駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 12月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - -

12月 10日 (月) 内集団バイアス
12月 09日 (日) 忠臣蔵のミカタ
12月 08日 (土) 相撲の世界でも暴力は時代遅れ....
12月 07日 (金) 一番危険なのは視野狭窄者の正義
12月 06日 (木) 愚者は経験 賢者は想像
12月 05日 (水) 教育が違えば考えが違うのは当....
12月 04日 (火) 自分は救われたのに誰一人救う....


 

 12月 10日 (月)
 内集団バイアス
社会心理学の言葉で内集団バイアス 
 
って言葉があります。 
 
人間は個人の自尊心を保つために 
 
自分の属する集団を高く評価する 
 
そんな傾向があるって事です。 
 
沖縄に行けばよく先祖自慢をする人達に出合いますが 
 
先祖を自慢する事によって 
 
その一族の構成員である自分の自尊心が満たされる訳です。 
 
最近日本でよく見られるネット右翼も 
 
隣国の欠点を指摘する事で 
 
相対的に自分の属する日本の価値を高く評価して 
 
自分のプライドを保つ 
 
そんな心理の表れです。 
 
またゴルフで良く会話に出る同窓会 
 
お年寄りが 
 
先月高校の同窓会に行って来たとかなんとか話しますが 
 
ほとんどが進学高ですね。 
 
逆に偏差値の低い高校の同窓会なんて聞いた事もありません。 
 
これも内集団バイアスの典型的な例だと思います。 
 
そんな訳で 
 
私達人間は 
 
誰でも自分の属する集団を高く評価する事によって 
 
間接的に自分の自尊心を保つ 
 
そんな心理は持ってる訳です。 
 
自尊心を保つという意味では良い事かもしれませんが 
 
実態以上に自分の集団を高く評価する 
 
って事ですから 
 
大変危険な心理でもあります。 
 
戦前の日本はそのバイアスが極限まで高まり 
 
国民が神国日本 
 
って口に出すまでになりましたから 
 
結局自らの実力を過信し 
 
悲惨な結果になった訳です。 
 
で 
 
この心理 
 
当然会社にも存在します。 
 
これまたゴルフ仲間のお年寄りで 
 
大手企業に勤めてた方達は 
 
積極的に自分の勤めてた会社の話をします。 
 
ところが私達のような零細企業の人間は 
 
あまり自分の会社の事は語ろうとしません。 
 
これも会社と言う集団によってプライドを保つ人間心理の表れだと思います。 
 
しかし私達零細企業に集団バイアスが存在しないかと言えば 
 
そうではありませんよね。 
 
零細企業一筋で生きてきた私ですから 
 
はっきり言えます。 
 
私達零細企業も 
 
自分の会社を高く評価して個人の自尊心を保つ心理 
 
間違いなく存在します。 
 
それを分かってますから 
 
私はいつも社員がそうならないように意識して居ます 
 
この集団バイアスはやっかいで 
 
他の集団の欠点を過大に膨らまして 
 
自己評価を高める 
 
そんな傾向があるんですよね。 
 
会社の場合は 
 
他者の悪口 
 
これを語る事によって 
 
プライドを保つ事になります 
 
これでは 
 
自らの進歩は望めません 
 
ではこのバイアスは取り去れば良いか? 
 
