駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 10月
 日 月 火 水 木 金 土
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - -

10月 31日 (火) ウソは人間関係の潤滑油
10月 30日 (月) ビジネスは妥協
10月 29日 (日) 建前が支配する日本の社会の危....
10月 28日 (土) 最近心の健康を保つために意識....
10月 27日 (金) 人間の社会は壁だらけ
10月 26日 (木) 踏んだり蹴ったり
10月 25日 (水) 苦しみは悟り
10月 24日 (火) 押し寄せる法律との戦い
10月 23日 (月) 顧客の認知能力の低下に苦しむ....
10月 22日 (日) カメムシ


 

 10月 17日 (火)
 選挙は自分の立ち位置を確認する良い機会
選挙のたびにNHKでは政見放送が流れますが 
 
これ一応見ますが飽き飽きしますね 
 
と言うより嫌悪感が湧いてきます。 
 
大体似たような飾り立てた言葉が並びます 
 
皆さんの生活を守りますとか 
 
安心安全な社会をとか 
 
少子高齢化社会に対してどうこう 
 
そんなたぐいの話しです。 
 
その中でも不快に感じるのは 
 
子供達の将来のためとかなんとか 
 
自分の政治目的に子供をやたら利用する人ですね。 
 
本当にそんなに子供達の将来を思うのであれば 
 
口に出す前に行動しなさい 
 
っていつも思います。 
 
まぁしかしこんな政治の文句ばかり言ってても 
 
逆に自分自身の価値を下げますからこの位にしましょう。 
 
今回の政見放送 
 
それぞれの政党が作った動画をそのまま流してますが 
 
最初の党首の話 
 
これは興味深く聞いています。 
 
安部首相は 
 
真っ先に北朝鮮って言葉が出てきましたね。 
 
この言葉を聞いた瞬間 
 
危機感を煽って選挙に勝つ 
 
そんな戦略が見て取れました。 
 
で 
 
面白いのは 
 
立憲民主党の枝野さんの話しですね。 
 
“右だの左だのイデオロギーの話しではないんです。 
 
21世紀の対立軸は上か草の根かなんです。“ 
 
って語ってました。 
 
しかしこの枝野さん 
 
明らかに勘違いですね。 
 
この観点間違ってはいませんが 
 
何もこれは21世紀の話しではありません。 
 
私達が若い頃から 
 
政治思想の対立はイデオロギーのように見えて 
 
実際は経済格差の問題だったのです。 
 
大学で左翼運動に励んでる人達は 
 
大体苦学生でしたし 
 
また私達の地域は団地がたくさんありますが 
 
その団地を基盤にして革新勢力が強かった訳です。 
 
逆に私達は地主さんをたくさん知っていますが 
 
この方達のほとんどが自民党支持者です。 
 
市会議員クラスでは 
 
地主の金持ちの子供が自民党で出てきます。 
 
私自身は学生の頃は貧しいのにノンポリでしたから 
 
金持ちの仲間にも入れず 
 
貧しい人達の仲間にもなれずに浮いた存在でした。 
 
どうして私が貧しい人の仲間にならなかったかと言うと 
 
政治に文句ばかり言ってるのが格好悪かったからです。 
 
貧しくても日本の社会では努力と実力で這い上がる事ができます。 
 
私はそれを目指してた訳です。 
 
ですから 
 
今でも体が健康であるにもかかわらず 
 
自分の責任は棚にあげて 
 
世の中が悪いから家賃を払えない 
 
なんて人達を見ると 
 
どうしても同情する気持にはなれないのです。 
 
まぁしかしそうは言っても 
 
今の時代の若い人達は大変です。 
 
私の息子も子育てに励んでますが 
 
時々自分たちではどうにもならなくて 
 
私に出動依頼が来ます。 
 
そんな時は 
 
私は 
 
早めに孫を風呂に入れてまた会社に戻ったり 
 
たまには会社で膝の上に孫を乗せてパソコンを叩いたりします。 
 
そんな経験をしてるから思うのです。 
 
私達のように支えられる環境にあれば良いのですが 
 
そうでない人達は大変だろうな? 
 
って 
 
だから思う訳です。 
 
少子高齢化問題は 
 
この子育て世代の支援 
 
これを充実することが一番だと・・ 
 
5千億円とか6千億円では少なすぎますよね。 
 
防衛予算に5兆円も使いますが 
 
一番の防衛は 
 
国民を増やして国力を付けることですからね。 
 
立派な戦闘機を買っても 
 
それを操縦する若い人がいなくなれば意味がありません。 
 
私自身は 
 
そんな事も考えながら投票するつもりです。 
 
考えて投票しても結果は変わりませんが 
 
選挙の時には 
 
自分の立ち位置も確認する 
 
良い機会なんです。 
 


  少子高齢社会で日本の人口が減り国力が衰えるので移民を受け入れて国力を維持しようと煽る一部政治家・経団連の連中がいますが、それと引き換えに、治安の悪化や社会保障のただ乗りなど明らかに負の要素が大きいように思います。いまの欧州各国を見ていると収集がつかない状況です。今回の選挙の争点の1つとして取り上げてもらいたいものです。
なる ..10/17 8:55(火)

  >なるさん
移民問題はこれから語られるでしょうね。
ただ私は移民問題と欧州あるいはアメリカの治安悪化と日本をリンクさせるのは間違いだと思います。 欧州では移民ではなく大量の難民を受け入れてる訳ですし元々その国には害になるのを承知で人道上の見地から大量に受け入れてる訳でです。 日本の場合は日本の労働力不足を補うという日本の都合で移民を受け入れるかどうかって話しですから。大変な社会的負担を追いながら難民を受け入れてる国には同列に扱うこと自体が失礼 私はそんな感覚です。
はるぼ ..10/17 10:47(火)
>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++