駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 4月
 日 月 火 水 木 金 土
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - - -

3月 12日 (火) デコボコがあるからしっかり噛....
3月 11日 (月) チョコ以外は廃れ行く義理
3月 10日 (日) 善意は仇になる事も多い
3月 09日 (土) 現場を知らないから過酷な指示....
3月 08日 (金) 目標は達成した瞬間に魅力を失う
3月 07日 (木) 第一発見者になる機会が多い仕....
3月 06日 (水) 意味が立派でも音が悪いとどう....


 

 3月 12日 (火)
 デコボコがあるからしっかり噛み合って離れない
先日70代のお客様がやって来て 
 
大変困った事になったと落ち込んでいました。 
 
詳しく話を聞くと 
 
今日アパートの更新に来るつもりだったけど 
 
奥さんが目の手術をしたために入院して 
 
お金を下ろすためにキャッシュカードを貰おうとしたら 
 
奥さんが渡してくれなかったそうです。 
 
なぜ渡してくれないかと言うと 
 
“アンタは全部パチンコに使ってしまうから” 
 
って言われたそうです。 
 
まぁ本人達にとっては大問題でしょうが 
 
私たちからすれば微笑ましい話ですよね。 
 
ご主人はパチンコ好きかもしれませんが 
 
また更新の期限まで1ヶ月あるのに 
 
心配でわざわざ頭を下げに来たのです。 
 
私たちは更新どころか家賃も払わず平然としてる人とたくさん接しますので 
 
この方の人柄が見えて何かほっとしました。 
 
それと 
 
このご夫婦は長年連れ添った訳ですが 
 
仲の良い老夫婦は 
 
大体似たような特徴があります。 
 
それは一言でいえばデコボコ夫婦です。 
 
少し分かり難いですね 
 
私が言ってるデコボコとは 
 
足りない所があるって事です 
 
今回のご夫婦の場合は 
 
ご主人は現役時代は職人さんで働き者だった訳ですが 
 
人が良いためにお金に関しては無頓着 
 
だから 
 
しっかり者の奥さんが財布を握ってその欠点を補う訳です。 
 
このパターンの仲良しカップルは良く見ます。 
 
お年寄りだけではありません 
 
私が若い頃から 
 
見た目はダサく 
 
性格も緩くてお金も無い 
 
そんな男にしっかり者の彼女が貼り付いてるのを良く見ました。 
 
そんなカップルはすぐ別れるかと思えば 
 
一生添い遂げる事も多いのです 
 
逆に 
 
ほとんど完璧なのに 
 
全くモテないって人もいましたね。 
 
まぁしかし良く考えれば当たり前ですよね。 
 
歯車も凸凹があるから噛み合う訳ですし 
 
ウイルスも表面デコボコで細胞に取り付く訳です。 
 
人間も同じで 
 
欠点が無いって事は 
 
凹凸が無いわけですから 
 
表面はツルツルして 
 
すべりますよね。 
 
優秀な人達のカップルが離婚するのは 
 
引っかかる場所がないからそうなるんだろうと思います。 
 
ですから 
 
完璧すぎて彼女が出来ないタイプは 
 
あえて弱い所を見せた方が良いかも知れませんね。 
 
人の強い絆は 
 
お互い相手が居なくては困るから結びつくのです。 
 
私の兄弟が仲が良いのは 
 
貧しい環境の中でお互い支え会わなければ生きて行けなかったからです。 
 
今の時代は豊になりましたので 
 
兄弟も親子も絆は弱いのです。 
 
ですから 
 
ある意味少子高齢化は 
 
私たちが豊かさを手に入れた代償 
 
そうも言えるのです。 
 
お金持ちは 
 
兄弟も親子も関係が希薄になるのは 
 
当たり前って訳です。 
 
貧しさは嘆くだけでは無く 
 
それによって人間の絆が手に入りますから 
 
結構良いかも知れません。 
 
 
 
 
 

