駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 2月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
- - -

8月 10日 (金) ガンと弱気の虫は早期発見早期....
8月 09日 (木) 不動産業界では絶滅危惧種 教....
8月 08日 (水) 目指すは不動産のソムリエ
8月 07日 (火) 意識を集中すべきは比較に耐え....
8月 06日 (月) 脳の偏食に注意しましょう。
8月 05日 (日) そろそろ祭りが終り 冬がやっ....
8月 04日 (土) 役目が終れば排除されるブルド....


 

 8月 10日 (金)
 ガンと弱気の虫は早期発見早期治療
今日のブログは事前投稿ですが 
 
予定では今日は沖縄のパームヒルズでゴルフをやってる事になっています。 
 
沖縄に行くたびにゴルフをやってますから 
 
私もゴルフ好きですが 
 
ゴルフ仲間には 
 
私と比較にならない位にゴルフにハマってる人がたくさんいます。 
 
仕事が終ってから毎日打ちっ放しに行く人もいれば 
 
年間に200日近くもゴルフに出かける人もいます。 
 
また私が知らない人ですが 
 
聞くところによると年間で300回もゴルフ行った 
 
なんて話しも耳にしました。 
 
ただこのゴルフが人生の全て 
 
みたいな方達 
 
ある日突然ゴルフとサヨナラ 
 
って人が多いですね。 
 
一番多いのは健康の問題ですね。 
 
病気になってはできませんから 
 
無理矢理神様にゴルフから引き離される訳です。 
 
私が一番数多くご一緒した方は 
 
家族が病気になり 
 
その看病のためにゴルフは出来なくなりました。 
 
こんな感じで 
 
自分自身や家族の健康上の理由でゴルフに来れなくなる人 
 
これは原因が分かる訳ですが 
 
中には散々ゴルフにはまってたのに 
 
ある日突然誘っても来なくなり 
 
その内電話にも出なくなる 
 
なんて人もいます。 
 
こんな方は経済的な理由がほとんどです。 
 
ゴルフはお金もかかりますが 
 
ハマり過ぎると仕事もおろそかになりますからね 
 
私が見た方達は 
 
ほとんどが自営業者で 
 
社長が仕事よりゴルフの方に頭が行き過ぎた結果 
 
仕事に身が入らず 
 
顧客は離れ 
 
結果ゴルフどころではなくなるのです。 
 
こんな方達を見ていて強く思いますね。 
 
自己管理ができない人は 
 
絶対に自営業なんかやるものではないと 
 
会社勤めであれば 
 
ウザイかも知れませんが 
 
上司が歯止めになり 
 
大きく道を外すことはできません。 
 
ですから 
 
滅多に経済的に破綻する事もないのです。 
 
ところが 
 
自営業となれば 
 
誰も自分を縛る人はいませんから 
 
誘惑に負けて破綻するのです。 
 
この人間の転落パターンは江戸時代からたくさんあったようで 
 
腕の良い大工なのに 
 
バクチにはまってしまう 
 
なんて人の話は古典落語にも出てきますよね。 
 
また私の沖縄の村では 
 
パチンコにはまり借金を作り 
 
家族を悲惨な目に遭わせる 
 
なんて人達がいます。 
 
農業は自営業ですからね 
 
自分で自分を制御できない人が行き着く必然の結果とも言えるのです。 
 
ですから 
 
経済的に余裕があって趣味程度に農業をするのは良いのですが 
 
それで生計を立てる 
 
って事であれば 
 
これまた意志の弱い方は向いていません。 
 
こうやって考えると 
 
私たち人間は 
 
会社勤めは自分の思い通りにならずにストレス 
 
って言いますが 
 
そのストレスから解放されるために独立 
 
なんて事を考えるのであれば 
 
まず自分をしっかり見つめるべきですよね。 
 
そして 
 
自分が誘惑に流される 
 
そんな性格であったとしたら 
 
重しを取るのは大変危険です 
 
遠くに流され取り返しのつかない事になります。 
 
私自身 
 
今休みの日しかゴルフに行ってませんが 
 
もし 
 
営業日も構わず行くようになれば 
 
当社の先はありません 
 
ただし 
 
当社の場合は 
 
私の意志だけで踏みとどまってる訳ではありません。 
 
私が少しでも弱みを見せると 
 
すかずに文句を言ってくる社員が何人もいますからね 
 
その意味では 
 
口やがましい社員達 
 
有難い存在でもあるんです。 
 
さて 
 
私の話はともかく 
 
社員の皆さん 
 
自分の意志が弱くなってませんか? 
 
