駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 7月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - -

11月 15日 (水) 零細企業は独裁国家
11月 14日 (火) 嬉しい誤診
11月 13日 (月) 本人の人生です 他人にその人....
11月 12日 (日) 目先の変化に頑張って対処する....
11月 11日 (土) 今日の天国は明日の地獄
11月 10日 (金) 楽あれば苦あり
11月 09日 (木) 時期を逸すると子供は一生ブラ....


 

 11月 15日 (水)
 零細企業は独裁国家
今回のASEANの報道を見ると 
 
アジアの情勢が大きく変わってる 
 
これがよく見て取れますね。 
 
どう変わってるかと言えば 
 
中国を中心にした新しい秩序 
 
これが一気に進んでるって感じです。 
 
これまでとは違い領有権で争うフィリピンもベトナムも 
 
中国との友好に舵を切っています 
 
私達の日本も 
 
明らかに日中友好を模索していますね。 
 
で 
 
何でそうなったかと言えば 
 
報道では 
 
各国とも経済面に重点を移した 
 
って話しです。 
 
つまり領有権問題では譲っても 
 
中国との付き合いで得る経済的な恩恵 
 
ここに軸足を移した結果 
 
って訳です。 
 
まぁその意見を私ごときが否定もできませんが 
 
実際には別の側面も見えますね。 
 
今にして思うと 
 
習近平が尖閣で強気に出て 
 
私達が中国に警戒感を持ちましたが 
 
あれはむしろ 
 
国内基盤固め 
 
これが目的だったようです。 
 
政治基盤が弱い間は 
 
尖閣で弱気を見せると 
 
ライバルにつけ込まれますから 
 
日本に対して強気に出た訳ですが 
 
ライバルを粛正して 
 
盤石な権力基盤を築くと 
 
本当にやりたい事 
 
これに邁進する 
 
って感じに見えます。 
 
尖閣の接続水域への中国公船の進入は 
 
先月は激減しています。 
 
一時的なのか 
 
あるいは継続的に挑発を抑えるのか 
 
まだ少し様子を見ないと何とも言えませんが 
 
少なくとも今日中の対話の環境は整った 
 
そんな風に思います。 
 
まぁしかしこんな国際情勢の動きを見てると 
 
つくづく国と言うのは政治のシステムによって 
 
その性格が決まる 
 
そんな側面がよく見て取れますね。 
 
東アジアで言えば 
 
日本だけが議院内閣制ですが 
 
明らかに他の国とは違いますよね。 
 
フィリピンも韓国も直接選挙で大統領を選ぶ訳ですが 
 
コロコロ変わる民意によって直接選ばれる事の特徴 
 
これがよく見て取れます。 
 
韓国の大統領が 
 
慰安婦をぶり返すのも 
 
これをしないと自分の人気が落ちて政治生命が終るからだと思いますし 
 
フィリピンのドウテルテ大統領も 
 
麻薬がらみの犯罪者をガンガン殺さないと 
 
自分が引きずり下ろされる 
 
だからアメリカから非難されても止められないし 
 
逆にそれを分かって何も言わない中国になびくのだろうと思います。 
 
また前置きが長くなってしまいますね。 
 
結論を急ぎましょう。 
 
で 
 
直接民主主義で選ばれる大統領 
 
間接民主主義で選ばれる首相 
 
ビジネスの世界ではどこから学べば良いのでしょうか? 
 
