駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 4月
 日 月 火 水 木 金 土
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - - -

4月 14日 (土) マスターズに参戦
4月 13日 (金) 思い通りになる物なんて何も無い
4月 12日 (木) 人の価値の判断は条件修正をし....
4月 11日 (水) なりふり構わない金儲けは軽蔑....
4月 10日 (火) 毒にまみれて生きる
4月 09日 (月) トラブルは宝の山
4月 08日 (日) もっと寛容な世の中に・・・


 

 4月 14日 (土)
 マスターズに参戦
今日の午後から沖縄に行ってきます。 
 
毎年この時期にはマスターズから招待状が届きますの 
 
体力の続く限り行くつもりです。 
 
なんせこのマスターズは 
 
松山英樹もタイガーウッッズにも招待状は届いてないようですから 
 
大変貴重です。 
 
ゴルファーとしては絶対に断れません。 
 
とまあ冗談はともかく 
 
実際には母親がもうすぐ99歳ですから 
 
残り人生は秒読み段階です。 
 
少しでも機会があれば 
 
話しがしたい 
 
これが本音ですが 
 
しかし不思議な物で 
 
離れていると無性に会いたいのですが 
 
実際に会うと 
 
すぐにその時間が平常に戻ります。 
 
まるで 
 
子供の頃からずっと沖縄で暮らしてた 
 
そんな錯覚に陥るのです 
 
逆に母親と話してると 
 
東京にいたのがまるで夢だった 
 
みたいなぼんやりとした感覚になります。 
 
こんな事を何度も体験して 
 
今は私は 
 
自分にとって確実に存在するのは 
 
目の前に展開するこの瞬間だけ 
 
って思うようになりました。 
 
過去も未来も 
 
脳の記憶と想像力が作り出す訳ですが 
 
この実在感は 
 
目の前に今展開する現実の世界と比べると 
 
本当に希薄な存在です。 
 
最近私の若いゴルフ仲間が奥さんを亡くしましたが 
 
この方を見てていると 
 
忘却は神様が私たちに与えた貴重な贈り物 
 
って事も良く分ります。 
 
日に日に悲しみが薄れて行くのが感じられるのです。 
 
私はどうやら要らない心配をしてたようです。 
 
そうやって考えると 
 
過去の記憶や未来の想像に縛られて 
 
現在を心配したり苦しんだり 
 
なんて事では人生は本当にもったいないですよね。 
 
ただ人間は意識しないと 
 
その脳の中の記憶と想像がすぐに繁殖する 
 
そんな生き物でもあります。 
 
子供の成長が少し標準から低いだけで 
 
子供の将来を心配して無理心中をするお母さんもいれば 
 
ダンナさんが若い頃浮気をした記憶が忘れられずに 
 
数十年経ってダンナが弱ったら 
 
刃物で刺し殺した奥さんのニュースが流れた事もあります。 
 
そんな感じで 
 
私たち人間の発達した脳は 
 
その大きな弊害として 
 
実際には脳の中でしか存在しない事で 
 
人を憎んだり 
 
将来を悲観したりして 
 
結果自分自身を苦しめる 
 
そんなやっかいな部分の備わってる訳です。 
 
これを意識して生きるのと 
 
脳に湧いて来る想像と記憶に流されて生きるのでは 
 