もしそう感じてたら 
 
思い切って私に異動願いを出して下さいね。 
 
私の目の前の机が空いてますから 
 
毎日私が監視して 
 
アナタが転落するのを防止して上げますよ。 
 
是非この機会に申し出て下さいね。 
 
まぁ冗談はともかく 
 
会社勤めであっても 
 
上司の目の届かないところにいれば 
 
どうしても気持が緩みますからね 
 
その傾向が見えたら 
 
私自身がすぐに行動を起こします。 
 
ガンと弱気の虫は 
 
早期発見 早期治療が大切です。 
 

>> 返信
 

 8月 9日 (木)
 不動産業界では絶滅危惧種 教育界では健在?
ボクシング連盟の山根会長 
 
テレビに出て発言するようになりましたので 
 
初めて映像を見ましたが 
 
何でこんな人がアマチュアボクシングの頂点にいるのか? 
 
本当に不思議ですよね。 
 
しかも日大の客員教授だそうですが 
 
田中理事長と同じで見た目はまさにウラ社会の人間って感じですから 
 
一体日本の教育界はどうなってるんでしょうかね? 
 
山根会長は 
 
いわゆる“ヤクザもどき”ですが 
 
恐怖を武器に生きて来たんでしょうね。 
 
テレビで見る限りでは 
 
あまり頭も良さそうでもありませんし 
 
人望も無さそうなので 
 
恐怖を前面に出すしか無かったのかも知れません。 
 
この人種は私達の業界には昔はたくさんいました。 
 
しかし今は完全な絶滅危惧種です。 
 
ほとんど目にする事はなくなりました。 
 
不動産の世界でも目にする事が無くなったのに 
 
ボクシング協会や大学では健在? 
 
大変違和感があります。 
 
が 
 
少し考えればなんとなく分かりますよね。 
 
ボクシングは他のスポーツと決定的に違うのは 
 
相手にダメージを与えるスポーツですよね。 
 
日大アメフト部は相手に怪我をさせて非難を浴びましたが 
 
ボクシングは相手を失神させる訳ですからね 
 
教育スポーツのカテゴリーに入ってる事自体が少し違和感がします。 
 
そんな特殊性故に 
 
逆に怖さが通用する 
 
そんな素地がありのかも知れません。 
 
突っ込まないで下さいね 
 
私はボクシングの世界に詳しい訳ではありませんから 
 
全て想像です。 
 
ただ何となく理解できるのは 
 
私の息子が格闘家でその友人達をたくさん知っていますので 
 
肉体的な強さを求める人達は 
 
元々は弱い内面を持ってる事も多い 
 
それが分かるのです。 
 
もう少し分かり易く言えば 
 
不良が怖いからその恐怖に打ち勝つために肉体を鍛え上げてる 
 
って感じです。 
 
ですから 
 
あの山根会長タイプは 
 
ヤクザもどきですから 
 
今の不動産屋にはバカにされますが 
 
ボクシングをやってる人達の中では通用する 
 
って事かも知れませんね。 
 
まぁ私の感じた事ですから実際は違うのかもしれませんが・・ 
 
ただ私はこの世界で長く生きて来て 
 
この業界の変化と言うか世の中全体の変化 
 
そんな物を肌で感じてきました。 
 
どう変化してきたかと言えば 
 
今も進行中ですが 
 
暴力とか恐怖とか 
 
そんな物がどんどん役に立たなくなって来てるのです。 
 
今のパワハラ狩りも世の中の流れの表れです。 
 
あの山根会長のような人間は不動産業界ではほぼ絶滅しましたが 
 
私達のお客様の中にはたくさんいます。 
 
それは 
 
家族から縁を切られ 
 
生活保護で暮らすおじいさん達です。 
 
その中に一定割合で 
 
人に恐怖を与える事で 
 
生活してきた人達がいます。 
 
まぁ長年身についた生き方ですからね 
 
時々私達が注意すると 
 
若いもんがどうこう言い出す人がいます 
 
もう自分で足腰立ちませんからね 
 
そう言うしかないのです 
 
で私達 
 
“忙しいので誰か呼ぶなら早くして下さい” 
 