>> 返信
 

 3月 11日 (月)
 チョコ以外は廃れ行く義理
もうそろそろホワイトデーですね 
 
私は以前にも書いた通り贈り物のセンスがありませんから 
 
バレンタインにいただいた義理チョコ 
 
このお返しをあれこれ考える事になります。 
 
まぁそうは言っても毎年の事ですからね 
 
結局はスーパーの店頭に並んでるのを買って終るのですが・・ 
 
私が日本で60年以上も生きて来て 
 
未だに馴染めない習慣があります。 
 
それは義理です。 
 
日本人は大昔から 
 
お互いに義理のやりとりで人間関係築いて来た訳ですが 
 
これ本当に難しいですよね。 
 
例えば私は昔お客様にお中元を贈ったら 
 
怒って送り返された事がありますが 
 
添えられた手紙には 
 
“まだ取引をしてませんので受け取る訳にはいきません” 
 
って書かれていました。 
 
私は取引はしてませんが専任で媒介を頂いたのでお中元を贈った訳ですが 
 
相手にしてみればまたそんな物をいただく関係では無い 
 
って事です。 
 
また逆もあります。 
 
差し障りがありますので具体的には書けませんが 
 
“今年はまだお歳暮が届きませんが住所をお間違えでないでしょうか?” 
 
って社員が電話を受けた事があります。 
 
私はその方はしばらくお取引がありませんでしたので 
 
いつまでも送っては失礼かと思い止めた訳ですが 
 
相手からすればそうでは無かったのです。 
 
またプライベートでは沖縄と本土の習慣も大分違いますので 
 
私はその辺もいつもビクビクしながら 
 
義理のやりとりをしています。 
 
沖縄では 
 
たくさんの付き合いがありますから 
 
それぞれ金額は低めです。 
 
東京の相場とは大きく違います。 
 
ですから 
 
東京の相場で義理を通せば 
 
沖縄の人は何でそんなに大金を?・・・怖い 
 
って話になります。 
 
また東京の葬儀で 
 
沖縄のつもりで千円の香典を持って行けば 
 
バカにしてるのか? 
 
って事で逆効果です。 
 
そんな感じで 
 
私はこの義理のやりとり 
 
本当に苦手です。 
 
しかし最近は 
 
少し楽になりましたね。 
 
お見舞いだとかお祝いだとか 
 
頂いた方もお返しで頭を悩ましますから 
 
最初から受け取らないと言って来る人が増えました 
 
それ以前に 
 
お祝いがあっても 
 
不幸や入院があっても 
 
黙ってる人が本当に増えましたね。 
 
知らなければ香典もお祝いも悩む必要がありませんからね 
 
親しい身内以外の義理は廃れる方向に行って居ます。 
 
まぁ村社会が壊れ 
 
人と人とのつながりが希薄になれば 
 
それが自然の流れかもしれません。 
 
私自身はこの風潮は基本的に歓迎ですが 
 
しかしこのまま行ってしまうと 
 
日本は 
 
本当に乾いた感じの社会になるような気がして 
 
少し違和感もあります。 
 
まぁしかし 
 
私自身は沖縄に行けば 
 
この義理が廃れてない世界を体験できますから 
 
大変有難いと思っています。 
 
沖縄と東京を見て思うのですが 
 
義理が廃れば 
 
人が減る 
 
どももそんな原理もあるように思います。 
 
沖縄では 
 
結婚式も出産祝いも 
 
たくさんの人が祝儀を持って駆けつけますから 
 
一生独身だと 
 
払いっぱなしで 
 
回収する機会がありませんからね。 
 
元を取るには 
 
自分も結婚して子供を作るしか無い訳で 
 
その辺も高い出生率の理由の一つになってるように思います。 
 
そんな風に考えると 
 
義理の廃れも喜んでばかりはいられません。 
 
私の場合は義理チョコしか貰えませんが 
 
それすら無くなったら何もありませんからね 
 
女子社員の皆さん 
 
来年も宜しくお願いします。 
 
今年もお返しはスーパーの品物で申し訳ありませんが・・ 
 


  近いうちに、沖縄から大物の社長さんが
大量の義理札束を持参される気配がします。。
takahiro ..3/11 9:10(月)

  > takahiroさん
えっ? そうなんですか? 今週一人大物社長が来ますよ。大きいジュラルミンのケース持って行った方が良いですかね?
はるぼ ..3/11 19:48(月)
>> 返信
 