人生は大違い 
 
私はそれが随分前から分ってますから 
 
今は過去の悪い事も思い出す事はほとんどありませんし 
 
将来の事もあまり考えなくなりました。 
 
日々目の前に展開する現実に対応して生きる 
 
今はこれが基本です。 
 
会社の事も昔は随分心配しましたが 
 
今は儲かれば良し 
 
儲からなくて成り立たないとなれば 
 
とっとと別の道を歩む 
 
意識してるのはそれだけです。 
 
さて 
 
明日のマスターズ 
 
優勝したいですね。 
 
日々ゴルフをやってるのは 
 
これが一つの目標として存在するからって事でもあります。 
 
では行って参ります。 
 

>> 返信
 

 4月 13日 (金)
 思い通りになる物なんて何も無い
火曜日は会社の納会でした 
 
ただ私は翌日ゴルフの予定が入っていて 
 
朝早くから長距離運転ですので 
 
アルコールは止めてウーロン茶でのお付き合いとなりました。 
 
酒が入らないとなれば 
 
食べるしかありませんよね。 
 
しかも高級焼き肉がドッサリ 
 
もうお腹がパンパンになるほどしっかり食べました。 
 
で 
 
11時前に家に帰りそのまま風呂に入り寝る準備をして 
 
何気なくテレビをつけると 
 
女子サッカーのワールドカップ予選をやっていました。 
 
しかも実力が拮抗する韓国戦 
 
少しだけ見よう 
 
と思って観戦を始めると 
 
これがもう手に汗に握る好試合 
 
でも翌日の運転を考えると 
 
そのまま見続ける訳には行きません。 
 
で 
 
無理矢理電気を消しました 
 
が 
 
どうも気になって寝付けません 
 
で 
 
また少しだけテレビを点けると 
 
今度は攻められて 
 
危機の連続 
 
そしてなでしこ達が 
 
その危機を悉く凌いでるのを見て拍手してる内に 
 
眠気は完全に吹っ飛び 
 
結局試合終了まで観てしまいました。 
 
結果はお互いに無得点 
 
サッカーは不思議ですね 
 
夜中に全く点が入らないのに 
 
2時間も観戦するのです。 
 
これだけでも何か損をした気分なのに 
 
興奮は簡単には収まりませんから 
 
その後も中々寝付けずに 
 
結局私は 
 
たった4時間の睡眠でゴルフに出かけました 
 
ヤバイですよね。 
 
行きは良いとしても 
 
帰りは激しい睡魔が予想されます 
 
しかも私の車には三人も同乗者がいますから 
 
休息する事はできません。 
 
ゴルフのプレー中も帰りの運転が気になって 
 
集中できませんでした。 
 
で 
 
こうなったらもう昼休みにコーヒーを飲みまくって 
 
眠気を飛ばすしか無い 
 
そんな風に考えて 
 
昼休みにコーヒーを2杯も飲みました 
 
何?2杯くらいでは大した事が無い 
 
そう思うかも知れませんね。 
 
でも私にとっては大変な賭けです。 
 
私は体質的にコーヒーが合わないのです 
 
よく激しい腹痛に襲われます 
 
が 
 
居眠り運転で死ぬよりは良いですからね 
 
今回はコーヒーを選びました 
 
で 
 
そのまま午後のラウンドへ 
 
すると 
 
予想通り 
 
すぐに腹痛が襲ってきました。 
 
しばらく耐えていましたが 
 
すぐに限界がやって来て 
 
異臭を放ちながら皆さんに迷惑をかけるか? 
 
それともゴルフを中断するか? 
 
