駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 9月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - - - -

9月 18日 (火) 企業の目的は利益を上げる事で....
9月 17日 (月) 孫ができたら乱暴な運転がとて....
9月 16日 (日) 二つの法に挟まれ苦しむのが人間
9月 15日 (土) 情報伝達のために生まれ 心を....
9月 14日 (金) マンガ喫茶は避難所?
9月 13日 (木) 大坂選手に教えられた偏狭な自分
9月 12日 (水) 組織が割れれば昨日の友も憎き敵


 

 9月 18日 (火)
 企業の目的は利益を上げる事ですよ社員の皆さん
私は良く知合いから不動産の仕事は大変でしょう? 
 
って聞かれます。 
 
大変と言えば大変ですが 
 
しかし私は大学卒業以来不動産の仕事以外はした事が無いので 
 
他の職業の事は良く分かりません 
 
分かりませんが 
 
私から見れば他の仕事の方が大変 
 
そんな風に見えます。 
 
例えば床屋さん 
 
私は若い頃から重い鼻炎を患っていますので 
 
鼻水を垂らしながらお客様のヒゲを剃る事になりますから 
 
誰も来なくなると思いますし 
 
食べ物屋さんであれば 
 
料理に鼻水を垂らしてしまう可能性もありますから 
 
トラブルが多発してしまいます。 
 
また製造業の皆さんも 
 
新しい製品の開発から始まって 
 
商品化して利益を生むまでは 
 
大変長い時間がかかる訳で 
 
その忍耐と勇気は 
 
とても私には備わっていない 
 
そんな風にいつも感じます。 
 
私達の身近では建築業がありますが 
 
これも私から見ればとてもやれない 
 
そんな世界です。 
 
お客様は相見積もりを取るのが当たり前ですから 
 
大変な労力をかけて図面やなんかを描いても 
 
それが徒労に終る確率は高いですし 
 
実際仕事を受けても 
 
たくさんの下請け業者を使って工事を依頼しますが 
 
その下請け業者にはいい加減な人間もたくさんいるでしょうし 
 
また施主からの入金が遅れても 
 
期限には下請けには支払わなければなりませんので 
 
資金繰りも大変だろうと察します。 
 
そうやって考えると 
 
実はどんな商売でも楽で儲かる 
 
なんてのは滅多にない訳で 
 
それを理解すれば 
 
私は不動産の仕事は別に大変では無い 
 
そう思っています。 
 
ただ不動産の仕事は 
 
明らかに他の業種とは違う 
 
そんな部分がたくさんありますので 
 
この仕事に向いてる人は限られる 
 
そんな風にも感じています。 
 
そしてその適性は 
 
不動産屋によって求められる物が違う 
 
これも間違いありません。 
 
資産家の経営する家族が支配する会社は 
 
その社員に求められるのは 
 
従順さと忍耐です。 
 
経営陣には逆らわずに 
 
ひたすら言われた事を忠実にやれば 
 
長く居られますが 
 
反抗すれば即針のムシロに座らされます 
 
そんな会社は 
 
一番の目的は経営者家族の資産を守る事ですから 
 
一般社会の常識を持ち込む事は 
 
逆に経営者の逆鱗を買う 
 
なんて事になります。 
 
感覚的には封建時代の殿様と家来です。 
 
また 
 
ひたすら売り上げに固執して 
 
社員を追い詰めて収益を上げる 
 
なんて会社もたくさんあります。 
 
社員の定着率は低くても 
 
業績はうなぎ上りとなります。 
 
こんな会社では 
 
体育会系の押しの強い人間が出世していきます。 
 
そんな感じで 
 
不動産屋は会社によって 
 
その求められる人材が違う 
 
そう言えるのかも知れません。 
 
当社も例外ではありません。 
 
私達が求める人材も 
 
他とは明らかに違います。 
 
他の会社では務まっても当社では務まらなかった 
 
なんて事もありましたし 
 
逆に当社では務まらなかったのに 
 
他の会社では頑張ってる 
 
そんな人もいます。 
 
では 
 
私はどんな人を求めるかと言えば 
 
基本的には真面目な人間です 
 
当社の社員は今真面目な人間ばかりです。 
 
ただ 
 
この真面目な男達 
 
欠点も抱えています。 
 
それは柔軟性に欠けるのです 
 
その欠けた部分 
 
これを補うのも私の仕事です。 
 
例えば 
 
私が指導しないと 
 
社員は全員ボランティアになります。 
 
つまり 
 
顧客から言われた事に 
 
真面目に応えようとしてる内に 
 
収益にならない仕事 
 
これに走って 
 
本来の業務から逸脱してしまうのです。 
 
具体的には 
 
以前一生懸命駐車場を探してる社員がいましたので 
 
何のために探してるのか? 
 