と言えば 
 
これはこれで大変必要な事でもあります。 
 
具体的には 
 
自らと同じレベルか 
 
あるいは下のレベルに対してはこの感情はマイナスに作用する 
 
そんな風に思います。 
 
在日外国人を差別しても 
 
自己評価は高まっても 
 
他の国からはバカにされるのと一緒です。 
 
これでは取り去った方が良い心理と言う事になります。 
 
この心理が生きるのは 
 
逆に自分より大きな組織 
 
それに対してこの気持を持てれば 
 
大きく自らの成長につながる 
 
そう思います。 
 
国で言えば 
 
途上国の悪口ばかりを言うのでは無く 
 
アメリカ依存を嘆きそれから脱却 
 
って事につながれば日本の大きな進歩になるはずです。 
 
私が意識してる事は 
 
大手不動産業者には無いしできない 
 
そんな仕事に徹する事ですね。 
 
まぁ会社を始めて以来 
 
ずっとこの気持はありますから 
 
その意味では私の自己評価は高い物があります。 
 
ですから 
 
時々大手業者が明らかに見下した態度を取ってくる事がありますが 
 
別に気になる事はありません。 
 
相手の集団バイアスの愚かさ 
 
これをよく理解してますから 
 
相手にするまでもありません。 
 
大手の人達は 
 
自分の属する会社に対して自尊心を持っていますが 
 
その会社は 
 
誰かが作った物であり 
 
その人自身は単に応募して採用された無数の人間の一人 
 
私達からみればその程度です。 
 
逆に当社は零細企業ですが 
 
私がゼロから作り上げたものであり 
 
その過程で求められる能力は 
 
大手の一社員とは比較になりません。 
 
だから 
 
大手の不動産屋から独立した人は 
 
ガンガン潰れるのです。 
 
そんな訳で 
 
内集団バイアス 
 
私自身は 
 
それによってここまで生きて来た 
 
そんな面もありますから 
 
決して否定的に捉えてる訳ではありませんよ 
 
って話です。 
 

>> 返信
 

 12月 9日 (日)
 忠臣蔵のミカタ
12月も半ばに差しかかって来ましたが 
 
これから年末までは年賀状やらお歳暮配りや忘年会やらで 
 
あっと言う間の終ってしまいます。 
 
昔は師走になると 
 
テレビでは真珠湾攻撃がらみの特番や忠臣蔵 
 
こんな定番番組があって 
 
師走を実感したものですが 
 
最近はいずれもあまりやらなくなりましたね。 
 
地上波では少なくなりましたが 
 
ケーブルテレビでは相変わらず忠臣蔵をやっています。 
 
しかしそれを見て思いますが 
 
この忠臣蔵は本当にたくさん作られてたんですね。 
 
何で同じストーリーなのに 
 
こんなに人気が続いたのか? 
 
不思議ですが 
 
しかしこれを見て思う事は 
 
私たち人間の仇討ち願望は本当に強いって事ですよね。 
 
琉球王朝時代は組み踊りと言う芸能が盛んだったようですが 
 
これも人気演目は仇討ちだらけです。 
 
別に忠臣蔵やら組み踊りに限らず 
 
ドラマや演劇からおとぎ話まで 
 
仇討ちだらけですよね。 
 
昔私が好きだった仕事人シリーズは 
 
毎回仇討ち願望を満たしてくれるから 
 
延々と人気が続いた訳です。 
 
遠山の金さんも水戸黄門も 
 
サルカニ合戦も 
 
とにかく架空の世界では仇討ちは大人気です。 
 
それだけ 
 
この本能は強いって事ですよね。 
 
しかし今の時代に生きるには 
 
この仇討ちの本能は 
 
それを制御できないと 
 
自らの人生をブチ壊す事になります。 
 
今の日本は 
 
法治国家ですから仇討ちは犯罪です。 
 
法律用語で言えば 
 
自力救済の禁止 
 
って事になっていて 
 
自分が被害を受けても 
 
その仕返しをしてくれるのは 
 
刑事であれば警察 
 
民事であれば裁判所 
 
これに限定されます。 
 
で 
 
この二つが私たちに成り代わってきちんとリベンジ願望を満たせば良いのですが 
 
残念ながらその意味では全くの役立たずです。 
 
悪質な家賃滞納者でも 
 
裁判をして追い出すためには 
 
多額のお金を出して立ち退きの執行まで行く訳で 
 
裁判で勝っても 
 
むかつく気持は増大する事はあっても癒やされる事はありません。 
 
また刑事においても 
 
例えば 
 
数年前に沖縄で集団リンチで中学生が惨殺された事件がありましたが 
 
加害者たちは 
 
普通に結婚して子供を作って生活してるそうです。 
 
これでは 
 
被害者の家族の腹わたは煮えくり返ったままですよね。 
 
まぁしかし 
 
これが今の時代で生きるって事なんです。 
 
復讐願望を抑えられなければ 
 
もう法律は役立たずで邪魔になります 
 
反社会に頼んでその願望を達成するか 
 
そこまでの勇気が無ければ 
 
ネチネチと無言電話をかけたり 
 
あるいは匿名でネットで中傷しまくる 
 
この位しか方法はありません 
 
いずれも 
 
犯罪行為ですから 
 
最後はリベンジどころか 
 
逆に自分が全財産を失い刑務所行き 
 
これが定例路線です。 
 
これでは 
 
怒りは増幅するだけで治まる事はありません。 
 
ですから 
 
私はいつも思う訳です。 
 
人生で一番大切事は何か? 
 