って言うと 
 
待ってろ 
 
と言っておもむろに電話を取りだし 
 
かけ始めます 
 
で 
 
電話口では 
 
“おかけになった電話番号は現在使われておりません” 
 
て流れてオシマイ 
 
このお笑いのような話し 
 
私が実際体験した本当の話です。 
 
まぁそんな話はともかく 
 
若い人はこの時代の変化 
 
しっかり頭に入れるべきですね。 
 
今の時代暴力は何の役にも立ちません 
 
むしろ多少ケンカが強かった 
 
これが唯一のプライドになってると 
 
高い確率で人生は惨めになります。 
 
山根会長も 
 
昔ヤクザを6人相手にケンカしたとかなんとか言ってるようですが 
 
以前私のゴルフ仲間にも似たような話をする人がいましたが 
 
得意になって自慢してますが 
 
本人の思いとは逆で 
 
周りは完全にバカにしてましたからね 
 
もちろん話のレベルが低いと 
 
一緒に回る人も居なくなります。 
 
もうゴルフは止めた 
 
なんて話しを人づてに聞きました。 
 

>> 返信
 

 8月 8日 (水)
 目指すは不動産のソムリエ
私が理解できない職業はたくさんありますが 
 
その中にソムリエってのがあります。 
 
欧米では大変地位の高い職業のようですが 
 
何でお客様に料理に合うワインを勧めるだけで 
 
そんなに評価されるかサッパリ分りません 
 
って言うより 
 
分りませんでした 
 
てのが正解ですね。 
 
今はそのソムリエの存在価値 
 
良く分るようになりました。 
 
どうして理解できるようになったかと言えば 
 
物も情報も信じられない位に溢れる 
 
そんな時代になったからです。 
 
今の時代は 
 
例えば何かを買うときに 
 
ネットで買う事は良くありますが 
 
実際には無数にある情報 
 
これをすべて自分の目で確認する事はできません。 
 
ですから 
 
口コミやなんかを参考に決める事になります。 
 
ソムリエも 
 
もしそれが居なければ 
 
自分の胃袋にはほんの僅かしかワインを流し込めないのに 
 
銘柄は無数にある訳ですから 
 
結果として自分に合ったワインに出合う事は困難になります。 
 
つまり 
 
人間の消費能力をはるかに超える商品があれば 
 
その選択 
 
これが大変重要になります 
 
なりますが 
 
自分で試していては 
 
滅多に自分に合ったワインに出合えない訳ですから 
 
結果自分の胃袋には 
 
散々まずいワインを流し込む事になります。 
 
だからそうならないように 
 
効率的に選択できるソムリエの存在 
 
これは重要になる訳です。 
 
この話しが 
 
これから私たちが生きてく次の時代のヒントになります。 
 
ネットを見れば無数に不動産の情報がありますが 
 
顧客の立場からすれば 
 
毎日物件を見ても 
 
とても見切れるものではありません。 
 
であれば 
 
効率的に不動産を判断するには 
 
不動産屋にはソムリエの役割 
 
これが求められるのです。 
 
この不動産屋のソムリエ 
 
求められるのはエンドユーザーに対してだけではありません 
 
不動産屋自体も 
 
情報の氾濫に能力追いつきませんから 
 
不動産屋のソムリエの需要 
 
これは間違いなくあります。 
 
当社の社員にも 
 
レインズ物件を買い取り業者に買わせて業績を上げてる者がいますが 
 
同業者であっても 
 
いちいち物件を見ていられませんから 
 
信頼できる不動産ソムリエがいれば 
 
任せた方が効率が上がる訳です。 
 
そんな感じで 
 
情報が洪水のように押し寄せてくる今の時代は 
 
当然不動産の営業方法も変わるべきです 
 
ネットに掲載して反応を待つ 
 
それだけではある意味誰でも出来る仕事です 
 
この世界で次に必要なのは 
 
不動産のソムリエです。 
 
溢れる情報の中から 
 
宝石の原石を見つけ 
 
そしてそれを提案する 
 
これなくして 
 
結果を出すのは難しいと思います。 
 
ただ 
 
ワインのソムリエが 
 
持って生まれた味覚 
 
これが大きく才能を決めるのと同じで 
 
不動産ももしかしたら 
 
ソムリエになるためには 
 
本来備わった才能 
 
そんな物によって大きく結果が違うかもしれません。 
 
まぁしかし結果は分りませんが 
 
誰でもプロを名乗るのであれば 
 
無数の情報から 
 
自らの感覚を研ぎ澄まし 
 
そして顧客に提案する 
 
せめてその意識をもって実践する 
 
この位の気持は最低限持ちたい物です。 
 

>> 返信
 

 8月 7日 (火)
 意識を集中すべきは比較に耐えられる物に仕上げる事
今日は大掃除をして 
 
明日から夏休みに入ります。 
 
営業再開は16日からとなります。 
 
私は明日まで仕事がありますので 
 
明後日から沖縄に飛びます。 
 
まぁその予定ですが・・ 
 
天気図を見ると 
 
明後日の出発時間の羽田は 
 
見事に台風のグルグル的の真ん中にあります。 
 
どうなりますかね? 
 
心配ですがこればかりは私にはどうしようもありませんから 
 
運を天にお任せするだけです。 
 
台風は普通沖縄の方から孤を描いて関東にやってきますが 
 
今回の台風も前回同様発生源から真っ直ぐに本土に向かってきますね。 
 
多分地球温暖化の影響でこれまでのパターンが崩れて来てるんでしょうね。 
 
沖縄は台風銀座だなんて言われてますが 
 
直線的に北上する台風が増えれば 
 
東京の本物の銀座が 
 
台風銀座になるかも知れませんね。 
 
そう言えば昨日テレビでやっていましたが 
 
7月で猛暑日が無い都道府県は? 
 