って尋ねたら 
 
お客様に頼まれたから 
 
って答えました 
 
で 
 
そのお客様はどんなお客様か? 
 
と更に尋ねたら 
 
3ヶ月ほど物件探しを手伝ったそうです 
 
手伝った結果どうなった聞いたら 
 
他の不動産屋でお部屋を借りたそうです 
 
で 
 
何でその他で契約になったお客様の駐車場を探してるのか? 
 
と尋ねたら 
 
そのお客様に頼まれたから 
 
って言いました。 
 
どうして部屋を借りた不動産屋に頼まないのか? 
 
って聞いたら 
 
その不動産屋は 
 
駐車場は仲介できない事が多いので 
 
自分で駐車場の看板を見て電話するように言われたそうです。 
 
だから 
 
当社の社員に頼んだ訳です。 
 
で 
 
社員は 
 
言われるまま 
 
お金にもならないのに 
 
一生懸命走り回って駐車場探しって訳です。 
 
まぁこの行為 
 
人間的に間違ってるかと言えばそうは言えませんよね 
 
但し 
 
会社は利益を目的としてる訳ですから 
 
収益の見込みの無い行動 
 
これはやってはいけない事です。 
 
これを私は指導するわけです。 
 
真面目さ故に 
 
こんな事まで言わなければならない 
 
当社ではこんな事が 
 
よく起こります。 
 

>> 返信
 

 9月 17日 (月)
 孫ができたら乱暴な運転がとても気になるようになりました
以前何度かブログに書きましたが 
 
バスの運転手の質が低下していて 
 
横断歩道を渡ってる歩行者のギリギリまで車を寄せて 
 
威圧するような運転手が増えてきましたが 
 
一度だけそれだけでは飽き足らずに 
 
窓を開けて歩行者をにらみつけてる人がいましたので 
 
あまりにも酷いと思い 
 
あまりやりたくは有りませんがバス会社に通報しました 
 
まぁしかし今の運転手不足でバス会社も何もしないだろう 
 
なんて思っていたら 
 
すぐに連絡が来て 
 
会社で状況を確認したそうです。 
 
で 
 
余りにも酷くて会社も愕然とした 
 
って話しでした。 
 
平謝りで 
 
指導を徹底する 
 
って書いてありました。 
 
まぁしかしそうは言っても多分お決まりのクレーマー対応 
 
そう思ってあまり期待はしていませんでしたが 
 
その後何度か連絡があり 
 
本当に危機感を持ってる事が伝わってきました。 
 
クレーマー扱い覚悟で通報したのに 
 
どうしてそこまでやるのか? 
 