と言えば 
 
法治国家で生きる以上は 
 
復讐心を抑える 
 
これしかありません。 
 
つまり泣き寝入りです。 
 
私自身この仕事をして 
 
散々裏切りに会い 
 
相手を心底憎いと思う事が何度もありましたが 
 
その都度怒りを抑え 
 
あくまで法律の許す範囲での対応だけを心がけて来た訳です。 
 
ですから 
 
怒りを抑える方法自分では会得しています。 
 
まず一つは 
 
私を裏切るような卑劣な人間達 
 
これも長く生きると末路を見る事になります 
 
ほとんどが悲惨な人生で終ります。 
 
ですから 
 
自分で直接リベンジはできませんが 
 
法律ではなく 
 
社会がリベンジしてくれるのです。 
 
また 
 
短期的には 
 
私は 
 
事件の被害者たちの気持を想像する事にしています。 
 
先ほどの沖縄の中学生の事件もそうですが 
 
犯罪者達は 
 
いずれ社会復帰します。 
 
これを胸が張り裂ける思いで耐えてる被害者がたくさんいる 
 
この事に思いが至れば 
 
多少工事代金を持ち逃げされた位の怒りは 
 
十分耐えられる訳です。 
 
そんな感じで 
 
今の法治国家で生きるには 
 
怒りを抑える 
 
これが絶対に欠かせません 
 
これができないと 
 
少しの交通トラブルで 
 
刑務所行き 
 
って事になる訳です。 
 
浅野内匠頭も 
 
今の時代であれば単なるバカヤローです。 
 
東名の煽り事故の犯人と一緒です 
 
激情型で 
 
自らの人生のみならず 
 
たくさんの家臣の命をムダにした愚か者 
 
って事になります。 
 
ですから 
 
忠臣蔵も 
 
そんな感じで 
 
少し冷静に見ると 
 
人生も違った物になる 
 
そう思いながら 
 
私は少しだけケーブルテレビで見ています。 
 

>> 返信
 

 12月 8日 (土)
 相撲の世界でも暴力は時代遅れ ましてや一般社会では・・
貴乃岩の暴行事件と引退 
 
本当に驚きましたね。 
 
貴乃花は弟子が暴行を受けたと言う事で 
 
これをうやむやにはさせない 
 
そう言って頑張った訳ですが 
 
本当に皮肉の極みですが 
 
その事によって逆に自分が大きな制裁を受ける結果になりました。 
 
貴乃花親方は. 
 