まぁ大会社は分かりませんが 
 
私達のような零細企業はどっちでもありませんね 
 
私達が学のは 
 
どっちでもない中国です 
 
あるいは北朝鮮かもしれません 
 
零細企業はシステムは独裁です 
 
だから 
 
この弊害を 
 
中国や 
 
北朝鮮から学ぶ事ができるのです。 
 
民主主義は割と新しい概念ですから 
 
昔は皆独裁国家だった訳ですが 
 
これはほとんどが潰れていきましたね。 
 
ですから 
 
今の時代に独裁国家で生き残る事 
 
これは至難の業です。 
 
だから零細企業も生き残るのは大変なんです。 
 
逆に言えば 
 
独裁国家で生き残る指導者はすごい 
 
って事にもなります。 
 
ご多分に漏れず 
 
習近平も金正恩もあの風貌も含めて好きにはなれませんが 
 
しかし 
 
零細企業が生き残るには 
 
彼等の凄さ 
 
最低それは認めないと 
 
難しいように思います。 
 
私は北朝鮮の内情に詳しい訳ではありませんが 
 
あちらのシステムはどうやら崩壊の道のように見えますね。 
 
社員を奴隷扱いして 
 
恐怖で支配した昔の不動産屋が皆潰れた 
 
これと基本的には同じように思います。 
 
学ぶべきは中国ですね。 
 
北朝鮮とは違い 
 
最初から指導者の地位が約束されてる訳でなく 
 
権力闘争でのし上がってくる訳ですから 
 
習近平の能力は凄い 
 
そう思いますね。 
 
私と同年代ですが 
 
とても及びません。 
 
さし当たり習近平の権力強化で 
 
清朝でボロボロになって以来の中華思想 
 
これが復活する雰囲気になりましたね。 
 
礼節を柱に 
 
国際社会から尊敬される国を作れるかどうか? 
 
楽しみに見たいと思います。 
 
私達零細企業も 
 
同じように 
 
最後は礼節 
 
私はそれによってしか生き残れない 
 
そんな風に思っています。 
 
だから 
 
古くさい話しばかりを社員にする訳です。 
 
時代遅れの独裁国家は生き残れませんが 
 
古きに新しさがある 
 
私はそう感じて会社の舵取りをしています。 
 

>> 返信
 

 11月 14日 (火)
 嬉しい誤診
先週のゴルフをキャンセルしたのは 
 
ちょうど1週間前に 
 
お腹の中にいる息子の2番目の赤ちゃんが 
 
胎児性の難病にかかってる 
 
って医者の診断が下ったためです。 
 
まぁ家族がひっくり返りましたね。 
 
それから大学病院の先生に診てもらいましたが 
 
結果は同じでした。 
 
が 
 
胎児の診断って難しいんですよね 
 
当たり前ですよねお腹の中にいる訳ですから 
 
で 
 
更に国立の専門機関が運営する施設で詳しく検査してもらいました。 
 
で 
 
結果 
 
なんと 
 
誤診 
 
これまた家族がひっくり返って大喜びしました。 
 
まあ 
 
こんな結果だからブログに書けるんですよね。 
 
悪い結果だと 
 
とても本当の事はかけません 
 
また私自身 
 
ブログを書く気が失せていたかも知れません。 
 
今回の騒ぎでつくづく思いましたね。 
 
私達は日々努力をして生きてる訳ですが 
 
しかし最後は 
 
私達の運命を決めるのは私達の力の及ばない 
 
何か超越した物が決める 
 
って事です。 
 
まぁだから私達人間社会では 
 
宗教が今の時代でも盛んなんですよね。 
 
私自身は宗教に頼る事はありませんが 
 
だからと言って頼る人を非難する事はありません。 
 
私が好きになれないのは 
 
そんな人間心理を利用して金儲けをする人達です。 
 
豪華な宗教施設を見ると 
 
何で信者の皆さんは矛盾に気づかないのか? 
 
って不思議になります。 
 
こんな豪華な物を作る位なら 
 
たくさんの困ってる人を救済できるのに? 
 
ってどうして思わないんでしょうか? 
 
おっといけない 
 
また話しが逸れてしまいそうです。 
 
私が今日語るのは 
 
今回の私の家の出来事のように 
 
私達の人生は 
 
今日幸福でも 
 
明日180度ひっくり返る 
 
そんな危ういものだって事です。 
 
どんなにお金を貯めようが 
 
どんなに保険をかけようが 
 
病気と不慮の事故は容赦なく襲ってきますから 
 
人間の力では防ぎようがないのです。 
 
であれば 
 
これを意識するのとそうでないのでは 
 
人生の質が大きく違う 
 
そんな風に思います。 
 
ではどうすれば良いのでしょうか? 
 