 3月 10日 (日)
 善意は仇になる事も多い
私が沖縄にいたのはまだアメリカ統治時代ですが 
 
経済的に立ち行かずに 
 
東京や大阪に出て行く人がたくさんいました。 
 
そんな人達が旅立つ時には 
 
親戚や友人達が集まり 
 
会場を借りて送別会 
 
なんて事をよくやっていました。 
 
その時代に沖縄から出て来た人達の写真を見ると 
 
たくさんの人が集まり 
 
プロのカメラマンを呼んで集合写真を撮っています。 
 
まるで結婚式のようです。 
 
これ 
 
本人を励ますつもりでみんなでやってましたし 
 
また本人も頑張ろう 
 
って気になったはずですが 
 
実際に東京や大阪に来て働くと 
 
この行為が残酷だった 
 
って事に気づくそうです。 
 
理由は 
 
いくら沖縄に戻りたくても 
 
あんなに派手に送り出されたために 
 
恥ずかしくて戻れないのです。 
 
派手な送別会のせいで 
 
結局馴染めない本土で一生を終えた 
 
なんて人はたくさんいたそうです。 
 
この話しから学のは 
 
私たちは善意だと思ってやってる事が 
 
時には相手を苦しめる 
 
こんな事があるんだって事です。 
 
私が最近感じるのは結婚式の寄せ書きですね。 
 
誰も悪気があって書いてる訳ではありませんが 
 
“一生仲良くして下さいとか” 
 
“可愛い女の子を産んで下さい”とか 
 
そんな言葉で溢れていますが 
 
離婚すれば 
 
そんな寄せ書きが負担になり 
 
せっかく結婚式に駆けつけてくれた友人達にも合わす顔がない 
 
って事になります。 
 
また 
 
夫婦は仲が良くても 
 
子供ができない人達はたくさんいます。 
 
そんな人達が 
 
結婚式の時の 
 
“可愛い女の子を産んで下さい” 
 
なんて書き込みを見れば辛くなるはずです。 
 
皆さん純粋に祝福してたのに 
 
それが仇になり 
 
結果疎遠になって行く 
 
なんて事はたくさん起るのです。 
 
こんな事ばかり考えていては 
 
何もできなくなりますから 
 
意識しすぎるのもどうかと思いますが 
 
私自身は長く生きてきて 
 
どうしても先の事を考えてしまいます。 
 
ですから 
 
冷たいようですが 
 
おめでたい席でも 
 
あまり言葉は発しなくなりましたね。 
 
ただ 
 
心ならずも人生が予定通りに行かなかった人達 
 
これは 
 
過去に遡って誰かを責めては絶対に行けませんね。 
 
ある知人から聞いたのですが 
 
友人達からお金を借りて事業に失敗した社長さん 
 
お金の返済の相談のために集まった友人達に 
 
“お前らが金貸したためにおれはこんな事になった” 
 