理由が分かりました 
 
単なる電話の段階では伝わりませんでしたが 
 
彼等は動画を見たのです 
 
バスにはドライブレコーダーが設置してあって 
 
私のように時間と場所を伝えると 
 
その状況が動画で見れる訳です 
 
で 
 
これは酷すぎる 
 
って事になったようです。 
 
その後どうなったかと言うと 
 
明らかに運転手の皆さん以前とは変わりましたね 
 
悪質な威圧運転は無くなりました。 
 
言って見るもんだと思いましたね 
 
バスの運転は命に関わる事ですから 
 
私の孫もこの地域にいますので 
 
本当にあんなのが増えたら危ない 
 
そう思って通報したのですが 
 
これで一つでも事故が減れば 
 
大変意味があったと思っています。 
 
まぁそんな訳で 
 
私達の地域は問題が改善しましたが 
 
他の地域では悪質ドライバーはいると思いますので 
 
見かけたら是非時間と場所を伝えて 
 
通報した方が良いと思いますね。 
 
運転手不足だからと言って悪質ドライバーを放置する事は無い 
 
これが今回の事で良く分かりました。 
 
そんな訳でバスは良いとして 
 
もう一つ 
 
タクシーのドライバーも少しマナーが悪くなってきましたね。 
 
タクシーは昔は元々悪質なドライバーが多くて 
 
昔は私の地元の沖縄では 
 
タクシードライバー=アウトロー 
 
そんなイメージがありました。 
 
今では信じられない話しですが 
 
お客様を人気のない所に連れて行き 
 
金を奪う 
 
そんな事件も頻発しました。 
 
まぁ元々カゴを担いでた雲助 
 
って職業はそうだったようですから 
 
一時はカゴがタクシーに変わっただけ 
 
って事だったのかも知れません。 
 
その後 
 
この事が社会問題にもなり 
 
タクシー会社も運転手のマナーの教育に力を注いだために 
 
随分質は向上しましたよね。 
 
一時期当たり前のように語られてた乗車拒否 
 
って言葉も死語になりました。 
 
ただ 
 
この世界もまた最近は質の低下を感じる事が増えましたね 
 
私自身はタクシーに乗る事はあまりないので 
 
乗客への態度が悪くなってるかどうか分かりませんが 
 
最近見かけるのは 
 
住宅地で信じられない位に猛スピードで走ってく人や 
 
直進車がいるのに 
 
ギリギリで右折して行く人とか 
 
とにかく少し前まではあまり見られなかったシーンが起こるのです。 
 
どうして私がそこまで運転手の質の低下を感じるかと言うと 
 
当社の前が交差点になっていて 
 
毎日たくさんのバスとタクシーを長年見続けてきたからです 
 
だから 
 
普通の人が気づかない変化が見える訳です。 
 
先日も書きましたが 
 
企業はその足場を顧客から従業員へ移してるのは間違いありません 
 
その結果運転手の質の低下も甘受してる 
 
そんな風にも見えます。 
 
これは世の流れですから抗う事はできませんので 
 
この変化は社員側としては好ましい変化ですが 
 
消費者としてはサービスが悪化する 
 
これは意識するべきでしょうね。 
 
まぁしかし 
 
バスやタクシーは人の命がかかってますから 
 
こんな時代でも 
 
会社の方はナントカ頑張って運転手を指導してもらいたいものです。 
 
せっかくドライブレコーダーついてのであれば 
 
頑張ってチェックしてもらいたいものです 
 
そうすれば 
 
制限速度の倍で走ってる人がいるのも分かりますから 
 
社内に爆弾を抱えてる 
 
そんな気持にもなるはずです。 
 
まぁしかし人ごとでもありませんね。 
 
当社の社員も毎日外を走り回っています。 
 
皆さんくれぐれも安全運転に気を配って下さいね。 
 
小さな子供をみかけたら 
 
この子達の命を守るのは社会の義務 
 
そう思えば 
 
アクセルを踏んでる足も力が緩むはずです。 
 


  那覇で毎日車or原付を運転していますが、沖縄のバス、タクシーの運転手のマナーやモラルは20年前と比べると、琉球バスと那覇交通の経営破綻による、本土企業で、地元企業よりは経営や社員教育が優れていると思われる第一交通の進出による好影響、昨今のインバウンドがもたらす好景気で、以前は物凄かった客待ちタクシーも少なくなり、大分良くなったと思います。
今でも第一交通に買収されていない東〇バスの運転だけ荒くて残念な状況ですが。
東京や神奈川よりも沖縄のほうが優れている事象もあるのかと思いました。
ちゅらさん ..9/17 5:56(月)

  >ちゅらさんさん
沖縄のタクシー運転手のマナーが向上してるのは私も大変良く知っています。
もう15年くらい前ですが最終便で帰ったらユーマールが走ってなくて
タクシーに赤嶺駅までって伝えたら
言葉も発せずに120km位のスピードで連れて行かれました。多分遠方までの客を期待してたのでしょうが当時は東京ではぜったに見られないシーンなので本当に驚きました。
今は毎回快適に乗せてもらっています。
道中のウチナーグチでの会話
いつも盛上がりますので
沖縄のタクシーは大好きです
はるぼ ..9/17 8:29(月)

  那覇バスターミナルが10月に新装オープンするそうですが、北九州のタクシー会社である第一交通産業(株)の沖縄展開は不動産ビジネスを展開する貴社、貴方の視点、観点からすると成功すると思いますか?
ちゅらさん ..9/20 22:30(木)

  >ちゅらさん さん
まぁ私はその世界には全くの無知なので成功するかどうかは分かりません。ただ地元の会社に頑張って欲しいとは思っています。
はるぼ ..9/23 17:41(日)
>> 返信
 

 9月 16日 (日)
 二つの法に挟まれ苦しむのが人間
海外から色んなニュースが流れてきて 
 
私達日本にいては信じられない 
 
なんて話しも多いのですが 
 
おととい流れてきた 
 
ドイツのカトリックの聖職者による性的虐待のニュースは 
 
本当に驚きましたね。 
 
これまでもアメリカやヨーロッパやラテンアメリカから 
 
同じようなニュースはたくさん流れて来ましたが 
 
今回のドイツのケースはケタ違いですね。 
 
1946年から2014年までで 
 
加害者である聖職者は1670人 
 
被害を受けた人は3677人だそうです 
 
ドイツ司教協議会は 
 
がく然とし恥ずかしく思う 
 
なんてコメントを出してますが 
 
そんな生やさしい話しではありませんよね 
 
カトリックの存在意義が大きく揺らぐ 
 
私はそう思います。 
 
更に私達が理解出来ないのは 
 
世界で起こるカトリックのこの醜態 
 
共通点がありますよね。 
 
それは加害者は男性聖職者で 
 
被害者は未成年の男の子 
 
つまり 
 
カトリックの聖職者は 
 
同性愛者と小児性愛者だらけな訳です。 
 
宗教とはかけ離れた人達が宗教指導者? 
 