自らの弟子の貴公俊の暴行事件で協会から降格処分を受け 
 
結果引退 
 
今回はまさに日馬富士から暴行を受けた本人でもあり 
 
騒動の始まりになった貴乃岩が自ら付け人を殴り引退 
 
暴行事件をうやむやにさせないと 
 
警察マスコミを総動員して騒ぎ立てた二人が 
 
結果を見れば 
 
自ら作り上げた暴力排除の機運の高まりで 
 
二人とも相撲から追放される結果になった訳です。 
 
最近流行の言葉で言えば 
 
ブーメランって事でしょうが 
 
こんな見事な自爆も珍しいですよね。 
 
ただ 
 
このパターンは相撲界以外でもよく目にしますよね。 
 
会社では 
 
自分が気に要らない社員を辞めさせようと 
 
社内で悪口を言いふらしたりなんかする事もあると思いますが 
 
大体その本人が去る事になります。 
 
私が以前勤めてた会社でも目にしました 
 
不動産業界はそんな人が多いのも特徴です。 
 
最近は同僚を辞めさせようとお茶に睡眠薬を入れた女性がいましたね 
 
こっちは刑務所行きです。 
 
ゴルフサークルでも 
 
時々気に要らない会員に辛く当たる人間がいますが 
 
そのシーンを見た人は 
 
その人間に嫌悪感が湧いてきますよね 
 
その人間がサークルやイベントの主催をすれば 
 
結局人が集まらずに潰れます。 
 
また私たちがよく目にするのはアパートの住民で 
 
気に要らない他の入居者を出て行かせようと 
 
嫌がらせをする人ですね 
 
間違い無く追い出されるのはその人です。 
 
そんな訳で 
 
私たち人間の作る集団は 
 
その集団から自分の感情で誰かを追い出そうと企むと 
 
追い出されるのは自分自身 
 
こんなケースが多い訳ですから 
 
自分が嫌いと言うだけで誰かをハメよう 
 
なんて企みは愚かな行為 
 
そうも言えます。 
 
また今回の貴乃岩の事件から思うのは 
 
相撲界で暴力を根絶する事の難しさですね 
 
稽古では毎日 
 
相手の顔めがけて 
 
張り手をしたり突っ張ったりしていますが 
 
スポーツで何度も何度も同じ練習をするのは 
 
無意識にその行為ができるように 
 
身体に染みこませるのが目的ですよね。 
 
力士の場合は張り手も身体に染みこんでる訳ですから 
 
ふとした事で手が出てしまう 
 
これは職業柄 
 
当たり前の話とも言えるのです 
 
ですから 
 
一般社会と違い 
 
相撲でいきなり暴力を完全排除 
 
なんて事は大変な困難を極めますし 
 
恐らくその目的を達成するまでには 
 
たくさんの暴力力士が辞める事になる 
 
そんな気がします。 
 
相撲界でも暴力はもう通用しない訳ですから 
 
一般社会では 
 
暴力をチラつかせる事だけでも警察が動きますよね。 
 
不動産の業界には 
 
昔から自分のケンカ自慢をアピールするのが身についてる人 
 
絶える事はありませんが 
 
このタイプは 
 
今はもう完全に時代遅れです 
 
暴力はクソの役にも立ちません 
 
ですから 
 
これも相撲の張り手と同じで 
 
身体に染みついてる癖かも知れませんので 
 
この世界で長く生きたいと思えば 
 
日頃から意識して 
 
ケンカの強さをほのめかす言動は慎むべきでしょう。 
 
これを放置すると 
 
高速道路で煽り運転合戦になって 
 
最後は塀の中で人生の大半を終える 
 
そんな可能性もある訳です 
 
強さをアピールするはずが 
 
逆に法廷で泣いてる惨めな姿を全国に晒す 
 
こんな末路も今丁度見れる訳ですから 
 
時代の変化に合わせて意識改革 
 
是非不動産屋の皆さんは行いましょう 
 
もうケンカ自慢は 
 
一部の頭の弱い人達には通用するかも知れませんが 
 
一般社会では 
 
心底バカにされるだけです。 
 
 


  突き詰めると全て自分の思い通りにしようという気持ちが強いのでしょうか。
はるぼさんが昔ブログで「誰一人として自分の思い通りにならない」ということがわかっていれば、暴力や嫌がらせで自分の思い通りにしようということは少なくなると思いますが、中々難しいのでしょうか。
ニチ ..12/8 16:00(土)

  >ニチさん
私もそう思いますね。突き詰めれば他人を自分の思い通りにしたい そんな欲求が暴力につながると思います。
そんな人が世の中かいなくなる事は難しいかもしれませんがせめて自分自身はそうならなないようにしたいものです。
はるぼ ..12/9 8:02(日)
>> 返信
 