私は決断を迫られました 
 
決断に迷う事はありませんよね。 
 
異臭を放つ選択をすれば 
 
迷惑をかけるだけでなく 
 
私の人格も疑われます。 
 
もう2度とゴルフのお誘いは来ないでしょう。 
 
しかしゴルフの中断であれば 
 
体の不調ですから皆さん理解してくれます。 
 
で 
 
私は皆さんに事情を伝えて 
 
トイレまで駆けて行きました 
 
漏れないように必死に耐えながら 
 
で 
 
目出度くトイレまでたどり着いて 
 
そのまま地獄から快楽の極地へ 
 
苦しみはそれが大きければ大きいほど 
 
それが解決したときには大きな喜びに変わる 
 
これを改めて確認する事ができました。 
 
しかし人体は不思議な物ですよね。 
 
自分の体でありながら 
 
いくらお願いしても 
 
私の言う事を聞かないのです。 
 
激しい腹痛に襲われた時に 
 
自分の腸に向かって 
 
お願いだからあと1時間だけ待って 
 
って言ったのですが 
 
そんな事は知ったこっちゃない 
 
って返事が返ってきました。 
 
この世は 
 
自分の体ですら思い通りにならない訳ですからね 
 
社員や子供達が思い通りにならないのは 
 
当たり前の話しです。 
 
今はそう覚悟して 
 
もう自分の思い通りにしようなんて気持は 
 
会社にも家庭に対しても持っていません。 
 
ただ流れに任せるだけ 
 
これが私がたどり着いた悟りの境地です。 
 

>> 返信
 

 4月 12日 (木)
 人の価値の判断は条件修正をして正しく行いましょう
SNSが普及して 
 
自分と他の人達の価値観の違い 
 
そんな事を確認できる事が多くなりました。 
 
その意味ではSNSは大変有難い存在 
 
って風に言えます。 
 
色んな事を学ぶ事ができましたが 
 
私が他の人と一番違うと思うのは 
 
食べ物ですね。 
 
世の中にはたくさんの人が料理の画像をアップしてますよね。 
 
つまり 
 
食べ物に興味を持ってる人が 
 
圧倒的に多いのがよく分ります。 
 
まぁ厳密に言えば私ももちろん興味がありますが 
 
私と違うと言うのは 
 
料理の見た目に興味があるって事ですよね。 
 
私自身は料理の見た目には全く興味がありません 
 
いくら飾り付けても 
 
胃袋に入れば同じ 
 
そんな野暮な感覚です。 
 
で 
 
いつも不思議に思っていましたが 
 
先日ネットで 
 
人は胃袋だけではなく目でも食べる 
 
って言葉を見て 
 
瞬時に納得できましたね。 
 
人間は食事と視覚は密接に関係があるそうです。 
 
例えばわんこソバなんかは 
 
一口で飲み込めますから 
 
いくら食べても中々満腹にならないのです 
 
私の場合思い当たるのはお酒ですね。 
 
例えば日本酒を飲むときに 
 
一升瓶を前に飲むのと 
 
コップ1杯ずつ飲むのでは 
 
飲み過ぎる危険が違います。 
 
私が飲み過ぎるのは 
 
小さなコップで飲むときです 
 
器が小さいために 
 
いくら飲んでも飲み足りない 
 
そんな感覚になるのです。 
 
そんな経験をしてますから 
 
“人は目でも食べてる” 
 
って言葉を目にしたときに瞬時に納得できた訳です。 
 
まぁしかし厳密に言えば 
 
本来胃袋が判断すべき食料の摂取量 
 
これが視覚によって狂ってしまう 
 
って風にも言えますよね。 
 
また味覚も 
 
視覚によって騙される 
 
これも言えるんだろうと思います。 
 
小綺麗なお店で 
 
高い器に美しく盛り付けられた料理 
 
それを見ただけで美味しい物を食べた 
 
なんて風に感じるからSNSで投稿されまくるんでしょうが 
 
本来美味しいかどうかは 
 
その高い器無しで比較して初めて分る事です。 
 
私自身は 
 
前日の食べ残しを 
 
どんぶりにごちゃ混ぜにして食べる昼飯 
 
これが最高に美味しいと思っていますが 
 
そのドンブリに 
 
高級料理を入れても 
 
滅多に負けない 
 
そんな風に思います。 
 
まぁしかし私の味覚は少しおかしいのは自分でも分ってますから 
 
あくまで私に限った話しですが 
 
しかし料理と同じで 
 
物事を比較するには 
 
本当は同じ条件で比べなければ 
 
正確な答えはないはずです。 
 
特に人間を判断する時には 
 
その人の生まれた育った環境 
 
持って生まれた能力 
 
これを加味しないと 
 
正確な判断はできないはずです。 
 
私たちの仕事は 
 
人間の判断能力が欠かせませんので 
 
社員の皆さんは 
 
是非そんな事も考えながら 
 
間違いの無い人物判断 
 
意識して貰いたい物です。 
 
 
 


