけています。 
 
結果随分常識に抗っていますが 
 
そのおかげでこれまで健康でいられた 
 
そんな風に思っています。 
 
また話しが逸れますね 
 
不動産の世界の話しに戻ります。 
 
とにかく私達の世界でも 
 
あの電話営業の声のデカさと同じで 
 
業界の人が正しいと思ってる事が 
 
実は無意味だったり逆効果 
 
なんてのがたくさんあります。 
 
差し障りがありますので 
 
具体的には書けませんが 
 
私達零細企業が生き残るには 
 
大手の会社が常識と信じて疑わない事 
 
これの穴を見つけ 
 
そしてそこに商機を見つける 
 
そんな姿勢が大切です。 
 
言い方を変えれば 
 
それができなければ 
 
零細企業で生きてくのは難しい 
 
そんな風にも思えます。 
 
私自身は 
 
大学を卒業してから 
 
ずっと小さな会社で働いてる訳ですから 
 
体がその事を覚えていますが 
 
社員にそれを伝えるのは難しいですね。 
 
まぁしかし 
 
それができなければ 
 
当社の未来もありませんから 
 
時々同じ話を何度もブログで書いて 
 
意識改革 
 
これを試る訳です。 
 
私はよく船に例えて説明しますが 
 
大手は大きなタンカーみたいなものです。 
 
遠くまで出かけて積み荷を積んでますが 
 
嵐が来ても沈みません 
 
ところが私達は小さな船です 
 
にも関わらず 
 
大手と同じルートで 
 
同じ積み荷を積んでは 
 
とても勝ち目はありません。 
 
利益は少なく 
 
少しの嵐でも沈んでしまいます。 
 
小さな船が生きて行くには 
 
大きな船が入れない浅い海だとか 
 
あるいは小さくても高価な積み荷とか 
 
また 
 
お客様の指定する場所まで出かけるとか 
 
そんな大きな船ができない事を見つけて 
 
そこを追求するしか道はありません。 
 
まぁそんな感じです 
 
零細企業は 
 
柔軟性と俊敏性 
 
これが 
 
大きな武器 
 
これを生かさずして 
 
大手に勝つ 
 
なんて事は不可能だって話しです。 
 
頑張りましょう。 
 

>> 返信
 

 5月 12日 (金)
 閉塞感をブチ破る特効薬・・・時間の経過
どんな商売も市場を無視しては成り立ちません。 
 
リンゴであれば 
 
八百屋さんは店頭でいくらで売れるか? 
 
これから逆算して仕入れ値を決めるでしょうし 
 
水商売であれば 
 
お客様がどれだけのお金を払うか? 
 
