駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 10月
 日 月 火 水 木 金 土
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - -

10月 31日 (火) ウソは人間関係の潤滑油
10月 30日 (月) ビジネスは妥協
10月 29日 (日) 建前が支配する日本の社会の危....
10月 28日 (土) 最近心の健康を保つために意識....
10月 27日 (金) 人間の社会は壁だらけ
10月 26日 (木) 踏んだり蹴ったり
10月 25日 (水) 苦しみは悟り
10月 24日 (火) 押し寄せる法律との戦い
10月 23日 (月) 顧客の認知能力の低下に苦しむ....
10月 22日 (日) カメムシ


 

 10月 20日 (金)
 ドタキャンの真の原因はお年寄りの現状維持欲求
売買の決済が終ると 
 
買主に対して 
 
“おめでとう御座います” 
 
って言葉を投げかける不動産屋 
 
多くなりましたね。 
 
もしかしたら会社で指示してるのかも知れません。 
 
この言葉を発するのは礼儀 
 
そんな風にも思えますが 
 
どうも私はその言葉が自然に口から出ません。 
 
理由は長年この仕事をして 
 
不動産の契約=めでたい事ではない 
 
って事を良く知ってるからです。 
 
もちろんおめでたい契約もありますが 
 
むしろ逆 
 
なんてのも多いのです。 
 
例えば 
 
売買の決済を終って 
 
買主にお祝の言葉を投げかけてる反対側には売主がいます。 
 
この売主は家を売りたくないのにやむを得ない事情があって手放す 
 
そんなケースも多いのです。 
 
賃貸でも引っ越しは自分が望んでやる訳ではない 
 
こんな事が良くあります。 
 
例えば離婚で家探しだとか 
 
あるいは 
 
家賃が払えず安いアパートに移るとか 
 
そんな話しだらけです。 
 
あるいはウチの息子たちであれば 
 
オヤジに家から追い出された 
 
って話しになります。 
 
そんなケースをたくさん見ていますから 
 
引っ越しが決まったからと言って 
 
おめでとうございます 
 
って言葉を発する事に抵抗があるのです。 
 
まぁしかしそうは言っても 
 
はっきり発展的な引っ越しである事が分かっていれば 
 
おめでとうの言葉を差し上げるのは礼儀 
 
そう思いますが 
 
しかし私達が発展的だと思っていても 
 
当の本人はそう思っていない 
 
なんてケースがたまにあります。 
 
これは要注意ですね。 
 
しかし家庭の内情までは分かりませんので 
 
たまに地雷を踏むのは止む得ないと思いますが 
 
基本的に私が頭に入れているのは 
 
高齢者の引っ越しは当人は望んでない 
 
これが原則 
 
って事です。 
 
例えば 
 
年寄りが一人で住んでいて 
 
お子さんが心配になり 
 
古い家を壊して2世帯住宅 
 
って話しはよく耳にします。 
 
子供達から一緒に住もう 
 
なんて言われれば 
 
断れずに自分の本心を隠すお年寄り 
 
多いと思いますが 
 
お年寄りの大半は 
 
新しい家に住みたいなんて欲求は持っていません。 
 
どんなに古くても良いから住み慣れた家が良い 
 
そう思ってるのです。 
 
ですから 
 
住宅メーカの営業マンが勝手に喜んでると勘違いして 
 
ガンガン話しを進めると 
 
ある日息子さんから電話が入ります。 
 
“2世帯住宅の話しは白紙に戻したい” 
 
と 
 
で理由を聞くと 
 
“オヤジが急に態度が豹変した” 
 
って言われます 
 
で営業マンは 
 
自分の態度が悪かったのか? 
 
とか色々考えますが 
 
このケースはすべて行き着く所は 
 
お年寄りの引っ越しに対する恐怖です。 
 
ですから 
 
我々不動産屋は 
 
高齢者がからむ引っ越しの話しは 
 
話しが進むにつれ 
 
ドタキャンの可能性が高いこと 
 
そして 
 
その理由が 
 
理解出来ないムチャクチャな話しだったりする事 
 
これをしっかり頭に入れることが大切です。 
 
その理解が足りないと 
 
キャンセルの話しと理不尽な話しに混乱し 
 
トラブルにまで発展してしまう事があるのです、。 
 
そうならないために 
 
“お年寄りは現状維持欲求が強いこと” 
 
“お年寄りがらみの話は理不尽な展開になる事” 
 
これに備える事が一番大切だって訳です。 
 
 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++