なんと沖縄だけだそうです。 
 
北海道も猛暑日があるのに沖縄は無い 
 
冗談じゃ無く沖縄に避暑に観光客が押し寄せる日が近いかも知れませんね。 
 
沖縄は少し前までは夏場のゴルフ場は安かったのですが 
 
最近は急激に値上がりしています。 
 
それに反して私達の地域のゴルフ場は夏場が安くなってますよね。 
 
食事付で5000円台がゴソゴソあります。 
 
まぁ沖縄より暑い訳ですからね 
 
ある意味当然です。 
 
そんな訳で 
 
私は物事を常に沖縄と東京比べる習慣が付いていますが 
 
この比較は 
 
ゴルフのプレー代と気温のように 
 
物事の理解には大変役に立ちます。 
 
と言うより 
 
絶対的な価値が存在しない以上は 
 
人間は比較によってしか価値を判断できないんですよね。 
 
私達不動産屋は査定をする時に 
 
取引事例と対象物件を比較して価格を算出します。 
 
お客様も購入する時には 
 
いくつも物件を見て 
 
そして比較によって決断する 
 
これが普通に展開される商行為です。 
 
がこの比較 
 
事業者にとってはきついですよね。 
 
良くスーパーの安売り合戦なんてのを見ますが 
 
まるでチキンレースですよね。 
 
しかし厳しいですが 
 
この比較の苦しみに真っ向から向うべきすね。 
 
と言うより今の時代は向き合うしかありません。 
 
不動産の場合は 
 
昔は 
 
お客様に見せる物件を絞って 
 
自ら売りたい物件を決断するように戦略を立てて案内する 
 
なんてのがセミナーで語られる話しでした。 
 
ですから 
 
他社の良い物件を見せないために 
 
あえてその売り出し現場を避けて案内する 
 
なんて事が良くありました 
 
が 
 
今はお客様はネットで情報は把握してますからね 
 
悪い物件だけと比較させて 
 
なんて戦略は元々成り立ちません。 
 
ですから 
 
厳しいですが 
 
お客様の比較には真っ向から向かって 
 
そして結果を出すしかないのです。 
 
言い方を変えれば 
 
いくら営業トークに長けていても 
 
物件が比較に絶えられなければ結果は出せないって事です。 
 
ですから 
 
お客様に都合の悪い情報は隠して 
 
なんてスタイルが身についてるとしたら 
 
一刻も早く取り去る事です。 
 
北朝鮮も 
 
都合の悪い情報は国民に隠して 
 
なんてスタイルを貫いていますが 
 
その結果今の苦境ですからね 
 
情報の遮断はいずれにしても無理 
 
それが今の時代って訳です。 
 
さて 
 
社員の皆さん 
 
毎日暑い中結果も出ないと大変ですが 
 
今日の話を参考に休み明けの戦略を立ててください。 
 
色々と苦戦してるのは 
 
物件が比較に耐えられないから 
 
これがほとんどです。 
 
ですから 
 
後半戦は 
 
比較に耐えられる物件に変える 
 
ここに意識を集中して 
 
頑張ってくださいね。 
 
そのためにも 
 
一週間 
 
しっかり休んで鋭気を養ってください。 
 

>> 返信
 

 8月 6日 (月)
 脳の偏食に注意しましょう。
誰でも好きなテレビ番組と嫌いな番組があると思いますが 
 
私の場合は好きな番組はディスカバリー系ですね。 
 
興味が無いのは 
 
恋愛ドラマだとか料理の番組 
 
あるいは競馬中継とか 
 
まぁそんな感じでしょうか? 
 
以前は見たくない番組の一位争いをしてたゴルフ中継 
 
不思議な事に最近は好きな番組の上位になりました。 
 
まぁ私の事はともかく 
 
では 
 
私は過去に嫌いだった番組は見た事が無いかと言えば 
 
恋愛ドラマを見た事もありますし 
 
競馬中継も料理番組も見た事があります。 
 
理由は私自身は見たくはありませんが 
 
家族が見てましたので 
 
その側でタラタラ見てた 
 
って感じです。 
 
すのおかげで深田恭子とか坂口憲二とか 
 
俳優さんも顔を覚えましたし 
 
妻が居ないときにカレーだとかシチューも作れるようになった訳です。 
 
つまりイヤイヤながら見てますが 
 
見れば役に立つ 
 
そんな感じでしょうか? 
 
まぁしかし時代は随分変わって 
 
もう嫌いな番組を見る事は無くなりましたね。 
 
一つには子供達が独立して出ていった事がありますが 
 
一番大きな理由は 
 
ケーブルテレビだの you tubeだので 
 
好きな番組が好きなだけ 
 
と言うより番組は無数にありますが 
 
時間は限りがありますから 
 
好きな番組も一部しか見る事ができない 
 
そんな時代になりました。 
 
こうなると 
 
もうとても料理番組だのトレンディードラマを見る余地はありません。 
 
これはこれで大変有難い話しでもありますが 
 
しかし 
 
人間の脳の進化を考えるとヤバイかも? 
 
って思う事もありますね。 
 
好きな番組だけを見ると言うことは 
 
例えば食べ物で言えば 
 
お菓子が大好きだから3食それを食べる 
 
って感じですよね。 
 
人体も栄養のバランスが大切 
 
なんて言われますから 
 
私たちの脳も情報のバランス 
 
これが大切だと思いますが 
 
今の時代は 
 
そのバランスが危うくなってる 
 
そんな風に感じる事が良くあります。 
 
ネットでも掲示板の書込みを見てると 
 
時々日本人は皆頭がおかしくなったのか? 
 