  いつも楽しく拝見しています。
ある実験で一流ホテルの美味しい
カレーライスを和式便器型の器に盛り付けて
出されると美味しくいただけない。みたいな
事をしていましたが、美味しいかどうかは
美味しくいただけるかどうか?とゆうこと
なんでしょうね。視覚で食べる、ごもっともです。聞き苦しい話ですいませんでした・・・。
みっつん ..4/13 11:53(金)

  >みっつんさん
面白い例えですよね。
便器に盛り付けると言うハンディーを与えられれば多分一流レストランでも私に負けますよね。
料理の中身は変わらないのに・・
はるぼ ..4/14 8:08(土)
>> 返信
 

 4月 11日 (水)
 なりふり構わない金儲けは軽蔑されるのが定め
毎日株価は見ていますが 
 
日本の株価は前日のニューヨーク市場に影響される事が多いですね。 
 
アメリカが下げれば翌日日本も下げるし 
 
アメリカが上げれば日本も上がる 
 
そんな風に展開する事が多いのです。 
 
で先週末 
 
アメリカの株価は暴落しました 
 
私は週明けの東京市場も暴落するだろう 
 
って思っていたら 
 
珍しく逆に反発しましたね。 
 
この日本の株価と米国の株価の関係 
 
これが新しい世界秩序を予期させる 
 
そんな風に私は感じました。 
 
アメリカの株価の暴落は 
 
中国との貿易戦争に突入しかけてるからです。 
 
トランプさんはアメリカ第一主義を掲げて 
 
自国の産業を保護するために関税をかける 
 
この動きに中国も報復する 
 
これを繰り返す事によって 
 
アメリカ経済は逆に大きくダメージを受ける 
 
これを投資家が判断した結果の暴落 
 
って思われる訳ですが 
 
皮肉な物ですよね。 
 
アメリカのためにやってる事が株の動きでは裏目に出ると思われてる訳です。 
 
以前にも書きましたが 
 
トランプさんは不動産屋ですから 
 
不動産屋特有の勘違いをしています。 
 
それは make America great again 
 
って言葉と 
 
America first 
 
この言葉が矛盾する事に気づいてないのです。 
 
トランプさんは 
 
アメリカ第一主義で 
 
パリ協定から撤退したり 
 
あるいはNaftaの再交渉 
 
またTPPへは参加しない 
 
って決めたり 
 
とにかく相手の事は構わず自国の利益だけを追求する 
 
そんな政策をどんどん進めています。 
 
そして今回の一方的な関税です。 
 
これでは拝金主義に走る不動産屋その物です。 
 
まあしかし拝金主義でもそれは人それぞれ 
 
勝手ですが 
 
この自分中心の生き方 
 
周りから尊敬される訳ありませんよね。 
 
むしろ軽蔑されるのです。 
 
ですから 
 
アメリカ第一主義と 
 
アメリカを再び偉大にする 
 
って言葉は矛盾する訳です。 
 
アメリカが世界から一目置かれてるのは 
 
自国の経済力軍事力を背景に 
 
世界を安全で豊にする 
 
この姿勢があるからです。 
 
それが 
 
もう他の国は関係ない 
 
自分たちの利益だけ考えよう 
 
って事を打ち出してながら偉大な国にする 
 
って言葉が口に出るのは 
 
金持ちイコール偉大 
 
そう勘違いしてるからです。 
 
私が不動産屋特有の勘違いだと言うのは 
 
この意識の人が不動産屋にはたくさんいるのです。 
 
お金は腐るほどあって 
 
高級車や何かをひけらかして 
 
自分は偉大 
 
って思い込んでますが 
 
実際には社員も含めて誰も偉大とは思いません。 
 
人から尊敬されるには 
 
その儲けたお金を 
 
恵まれない子供のためとか 
 
障害者福祉団体に寄付するとか 
 
そんな風に使う人 
 
これが尊敬されるのです。 
 
まぁだからと言って 
 
お金をたくさん儲けて 
 
豊かな生活をするのが悪いとは言いませんよ 
 