 12月 7日 (金)
 一番危険なのは視野狭窄者の正義
インターネットの時代になり 
 
私が一番大きく変化したと思うのは 
 
誰でも無数の人に情報が発信できるようになった事ですね。 
 
このブログもたくさんの人に読んで頂いていますが 
 
小さな不動産屋のオヤジの脳の中身を伝える事ができる時代が来る 
 
なんて想像もしませんでしたね。 
 
昔であればテレビに出るとか 
 
本を出すとか 
 
そんな方法でしか自分の考えを 
 
たくさんの人に伝える事はできなかった訳ですから 
 
実質的に不可能だった訳です。 
 
ただこの時代には大きな弊害がありますよね。 
 
誰でも情報を発信できるようになったって事は 
 
事実で無い事もたくさん飛交うようになったって事です。 
 
最近フェイクニュースなんて言葉が飛交うようになりましたが 
 
これによってもしかしたらアメリカの大統領も決まった 
 
なんて可能性もとりざたされてますし 
 
途上国では 
 
フェイクニュースで殺人まで起こっています。 
 
ですから 
 
今の時代は 
 
このフェイクニュースで 
 
殺人事件の被害者になったり加害者になったりする訳ですから 
 
しっかり意識して 
 
その罠にはまらないようにする 
 
これは本当に大切だと思います。 
 
インターネットの黎明期には 
 
当社も執拗に中傷を書き込まれた事があります。 
 
そして 
 
その中傷を信じ込んで 
 
当社に脅迫めいた電話をかけて来た人もいました。 
 
ですから 
 
私は最初からこのフェイクニュースの被害を受けた 
 
そうも言える訳です。 
 
ただ今はネットと言えども法的責任を問えるようになりましたし 
 
IPアドレスで個人が特定される事もある 
 
ってのが浸透しましたから 
 
露骨な中傷は無くなりましたね。 
 
性善説とか性悪説とか言われますが 
 
人間はそんな二者択一ではでは語れません 
 
バレレないと思えばいくらでも人を中傷する人が湧いてきますが 
 
では人間が皆そうかと言えば 
 
例え人が見て無くてもしっかり自分を律する 
 
なんて人もいる訳です。 
 
だからネットの書込みを見て 
 
人間が皆同じだなんて思っても大間違いです。 
 
このネットの掲示板 
 
私は書き込んだ事はほとんどありませんが 
 
散々見てきて思う事があります。 
 
例えば政治思想の掲示板では 
 
考えが偏った人達が 
 
延々と非難中傷合戦を繰り広げてる訳ですが 
 
この人達 
 
言葉の汚さとは裏腹に 
 
 
本当に邪悪な人間は少ないように思いますね。 
 
ただ 
 
視野が狭く 
 
自分の考えに沿わない人は悪 
 
そんな気持が強くて 
 
相手を徹底的に叩く 
 
そんな風に見えます。 
 
つまり 
 
皆さん自分の中では自分が正義な訳です。 
 
逆に言えば 
 
だからやっかいなんです。 
 
自分は間違ってない 
 
って思うと 
 
人間はとてつもないエネルギーを生み出します。 
 
オウムの人達も 
 
あるいはISの戦闘員も 
 
皆自分は神の意思に従ってる 
 
そう思い込んでますから 
 
あれほどの事をやらかす訳です。 
 
自分が悪い 
 
って思ってる人は 
 
大したエネルギーは持っていません。 
 
これは私がこの仕事をして経験的に分かってる事です。 
 
今まで散々邪悪な人間と対峙してきましたが 
 
彼等の大半はお金が目的ですから 
 
警察と言う言葉を発しただけで 
 
あっさり引き下がりますし 
 
今は 
 
録音を取ってる事を伝えるだけで 
 
大体それでガチャ切り 
 
それっきり電話がかかって来る事はありません。 
 
ところが 
 
自分が正しい 
 
なんて思い込んでる人は本当にやっかいです。 
 
自分が加害者でありながら 
 
被害者だと思い込んで 
 
警察だの役所だの 
 
とにかくありとあらゆる所に行って 
 
相手の事を逮捕しろだの 
 
保護を打ち切れだの 
 
そんな話しばかりします。 
 
で 
 
最後は自分が裁判で負けて追い出される訳ですが 
 
それでも 
 
悪いのは自分では無い裁判官 
 
って思い込んで 
 
徹底的に抵抗しますから 
 
最後は悲惨な結果になるのです。 
 
そんな感じで 
 
客観的な視点を失った人の正義感は 
 
膨大なエネルギーを生み出し 
 
結果周りに災難をもたらします。 
 
私自身は視野が狭く 
 
自分の中の正義が正しいと思い込んでる人は 
 
基本的に付き合いはしません 
 
お金が目的のワルより 
 
正義を貫く視野狭窄人間 
 
これははるかに危険だって分かってるからです。 
 
 
 