って思えるほど見苦しい書込みが増えましたよね。 
 
情報のバランスが偏り 
 
明らかに異常をきたしてる 
 
って感じです。 
 
ですから 
 
脳の偏食の弊害を避けるために 
 
隣国嫌いの方達は 
 
韓流ドラマ 
 
また男性脳の悪化を防ぐために 
 
私のような人間は 
 
恋愛ドラマを見る事によって 
 
パワハラ セクハラの加害者にならずに済む 
 
なんて事もあると思います。 
 
差し辺り 
 
長年不動産屋業に携わり 
 
その職業病に罹患して 
 
少しのトラブルで大声を出す癖が取れないお父さん達 
 
犬の調教番組を見るのが良いかもしれませんね 
 
威嚇は臆病の証 
 
これがすぐに理解できるはずです。 
 
そんな話しはともかく 
 
とにかく情報が溢れる時代になりました 
 
こんな時代に好きな情報ばかり取り入れては 
 
脳の栄養が偏り 
 
結果社会生活が上手くいかなくなりますから 
 
たまには意識して 
 
自分が嫌いな番組 
 
見るべきでしょうね。 
 
その意味では私は恵まれてますね 
 
最近また普通であれば絶対に見ないような番組を見る機会が増えてきました。 
 
シンカリオンだとかアンパンマンだとか・・・・ 
 
脳がガンガン若返る 
 
そんな気がしています。 
 

>> 返信
 

 8月 5日 (日)
 そろそろ祭りが終り 冬がやって来ます
ライフネット生命保険の創業者の出口さんは 
 
勤めてた大手の生命保険会社で 
 
社長に逆らって左遷させられた時に 
 
真っ先にこう思ったそうです。 
 
“これで多数派の仲間入りが出来た” 
 