信じられませんが 
 
そんなイメージですよね。 
 
カトリックはこのまま存続できるんでしょうかね? 
 
まぁしかし私は宗教に詳しい訳ではありませんが 
 
こうなる理由も少し分かりますよね。 
 
宗教では聖職者は妻帯を許されない 
 
なんて事も多いですから 
 
元々は 
 
そのハケ口でそうなったのかも知れません。 
 
日本でも昔は坊さんは禁欲生活を強いられた訳ですから 
 
公にならないだけで似たような事はあったのかも知れませんね。 
 
いずれにしてもこの話しから学ぶ事は 
 
私達人間は動物と大きく違うのは 
 
生き物全般に備わってる子孫をつなぐための法と 
 
私達人間の社会を律する法 
 
この二つの間で苦しむ 
 
そんな生き方が運命づけられてる 
 
って事ですよね。 
 
辛い物ですね 
 
こんな風に考えると 
 
聖職者の皆さんも気の毒な気になりますが 
 
しかし実際にはそうではありませんね 
 
自らの性欲を抑えられないのであれば 
 
元々聖職者にならなければ良かった訳です。 
 
自らの社会的評価を高みに置かなければ 
 
本能に重点を置いた生き方もできる 
 
これが今の社会です。 
 
聖職者の皆さんが叩かれるのは 
 
その地位で社会的評価を得ながら 
 
一方で本能を抑制できない生活を送る 
 
このズルさが許されないのです。 
 
禁欲生活に自信が持てないのであれば 
 
元々そんな職業に就かなければ良いだけの話しです 
 
ですから同情の余地はありません。 
 
この話し 
 
カトリックの聖職者だけの話ではありませんよね。 
 
私達の日々の生活においても 
 
この本能が作る法と 
 
社会が作る法 
 
この二つに苦しめられる構造は一緒です。 
 
ですから 
 
自らの内面とよく向き合い 
 
それで職業を選択すべきです 
 
その選択が間違ってるから 
 
定年間際の校長先生が懲戒免職 
 
なんて悲惨な事になるのです 
 
社会的評価の低い職業であれば 
 
風俗通いも何にも問題がありませんから 
 
動物の本能が強ければ 
 
そんな道を歩むべきです。 
 
下ネタだけの話しではなく 
 
私達は自身の本質と違う生き方をするから苦しむのです 
 
自らの本質に忠実に生きれば 
 
人生も捨てたものでは無い 
 
そう思うはずです。 
 
また 
 
不動産の仕事は 
 
そんな人達とたくさん出会える世界でもあります。 
 
ボロアパートに住みながら 
 
夜になると女装してオカマバーでお仕事 
 
それはそれでとても輝いてますから 
 
立派な生き方 
 
私はそう思います。 
 
カトリックの聖職者の皆さん 
 
お参りするなら 
 
バチカンより新宿二丁目ですよ 
 
読んでますか? 
 


  私も新宿2丁目に行きたいし週一ぐらいで通いたいのですが、沖縄に住んでいるとどんなに安いLCCがあっても、仕事休んで連休を取ったり、成田空港に降りて都心に向かうのにも物凄く時間が掛かったり疲労感が凄くて、頻繁に通うのは無理で困っております。

これを解決するには沖縄を去り東京に移住するしかないと思っていますが、それにもいろいろ困難があり困っています。
ちゅらさん ..9/17 6:05(月)

  >ちゅらさんさん
今は東京も人手不足ですから移住するチャンスかも知れませんよ。アパートもたくさん余ってますし・・
はるぼ ..9/17 8:23(月)

  御社の営業エリアの町田や神奈川には決して住みたくなく、新宿区中野区限定で住まねば新宿二丁目にも毎日まともに通えないと思うのですが、その方面の物件も紹介してもらえますか?
ちゅらさん ..9/17 22:39(月)

  >ちゅらさんさん
その方面でも物件を探す事はできますが
賃貸の場合良い物件は地元の業者が抱えてる事も多いので一度はその地域の会社から当たった方が良いかも知れません
はるぼ ..9/18 9:04(火)
>> 返信
 

 9月 15日 (土)
 情報伝達のために生まれ 心を隠すために進化した
前歯の詰め物が取れたので歯医者に行くと 
 
先生がレントゲンを撮った後 
 
口の中をガリガリしながら 
 
“この歯はもう薄皮一枚ですから差し歯にします” 
 