>> 返信
 

 12月 6日 (木)
 愚者は経験 賢者は想像
昨年の東名のあおり運転死亡事故の裁判が始まったと言う事で 
 
久しぶりに犯人の顔の映像が流れまくってますが 
 
まぁ不快ですよね。 
 
現場検証の映像ではあくびをしたりニタニタ笑ったり 
 
これでは遺族は怒りが治まりませんね。 
 
色々言われてますが 
 
是非最長の20年の刑を科して欲しい 
 
そう思いますね。 
 
こんな事件や事故のあと 
 
被害者の家族が良く 
 
今回の死を無駄にしないで欲しい 
 
なんて語りますが 
 
その意味では今回の事件は 
 
本当に社会がガラっと変わりましたよね 
 
それまでは警察はスピード違反とかシートベルトの取り締まりは積極的にしてましたが 
 
煽り運転はほぼ野放しでした 
 
ですから 
 
このブログでもその話を昔書いたように思いますが 
 
私はいつも思っていました 
 
もっと煽りをなんとかして欲しいと 
 
しかしたくさんのドライバーがそれを望んでも 
 
何ともならなかったのに 
 
今回の男のおかげで 
 
世間も警察も煽りに対して厳しい目を向けるようになり 
 
結果 
 
煽り運転は激減しています 
 
以前はゴルフ場に行くたびに煽ってる人間をみかけましたが 
 
最近はほとんど見ません。 
 
その意味では 
 
日本の高速は安全になった 
 
そんな風に私は感じています。 
 
そして 
 
それは被害者が悲惨な事故で亡くなった事によってそうなった訳ですから 
 
その死は本当にムダでは無かった訳です。 
 
まぁだからと言って遺族の心が本当に安らぐ訳ではありませんが 
 
私はゴルフの時に良く事故現場を通りますので 
 
心の中ではつぶやいています 
 
有り難うございますと・・ 
 
まぁしかし今回限らず 
 
社会全体を動かすには 
 
悲惨な目に遭った犠牲者がそうさせる 
 
こんな事が多いんですよね。 
 
危険運転致死罪も 
 
酒気帯びのトラック運転手の起こした 
 
幼い子供が二人焼け死んだ悲惨な事故がきっかけでしたよね。 
 
ストーカー防止法ができたのも 
 
桶川事件がきっかけでした。 
 
法律はできなくても 
 
学校のイジメとか 
 
あるいは幼児虐待とか 
 
大体社会が動くときには 
 
その原動力になるのは悲惨な事件 
 
そんな事が多いのです。 
 
何かやりきれませんよね 
 
本当は事が起きる前に何とかしなければならないのに 
 
ただ 
 
人間は実際に目で見ないと 
 
実感として危機感は持てない 
 
そんな風にもできてるんですよね。 
 
そして 
 
危機を想像できて備えるのと 
 
全く目を反らすのでは 
 
人生は大きく違って来ます。 
 
目を反らした結果 
 
悲惨な人生の結末を迎える人達とたくさん出会えるのもこの仕事ですね。 
 
一番目にするのは 
 
年金を払って無かった人たちですね。 
 
大体蓄えもありませんから 
 
働けなくなったら即アウトですが 
 
信じられない事に 
 
そうなるまで 
 
全く働けなくなる日が来るなんて考えたなかった 
 
なんて人もたくさんいますから 
 
本当に驚きます。 
 
で 
 
実際に働けなくなったら 
 
家賃も払えず食べ物すら買えない 
 
そうなってから私たちに泣きついてきます。 
 
まぁしかし日本は有難い国ですよね 
 
そんな人達でも 
 
最低限の生活は行政が見てくれます。 
 
で 
 
私たちが手伝って 
 
生活保護で暮らす事ができて一安心 
 
って胸をなで下ろすと 
 
一定割合で 
 
行政から支給された家賃をパチンコで使ってしまった 
 
なんて人がたまにいます。 
 
今当社でも進行中の案件がありますが 
 
この寒空の中 
 
夜逃げしてしまいました 
 
さて 
 
どうしてるんでしょうかね? 
 
危機に対する想像力が著しく弱いと 
 
ここまで転落するのです。 
 

>> 返信
 

 12月 5日 (水)
 教育が違えば考えが違うのは当たり前
私が生まれる前に移民でブラジルに渡った叔父が 
 
私が大学生の時に初めて日本に一時帰省しました 
 
で 
 
私は出来たばかりの成田空港に迎えに行き 
 
そこで初めて叔父の顔見ました。 
 
挨拶を交わした後 
 
東京の名所を案内しようと思い 
 
一番行きたい所はどこか? 
 
尋ねたら 
 
“まず楠木正成の銅像を見たい” 
 
って言われました。 
 
驚きましたね 
 
当時の私は 
 
名前はかろうじて知っていますが 
 
どんな人物か詳しくは知りませんし 
 
ましてや銅像がある事も知りません 
 
ですから案内しようにも場所を知らなかった訳です。 
 
で私は 
 
何で叔父はそんな普通の日本人が知らない場所に行きたいのか? 
 
尋ねました 
 
すると叔父は驚いて 
 
今の日本人は楠木正成を知らないのか? 
 