と 
 
理由は 
 
大きな組織では経営陣はほんの一部の人間ですから 
 
そこから外れて降格させられると言う事は 
 
大多数の社員の仲間の元に戻れた 
 
そんな風に思った訳です。 
 
まぁ中々凡人には思いつかない発想ですよね。 
 
その思考形態のおかげで 
 
自ら生保を起こして 
 
そして今は大学の学長にまでなってる訳です。 
 
この話し 
 
色んな事が学べますが 
 
私が感じるのは 
 
能力のある人にとっては 
 
大きな組織では 
 
その能力に蓋をしてしまうって事があるって話しですよね。 
 
ですから 
 
自分が会社の中にいて 
 
窮屈だと思えば 
 
もしかしたら一歩勇気を出して外に飛び出せば 
 
そこで大きく花開く 
 
なんて事もよくあると思います。 
 
まぁしかし気をつけなければいけないのは 
 
自分の能力を過剰に評価してしまい 
 
実際には飛び出したら 
 
自分は無能だった 
 
って事を確認しただけ 
 
なんて人も多いわけで 
 
その見極めはしっかりしないと 
 
結果惨めな人生が待ってる可能性が高くなります。 
 
特に不動産の世界では 
 
この勘違いが多く発生しますので 
 
よく注意した方が良いですね。 
 
私もこの自己評価が高く 
 
独立して見た物の 
 
実際にはあえなく撃沈してこの世界から去って行った人 
 
腐るほど知っています。 
 
どうして不動産の世界ではこの勘違いが多数発生するかと言うと 
 
歩合給があって大金を手にする事があるからです。 
 
つまり 
 
上場会社の社員より高い給料をとったとなれば 
 
オレの能力は凄い 
 
って思い込んでしまうのです。 
 
で 
 
独立したら 
 
それまでとは打って変わって売り上げは上がらず 
 
結果撃沈 
 
残りの人生は大きな借金の支払いで終る 
 
って事になります。 
 
そんな事態にならないように 
 
この不動産特有の勘違い 
 
しっかり意識して 
 
自分の能力を冷静に見極めるようにしましょう。 
 
私自身若い頃会社を辞めて独立した訳ですが 
 
私が勤めてた頃と独立した後に一番感じたのは 
 
営業に割ける時間です 
 
なんせ官庁の書類から経理 
 
また広告作成から 
 
社員の募集教育 
 
これらの非営業業務が大量に押し寄せてきます。 
 
ですから 
 
感覚的には 
 
営業に割ける時間は 
 
勤めてた頃の数分の1って事になります。 
 
この限られた時間で 
 
会社が成り立つだけの売り上げを上げると言う事は 
 
本当に大きな試練です。 
 
ですから 
 
会社勤めで 
 
親しい業者に建て売り用地ブチ込んで成績を上げていても 
 
それはその環境でしか通用しないって事になります。 
 
にも関わらず 
 
自分の能力を過信して 
 
転落していく人 
 
この世界でいつの時代もたくさん目にする事になります。 
 
しかしたくさん目にしますが 
 
実際には僅かながら成功して行く人もいます。 
 
そして 
 
成功していく人と失敗する人 
 
この違いも明確に分かります。 
 
私自身会社を起こすときに最初に読んだ本がありますが 
 
それは 
 
会社を倒産させた社長さん達の経験談をまとめた本でした 
 
その中にも書いてありましたが 
 
仕事が上手く行ってる時に 
 
必ずやってくる冬の時代から目を反らし 
 
その備えを怠る人 
 
これが潰れる訳です。 
 
ですから 
 
当時私が読んだ本だとかセミナー 
 
そんな中には 
 
プラス思考の大切さ 
 
みたいな事を強調した中身が多かったのですが 
 
このプラス思考は 
 
人に依っては 
 
妄想を膨らまし勘違いを誘発する 
 
大変危険な発想形態でもある訳です。 
 
今の時代は 
 
ビルゲイツだのスティーブンジョブスだの 
 
あるいは孫正義だの三木谷浩史だの 
 
たくさんの華々しい経営者がいますから 
 
自分も簡単にその仲間入りができる 
 
なんて勘違いしがちですが 
 
彼等はことごとく 
 
才能も備わり 
 
人一倍の努力もして 
 
そして成功してる訳です。 
 
孫正義が家族と食事してたのを目撃してた人がいますが 
 
曰く 
 
家族との食事中も 
 
ずっと本を読んでたそうです。 
 
そんな訳で 
 
不動産の世界も 
 
特に最近の不動産投資ブームで美味しい思いをした人がたくさんいると思いますが 
 
これによって自分の事を勘違いすると 
 
必ず惨めな人生が待っています。 
 
そして 
 
冬の時代は 
 
もうすぐやってきますから 
 
くれぐれも 
 
それに備えて 
 
意識改革 
 
怠らないようにしたいものです。. 
 


  キリギリスにならず、アリになれということでしょうか(^^)v
rina ..8/5 22:32(日)

  >rinaさん
不動産の世界は金融が緩めば大量にキリギリスが発生して 金融が締まればそれが大量に死ぬ
この繰り返しですからね。 今回は金融緩和が規模も大きく長かったために大量にキリギリスが発生してはずです。
はるぼ ..8/6 8:12(月)
>> 返信
 

