駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 10月
 日 月 火 水 木 金 土
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - -

10月 31日 (火) ウソは人間関係の潤滑油
10月 30日 (月) ビジネスは妥協
10月 29日 (日) 建前が支配する日本の社会の危....
10月 28日 (土) 最近心の健康を保つために意識....
10月 27日 (金) 人間の社会は壁だらけ
10月 26日 (木) 踏んだり蹴ったり
10月 25日 (水) 苦しみは悟り
10月 24日 (火) 押し寄せる法律との戦い
10月 23日 (月) 顧客の認知能力の低下に苦しむ....
10月 22日 (日) カメムシ


 

 10月 14日 (土)
 一旦リセットされた記憶はもう取り去れない
先日ゴルフ倶楽部にいくと 
 
いきなり 
 
“あっ川端さんこんなところで何してる?” 
 
って親しげに話しかけて来た人がいます。 
 
親しげですが私はその方が誰だか分かりません。 
 
で 
 
勇気を振り絞り 
 
“失礼ですがどちら様だったでしょうか?” 
 
って尋ねると 
 
“えっオレの事忘れたの? 最近話したばかりだよね?” 
 
一瞬私は若年認知症になったのかと思いましたね。 
 
最近話した人を忘れてる 
 
自分でも驚きました 
 
でもこのままではいけないので 
 
“申し訳ありません。どちら様でしたか?” 
 
“○○○○の△△です。” 
 
“え〜っびっくり あなたが△△さんですか? 髪の毛が無いから別人になりましたね。” 
 
“久しぶりに会ったのに失礼な・・” 
 
まぁタネ証はこうです。 
 
この方私達の地域では一番大きな不動産屋の社長さんです。 
 
この方が最近私と話したと言うのは電話で話したって事です。 
 
電話ではたまに会話してますから 
 
お互いそんなに長く会ってない感じはしませんが 
 
記憶を呼び起こすと 
 
私が最後に会ったのは 
 
私が会社を立ち上げると言う事で 
 
お祝と励ましの宴を開いてくれた 
 
これが最後です。 
 
つまり私が34歳の時です。 
 
大変お世話になった方ですから 
 
私は日頃からその社長の縄張りは荒らさないように社員には指示しています。 
 
髪の毛の話しは失礼? 
 
まぁそう聞こえるかも知れませんが 
 
それだけ気心が知れてるって事です。 
 
お互い気心は知れてますが 
 
しかし相手は大社長さんですから 
 
30年近くもお会いする機会は無かった 
 
これにも改めて驚きますよね。 

まぁしかしこれからはお互い倶楽部のメンバー同志 
 
又会う機会は増えると思います。 
 
しかし私は久しぶりに会って 
 
相手の外見があまりにも変化していて一瞬分からなかったのですが 
 
人間の脳は不思議ですよね 
 
瞬時に修正作業が行われて 
 
記憶が上書きされます。 
 
つまり再会した段階で外見がアップデートされるって訳です。 
 
これは私が昨年中学の同窓会で強く感じました。 
 
同窓会会場に行くと 
 
一瞬おじいちゃんおばあちゃんだらけで 
 
場所を間違えたか? 
 
なんて思ってしまいますが 
 
名前を確認すると 
 
すぐに記憶の書き換えが行われ 
 
そのおじいちゃんおばあちゃんが 
 
中学の時の記憶と一致します。 
 
ですから 
 
こいつは悪いやつだっとか 
 
この子は可愛い子だったとか 
 
そんな思いがよみがえり 
 
その延長で会話が進みます。 
 
この記憶の起こす現象 
 
良い面と悪い面がありますよね。 
 
昔の親しかった仲間と打ち解けるには大変有難いのですが 
 
人によっては 
 
この外見の記憶のリセットが 
 
昔の悪い記憶をよみがえらせ 
 
結果苦しむ事になる 
 
こんなケースもあります。 
 
以前知り合いの女性に部屋探しを頼まれた事がありますが 
 
理由は同居してる娘の精神状態がおかしくなったって話しでした。 
 
この話し 
 
詳しく書けば大変面白いのですが 
 
残念ながらそれは出来ません 
 
理由はお察し下さい。 
 
ただ 
 
この娘さんの精神状態がおかしくなった理由 
 
これがまさに記憶のリセットだった訳です。 
 
小さい時に自分を捨てて出て言った虐待お母さん 
 
年老いて頼ってきたときには 
 
全てを許して受け入れた訳ですが 
 
一緒に暮らすようになると 
 
子供時代に自分を苦しめた母親が目の前にまた現われた訳です。 
 
結果 
 
暴力沙汰って訳です。 
 
そんな訳で 
 
人間の中には 
 
先の事は知った事では無い 
 
って好き勝手をする生き方に走る人がたくさんいますが 
 
いくら時間が過ぎても 
 
人の記憶はゾンビのように行き返り 
 
結果それが大きな苦しみをもたらす 
 
そんな事も多い訳です。 
 
人は 
 
小学生の時にいじめられた事も 
 
相手が目の前に現われれば 
 
還暦同窓会でもいやな気分になる 
 
これが人間です。 
 
ですから 
 
できれば子供の内から 
 
人に恨みを買うような生き方はしてはいけない。 
 
私は自分の子供にはそれを散々言って来ました。 
 


  外国で、路面電車の前を男が横切ろうとしました。ところが運転士はスピードを上げて、男をはねて死なせてしまいます。運転士はなぜスピードを上げたか自分でも分からないと言います。ユングという精神医学者が依頼されて様々な分析をした結果、「はねられた男が、運転士が子供の頃に、彼をしばしば殴っていた父親に似ていた」ということが分かりました。心の奥底にしまわれていた父親への憎しみが、とっさの瞬間に(顔の似ていた他人に対して)噴出したのでしょう。怖い話だと思いました。
江戸川 ..10/14 10:57(土)

  私もゴルフのロッカールームで着替え中に挨拶をされて、んーん?誰って?思ったことがあります。頭髪が真っ白に変わっており、少し痩せていたので分からなかったのですが、声は変わってなかったので分かりました。
たか ..10/14 15:12(土)

  >江戸川さん
その話し大変面白いですね。
私達は潜在意識レベルでも過去の記憶の影響を大きく受けてるって訳ですね。

>たかさん
特に頭の変化は印象が大きく変わりますね。
植毛業界やかつら業界が
テレビコマーシャルをガンガン流すほど儲かってるのも理解できます。
はるぼ ..10/15 8:01(日)
>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++