って言ったそうです。 
 
その言葉が友人を他人に代えるキーワードとなり。 
 
結果厳しい取り立てに遭う事になりました 
 
そんな訳で 
 
時間が過ぎれば 
 
過去の善意が仇になる事はありますが 
 
それは運命であり 
 
過去の善意を逆恨みしては 
 
もう将来はありませんよって話しです。 
 
送別会が負担となり沖縄に戻れなくなっても 
 
その友人達が上京すれば 
 
その時の善意に応え暖かくもてなす 
 
これが人の道だと思います。 
 

>> 返信
 

 3月 9日 (土)
 現場を知らないから過酷な指示が出せる
福生市の病院で 
 
44歳の女性患者から透析中止の希望を受けて 
 
その要望に応えて透析を止めて 
 
結果患者か亡くなった 
 
ってニュースが流れて来ました。 
 
これ 
 
まぁ色んな意見があるでしょうが 
 
私自身は 
 
本人も夫もそれを望んだ訳ですから 
 
この医者を厳しく責めるのは間違い 
 
そんな考えでえす。 
 
色んな意見があると言いましたが 
 
それは一般国民の間での話です。 
 
行政の世界は一致した意見です 
 
役人の立場からはこんな事は許されない 
 
って事になります。 
 
今回も東京都の立ち入り検査が行われて 
 
もしかした病院や医師の処分まで行くかも知れません。 
 
厚生省に判断を委ねられたら 
 
多分自分たちの作ったガイドラインに沿わなければ 
 
病院と医師の責任を問う 
 
こんな事になるのは当たり前だろうと思います。 
 
苦しんでる患者を目の前にして 
 
本人も本人の家族も辛い医療行為からの解放を願い 
 
そして実際にその患者の治療をしてる医師も 
 
その病気は良くなる見込みが無く 
 
無駄に患者を苦しめるだけ 
 
って思ってるのに 
 
霞ヶ関の中にいて 
 
実際に患者と接する事の無い官僚達が 
 
その決断は間違い 
 
そう言ってる訳です。 
 
私自身はこのたぐいの話に嫌悪感が湧いてきます。 
 
理由は医療大きな産業になっていて 
 
官僚や研究機関 
 
また製薬会社や医師 
 
この中に大きな利益構造があって 
 
時には患者の意思や立場がほぼ無視される事があるのです 
 
今回の件でも医師仲間でも 
 
患者が申し出たからと言って治療を中断するのはおかしい 
 
って言ってる人がたくさんいましたね。 
 
つまり 
 
医者が違えば 
 
いくら苦しいから治療を止めてくれと訴えても 
 
聞き入れてもらえないケースがたくさんあるって訳です、 
 
これ 
 
おかしいと思いませんかね? 
 
今の時代は 
 
成人した人間が自分の意思で寿命を犠牲にして 
 
苦痛から解放される 
 
って選択が許されないのです。 
 
まあしかしそれが今の医療界の常識のようですから 
 
私にはどうしようもありませんが・・・ 
 
私たちは医学の進歩で寿命が延びた訳ですが 
 
であれば 
 
同時に死ぬ権利も認めないと 
 
最後は地獄の苦しみの中延々と生かされる 
 
そんなケースが多発する訳で 
 
そろそろ医学界の皆さん方 
 
意識変化をお願いしたい 
 
こんな報道を見るたびにいつも思います。 
 
実際に今回のケースは現場の医師が 
 
苦しむ患者を目の前にして判断した訳で 
 
その現場を全く知らない官僚の皆さんが 
 
治療は続けるべきだった 
 
って言う資格があるのか? 
 
ってのが私の疑問です。 
 
ただ 
 
勘違いしないでいただきたいのは 
 
霞ヶ関の官僚が悪 
 
そう言ってる訳ではありません。 
 
人間の統治システムが 
 
そもそも現場と 
 
離れた所から指示する側の意識の差 
 
これが運命づけられてる訳です。 
 
そしてそれが 
 
悲劇の温床となる 
 
これが人間の歴史です。 
 
太平洋戦争の時でも 
 
大本営は前線の悲惨なシーンを見て無いから 
 
現場の司令官に過酷な命令を出し続けられたし 
 
アメリカも 
 
戦場に大統領はいないから 
 
広島長アに原爆を落とす事ができた 
 
それも間違いないと思います。 
 
またビジネスでもこれは全く同じ構造があります。 
 
最近のセブンイレブンの話が典型的ですよね。 
 
本部は何が何でも24時間営業を押しつける訳ですが 
 
実際に現場に出てる経営者は 
 
そのためにほとんど寝る事もできずに命がけで仕事をしてる訳です。 
 
耐えられなくなり営業時間を短縮したら 
 
本部からは違約金って事になり 
 
もう限界って訳です。 
 
不動産の世界でも昔は似たような物でしたね。 
 
飛び込みで不動産を売ってる会社は 
 
成績の悪い営業マンを 
 
上司が本社に待機していて 
 
遅くまで帰らせない 
 
なんて事が良くありました。 
 
私自身の事は差し障りがありますから具体的には書けませんが 
 
若い頃は 
 
自分は営業の苦しさを知らないで 
 
ただ結果だけを求める上司にウンザリした事があります。 
 
私は小さな子供が三人いて必死に頑張っても結果が出ずに苦しんでるのに 
 
ただ不機嫌な顔で中身のない話ばかりする 
 
この姿に 
 
自分は絶対にそんな上司にはならない 
 
って心に決めた物です。 
 
ですから 
 
私自身は結果だけで自分の社員を追い詰める事はありません 
 
ただ 
 
私のような上司が正しいかと言えば 
 
そうも言い切れませんね 
 
社員を見て思うのですが 
 
自分に甘い社員はいつまで経っても泣かず飛ばずです。 
 
もしかしたら 
 
人によっては 
 
現場を知らない上司の下で 
 
怒鳴り散らされた方が成長するかも? 
 