まぁ私が偉そうに語れるほど簡単な問題ではありません 
 
ただ 
 
私自身はこの危うい人生を過ごすのに 
 
いつも意識してる事があります。 
 
それは 
 
所詮自分の意志ではどうにもならない力に生かされてる以上は 
 
それを認めるしかありません 
 
認めると言う事は 
 
覚悟するって事です。 
 
私は 
 
毎朝起きると 
 
この覚悟をします。 
 
今日事故にあっても 
 
今日病気で倒れても 
 
それは受け入れます 
 
って心でつぶやくのです。 
 
こうするだけで 
 
私自身は心が落ち着き 
 
日々押し寄せてくる難題にも冷静に対処できる訳です。 
 
まぁ逆言えば 
 
そんな気持を持たなければ 
 
とても私達のような底辺の顧客を扱う不動産屋は精神が持たないって事です。 
 
さて 
 
色々書きましたが 
 
こんな事を書いてるのは 
 
私の行動パターンがいつもと違うので 
 
心配してた社員の皆さんへのお知らせのためです。 
 
そんな訳で 
 
今日から平常に戻りますので 
 
またガンガンン行きますよ。 
 
 
さて早速 
 
先月の成績から確認しましょうかね・・ 
 
 
んっ なんだこりゃ? 
 
 
お〜い 全員集合!  
 
 

>> 返信
 

 11月 13日 (月)
 本人の人生です 他人にその人が下した決断を止める権利はありません
当社の地域で 
 
車のフロントガラスが割られる被害が大量に発生しました。 
 
その中には当社の管理物件の駐車場の借主も複数いて 
 
大変困ってしまいました。 
 
大体この手の犯人は捕まりません 
 
まあしかし警察もこの程度の捜査で人員を割いていられないのでしょうから 
 
仕方がないとも言えますが 
 
ただ今回は捕まりましたね 
 
ネットで出ていました。 
 
捕まった理由は 
 
報道によると被害は200件以上だと言われてますから 
 
さすがに数が多いので警察も放置できなかったのでしょう。 
 
ただ 
 
この手の犯罪を見るに付け 
 
いつも思いますよね。 
 
犯罪者の心理はさっぱり分からんと・・ 
 
普通に考えると 
 
200台もの車のフロントガラスを割るって 
 
大変重労働ですよね。 
 
しかしこの犯人は 
 
私達が苦痛に思う事が快楽だった 
 
だからこんな事をした訳です。 
 
また最近流行の振り込め詐欺も 
 
不特定多数の人に延々と電話をかける訳ですが 
 
それだけの意欲と忍耐力があれば 
 
正業でも成功しそうなものですよね 
 
なんでそんな大変な思いをして 
 
刑務所に入るような事をするのか? 
 
これまたサッパリ理解できません。 
 
まぁしかし犯罪者の心理は理解できませんが 
 
犯罪者でなくても 
 
実際に私達の周りを見ると 
 
理解出来ない行動をする人 
 
たくさんいますよね。 
 
最近は精神医学が発達していますから 
 
アスペルガー症候群のような 
 
発達障害の説明で 
 
理解できるケースも増えてますが 
 
いずれにしても私達はたくさんの人と接して思う事は 
 
基本的に他人の行動は理解できない 
 
って事です。 
 
綺麗な容姿に産まれたのに 
 
風俗で働く女性もたくさんいますし 
 
逆に 
 
イケメンで女性はいくらでも寄って来るのに 
 
なぜか風俗通いが止められない男性も複数知っています。 
 
また数十億の資産があるのに 
 
町中で人が吸ったたばこの吸い殻を集めて 
 
それを吸ってる家主もいました。 
 
そんな不合理な行動をする人をたくさん見てきて 
 
ある時期に悟りました。 
 
それは人はそれぞれ 
 
って事です。 
 
私から見たら不合理なだけであって 
 
本人からすればそれが正しい生き方ですから 
 
口を挟む事は無い 
 
って事です。 
 
具体的には書けませんが 
 
最近もある案件で 
 
お客様が自ら危険な道に進もうとしています。 
 
で 
 
担当社員は 
 
一生懸命それを止めようとして 
 
私に出動要請がありましたが 
 
私が出て言って話す事は 
 
“ご自分の財産ですから好きなようにして下さい” 
 