 8月 4日 (土)
 役目が終れば排除されるブルドーザー男達
また新たなパワハラ騒ぎですね。 
 
今回はボクシング連盟の山根会長 
 
私はまた少し違った視点から語りますが 
 
くれぐれも誤解して欲しくないのは 
 
今回も山根会長を擁護して訳ではありませんよ。 
 
この出来事をテレビの報道だけで踊らされなければ 
 
色んな学びが得られるので 
 
あえて取り上げれるのです。 
 
今回の話しから学ぶのは 
 
私達の世界は 
 
何かを作り上げる能力に長けた人は 
 
それが完成すれば邪魔になる 
 
これです。 
 
日大アメフトの内田元監督も 
 
今回の山根会長も 
 
また少し前のレスリング協会の栄さんも 
 
共通して言える事は 
 
それぞれの世界では大きな実績があるって事です。 
 
黎明期にはそれぞれガンガン猪突猛進で組織を作り上げますが 
 
組織が安定していけば 
 
その原動力になった強引さ 
 
これが嫌われ邪魔になるのです。 
 
これはどんな組織でも見られる共通の原理です。 
 
特に会社では本当によく見られます。 
 
大韓航空の経営者のバッシングや 
 
大塚家具のゴタゴタも 
 
突き詰めればそれだろうと思います。 
 
人間の作る組織は 
 
強力なリーダーシップがなければ大きくなりません。 
 
しかしこのリーダーシップって言葉 
 
言い換えれば強引って事です。 
 
つまり同じ人間が 
 
組織が大きくなる過程ではリーダーシップとしてモテはやされ 
 
大きくなって安定すると 
 
その強引さ故に引きずり下ろされる 
 
これが最近目にするパワハラ騒ぎの本質です。 
 
ですから 
 
私達はテレビの報道で 
 
ただ叩かれてる人を見て悪人だと決め付けるのでは無く 
 
見方を返れば人間社会の持つ普遍原理の被害者 
 
そんな側面もあるんだって事です。 
 
このパターンは私達の身近でも本当に良く目にします。 
 
私が昔親しく付き合ってた大手の不動産屋の営業マン 
 
この男は仕事ができる男で 
 
支店の売り上げをガンガン上げて行きました。 
 
その支店は 
 
業績が上がりますから 
 
支店長はすぐに昇進 
 
そして次に来る支店長もまた昇進 
 
つまりこの男のおかげで 
 
どんどん上司が昇進して行ったのです。 
 
ただ本人はあまりにも成績が良い物ですから 
 
肩書きはエラくなりましたが 
 
その地域から離れる事はありませんでした。 
 
そうこうしてる内に 
 
昔自分の上司だった支店長が 
 
本社の役員まで出世します。 
 
こうなると 
 
自分を押し上げたその部下が邪魔になります。 
 
理由は 
 
その部下がガンガン売り上げを上げてたのは 
 
今の時代で言えばコンプライアンス無視 
 
そんな感じの荒っぽい仕事をしてたからです。 
 
詳しくは書けませんが 
 
私はその手口を良く知っています。 
 
詐欺スレスレのやり方でした。 
 
私腹も随分肥やしていました。 
 
ですから 
 
組織のために大きく貢献したその男 
 
今度は大きくなった組織にとっては 
 