ここから逆算して女性を集める訳です。 
 
しかしこの市場 
 
実際には大変厳しい物です。 
 
八百屋さんは店頭で売れる値段から逆算しても 
 
採算の合う値段で仕入れができるとは限りませんし 
 
お店のママさんは客単価から逆算して女性を集めたら 
 
年寄りしか集まらなかった 
 
なんて事になるかも知れません。 
 
しかしこれがビジネスです。 
 
この受給バランスの境界線 
 
これが私達に許された生息場所です。 
 
この市場の厳しさを正面から受け止めずに 
 
ビジネスの戦略を立てても 
 
大体悲惨な結果に終わります。 
 
歌舞伎町では飲み放題3000円ポッキリ 
 
なんて言って客を呼び込んでは 
 
実際には30万円の請求書 
 
なんて商売もあるようですが 
 
大体刑務所行きです。 
 
また 
 
贈収賄だとか 
 
あるいは談合だとか 
 
そんな事件が無くならないのは 
 
皆市場の厳しさに正面から向き合わずに 
 
小ずるい手段に出るから 
 
新聞に名前が出てしまうのです。 
 
不動産の世界でも 
 
買い取り業者は 
 
安すぎては仕入れができず 
 
また高すぎて仕入れたら赤字 
 
この厳しさの中で生きています。 
 
仕入れができずに焦り 
 
そして高値買い 
 
で結果不良在庫 
 
最後は借入金が払えずドロン 
 
これは私が不動産の世界に入った頃から今に至るまで 
 
消える事の無い転落パターンです。 
 
つまり 
 
市場は 
 
元来大もうけは簡単には許してくれない 
 
そんな厳しい世界ですが 
 
この認識が足りない人 
 
不思議と本当に多いのが私達の仕事をしてると良く分かります。 
 
自分の作る焼きそばは 
 
店の前に行列ができるから歩行者に迷惑をかけるのが心配 
 
なんて言ってテナントを契約した方がいましたが 
 
思い込みだけでスタートしてますから 
 
行列ができるどころか 
 
開店からずっと人が入らず 
 
すぐに閉めてしまいました。 
 
お客様の事ですから 
 
具体的にはあまり書けませんが 
 
楽観的な思考が強く 
 
市場の厳しさの理解が足りない人 
 
ほとんどがドブにお金を捨てて行きます。 
 
ですから 
 
まずどんな仕事でも 
 
この市場の意識がないと 
 
高い確率でアウトって訳です。 
 
この市場無視の突進型 
 
不動産投資をする方にもよくいますね。 
 
当社に飛び込みで相談に見える方 
 
賃料設定をする時に 
 
こちらは客観的なデータを示して説明する訳ですが 
 
中には 
 
こちらのアドバイスを一切聞かない人がいます。 
 
大体似たような決まり文句を言いますね。 
 
“そんな賃料だったら貸さないでそのままにしておくよ” 
 