って話しです。 
 
冷たいようですが 
 
それまで社員が散々話してもその危険な道に進む訳ですから 
 
私が出て言っても 
 
それを止める事はできません。 
 
と言うより私が止める権利もありません。 
 
まぁこれが私の基本的な生き方です。 
 
若い頃とは違い 
 
身近な人も 
 
もう説教したり諭したり 
 
なんて事はしません。 
 
良く昔のテレビドラマでは 
 
熱血教師が不良少年を更生させた 
 
なんてシーンがあり 
 
それに感化されて 
 
私も昔は若い人に熱く語ったりしましたが 
 
今にして思うと 
 
誰一人変える事はできませんでした 
 
私のおかげで人生が変わった 
 
なんて言う人は何人もいますが 
 
実際には勘違いです 
 
私の意見を受け入れる段階で 
 
もう本人は既に変わってるのです。 
 
こんな考えに至ると 
 
人間関係が上手く行かない人のパターンに 
 
他人干渉型 
 
ってのが多いのがよく分かります。 
 
ゴルフではいわゆる教え魔です。 
 
家族でもそれはあって 
 
よく家が厳しすぎて成人したら子供が寄りつかない 
 
ってケースは 
 
自分の子供だからと言って 
 
型にはめようとする思いが強いからそうなるのです。 
 
そんな訳で 
 
私は 
 
プライベートであっても 
 
仕事であっても 
 
本人の下す決断 
 
これには求められない限り意見はしない 
 
これが基本になった訳です。 
 
 
 
 