その男が地雷のように危険な存在になり 
 
潰しにかかります。 
 
最後は 
 
その男は刑事告訴をチラつかされながら 
 
会社を去って行きました。 
 
こんな感じで 
 
私達人間の作る組織は 
 
同じ人間を最初は必要として持ち上げ 
 
時が過ぎて役目を終えれば排除圧力が働く 
 
これが普通に起こります。 
 
この事がで理解できれば 
 
最近のパワハラ騒ぎも良く見えますし 
 
自分自身もその悲劇に巻き込まれないように 
 
一歩下がる事もできるのです。 
 
私自身は 
 
悲惨な最期を遂げた仕事人をたくさん知っていて 
 
本人は消え去りましたが 
 
その恩恵を今でも受けてる 
 
そんな現実があります。 
 
先ほどの男の事で言えば 
 
私はその男のつながりで知り合ったたくさんの人と 
 
今でも付き合って仕事をしています。 
 
またある銀行の支店長さんは 
 
本人は飛ばされてしまいその後どうなった分かりませんが 
 
私達にはたくさんのお土産を残してくれました。 
 
そんな風にして結果から見れば 
 
本人は犯罪者扱いで叩かれてボロボロになりますが 
 
その周りにいた人は 
 
長く利益を享受する 
 
こんな構造もあるのです。 
 
ですから 
 
レスリングの栄元強化本部長も 
 
内田前監督も 
 
また今回の山根会長も 
 
その恩を受けたたくさんの人達が 
 
それぞれの世界で次の時代を築くのです。 
 
それが分かってますから 
 
私は 
 
マスコミ主導の悪人叩きに加わる気にはなれないのです。 
 
むしろ同情 
 
私の本心です。 
 
ただしもう排除しなければならない時期に来た 
 
それだけの事です。 
 
荒れ地を開拓するのにブルドーザーは大変役に立ちますが 
 
道が出来上がってしまえば 
 
そこにあっては邪魔ですからね 
 
あれと同じです。
 


  周りにいた人で損害を被った人はいないのですか?
しろうと客 ..8/3 20:42(金)

  >しろうと客さん
周りは被害者だらけです。一時本人を捕まえようと探しまくってました。 私は距離を置きながら付き合ってましたので無傷で済みました。

はるぼ ..8/4 15:59(土)

  時代ですね。あまりに短期間で変わりました。
静かな明治維新みたいに
マスコミの力が大きくなり、問題を浮き上がらせる、叩く、同調する、変えないといかん、悪者ができる、変わる。。
成長しきった 世の中ではモラルを突き詰めすぎるんですよ。 そっから生まれるものが良いのか悪いのか 又 次の世代が答えを出すんでしょうね

saikoo ..8/4 19:22(土)

  >saikoo さん
静かな明治維新 分かり易くて良い言葉ですね。おっしゃる通り時代は変わりますがそれがどうなるかはなって見なければ分かりませんよね。しっかり見極めるまで生きていたいと思います。
はるぼ ..8/5 9:14(日)
>> 返信



<< 新しい日記へ    過去の日記へ >>



| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++