それはそれで立派です。 
 
ただ 
 
金儲けだけで人から尊敬される 
 
なんて勘違いは早めに取り除いた方が良いってだけの話しです。 
 
でトランプさん 
 
私が新しい世界秩序の空気を感じるのは 
 
具体的にトランプさんの自己中の動きで 
 
それまであまり上手く行って無かった国が 
 
お互いすり寄る動きが見えますよね 
 
今まで良い番長だったのに 
 
その番長の性格が悪くなったら 
 
子分達はお互いに結束して番長から離れていく 
 
そんな風に見ると動きが分かり易いかも知れません。 
 
尖閣以来悪化してた日中関係 
 
これにも動きが見られます。 
 
8年ぶりに日中経済対話が行われる 
 
なんてニュースも流れました。 
 
日本はアジアの共栄圏を標榜してアメリカとの戦争に突入した訳ですが 
 
コテンパンにやられて以来 
 
鬼畜と呼んだアメリカと鉄の同盟関係にあった訳ですが 
 
どうやらこの秩序も 
 
そろそろ時代の変化で変わる 
 
そんな風に感じるのです。 
 
日本の政治家の皆さん 
 
この動きに乗り遅れないようにして貰いたいものです。 
 
 
 

>> 返信
 

 4月 10日 (火)
 毒にまみれて生きる
若い頃 
 
仏教では人間の苦しみの根源は三毒にあると考える 
 
そんな話しを聞いて 
 
苦しみから解放されるためにそれを意識してた時期があります。 
 
つまり 
 
欲を抑え、怒りを抑え、無知にならないように学ぶ 
 
こんな事を実践してたのです。 
 
しかし今は私は宗教の教えをそのまま受け入れる事はありませんから 
 
その言葉も懐疑的に見ています。 
 
と言うより 
 
私たちの生きる意味は 
 
仏教の言う三毒に詰まってる 
 
そんな風にさえ思えるようになりました。 
 
大体それを唱えるお坊さん達 
 
見方によっては大嘘つきですよね。 
 
葬儀になると 
 
高額のお布施や戒名代を要求しますが 
 
そんな姿を見ると“貪”にまみれてる 
 
ってすぐに分りますよね。 
 
またお客様から聞いた話しですが 
 
あるお寺から両親の遺骨を公営墓地に移そうとしたら 
 
住職が怒り狂って 
 
“そんな事をするなら違約金を出せ” 
 
って言ったそうです。 
 
煩悩まみれですよね。 
 
つまり 
 
三毒を唱える人ですら 
 
この三毒から解放される事は無いのです。 
 
ですから思うのです。 
 
私たち人間はこの三毒が備わってるから人間なのでは? 
 
と 
 
また 
 
私のように散々欲と怒りが蔓延する不動産業界に長く居ると 
 
この三毒こそが 
 
人間を磨き 
 
成長させる 
 
この根源である事が分ります。 
 
私はこれまで 
 
宗教にハマッてる方達とたくさん接してきましたが 
 
ハッキリ言って私が人間的に魅力を感じる人はほとんどいませんでしたたね 
 
皆さん大変穏やかな表情をしていますが 
 
これ 
 
一人一人を見ればまぁ印象は悪くありませんが 
 
集団でその顔をされると本当に不気味です。 
 
つまり 
 
お経やなんかで学んで 
 
それで悟った気になっていますが 
 
人は実際には頭だけで考えて昇華できるなんて虫の良い考えです。 
 
まぁしかしだからと言って宗教を否定する訳ではありませんよ 
 
人は皆違う環境で生きています。 
 
肉体的にも生まれた環境にも大きく差があります 
 
理不尽に厳しい環境に生まれた人達が 
 
宗教にすがる気持 
 
私はよく分りますし 
 
そこには大きな意味があります。 
 
私が言いたいのは 
 
体も環境も恵まれてるのに 
 
現実逃避として宗教に走る 
 
そんな人達が一定割合でいるって事です。 
 
まぁしかし逃避するのも自由ですよね 
 
私が不快になるのは 
 
そんな生き方を選んでおきながら 
 
勝手に自分を高みに置いて話しをする人です。 
 
“不動産屋には分りませんよね” 
 