>> 返信
 

 11月 12日 (日)
 目先の変化に頑張って対処するだけ
当社の前は交差点になっていますが 
 
駅から来るバスがたくさん右折したり左折したりします。 
 
でおとといの夕方 
 
歩行者用の青信号で渡ろうとしてる人がいましたが 
 
少し交差点に入ると信号が点滅しました 
 
この歩行者は全く問題がありませんし 
 
そもそも横断歩道では歩行者優先ですが 
 
信じられない事に 
 
右折したバスが 
 
もの凄い勢いで歩行者に近づいてきました。 
 
で 
 
歩行者は驚いて立ち止まるとその前を通過していきましたが 
 
通過する時に運転手は 
 
わざわざ窓を開けて歩行者を睨みました。 
 
このバス会社 
 
独占的に私達の駅に乗り入れていますが 
 
長年毎日見ていますので 
 
運転手の質の低下は随分前から気づいていましたが 
 
しかしここまでひどいのは初めてですね 
 
これではまるで高速道路であおる悪質ドライバーのレベルです。 
 
このままではいずれ社会問題化しますから 
 
バス会社の幹部の皆さん 
 
是非ドライバーの教育 
 
徹底していただきたいですね。 
 
ただ 
 
バス会社の立場に立つと 
 
こうなってしまう構造的な問題があるんですよね 
 
バス会社と言うより 
 
私達日本社会全体の問題です。 
 
少子高齢化による人手不足 
 
これが根本にあるのです 
 
バス会社の立場からすれば 
 
こんな人間しか集められない 
 
そう言う事なんだろうと思います。 
 
幸楽苑も52店舗閉鎖 
 
なんてニュースが流れましたが 
 
これも原因は顧客が不足してる訳ではありません 
 
人手が不足してるのです。 
 
この人手不足 
 
今の時点でもバスの乱暴運転手を生み出す訳ですから大問題ですが 
 
実は長期的に見れば 
 
さらに深刻な事態を招く 
 
そんな記事がありました。 
 
それは 
 
人手不足の解消と言う動機が 
 
ロボットやAIの進出を加速度的に進める 
 
って訳です。 
 
その兆しはもう色んな所に見えますよね。 
 
スーパーのレジは自動化が急速に進んでますし 
 
公共交通機関は自動運転の研究がガンガン行われてます。 
 
ですから 
 
いずれ今回のような悪質な運転手も要らなくなる訳です。 
 
そうなると 
 
今度は 
 
人間の仕事が無くなる 
 
これが深刻な問題 
 
って話しです。 
 
今IT企業の大金持ち経営者の皆さんが声を揃えて言ってるのが 
 
ベーシックインカム 
 
って話しです。 
 
つまり 
 
働かなくても 
 
国民全員に生活できるだけのお金を行政が配りましょう 
 
って訳です。 
 
逆に言えば 
 
仕事が無くなりますから 
 
そうしなければ生きて行けない訳です。 
 
で 
 
どうしてITの経営者達がそれを声高に主張するかと言えば 
 
このシステム無くして 
 
AIの開発とロボット化は行ってはいけない 
 
これが分かってるからです。 
 
言い換えれば 
 
ベーシックインカムの構築が出来上がれば 
 
IT企業は 
 
何の憂いもなく 
 
ITとロボットの開発に邁進できる訳です。 
 
私達が生きた時代は 
 
科学技術が大きく発展して 
 
生活が劇的に変化した訳ですが 
 
この変化 
 
これから先にも延々と続くようです。 
 
そんな中 
 
人の住まいがどう進化するのか? 
 
あるいは不動産の流通がどう変わるのか? 
 