って言いました。 
 
叔父が驚くのを見て私も驚きました 
 
で 
 
その後あれこれ楠木正成について調べると 
 
この人は天皇の忠臣として 
 
戦前の教育では散々祀り上げられてたんですね。 
 
ですから 
 
戦前教育を受けた叔父の中では 
 
いつも心の中で尊敬し憧れた 
 
そんな人物だった訳です。 
 
ところが私たちはもちろん戦後教育ですから 
 
楠木正成については学校では習わなかったのです。 
 
この時に初めて強く思いましたね。 
 
私たちの内面は教育で作り上げられてくと・・ 
 
ですから 
 
違う教育を受ければ 
 
世界を全く違った視点か見ている 
 
そう言っても間違いありません。 
 
私は楠木正成の知識はありませんでしたが 
 
これからの若い人達は 
 
私たち以上の年代は誰でも知ってる 
 
聖徳太子も知らなくなりますね。 
 
最近になって聖徳太子は実は本人が生きてた頃は存在しなくて 
 
死後200年も経って後生の人が作り上げた名前 
 
ってのが分かったそうですが 
 
私たちの世代は間違った知識をすり込まれてた訳です。 
 
そう言えば 
 
私たちは楠木正成は知らなくても 
 
その敵である 
 
足利尊氏は良く知ってますよね 
 
鎌倉幕府を倒して室町幕府を作った 
 
って教科書には必ず出て来ました。 
 
ただ足利尊氏が強く脳に刻み込まれてるのは 
 
その文章と必ず一緒に載ってた 
 
肖像画のおかげですよね。 
 
黒馬に乗った鎧姿の尊氏 
 
強烈に目に焼き付きました 
 
しかしこれも最近 
 
肖像画に描かれてる人物は尊氏では無く別人 
 
って話になってますね。 
 
つまり 
 
私たちの世代は 
 
聖徳太子も足利尊氏も 
 
間違った情報が脳にすり込まれてる訳です。 
 
こんな感じで 
 
私たちは 
 
受けた教育で世界観や価値観が大きく違う訳です。 
 
たくさんの人を扱う不動産の仕事は 
 
この事を頭に叩き込む必要があります。 
 
自分の脳が正しいとの思い込みが強ければ 
 
世代格差のカベを乗り切る事が困難になります。 
 
私たちは高齢者も 
 
自分の子供の世代もたくさん接する仕事です 
 
そんな時に相手の時代の教育を理解せずに 
 
行動思考形態の違いを 
 
人格と決め付けてしまえば 
 
それはビジネスの機会を大きく狭めます。 
 
この教育による意識の差 
 
これは時代軸だけの話ではありません。 
 
数日前に 
 
韓国から 
 
徴用工判決を先延ばしにした裁判官を検察が逮捕した 
 
なんてニュースが流れてきましたが 
 
まぁ私たち日本人からは信じられませんよね 
 
三権分立は私たちは子供の頃から 
 
しっかり頭に叩き込まれていますから 
 
そんな気持になる訳ですが 
 
しかし少し考えれば 
 
韓国は 
 
私たちが若い頃までは朴正煕の独裁国家だった訳ですからね 
 
三権分立なんて機能する訳無いですよね。 
 
その他にも 
 
反日教育を受けてれば 
 
日本を憎む人がたくさんいるのも当たり前の話です。 
 
ですから 
 
違う教育を受けた人達とは 
 
なるべく自分の主張は抑え 
 
そ〜っと そ〜っと 
 
当たり障りの無い話題で終始して 
 
絶対に地雷は踏まない 
 
これが大切です。 
 
 
 


  おはようございます
韓国のことはどれだけ考えても
理解できないので
相手にしないのがいちばんだと
思うようになりましたよ
オヤジ ..12/5 6:32(水)

  一線は超えました。地雷を踏む踏まないの話ではないのでは。
なる ..12/5 12:43(水)

  いつも楽しく拝見させて頂いてます!
相手の立場になって考える。
相手がなぜその言葉を発したか、
なぜそういった行動に出たのか、
考えること、不動産屋の基本ですね!
たまにそれを忘れる事があるので、
いつも、はるぼさんのブログを読み続けてます!
私の推測ですが、
私に限らず、ほぼ全ての日本人の先祖には、
人殺しや、嘘つき、泥棒、残虐非道な人がいた可能性が高いと思います。
なので、韓国と日本の関係も、
同じ人間なので、色々あっても、
いずれ丸く収まるんじゃないのかな?
と、思います。
ブシちゃん ..12/5 15:16(水)

  >オヤジさん
そんな気持になってる日本人は多いでしょうね
止む得ないことです。

>なるさん
私の話は
違う教育を受けた人全般に対して
争いにならないように気をつけましょうって話です。
韓国の事だけを言ってる訳ではありません。

>フシちゃんさん
全く同感です
相手を理解しようともせず
単なる好き嫌いで感情丸出しで接しては
こちらも間違い無く同類ですから
日本はもっと大人の対応で対処すべきです。
はるぼ ..12/5 17:47(水)
>> 返信
 

