駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 10月
 日 月 火 水 木 金 土
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - -

10月 31日 (火) ウソは人間関係の潤滑油
10月 30日 (月) ビジネスは妥協
10月 29日 (日) 建前が支配する日本の社会の危....
10月 28日 (土) 最近心の健康を保つために意識....
10月 27日 (金) 人間の社会は壁だらけ
10月 26日 (木) 踏んだり蹴ったり
10月 25日 (水) 苦しみは悟り
10月 24日 (火) 押し寄せる法律との戦い
10月 23日 (月) 顧客の認知能力の低下に苦しむ....
10月 22日 (日) カメムシ


 

 10月 21日 (土)
 経験の長さは副作用があります
不動産の仕事と司法書士は切っても切れませんが 
 
この司法書士 
 
当たり前と言えば当たり前ですが 
 
人によって随分仕事ぶりが違って来ますね。 
 
頑固で全く融通の利かない人もいれば 
 
精神的に不安定 
 
そんな人もたまにいます。 
 
先日取引した際も 
 
司法書士がミスを指摘されたら 
 
明らかに動揺して 
 
その後の言動がおかしくなりました。 
 
司法書士のせいで危うく契約が流れる所でした。 
 
かと言えば 
 
たまに調子が良すぎて心配になるような人もいますね。 
 
一度話し好きの司法書士が 
 
取引が終って会社に戻ると 
 
私に慌てて電話をかけてきた事があります。 
 
間違えてお客様の免許証まで持って来てしまった 
 
って話しでした。 
 
調子の良い性格はおっちょこちょい 
 
これは私自身が一番よく分かっています。 
 
ですから 
 
理想の司法書士は 
 
人間的にも余裕があり 
 
仕事はそつがない 
 
ってのが一番だと思いますが 
 
残念ながら滅多にいませんね。 
 
取引の度に融通が利かなくて困ったり 
 
あるいは 
 
軽くて不安になったり 
 
なんて事が多い物です。 
 
で 
 
いちばんやっかいなのは 
 
例えば買主が指定した司法書士 
 
ってのがありますが 
 
そんな人の中に 
 
経験はほぼ皆無 
 
って人がいる時ですね。 
 
つまり資格は持ってるけど 
 
自分で登記したことは一度も無い 
 
つまり初体験って訳です。 
 
なんでそんな人にわざわざ頼むかと言うと 
 
大体お客様の身内ですね。 
 
地主さんが 
 
”息子が司法書士の資格をとったから“ 
 
と言ってお子さんを連れてきた事もありました。 
 
その他にも 
 
友人だったり 
 
あるいは法人で 
 
社員が資格を持ってるから 
 
ってのもありましたね。 
 
お客様の指定ですから断る訳にはいかずにお願いする訳ですが 
 
なんせ資格はあっても実務は素人ですから 
 
こちらがああだこうだと細かく指示したりする事になります。 
 
しかし不安ですよね。 
 
ただ 
 
この初心者の司法書士の皆さん 
 
今まで一度も問題を起こしたことはありませんでしたね。 
 
なんせ初体験ですから 
 
不安で何度も法務局に事前に出向いて確認したりして 
 
万全の体制で臨みますから 
 
経験は無くてもミスはない訳です。 
 
ところが先ほどの免許証を持って行ってしまった司法書士もそうなんですが 
 
経験を積んだ司法書士がミスをやらかす事は多いですよね。 
 
ネットが無い時代に 
 
現金取引の案件で 
 
私が何度も当日謄本を取ってから来るようにと言ったにもかかわらず 
 
当日 
 
“職員が朝一番で確認してます” 
 
って言った事がありました。 
 
買主は当日謄本がなければ決済できない 
 
って言って居ましたので。 
 
結局その場では取引は流れ 
 
債権者や仲介業者10数人集まってたのに 
 
仕切り直しになった事もあります。 
 
この司法書士も30年の大ベテランでした。 
 
また最近ニュースになったセキスイハウスの地面師被害 
 
これも多分セキスイは経験豊富な司法書士に頼んだ思われますが 
 
私自身はそれ故に落とし穴に落ちたのでは無いか? 
 
と想像しています。 
 
そんな感じで 
 
どんな仕事も 
 
経験を積めば 
 
どこか気が緩み 
 
結果大ポカをやらかす訳です。 
 
で 
 
もちろん当社にもその危険はあります。 
 
誰が一番危ないかと言うと 
 
私です。 
 
経験が一番長いですからね。 
 
どうしても過去の経験の延長線上で仕事をしがちです。 
 
ですから 
 
書類やなんか社員の方が信頼できます。 
 
これではマズい? 
 
そうではありません 
 
逆です 
 
私が頼りないから 
 
社員がしっかりするのです。 
 
逆に私がしっかりすれば 
 
社員は気が緩みます。 
 
社員のためには 
 
あえて頼りない自分 
 
これを演出するのも大切なんです。 
 
 
誰ですか?そこで笑ってるのは 
 
ホントですよ 
 
私が頼りないのは 
 
すべてアナタたちのためなんです。 
 
 
 
ふぅ 
  
 
説得力ありませんね。 
 
 
 


  落下傘での降下も最初の降下では誰も怪我しない、慣れてきたころケガをすると言いますね。
真田 ..10/23 0:01(月)

  >真田さん
パラシュートの降下は恐いでしょうね。
でもそれも慣れるんでしょうね
良く事故が起りますよね。
慣れたときが危険
しっかり頭に入れておきましょう。
はるぼ ..10/23 19:06(月)
>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++