中々正確な予想はできませんが 
 
さし当たり 
 
目先の小さな変化は起り続けますから 
 
それに対応し続ける 
 
これが宿命だと思います。 
 
小さな変化も 
 
積み重ねれば大きな変化ですから 
 
日々もがいてる内に 
 
振り返れば大きな変化を乗り越えた 
 
って事になるのだと思います。 
 
頑張りましょう 
 
学びは毎日の日課にする 
 
これがこれからの時代を生き抜くコツ 
 
私はそんな風に考え 
 
老体にムチ打つのです。 
 

>> 返信
 

 11月 11日 (土)
 今日の天国は明日の地獄
不思議な事に 
 
ゴルフはキャンセルした事がない 
 
なんてブログを最近書きましたが 
 
書いてすぐに 
 
初めて予定してたゴルフをキャンセルする事態になりました。 
 
ただ理由は私の体調不良ではありません 
 
家族の体調不良です。 
 
小さな子供がいますから 
 
大人は誰かがその子供を見なければいけません。 
 
私の場合は大体仕事が終ってからのお風呂 
 
この役目を担ってますので 
 
休みの日にはゴルフに出かる事が許される訳です。 
 
が 
 
その私の休みの日に孫の面倒を見る担当に不都合が起ると 
 
誰かがその役目を代わらなければなりません 
 
で 
 
今回は 
 
私以外に人材が居なかった訳です。 
 
この経験でつくづく思いますね。 
 
人の命を一つつなぐ事は 
 
本当に大変だと・・ 
 
これは子育てをすれば誰でも分かる訳ですが 
 
今は結婚しない人も多いですから 
 
これを経験しない人も増えてますよね。 
 
ただ 
 
自分で子育てをしなくても 
 
できれば自分の命をつないでくれた人達 
 
これに少し思いを至らした方が良いですね。 
 
そうすれば 
 
そこにいるのは 
 
自分の事は二の次三の次に押しやり 
 
アナタの命を大切に守ってくれた人がいます。 
 
これが理解できれば 
 
親に対する感謝の念も湧いてくるでしょうし 
 
また自分自身も大きく成長するように思います。 
 
まぁしかし 
 
この一生独身で過ごす人達が増えてる日本 
 
幼い人がたくさんいると言う事でもありますね。 
 
最近つくづく目に付くのが 
 
働き盛りの男達が 
 
年老いた両親にすがって生きる姿ですね。 
 
まだすがって生きるだけなら良いのですが 
 
親を脅して生きてる人もたくさんいます。 
 
見ていて大変見苦しい物ですが 
 
まぁしかし家族の事に口は挟めませんから 
 
どうする事もできませんが 
 
一生懸命子育てをしてきて 
 
結果年老いてからその育てた子供から暴力を受ける 
 
どんな気持でしょうね 
 
誰しもそんな事態に陥りたくはないと思いますが 
 
数日前も書いた通り 
 
大体は子供が自立する時期に 
 
過保護でそのタイミングを逃した 
 
って事が多いので 
 
ある程度予防も出来るのが経験的に分かります。 
 
家庭のぬるま湯にドップリ浸かって 
 
そこから脱する機会を失った訳ですが 
 
人間の世界は 
 
心地良い世界は明日の地獄 
 
こんな摂理もあるんだって事ですよね。 
 
特に今の時代のビジネス環境は強くそれを感じますね。 
 
私が若い頃は 
 
高度成長期 
 
町工場はどこもかしこも儲かっていましたが 
 
しかし 
 
それから冬の時代がやってきて 
 
結果淘汰される側と生き残る側に分かれる訳ですが 
 
明らかに違うのは 
 
この好景気が続かないと準備した人と 
 
先の事は考えずに 
 
その準備を怠った経営者 
 
これが結果に表われてましたね。 
 
またその後のバブル崩壊も 
 
バブルは終る 
 
これは頭では分かっていても 
 
実際にガンガン儲かる物ですから 
 
まったく備えをしなかった 
 
そんな人達が大量に狼狽して 
 
結果長い氷河期につながった訳です。 
 
ですから私達が生きる世界は 
 
現在がいくら儲かっても 
 
それはいずれ時代の変化の洗礼を受ける 
 
そんな風になってるのです。 
 
まぁしかし当社のような零細企業であれば 
 
経営者の寿命がありますから 
 
時代に対応できずに売り上げが落ちて来れば 
 
廃業 
 
これが一番良い訳ですが 
 
当社の場合は私の子供世代の社員達がいますから 
 
その選択肢はありません。 
 
そうすると 
 
大きなチャレンジですね。 
 
さし当たり 
 
今年は景気が良かった訳ですが 
 
だからこそこれから来る冬の備え 
 
真剣に考える事になります。 
 
さて 
 
体力が持ちますかね 
 
最後は神様次第 
 
って事でしょうか? 
 
 
 

>> 返信
 

 11月 10日 (金)
 楽あれば苦あり
不動産の取引は一つ一つにそれぞれのドラマがありますが 
 
しかしこのドラマ 
 
営業マンにとってはストレスの原因でもあります。 
 
何事もなく順調に終れば大したストレスではありませんが 
 
大体何かしらの問題が発生しますから 
 
その都度ドキドキする訳です。 
 
これは私のように長く経験すればパターンが見えますから 
 
あまり強いストレスにはなりませんが 
 
若い営業マンは辛いと思いますね。 
 
私自身若い頃は散々苦しみましたが 
 
よく病気にならなかったと感心しています。 
 
そんな訳で 
 
経験を積まなければ完全に解放される事はありませんが 
 
しかし先人の知恵を借りて予防すれば 
 
ある程度ストレスを軽減する事はできるように思います。 
 
この知恵 
 
無数にありますが 
 
一つだけ真っ先に上げるとすれば 
 
楽あれば苦あり 
 
って事ですね。 
 
つまり 
 
契約締結まで簡単に進めば 
 
そのあと大きな苦しみが待ってる 
 
そんな可能性が高くなります。 
 
私が社員に厳しく言ってる事の一つに 
 
売主に指し値を持って行くからには 
 
それまでに最大限の努力をしたかどうか? 
 