 12月 4日 (火)
 自分は救われたのに誰一人救う事はできない
肥大した自己愛と現実との折り合いがつけられなくなった時 
 
人の思考は柔軟性を失って硬直化し 
 
現実から乖離した内向きな物語に取り込まれて行く 
 
新聞のコラムに載ってた言葉ですが 
 
この話 
 
我々人間に誰でも備わってる破綻の原理ですよね。 
 
太平洋戦争に突き進んだときには 
 
日本全体がそのロジックにはまってた訳ですし 
 
連合赤軍とかオウム真理教 
 
この悲劇もそこに行き着く 
 
そんな風にも感じます。 
 
これ 
 
ビジネスでも同じですよね。 
 
私はバブルの時に 
 
このパターンで転落していく人 
 
たくさん目にしました。 
 
大金を手にした社長さん達の中には 
 
一定割合で自己評価が高まり 
 
その結果自己愛が強まり 
 
バブルが崩壊してく過程でも 
 
思考の柔軟性を失い 
 
“まだ行ける” 
 
なんて感じでガンガン突き進み 
 
最後は社員の給料も踏み倒してドロン 
 
たくさんいましたね。 
 
最近ではネットで一時増殖した 
 
パソコンオタクの経営者にそれが見られました。 
 
ネットの黎明期では 
 
少しパソコンに詳しいだけで不動産業界でも儲けた人達がいましたが 
 
そんな人達も書いてるブログを見ると 
 
自己評価と自己愛が強くなって 
 
舞い上がってるのが良く伝わりましたので 
 
長くは無いだろう 
 
って感じてましたが 
 
大体その通りになりました。 
 
時代はパソコンとネットが急激に普及して 
 
もうその知識だけで食べてくのは無理 
 
私達はそんな風に感じてましたが 
 
本人達は 
 
まだその現実から目を反らして 
 
相変わらず自分はまだ通用する 
 
なんて勘違いして 
 
実際の世界から乖離して 
 
最後は逃げるように居なくなるのです。 
 
ですから 
 
私は 
 
物事が上手く行く→自己評価が高くなる→自己愛が強くなる 
 
→現実から乖離した妄想の世界に入る 
 
これは自分自身も陥る可能性がある訳ですから 
 
いつもそれは意識して居ます。 
 
まぁこの歳ですからね 
 
どんなに好調でも舞い上がる事はありませんが 
 
しかし若い頃は 
 
自分は特別な存在 
 
そんな風に持ってた時期がありますから 
 
大変危険な状態でもあった訳です 
 
で 
 
そのリスクに気づいて修正したから今がある訳ですが 
 
では 
 
その修正はどうやって行ったか? 
 
残念ながら 
 
自分自身でそうした訳ではありません。 
 
私には 
 
目を覚まさせてくれる友人達がいたのです 
 
そのおかげで 
 
今こうやってメシが食えてる 
 
これも間違いありません。 
 
つまり 
 
私は今偉そうにこんな話を書いてますが 
 
はっきり諭す友人がいなければ 
 
自己評価が高まり自己愛が強まる 
 
この転落の方程式に見事にはまる 
 
そんな人間だった訳です。 
 
ですから 
 
自分自身が破滅の道に進まなかったのは 
 
自分だけの力ではありません 
 
真の友人がいた事の幸運 
 
これがあって今があるのです。 
 
逆に 
 
私はその転落パターンにハマッてる友人には 
 
強く意見を言う 
 
そんな事も意識して居ます 
 
と言うより意識して居ました 
 
て感じですね 
 
もう今は 
 
人に捨て身でアドバイスする事はありません。 
 
理由は 
 
私自身は友人の捨て身のアドバイスで救われましたが 
 
私が同じ事をした人は 
 
悉く絶縁で終ったからです。 
 
誰一人救う事はできませんでした。 
 
そんな経験から 
 
もう余計なお節介は止めよう 
 
そう決めてる訳です。 
 
少し聞く耳を持てば助かったのに 
 
なんて思う人は 
 
たくさんいます。 
 


  社長様の周りに救われた人はいなかったのかもしれませんが、
このブログを通じて救われた人は大勢いると思います。
私も、その一人かもしれません。
au ..12/5 10:54(水)

  >auさん
有り難う御座います
そう言って貰えると
何か救われたような気がします。
はるぼ ..12/5 17:49(水)
>> 返信



<< 新しい日記へ    過去の日記へ >>



| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++