って捨て台詞を吐かれた事もあります。 
 
そんな中途半端な人達に言いたいのです 
 
私たちの仕事は 
 
三毒にまみれた世界でもがく 
 
そんな仕事です。 
 
大変辛く厳しい物ですが 
 
しかし 
 
この中で生きると言う事は 
 
激流の中で石が磨かれるのと同じで 
 
人間が大きく成長します。 
 
これは自分自身より 
 
社員達を見てると本当によく分ります。 
 
幼かった社員達 
 
本当に良く成長しました 
 
その高貴さは 
 
坊さんの比ではありません 
 
坊さんはお布施が高いと言っただけで 
 
不機嫌な顔をしますが 
 
不動産屋で値引交渉をしただけで 
 
不快感を表に出しては 
 
長く務まりません。 
 
別に三毒なんて改めて言われなくても 
 
この世界で生きると言う事は 
 
欲を抑え、怒りを抑え、そして学び続ける 
 
これが自然に身につくと言う事です。 
 
そんな訳で 
 
私は 
 
人間を磨くのは宗教に知識ではなく 
 
三毒の渦巻く俗世界で生きる事 
 
随分前からそう思ってますが 
 
最近は 
 
この三毒が人生の調味料 
 
または人生の喜びの本質 
 
そんな風にまで思えるようになりました。 
 
この話しは長くかかりますので 
 
またいずれ 
 
 
 


  親戚が田舎から自分の住んでいる所に墓を移そうとしたら、大もめ
私も、父の葬儀の時、お布施が少ないと、文句を言われました。私としては大金だったのですが。何処も同じですね。
たか ..4/11 6:36(水)

  >たかさん
お布施が少ないってトンでもないですよね。
最近のお布施は葬儀屋さんが請求してきますが驚くばかりです。
あんなに貰えるのであれば私も読経を練習したい 本気でそう思いました。
はるぼ ..4/12 19:32(木)
>> 返信
 

 4月 9日 (月)
 トラブルは宝の山
直近の一年間で契約した売買案件を見ると 
 
最高値は3億で最低は480万円です。 
 
で面白い事に 
 
どっちが大変だったかと言えば 
 
はるかに一番安い物件の方です。 
 
これはたまたまではなく 
 
不動産の全般の取引に見られる傾向です。 
 
賃貸でも高額物件はあまりトラブルになりませんが 
 
低額物件は良く殺すだのなんだのと大騒ぎに発展する事があります。 
 
この面白い現象 
 
ちゃんと理論的にも説明が付きます。 
 
売買の場合は高額物件は法人が契約対象になりますし 
 
個人であっても 
 
社会的に成功してる方が多いのです。 
 
社会的に成功するって事は 
 
能力も常識も備わってる事が多いので 
 
お互いある程度共通のルールの上での取引となりますので 
 
スムーズに取引が行われる訳です。 
 
 
ところが低額物件のお客様の中には 
 
認知能力が低下していたり 
 
あるいは人格に問題があって 
 
社会的に厳しい人生を歩んでる 
 
そんな人も多いので 
 
色んな事が起るのです。 
 
散々説明して署名捺印を終えても 
 
理解力は低下していても欲は深いので 
 
あとになっって 
 
“そんな話しは聞いてない” 
 
こんな話しからトラブルになります。 
 
賃貸の場合も同じで 
 
高額物件に入る人はそれなりの収入がある訳で 
 
勤め先がしっかりしていますので 
 
これもビジネスのルールが備わってる方が多いのですが 
 
低額物件は 
 
刑務所から出て来た人も居れば 
 
性格が悪く 
 
身内から縁を切られてる人もたくさんいます。 
 
最悪の精神を病んでる方もたくさんいます。 
 
そんな方の中には 
 
社会のルールより大声で恫喝 
 
そんな生き方を貫いてここまで来てる人もたくさんいますので 
 
少し注意しただけで 
 
“オモテに出ろバカヤロー” 
 
って事になります。 
 
そんな訳で 
 
高額物件の取引は楽で 
 
低額物件は苦しむ 
 
これが不動産取引の傾向として存在するのです。 
 
であれば 
 
高額物件ばかり扱えば不動産屋は楽して儲かる? 
 