って言いました。 
 
私は折れてから差し歯にしてください 
 
って言いたかったのですが 
 
なんせガリガリやられてますから 
 
声を発する事ができません。 
 
で 
 
そのまま言い出せずに 
 
結局不本意ながらも差し歯って事になりました。 
 
気が重いですね 
 
私は歯医者が苦手ですから 
 
詰め物だけ再度埋めてくれればと思ったので 
 
1回だけで済むと思ってましたが 
 
残念ながらこれからしばらく歯医者通いです。 
 
まぁ基本的には信頼してる先生ですからね 
 
多分それが正しいのでしょう 
 
そう思ってまた頑張って通います。 
 
私はそんな感じで頭の中では 
 
言いたい事が言い出せなかったり 
 
失望したりしてる訳ですが 
 
先生はそんな私の気持は分かりませんよね 
 
私が発した言葉は 
 
“有り難うございます” 
 
だけですからね。 
 
この言葉と人間の心 
 
私はこの仕事してから 
 
ずっと意識して居ます。 
 
そうすると面白い事に 
 
言葉は大きく二つの役割がある事が分かります。 
 
一つは客観的な情報の伝達です。 
 
例えば 
 
明日9時にお客様の所に訪問しますとか 
 
この物件は5000万円ですとか 
 
そんな感じです。 
 
これは間違った情報を伝えて失敗する事もあれば 
 
邪悪な人間はあえて事実と異なる事を伝えたりするような例外もありますが 
 
基本的にはその事実に基づいて発しますので 
 
大半は真実 
 
そう行って良いと思います。 
 
やっかいなのは 
 
言葉の持つもう一つの役割です。 
 
それは 
 
自分の心を伝える 
 
そんな役目を言葉が担ってるのです 
 
これがやっかいだと言うのは 
 
これは極論すれば 
 
ほとんどが真実ではありません。 
 
もちろん自分の気持を正直に発する事もありますが 
 
自分の気持を語る時には 
 
人間は本当の気持より 
 
人間関係を円滑に維持するとか 
 
あるいは自分の人格を良く見せたいとか 
 
そんな気持が優先しますから 
 
本心は後回しになるのです。 
 
具体的には 
 
あまり美しく無い女性に 
 
それをストレートに言ってしまえば 
 
人間関係はブチ壊れ 
 
相手を傷付けて 
 
自分の人格は地に落ちます 
 
ですから 
 
普通は本心とは真逆の言葉が口から出てくる訳です。 
 
不動産の世界では 
 
これを理解するのとしないのでは 
 
その成果が大きく違って来ます。 
 
お客様を案内して 
 
帰り際に 
 
“大変良い物件で気に入りましたので帰って検討します” 
 
なんて舞い上がってたのが若い頃の私です。 
 
で楽しみに電話を待ってると 
 
ウンもスンもなく 
 
しばらくして電話を入れると 
 
“もう他の物件に決めました” 
 
なんて言われて 
 
天国から地獄 
 
何度も何度も経験しました 
 
経験して分かった訳です 
 
人は基本的に自分の心を偽る生き物だと 
 
それが分かれば 
 
お客様の言葉をそのまま受け止める事はありません。 
 
私は 
 
お客様が 
 
“検討して電話をします。” 
 
なんて言って帰った後 
 
必死に別の物件を探して 
 
そのままお客様の家に届けた事があります。 
 
で 
 
まだお客様は自宅に戻ってませんでしたので 
 
しばらく待ってると 
 
やがて戻って来ました 
 
私の姿を見て 
 
お客様は少し驚きましたが 
 
私が更に良い物件を見つけた 
 
と伝えると 
 
そのまままた物件を見に行きました。 
 
で 
 
その物件で目出度く成約になった訳ですが 
 
後でそのお客様が語ったのは 
 
最初に私の会社から戻った後 
 
他の不動産屋に行き 
 
良い物件がありましたので 
 
申し込んで来た所だったそうです。 
 
で 
 
私が後で持って行った物件は更に良かったので 
 
そっちをキャンセルしてもらった訳です。 
 
あの時 
 
私がお客様の言葉をそのまま受け止めていれば 
 
まとまらなかった話しです。 
 
こんな話しはゴソゴソありますが 
 
私自身は 
 
お客様の言葉を信じない 
 
そういう風になってから 
 
成績は伸びたのです 
 
人の言葉を信じないなんて 
 
あまり褒められた話しではありませんが 
 
残念ながら 
 
この仕事では 
 
自然とそうなるのです。 
 
なんせ 
 
腐るほどお客様の言葉に振回されますからね 
 
誰でも学習できます。 
 


  ハウスショップさんは違うのでしょうが、お客の方も不動産屋が嘘ばかり言うからそうなったのかもしれませんね。どういう状況だったのかわかりませんので何とも言えませんが。基本、日本の不動産売買のしくみは、業者の利益をおもんぱかっているものだと感じます。
お客 ..9/14 21:26(金)