自分に問いなさいって言って居ます。 
 
これは 
 
土地の売却依頼を受けて 
 
親しい関係の建売業者1社だけ持ち込んで 
 
そこの言い値を売主にぶつける 
 
このパターンは 
 
例え契約まで上手く行っても 
 
その後苦しむ事が多い 
 
これを私は伝えてる訳です。 
 
これは 
 
私はたくさんの他社の契約を潰してきましたから 
 
はっきり分かるのです。 
 
私達の地域は地縁血縁の強い場所ですから 
 
その地縁血縁で地主が売却の契約を締結した後 
 
当社に 
 
“安すぎたんじゃないか?” 
 
って言って来る事があります。 
 
相談に来れば大体安いなんて物じゃないですね。 
 
その話しを潰して 
 
当社で倍以上の値段で売ったケースも何度かありました。 
 
つまり 
 
潰された会社は 
 
解約を申し入れると 
 
青ざめて上司も含めて地主の家に押しかけたそうですが 
 
まぁ楽をし過ぎですよね。 
 
気の毒な事に大変なストレスだったと思います。 
 
私が中途半端な営業活動で値引の話しを持って行かせないのはその体験を散々してるためです。 
 
がんばって最高値をつければ 
 
もう恐れるのはないのです。 
 
逆にこんな話しがありました。 
 
当社で売買締結した物件 
 
これを潰そうと地元の業者が横やりを入れてきた事があります。 
 
で 
 
地主にもっと高く売れる 
 
なんて言った訳です。 
 
それを地主さんがそのまま私に伝えるものですから 
 
本当に高く売れるのであればそっちと契約していただいて結構です 
 
って答えました。 
 
で結果は 
 
その業者は 
 
当社より2000万円も安い買手を見つけて 
 
なんとか押し込もうとした訳です。 
 
“昔からみんなで仲良くしてここまで来たんだからその辺も考えてよ” 
 
って 
 
村時代の人達が数人で押しかけたそうです。 
 
そんな感じで 
 
最大限に努力すれば 
 
解約の危険は大きく減りますから 
 
ストレスにもならない訳です。 
 
現在進行形の話しもありますが 
 
具体的には書けませんが 
 
契約が当社に壊されそうになった業者が 
 
売主の息子に 
 
自宅ではなくファミレスで会おう 
 
なんて言って来たそうです。 
 
この言葉に 
 
相手の営業マンのストレスの強さ 
 
これが見て取れますよね。 
 
楽な契約をしたために 
 
契約した瞬間から解約を恐れてドキドキ 
 
結果は最悪でストレス 
 
お気の毒 
 
このブログを読んでるかどうか分かりませんが 
 
今後は 
 
楽な契約はコケル 
 
これを頭に入れて 
 
早死にしないように心がけて下さいね。 
 

>> 返信
 

 11月 9日 (木)
 時期を逸すると子供は一生ブラ下がりますよ。
息子が部屋の中で死んでるかも知れないので見てきて欲しい 
 
そんな電話が入ってきました。 
 
電話をかけてきたのはお母さんで 
 
息子さんはこの春東京の有名大学に入り 
 
地方から出てきて 
 
当社でアパートを借りて一人暮らしを始めました。 
 
お母さんは 
 
遠方にいるためにすぐには駆けつけられないので 
 
私達に電話をかけてきた訳です。 
 
どうして死んでるかも知れないと思っているのか? 
 