って思う事があります。 
 
戦争でも現場にいない司令官だから 
 
過酷な命令を出して 
 
結果勝利する事がある訳ですからね。 
 
私自身はそうはなれませんので 
 
自分に甘かったり 
 
指示が無ければ何もできないタイプは 
 
私の下では成長できない 
 
そんな風にふと感じて 
 
罪悪感が湧いて来る事があります。 
 
 

>> 返信
 

 3月 8日 (金)
 目標は達成した瞬間に魅力を失う
2年前に中学の同窓会をしましたが 
 
地元の同級生は 
 
何人かで実行委員会を作って 
 
それに向けてしっかり準備をしてくれました。 
 
で 
 
同窓会が終って半年ほど経った頃 
 
その実行委員だったメンバーの中の3人の女性と 
 
居酒屋で偶然出会って飲んだ事があります。 
 
で色々と同窓会の話題になったのですが 
 
面白い事に 
 
その人達の話題の大半は 
 
同窓会その物ではありません 
 
その準備段階での事ばかり話していました。 
 
つまり 
 
実行委員会で頻繁に会って 
 
酒を飲みながらああでもないこうでもない 
 
って議論をしたり 
 
あるいは余興の準備をしたり 
 
そんな話題が中心になるのです。 
 
まぁ私自身経験がありますからね 
 
良く分かります 
 
大学の時には毎年学園祭に参加しましたが 
 
楽しかったのは学園祭その物より 
 
それに向けて模擬店の準備をしたり 
 
あるいはステージの出し物の練習をしたり 
 
そんな思いでばかりです。 
 
実際に学園祭当日は大忙しですから 
 
楽しむ間も無く終ってしまいます。 
 
これは何もイベントばかりではなく 
 
仕事でも同じような物です 
 
私は会社を4回移転して 
 
支店をふたつ作りましたが 
 
その都度大変でもありますが 
 
楽しい想い出として記憶に残ってるのも 
 
その準備段階です。 
 
会社のレイアウトを考えたり 
 
あるいは人間の配置を考えたり 
 
その都度エネルギーをフルに出して 
 
新しい環境作りをする訳ですが 
 
実際に会社を移ったり 
 
新しく作ったりした後は 
 
流れに乗るだけですから 
 
印象には残らないのです。 
 
また私は 
 
自宅も2度新築しましたが 
 
一番楽しいのは 
 
自分で間取りを考えてる時です 
 
仕事が終ってから自宅で遅くまで設計する訳ですが 
 
いつもワクワクしていました。 
 
それが実際に出来上がってしまうと 
 
もう感動のピークはそれで瞬時に終ります 
 
あとは日常が繰り返されるだけです。 
 
こんな経験をたくさんして 
 
人生の本質みたいな物が見えて来ました。 
 
私たちは目標を持って行動しますが 
 
実際にその目標を達成したら 
 
そこのあるのは一瞬の達成感と 
 
次の目標への渇望 
 
この繰り返しのように思います。 
 
ですから 
 
私自身は 
 
仕事もプライベートも 
 
何か問題が起これば 
 
それを解決すると言う目標が出来る 
 
そう思って受け止めるようにしています。 
 
特に自分が還暦を過ぎて 
 
接する人達がリタイヤしてる 
 
なんてケースが増えて来ましたが 
 
少し前までは 
 
そんな人達を羨む気持がありましたが 
 
最近は 
 
皆さん有り余る時間に苦しんでるように見えて 
 
私が目標とする世界では無い 
 
そんな風に思うようになりましたね。 
 
会社を経営してると 
 
毎日色んな問題が押し寄せてきますが 
 
一つ一つ解決して 
 
その達成感を得る 
 
これが一番だと考えるようになりました。 
 
いずれにしても 
 
人生最後までそんな感じで行く 
 
そう覚悟しています。 
 


  おはようございます。

いつもブログありがとうございます。

繁忙期のこの時期、賃貸・売買共に良いことも悪いことも寄せては返す波のように色々起きてきますが、問題が解決されるまではどうしても気が重くなりがちです。定休の水曜さえもその問題の解決方法についてあれこれ思いを巡らせ、、、。

弱い自分が大きくなると前向きな気持ちが縮みがちですが、解決→達成感 この心持ちを少しでも真似できるよう頑張りたいと思えました。

今日も一日頑張ります。
サンショウホーム ..3/8 8:57(金)

  >サンショウホームさん
そうですよね
問題が押し寄せてくる仕事ですよね。
でも解決した時の解放感もなんとも言えませんよね。
また一つ問題を片づけるたびに自分に自信もついてきます。
これが成長ってことなんでしょう多分
頑張りましょう
はるぼ ..3/8 18:58(金)
>> 返信
 