まあそう考えがちですよね。 
 
ところが 
 
実際は全く逆です。 
 
当社の場合で言えば 
 
例えば今回一番の大きな取引だった3億の案件 
 
契約は大変スムーズに進みましたが 
 
これがどうしてまとまったかと言えば 
 
私たちが20年間もその物件にあった古いアパート 
 
その管理をしてきたからです。 
 
古いアパートって事は色んな底辺の入居者がいたって事です。 
 
その事に向き合ってきたから 
 
大きな成果が約束されるのです。 
 
賃貸でも同じです 
 
当社では高額物件の管理もやっていますが 
 
これらは全て 
 
新築の時から管理を受けています。 
 
そしてそれを新築する前には 
 
やはり古いアパートが建っていて 
 
その中にはたくさんのトラブルメーカーがいて 
 
そして長くその相手をして 
 
また建て替えの時期には 
 
その入居者の立ち退き 
 
これも全て無償でやって来たのです。 
 
ですから 
 
一見楽な取引のウラには 
 
測り知れない努力 
 
これが当社のパターンです。 
 
この原理は不動産の世界だけではありません 
 
私はあるオーケストラの方に知合いがいますが 
 
その方曰く 
 
“音楽家の方は良いですね好きな事で生活ができて” 
 
って言われるそうですが 
 
その言葉には本当に腹が立つそうです。 
 
その理由をゴルフクラブの 
 
元楽器メーカーの社長さんが語っていました。 
 
某国立の芸術学校の方は一日15時間も毎日楽器を演奏するそうです。 
 
大体爪が破れピアノであれば 
 
鍵盤に血がにじむそうです。 
 
そんな見えない努力があって 
 
そして華やかなステージがある訳です。 
 
当社もまさにその見えない努力の上に成り立ってる 
 
これは間違いのない事実です。 
 
ですから 
 
高額の取引があれば 
 
それはそれで満足感もありますが 
 
実際に私がワクワクするのは 
 
古いアパートの家主さんから 
 
入居者の問題で大変困っていて 
 
相談があった時です。 
 
お客様の問題を解決して 
 
初めて私たちの報酬がある 
 
この意識は 
 
創業以来全く私の中ではブレる事はありません。 
 

>> 返信
 

 4月 8日 (日)
 もっと寛容な世の中に・・・
 
舞鶴市の相撲巡業中 
 
挨拶した市長さんが土俵上で倒れ 
 
女性の看護師が土俵にかけ上がったら 
 
場内アナウンスで 
 
“女性の方は土俵から下りて下さい” 
 
って放送があったようですが 
 
確かに人命に関わる事態でそんな事を言ったとすれば不適切ではありますよね。 
 
ただ 
 
この話し 
 
放送をした若い行司さん 
 
これを皆さん責めすぎですよね。 
 
人命救助に向かった女性を土俵から下りるように放送したのは 
 
不適切と言えば不適切ですが 
 
しかしマスコミの皆さんが袋叩きにするほどの悪い事かと言えばそうでもありません。 
 
これは見方を変えれば 
 
行司さんの行動は称賛されてもおかしくない出来事なんです。 
 
って言うか 
 
多分昔であれば 
 
叩かれるのは人命救助だと言っても 
 
女人禁制の神聖な土俵に上がった女性だったでしょうね。 
 
それよりもまず 
 
いくら緊急事態であっても 
 
女性は土俵に上がる事はなかったと思います。 
 
なんせ行司さんは軍配を差し違えれば腹を切る 
 
その覚悟で短刀を脇に差してたそうですから 
 
今とは比べものにならない位に土俵に対する崇拝の念は強かったはずです。 
 
まぁ反論もあるかも知れませんが 
 
私はいずれにしても時代の変化で善悪が変わる時期に 
 
若い行司さんのミスを総掛かりで叩くマスコミ 
 
どこかおかしいと思いますね。 
 
実際にその行司さんは 
 
観客の男性が 
 
“女性を土俵に上げるな” 
 