それは3日ほど携帯電話に連絡しても返事がないって話しです。 
 
お母さんは取り乱してますが 
 
私達は携帯電話を取らなくても電源は入ってる訳ですから 
 
亡くなってる可能性は少ない 
 
そんな風に思いますが 
 
本人は心配で冷静さを失ってますから 
 
そんな話しをしても伝わりません。 
 
ですから 
 
ここはまず言われるとおり様子を見に行くことになります。 
 
しかし様子を見ると言っても勝手に部屋に入る事はできませんから 
 
警察官に立ち会って貰う事になります 
 
とにかく大事な訳です。 
 
で 
 
当社の社員が警察官を引き連れて部屋を開けると 
 
その息子さんは部屋の中でテレビ鑑賞中 
 
まぁ驚いたでしょうね 
 
普通に部屋でくつろいでたら 
 
警察官がやってきた訳ですから 
 
しかしこちらの役目は果しましたので 
 
その事をお母さんに報告して終了 
 
めでたしめでたし 
 
って話しですが 
 
実はこの段階で 
 
私達は次も同じ事が起こる 
 
これを覚悟します。 
 
実際に数ヶ月後に全く同じ事が起こりました。 
 
お母さんが錯乱状態で 
 
息子に連絡が付かない 
 
って訳です。 
 
しかし2回目からは当社も同じ対応ではありませんね。 
 
お母さんを諭す事になります。 
 
この原因 
 
お母さんは気付いてませんが 
 
私達ははっきり分かるのです。 
 
過保護の親の元で高校まで過ごして 
 
一生懸命勉強して東京の有名大学に入る 
 
この動機はその過保護の親から解放される事が目的 
 
そんな若者がたくさんいるのです。 
 
地方にも大学はありますが 
 
地元の大学に入れば一人暮らしができませんから 
 
東京の大学に進学する訳ですが 
 
そのためには 
 
親が納得するだけのレベルが求められますから 
 
受験勉強を頑張った訳です。 
 
この子供の本心 
 
親は分かりませんから 
 
離れて暮らす子供が心配で 
 
毎日何度も電話を入れる訳ですが 
 
親から離れた解放感に浸ってる子供は 
 
その電話が苦痛でたまならい訳です。 
 
で 
 
無視するようになる訳ですが 
 
それまで親を避ける事がなかったために 
 
母親は何か事件に巻き込まれた 
 
そんな妄想が頭の中で膨らみ 
 
結果何の落ち度もない私達に怒鳴り散らかす訳です。 
 
まぁお客様ですからね 
 
この程度の事は笑顔で受け止めますが 
 
しかしこの一人暮らしをする子供の気持 
 
親御さんは理解した方が良いですね。 
 
動物の子供は 
 
一人で生きて行けるようになったら親元を離れる 
 
これは自然の摂理です。 
 
私達人間も動物の仲間ですから 
 
このプログラムが組み込まれてる訳です。 
 
が 
 
このプログラムが上手く機能しない 
 
こんな環境が今の日本には存在します。 
 
動物の母親が 
 
それまで大切に育てた子供を追い出すのは 
 
大体お腹に次の子供が宿った時です。 
 
つまり 
 
自分で生きられる子供をいつまでも面倒見ていては 
 
次の子供の育児に悪影響となります。 
 
だから追い出すのです。 
 
人間の社会も最近まで同じでした。 
 
私の兄弟は5人居ますが 
 
姉たちは高校を卒業すると 
 
家の中では 
 
”早く嫁に行け“ 
 
そんな空気が流れます。 
 
だから私の姉たちは早く結婚したのです。 
 
これが私達人間社会で長く繰り返された事ですが 
 
それが機能しなくなったのは 
 
言うまでもなく少子化です。 
 
一人しか居ない子供 
 
親はいつまでも手元に置きたい 
 
そんな気持が湧いて 
 
結果いつまでも独り立ちできない 
 
そんな人達が 
 
私達のお客様にもたくさんいます。 
 
これでは 
 
若い内は問題なくても 
 
やがて子供が40代になり50代になれば 
 
親には大きな心理的負担となります。 
 
ですから 
 
今回の息子さんのように 
 
親の過保護から自ら解放されたい 
 
なんて思うのは 
 
大変天晴れな話しです。 
 
そんな事も考えながら 
 
子供が連絡が付かなくなったら 
 
不動産に取り乱して電話する前に 
 
まず 
 
自分のお子さんの心理的な変化 
 
それに気づくべきだろうと思います。 
 
いずれにしても 
 
自立する時期に自立させないと 
 
今度は逆に 
 
一生親に依存する事になりますよ。 
 
60代になっても80代の親に依存してる人 
 
急増してるのが 
 
今の時代です。 
 
そうなってから 
 
もう手遅れです。 
 
 
 

>> 返信



<< 新しい日記へ    過去の日記へ >>



| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++