  >お客さん
そのお話残念ながら否定できませんね。
特に昔は病的な虚言癖を持った人達がウジャウジャいました。
ただし今はこの業界も随分改善してましたが
なんせ昔が昔ですから社会的な評価が上がるにはまだ時間がかかります。
はるぼ ..9/15 8:09(土)
>> 返信
 

 9月 14日 (金)
 マンガ喫茶は避難所?
テレビの万引きGメンみたいな番組を見ると 
 
この日本でも泥棒だらけ 
 
だってのが良く分かりますよね。 
 
万引きで潰れる店もあるそうですから 
 
小売店の商売の成否は万引き対策にもかかってる訳です。 
 
その他にも振り込め詐欺の被害額を見ると 
 
私達人間は元々犯罪者 
 
そんな絶望感も湧いてきますよね。 
 
まぁ動物の仲間ですからね 
 
おそらくそんな本能は誰でも植え込まれてるでしょう。 
 
動物は人間が作った作物を食い荒らしますが 
 
もともと自分の物と他の人の物 
 
これの区別はつかない訳ですからね。 
 
人間は社会生活を営むようになって 
 
初めて所有の意識が根付いたでしょうから 
 
進化の過程では極めて新しい概念 
 
そんな風にも言える訳で 
 
まだまだ動物の本能が強く 
 
他人の所有物と自分の所有物の境界があいまい 
 
そんな人がたくさんいても不思議ではありませんよね。 
 
ですから 
 
スーパーやコンビニに限らず 
 
私達人間はこの動物の本能に支配された人間からの被害防止 
 
これは欠かせない訳です。 
 
私達の仕事は万引きに遭う事はありませんが 
 
万引き犯と同じように人間のルールーを守る意識が欠如した 
 
そんな人がたくさんいますので 
 
その被害から身を守る 
 
これはやはりこの仕事では欠かせない事になります。 
 
具体的には 
 
家を借りてもその対価である家賃を払う意識が欠如してる 
 
そんな人がたくさんいるのです。 
 
最近は保証会社が出来たのと 
 
社員が育って対応できるようになりましたので 
 
私の出番はほとんど無くなりましたが 
 
創業当時は 
 
この滞納者との対峙で私は随分時間とエネルギーを消費しました。 
 
この悪質な滞納者 
 
この中には 
 
むしろ滞納して不動産屋を翻弄する 
 
これを楽しみに生きてる 
 
そんな風に思える人もいましたね。 
 
普通の人からすれば考えられませんが 
 
見た目は善良に見えても 
 
内面は動物と変わらない 
 
そんな人間の本当の姿を垣間見る事ができるのも 
 
この仕事の面白い所です。 
 
まぁしかし面白いからと言ってそんな人を肯定する事はありませんが 
 
いずれにしてもビジネスはこの社会秩序を守る意識が欠如した人からの被害を防止する 
 
これは欠かせない訳ですが 
 
その意味では今不動産賃貸業は随分楽になりました 
 
先ほど言った通り 
 
保証会社がありますから 
 
私達が悪質な滞納者に対峙する事はほとんどありません 
 
しかしこんな時代になると悪質な人間は困るでしょうね。 
 
昔であれば不動産屋を何軒も回れば 
 
どこか貸してくれるところがあったんでしょうが 
 
今は保証会社の審査に落ちたとなれば 
 
中々貸す業者はませんからね 
 
そんな人はどうするんでしょうね? 
 
ホームレスになるんでしょうかね? 
 
面白い事に今の時代はそんな人の受け皿もあるようですね 
 
マンガ喫茶とかカラオケボックス 
 
これが緊急避難先になるようです。 
 
まぁしかしマンガ喫茶を転々とする暮らし 
 
キツいでしょうね。 
 
しかし良く考えて貰いたいですね 
 
この住宅が有り余ってる時代に 
 
部屋を貸して貰えない自分 
 
見つめ直して反省してもらいたいものです。 
 
反省できる位ならこんな事にはなってないのかも知れませんが 
 
いずれにしても自ら招いた苦境 
 
これから脱するためには 
 
不動産屋で大声を出してもどうにもなりません 
 
逆にそうすればますます相手にされなくなります。 
 
そんな人がこのブログを読んでるとも思えませんが 
 
社会のルールを守れないって事は 
 
必ず厳しい人生とのセットですから 
 
大体悲惨な事になりますので 
 
そうなる前に自己改革 
 
是非お勧めします。 
 

>> 返信
 

 9月 13日 (木)
 大坂選手に教えられた偏狭な自分
大坂なおみが全米女子オープンで優勝 
 
大きなニュースでしたね。 
 
日本人初の快挙 
 
なんて言ってマスコミはどこも大きく報じていました。 
 
ただ 
 
この報道は手放しでは喜べない 
 
そんな日本人が多いのでは無いでしょうかね? 
 