 3月 7日 (木)
 第一発見者になる機会が多い仕事です
日本人の半数がかかると言うガン 
 
本当に身近でたくさんの人が患いますね。 
 
早期発見で助かる人 
 
発見した段階で手の施しようが無く死んで行く人 
 
治ると言われて一生懸命治療したのに亡くなる人 
 
余命宣告を受けたのに死なない人 
 
本当に色々です。 
 
それと発病する部位も様々ですね。 
 
胃とか腸とか肝臓膵臓などのあらゆる臓器から 
 
皮膚や血液まで癌になります。 
 
また男女差もありますね 
 
女性は乳癌、卵巣癌、子宮癌 
 
男性は前立腺癌 
 
こうやって考えると 
 
この癌は一体何だろうと思いますよね。 
 
遺伝子が突然変異を起こしてガン細胞になる 
 
って言われてますが 
 
こんな致命的な病気 
 
何で長年の進化の中で克服できなかったんでしょうね。 
 
ダーウインの進化論に従えば 
 
癌で亡くなる人達は子孫を残さずに淘汰されて 
 
生き残ってる人達は癌にかからない人だけ 
 
になってなければおかしいですよね。 
 
まぁしかし少し考えれば良く理由は分かりますよね。 
 
人間は他の動物と違い長く生きますから 
 
結果たくさんの癌で亡くなる人達が 
 
すでに子孫を残しますから 
 
自然淘汰によって癌を克服できない訳です。 
 
逆に言えば 
 
昔平均寿命が短かった頃は 
 
癌の遺伝子を持っていても 
 
それが発病する前に亡くなりますから 
 
別に問題は無かったのです。 
 
ところが今の時代は寿命が延びましたので 
 
たくさんの人が癌にかかるまで生きてる 
 
そうも言えます。 
 
長寿を手に入れた代償 
 
そんな風に見るのが正解だろうと思います。 
 
進化の過程で克服する機会が亡かった癌 
 
誰でもそれに向き合う時代が初めて訪れた訳ですが 
 
本当に自分でしっかりそれについて深く考えて備えて行かないと 
 
結構辛い人生の終末を迎えてしまう 
 
そんな可能性が高い時代だとも言えます。 
 
私の知ってる人でも 
 
長く辛い闘病生活を送ったのに 
 
それが報われずに亡くなった人 
 
たくさんいます。 
 
それが嫌であればどうすれば良いのでしょうかね? 
 
まぁこれから先は人それぞれ 
 
自分で選択して決めるしかありませんね。 
 
ただ 
 
言える事は 
 
今の時代は病院に入ると選択肢は狭まりますね。 
 
例えば 
 
死を受け入れる選択をしたとしても 
 
病院に入れば治療行為が行われますから 
 
その結果治療の苦しさから逃れられない 
 
なんて事も多いのです。 
 
私の叔父は 
 
自宅で亡くなりましたが 
 
従兄弟が言っていました 
 
医者に言われたと・・ 
 
本当に穏やかに自宅で終りたいのであれば 
 
絶対に救急車を呼ぶなと 
 
救急車を呼んで一度でも点滴をすると 
 
もう医者の立場では 
 
治療行為を止められないそうです。 
 
やっかいな時代です。 
 
だからいつも思うのです 
 
私たちは定期的に孤独死に直面しますが 
 
皆さん穏やかに死にますよね。 
 
長年の孤独に耐えた褒美として 
 
穏やかな死が与えられる 
 
そんな風に感じる事が良くあります。 
 
 
 

>> 返信
 

 3月 6日 (水)
 意味が立派でも音が悪いとどうも・・・
いよいよ新しい元号の発表まで一ヶ月を切りましたね。 
 
どんな名前が登場するんでしょうかね? 
 