って怒鳴ったからそんな放送したようですから 
 
観客の中には間違い無く 
 
緊急事態でも女性は土俵に上げるべきではない 
 
って考えてる人もいる訳です。 
 
そんな両方の考えが存在するのに 
 
一方的に悪者扱い 
 
どうも私は好きになれないのです。 
 
この話しを聞いて 
 
私は子供の頃のある出来事を思い出しました。 
 
近所でハブが出て 
 
子供達が棒で叩いて殺しかけたら 
 
近所のオバサンがやってきて 
 
大声で 
 
“早く前の池に捨てないと誰か噛まれてしまうよ” 
 
って言いました 
 
で 
 
私は慌ててそのハブを池に捨てたら 
 
そのハブは死んで無くて 
 
池を泳いで逃げて行きました 
 
で騒ぎを聞きつけて走ってやってきた近所のオジさんがそれを見て 
 
“バカヤロー池に入れたらハブは生き返るんだ” 
 
って血相を変えて怒鳴りました。 
 
で 
 
それを見ていた私に池にハブを捨てるように言ったオバさん 
 
とっとと知らんぷりして 
 
自分の家に戻ってしまいました。 
 
私は一方の大人の言う事を聞いただけなのに 
 
なんでこんなに叱られるのか? 
 
本当に悔しい思いでした 
 
だからこの歳でも忘れないのです。 
 
まぁしかしこれが人の世です。 
 
私たちは正しいとかなんとか言いますが 
 
実際にはそれを決めるのは 
 
理屈ではありません 
 
声の大きさです。 
 
今回の相撲の行司さんの件で言えば 
 
本当は女性が土俵に上がる方が悪い 
 
なんて思っていても 
 
誰もそれは口に出せなくなります。 
 
なんせマスコミ総掛かりですからね。 
 
だから 
 
こんな拙いブログですが 
 
勇気を出して 
 
あえて書いてるのです。 
 
マスコミが発達した今 
 
どうしても私たちは多数意見に流されがちですが 
 
実際には多数が正しいとか限りません 
 
と言うより 
 
世論なんてのは手のひら返しが日常茶飯事です。 
 
選挙が典型ですよね。 
 
日本で言えば 
 
私たち国民が圧倒的に支持した民主党 
 
もう支持どころか空中分解です。 
 
お隣の韓国も 
 
国民が熱狂した朴元大統領 
 
ほぼ無期懲役で全財産募集って判決ですが 
 
国民は喝采を浴びせる訳です。 
 
そんな人の世の移り変わりを見ると 
 
なるべく人の意見に惑わされずに 
 
自分の意見を持つ事 
 
これが大切だとつくづく思いますね。 
 
だから私は 
 
これからも 
 
会社経営もゴルフも 
 
徹底的に自己流 
 
これを貫くつもりです。 
 
 


  琉球大学の建学の理念は、「自由平等、寛容平和」だそうです。さすが米軍が設立しただけのことはあり、日本にはあまり(ほとんどあるいは全く)無いような「寛容」の理念が掲げられているのは素晴らしいと思います。
ちゅらさん ..4/8 21:47(日)

  >ちゅらさんさん
琉球大学の建学の理念に寛容があるとは知りませんでした。私は長年東京で暮らしていて沖縄の寛容さ
これが恋しくなることがよくあります。
都会では厳しく規則を守る事によって規律が守られる訳ですから不寛容に傾くのもやむ得ないのかとも思いますが少し疲れる事もあります。
はるぼ ..4/10 13:02(火)
>> 返信



<< 新しい日記へ    過去の日記へ >>



| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++