なんせ大坂選手肉体的にはお父さんの遺伝子が大きく占めていますし 
 
言葉も日本語はまだ良く話せませんよね。 
 
日本人の感覚的には外人ではないかと思います。 
 
私が唯一日本人だと感じるのは目ですね。 
 
一重まぶたでとても親しみを感じます。 
 
まぁだからと言って優勝に水を差す気はありません。 
 
今日語りたいのは 
 
私達日本人の国家感が 
 
世界的に見ると特殊だって事です。 
 
単一民族国家と言うと 
 
最近はそうではないアイヌがいるから 
 
なんて言う方もいますから 
 
その言葉は使えませんが 
 
地理的に海に囲まれて 
 
日本人の遺伝子が大半を占める 
 
しかもGDPで世界第三位 
 
これは本当に希有な国ですよね。 
 
ですから 
 
私達の国家感は独自の物に仕上がってるのです。 
 
それを強く感じたのは 
 
セリーナと大坂が並んだ表彰式のシーンでしたね 
 
すざましいブーイングで大坂選手は涙を流していました 
 
つまり 
 
遺伝子で見れば 
 
大坂選手はセリーナに近いのに 
 
アメリカ国民にとっては 
 
大坂選手は日本人ですから 
 
ブーイングを浴びせてるのです。 
 
このシーンを見て 
 
日本以外の国では 
 
その国家感に遺伝子の占める割合は極めて少ない 
 
そんな事を強く感じたのです。 
 
アメリカでも白人至上主義者はいるようで 
 
先月もワシントンでデモがあったようですが 
 
参加者はたった20人で 
 
それに反対する人達が数千人集まったって事ですから 
 
白人至上主義者は警官に守られながら命からがらって感じだったようです。 
 
この話しからも 
 
アメリカでは国家感に民族の出る余地はほとんど無いって感じます。 
 
そんな訳で 
 
私達日本と世界の国家感は大きく乖離してる訳ですが 
 
最近の情報通信技術と交通手段の発達は 
 
否応なしに日本人の国家感のグローバル化は避けられない 
 
って事になりますよね。 
 
この変化を肌で感じる事ができるのも私達の仕事です。 
 
20年ほど前は 
 
当社の大家さんでも 
 
外国人だと言うだけで門前払い 
 
って人達がたくさんいましたが 
 
今はそんな人はごく僅かです。 
 
また 
 
日本人のお母さんが部屋探しに来るときに 
 
傍らには色の黒い子供が立ってる 
 
なんてシーンも珍しく無くなりましたし 
 
近くの小学校や中学校でも 
 
制服を着た白人や黒人を良く目にするようになりました。 
 
ですから 
 
私の深層心理にもある日本人の国家感は 
 
早めに修正しないと 
 
自分自身が世の中から取り残されてしまう 
 
そんな風に感じています 
 
その意味では 
 
今回の大坂選手の優勝 
 
意識して喜びたいと思います。 
 
日本人一人一人が 
 
特殊な国故に持ってる偏狭な気持を取り去り 
 
器の大きな人間が増えれば 
 
たくさんの優秀な人が世界から集まり 
 
とても良い国になるはずです。 
 
好むと好まざる所に限らず 
 
行き着くのはそんな国家 
 
それを強く感じさせてくれたのが 
 
今回の全米オープン女子テニスでした。 
 
大坂選手 
 
本当におめでとうございます。 
 

>> 返信
 

 9月 12日 (水)
 組織が割れれば昨日の友も憎き敵
オリンピックが近づいてきましたが 
 
私の周りではその事に対する期待より 
 
その後の経済的な反動 
 
これを心配する人が多いですね。 
 
まぁ先の事はわかりませんが 
 
経済が大きく停滞する可能性はありますよね。 
 
ですからその心配は当然とも言えますが 
 
しかし先の事を心配してオリンピックを楽しまないってのは愚かですよね。 
 
私達の年齢になればオリンピックの後まで生きてるとは限りませんから 
 
私自身は思いきり楽しみたい 
 
そう思っています。 
 
ただ人気の競技はバカ高い入場料になりそうですし 
 
そもそもチケットが手に入らない事もありますから 
 
多分人気の無い競技を見て回る 
 
そんな事になりそうです。 
 
ソウルオリンピックの時には当時公開競技だった野球を見に行きましたが 
 
ガラガラでしたね 
 
日本人もほとんど居ませんでした 
 
ですから後になって見れば大変な経験でしたが 
 