私は前回の元号の改正 
 
つまり平成になった時の事は明確に覚えています。 
 
最近テレビでもよく流れますが 
 
当時官房長官だった小渕さんが額に入った 
 
“平成”と言う字を掲げた瞬間は衝撃的でしたね。 
 
まぁ人それぞれ感じ方は違うと思いますが 
 
私自身はガッカリしましたね。 
 
平成が新しい元号に採用された理由は分かりませんでしたが 
 
文字も読みも好きになれませんでした。 
 
文字はまず 
 
“平”と言う文字は 
 
頭でっかちでまるでカカシのようですから 
 
何か不安定な時代を予期させましたし 
 
“成”と言う文字は左右不対象で 
 
私のような悪筆には 
 
とても整えるのが難しい字です。 
 
実際に私は今でもこの平成って文字が上手にかけません 
 
にも関わらず 
 
30年も書かされ続けた訳ですが 
 
せめて次の元号は 
 
書きやすい文字であって欲しい 
 
そう願っています。 
 
ヘイセイって読みも最初は違和感がありましたね 
 
何かオナラをしろ命令されてるようで 
 
なんでこんな品の無い名前にしたのか? 
 
サッパリ理解できませんでした。 
 
まぁしかし見方を変えれば 
 
私の良識はこの程度って話でもあります。 
 
この元号 
 
今アジアで公式に使われてるのは日本だけだそうですね。 
 
グローバル化の中では西暦に頼るしかありませんので 
 
消えて行くのは当然の事のようにも思います。 
 
しかし 
 
元号の元々の本家本元の中国も廃止したのに 
 
日本は頑張りますよね。 
 
イスラムの国々も元々ムハンマドの誕生を紀元とするイスラム暦があるのに 
 
今はキリストの誕生日紀元の西洋暦をしてるそうですから 
 
日本はかなり特殊とも言えます。 
 
何でしょうね? 
 
まぁ日本と外国は決定的に違う物があるからですよね。 
 
それは天皇です。 
 
戦前は万世一系の天皇なんて言われてたようですが 
 
確かにお隣の中国とは大違いですよね。 
 
中国は始皇帝以来 
 
権力者が次々と皇帝を名乗りましたから 
 
その意味では国の統合の象徴としては 
 
日本の天皇にははるかに及ばなかった訳です。 
 
ですから 
 
簡単に廃止もできた訳です。 
 
日本の天皇も敗戦の時には 
 
その運命はGHQに委ねられたようですから 
 
その意味ではアメリカのおかげで 
 
今日まで元号が続いた 
 
そうも言える訳です。 
 
まぁしかし実際には 
 
アメリカも日本人に広く浸透してる天皇中心の国家意識 
 
これを排除しては 
 
占領政策を円滑に行う事はできない 
 
そう思ったんでしょうから 
 
アメリカのおかげと決め付けるのもどうかと思いますね。 
 
実際に天皇を廃止したら 
 
もしかしたら日本にも復古主義が蔓延して 
 
もう一度アメリカにチャレンジする 
 
そんな歴史になったかも知れません。 
 
そんな感じで 
 
今の日本にも 
 
天皇制に反対する勢力も多いと思いますが 
 
それはそれで理屈もあるのでしょうが 
 
私自身は 
 
今の時代に大変不便な元号ですが 
 
天皇とともに 
 
形だけでも残した方が 
 
日本の国のアイデンティーが保てる 
 
そんな考えでえす。 
 
さて 
 
新しい元号どうなりますかね? 
 
名前によっては 
 
一気に元号離れが進む可能性もありますから 
 
選ぶ方達は 
 
私のような学識の浅い人間の意見も聞いた方が良いと思いますが・・・ 
 
難しい事ばかり考えて 
 
“雲古”とか 
 
“宝政”とか  
 
“寛富”とか 
 
そんな名前にならない事を心より祈っています。 
 
 


  元号、くだらないですね。
先日 ある書類で平成と書かず 西暦で書いたら書き直さされました。
どこでも買える 認め印 と同じく 全く意味ない制度だと思ってます。。
saikoo ..3/7 21:40(木)

  > saikoo さん
私も元号は実用的で無いので役所の書類も西暦に統一すべきだと思います。 日本人のアイデンティティーとして残した方が良いとは思っていますがそれに止めるべきだと思います。
はるぼ ..3/8 8:07(金)

  アイデンティティー以外にも、天皇の諡名になる慣例も・・・雲古天皇なんてさすがに・・・。

西暦も、日月年の順で書く地域と、月日年の順で書く地域がありますね。
一流のビジネスマンは各地にそれぞれローカルルールがある事を理解してそれに合せることができるのです。
真田 ..3/9 7:25(土)
>> 返信



<< 新しい日記へ    過去の日記へ >>



| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++