まぁご自分の持ち物ですからね 
 
貸す貸さないは勝手ですから 
 
それはそれで尊重しますが 
 
しかし大体は私達が現実をお知らせして 
 
それが余にもショックで 
 
目を反らしてるだけです。 
 
ですから 
 
そんな方に 
 
いくら必死に説得してもムダです。 
 
アドバイスは求める人にのみ受け入れられる物であって 
 
現実を直視できない方には逆効果って訳です。 
 
ただ 
 
こちらがアドバイスしなくても 
 
こんな方達は 
 
ある条件の下では 
 
しっかり市場に向き合うようになります。 
 
その条件とは 
 
時間の経過です。 
 
そんなに安いんじゃ遊ばして置くよ 
 
なんて不機嫌に帰った方が 
 
実際に半年も空室のままだと 
 
今度は 
 
もういくらでも良いから客を見つけて 
 
なんて言ってきます。 
 
不動産屋としては 
 
ここからが初めて勝負となる訳です。 
 
私自身も市場の厳しさに晒されています。 
 
それを乗り切るには 
 
単純な言葉だけではどうにもならい 
 
こんなケースが大半です。 
 
そして 
 
そんな行き詰まりを突破するのが 
 
時間って訳です。 
 
時を制する者が不動産を制す 
 
私が社員に語ってる事です。 
 

>> 返信
 

 5月 11日 (木)
 生き残りをかけてあれこれ考えると宇宙の法則にまで思いが至ります
ゴルフをやる前は 
 
止まってるボールを打つのは誰でもできる 
 
なんて意識がありナメてかかりますが 
 
実際に始めると 
 
いつまで経ってもまともに当てられない 
 
この悔しさが延々とゴルフの魔力で 
 
どこまでも引き込まれてしまう原因です。 
 
私自身毎週のようにゴルフ場に行ってるのに 
 
スコアがあまり伸びませんが 
 
逆にそれだから止められない訳です。 
 
多分ギャンブル依存症の人が 
 
負けを取り返そうとして 
 
底なしの地獄に落ちるのと似たような心理だろうと思います。 
 
しかし少し考えれば 
 
止まってるボールですが 
 
むしろ当たるのが不思議 
 
そんな事に気づきます。 
 
まず私達がやってる事は 
 
丸い小さなボールに 
 
これまた楕円のヘッドのドライバーを 
 
時速150kmのスピードでぶつける訳です。 
 
当たる訳ないですよね。 
 
実際に私の場合は 
 
いつまで経っても右に行ったり左に行ったり 
 
この摩訶不思議な現象が治りません。 
 
この位にしましょうね。 
 
ゴルフの話しは面白くないですよ 
 
なんて有難いアドバイスを最近頂きました。 
 
語りたいのはゴルフの話しではありません。 
 
私がゴルフボールを打つときに 
 
150`ものスピードをゴルフヘッドで生み出す 
 
この事についての話しです。 
 
不思議ですよね 
 
私の体がそんなに凄い力を出すとは・・ 
 
このスピードを出せる理由は 
 
有難い事に 
 
遠心力と言うものがこの世に存在するからです。 
 
これがあるから 
 
私達はゴルフボールを250ヤードと言う驚異的な距離まで飛ばす事ができる訳です。 
 
実際にこの遠心力を使わずに手の力だけで投げたら 
 
せいぜい3分の1位しか飛びません 
 
言い方を変えれば 
 
遠心力がゴルフと言うスポーツを作り出した 
 
そう言えるかも知れません。 
 
そんな訳で私にとっては大変有難い遠心力ですが 
 
これ 
 
実は宇宙の基本的な構造に欠かせないんですよね。 
 
私達地球は 
 
太陽の周りをクルクル回る事によって遠心力を作り出し 
 
それによって太陽の重力に抗いぶつかる事無く存在できる訳です。 
 
またもっと大きく 
 
私達の太陽系が存在する銀河も 
 
中心部の周りを無数の恒星が渦をまいて回り 
 
結果重力と遠心力のバランスを取ってるから 
 
これまた銀河を存在させ続けてる訳です。 
 
ミクロの世界では 
 
原子の構造は原子核の回りを電子が高速で回転してるようですが 
 
銀河と原子が同じ原理で存在してる 
 
これが本当に不思議です。 
 
ですから 
 
この宇宙は 
 
重力と遠心力のバランス 
 
これによって成り立ってるって事になります。 
 
神の存在を思わずにはいられませんよね。 
 
しかしこの物理的な力学 
 
私達人間社会もこれを意識すると 
 
一見複雑でもよく理解できたりします。 
 
例えば東アジアの政治力学 
 
これもこの遠心力と重力の関係に良く似ています。 
 
元々東アジアは 
 
大国中国と 
 
その回りに存在する衛星国 
 
この構造で安定して訳ですが 
 
産業革命と帝国主義の台頭で 
 
このバランスが崩れて 
 
結果不安定な状況になった訳です。 
 
今の北朝鮮問題も 
 
突き詰めれば 
 
欧米列強と日本が 
 
中国をズタズタにした 
 
その後遺症とも言える訳です。 
 
核を失っては遠心力が暴れ出しますからね 
 
また逆に最近強く感じますが 
 
この昔の安定構造 
 
これが回復されつつあるように感じます。 
 
中国嫌いの方達は考えたくもないかも知れませんが 
 
中国が力を取り戻せば 
 
それによってこの地域は安定する 
 
そんな地政学的な条件があるように思うのです。 
 
アメリカは南シナ海への中国の進出の警戒を声高に語りますが 
 
その南シナ海で中国と領有権を争ってるはずの 
 
フィリピンやベトナム 
 
いずれも中国回帰の動きが明らかに見られます。 
 
ベトナムの国家主席が中国を訪問した 
 
なんてニュースも最近流れました 
 
北朝鮮の問題でも 
 
今戦争を回避しようと汗を流してるのは中国です。 
 
お隣韓国でも 
 
アメリカが北朝鮮を軍事的に叩く 
 
なんて言ってる時に 
 
韓国国民は新しい大統領に 
 
北朝鮮と融和路線を唱える文さんを選びました。 
 
つまり 
 
中国を中心に遠心力で見れば 
 
東アジアは1世紀以上経って 
 
やっと安定期に入ってる 
 
そんな風にも思えます。 
 
まぁしかし中国中心の安定は悪夢 
 
そう考えてブチ壊しにかかる勢力もありますから 
 
まだしばらくはガタガタしますが・・ 
 
いずれにしても 
 
私達人間社会も宇宙の物理法則で 
 
しっかり中心が存在して 
 
そしてその回りに遠心力で距離を保つ人達がいる 
 
これが安定には欠かせない 
 
そんな風に考えるようになったのです。 
 
長くなりましたね。 
 
この話しの続きはまたいずれ・・ 
 
 
そんな感じで 
 
会社の将来を考えるのに 
 
宇宙の法則にヒントを見つけたりなんかする事もあるって訳です。 
 


  私は、はるぼさんのゴルフの例え話が分かりやすくて、大好きです。
我々、一般ゴルファーでも150キロのスピードがあったとは、驚きです。
どきまさ ..5/12 8:32(金)

  >どきまさ さん
有難うございます。
どうもいまいち表現力が足りないので時々ゴルフに頼ってしましますが
それでも良いって言っていただけると大変ありがたいです。
はるぼ ..5/12 11:58(金)
>> 返信



<< 新しい日記へ    過去の日記へ >>



| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++