野茂だとか古田 
 
あるいは野村謙二郎 
 
なんて人達が目の前にいて 
 
声かけると 
 
有り難うございます 
 
って返してくる 
 
そんな感じでした 
 
その後あれほどプロ野球で活躍するとは思いませんでしたから 
 
野茂が大リーグで活躍し始めたら 
 
サインを貰っておけば良かった 
 
って本当に後悔したものです。 
 
そんな訳でオリンピックにつてあれこれ考えていますが 
 
見たい物に体操競技がありますね。 
 
理由は 
 
数あるオリンピック競技の中でも体操は特別 
 
そう思ってるからです。 
 
体操以外の種目 
 
例えば100M走だとか 
 
あるいは水泳とか 
 
とにかく他の競技は私もその気になれば出来るんです 
 
ところが体操だけは 
 
いくら頑張っても私はもうけ上がりすら出来ません 
 
つまり私にとっては 
 
体操選手は同じ人間だとは思えないのです。 
 
ですから異次元の競技って事になり 
 
大変興味があるのです。 
 
体操は限られた才能のある人達だけの世界 
 
私の感覚はそんな感じです。 
 
だからでしょうかね? 
 
今回の体操界のゴタゴタ 
 
面白いですよね。 
 
日本中が大騒ぎしてる割りには 
 
登場人物はごく限られてますね。 
 
問題の発端の宮川さんと速見コーチを除けば 
 
全員オリンピックのメダルリストです。 
 
協会で対立してる具志堅と塚原夫妻 
 
それとマスコミで塚原夫妻を攻撃してる森末と池谷 
 
一時皆さん日本中を沸かせたヒーローですよね 
 
日本中を沸かせた人はそんなに居ませんから 
 
本当に限られた人達の争いって訳です。 
 
皆さん最近はお互いの非難をしてますから 
 
残念ながらメダリストと言えども実は私達と大して変わらない 
 
これも伝わって来ます。 
 
で限られた人の世界の体操 
 
更に突っ込んで行くと 
 
皆さん日体大の出身なんですね。 
 
ここまで知ると 
 
もうこのゴタゴタに振回されるのがバカバカしくなりますよね。 
 
私自身は好きにせい 
 
って風に今は思っています。 
 
ただ 
 
どうしてこの日体大出身のメダリストがここまで争うかと言えば 
 
塚原夫妻が新しい体操クラブと作って対立したから 
 
ってのが根底にあるようです。 
 
ヤクザの世界でも昔から組が割れたら殺し合いになりますよね 
 
私が若い頃は一和会と山口組の抗争 
 
凄かったですからね 
 
あっちこっちの組事務所の前に機動隊が配置されてました。 
 
この組織を出て新しい組織を作り 
 
それが元の組織の存在を脅かす 
 
これはビジネスの世界でも普通に起こりますよね 
 
私も昔勤めてて独立した訳ですから 
 
元の会社の人達は私とは一切口も利きません 
 
ですから裏切り者扱いですが 
 
しかし私からすれば3人も小さな子供を抱えて出るだけの理由があった訳で 
 
それを反省せずに恨まれても筋違い 
 
それが本心です。 
 
まぁこの話しはこの位にしますが 
 
いずれにしても 
 
組織である以上は 
 
どんな組織でもそれに馴染まない人がいる訳で 
 
そこから出て行く人がいるのは止む得ない事です 
 
そして 
 
その出て言った人達が 
 
自分の存在を脅かす事になったとしたら 
 
相手を憎むのは情けない 
 
私はそう思っています。 
 
当社でも辞めた社員がいますが 
 
私自身は 
 
ただただ申し訳無い 
 
そんな気持です。 
 
私がもう少し早めに本人達と深くコミュニケーションを取っていれば 
 
こんな事にはならなかった 
 
そんな考えがある訳です。 
 
ですから 
 
新しい会社で上手くやってる 
 
って話しを聞けば 
 
私の罪悪感が和らぐのです。 
 
組織が割れて 
 
割れた組織に自らの存在が脅かされるのであれば 
 
悪いのはこっち 
 
私はそんな考えです。 
 
今回の体操協会のゴタゴタも 
 
早く関係者の皆さんスポーツマンに戻り 
 
もう中傷合戦は止めて 
 
私をオリンピックで楽しませて欲しい 
 
願うのはそれだけです。 
 

>> 返信



<< 新しい日記へ    過去の日記へ >>



| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++