駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 10月
 日 月 火 水 木 金 土
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - -

10月 31日 (火) ウソは人間関係の潤滑油
10月 30日 (月) ビジネスは妥協
10月 29日 (日) 建前が支配する日本の社会の危....
10月 28日 (土) 最近心の健康を保つために意識....
10月 27日 (金) 人間の社会は壁だらけ
10月 26日 (木) 踏んだり蹴ったり
10月 25日 (水) 苦しみは悟り
10月 24日 (火) 押し寄せる法律との戦い
10月 23日 (月) 顧客の認知能力の低下に苦しむ....
10月 22日 (日) カメムシ


 

 10月 31日 (火)
 ウソは人間関係の潤滑油
私達の仕事は 
 
色んなお客様と会話しますので 
 
ある程度会話が続くだけの知識 
 
これを備える必要があります。 
 
理系の方であれば 
 
IPS細胞だとか核の臨界みたいな話し位にはついて行く必要がありますし 
 
歴史であれば古事記や日本書紀 
 
また宗教であれば3大宗教の基礎的な知識くらいは必要だと思います。 
 
が 
 
人間誰しも得手不得手があって 
 
私の場合は 
 
どうしても芸術的な話しにはいまいち付いて行けません。 
 
バロック音楽がどうこう言われてもさっぱりですし 
 
絵画に至っては 
 
数十億円のゴッホの絵より 
 
商店街で怪しい外人が売ってる絵の方がはるかに良く見えます 
 
ましてやピカソなんてのは 
 
私でも画ける 
 
本気でそう思っています。 
 
ですから 
 
私は極力芸術系の話しには深入りしない 
 
そんな事を心がけています 
 
と言うより深入りする能力がありません。 
 
そして 
 
その話しを避ける手段として 
 
私は会社には 
 
所謂芸術性の高いものは置いてありません、 
 
高い壺やなんかを置いて 
 
お客様がそれに興味を示して 
 
あれこれ聞かれたら困りますからね。 
 
ですから 
 
顧客用の湯飲み 
 
これも安物で固めています。 
 
しかし安物と言っても 
 
今の品物は良くできてますよね 
 
私自身は高価なものとの区別が付きません。 
 
まぁだから出しても恥ずかしくない訳ですが 
 
もし私が茶器に詳しかったらとてもそんな物をお客様には出せませんよね。 
 
でも 
 
この芸術の世界 
 
錯覚の世界でもあるんですよね。 
 
絵画でも 
 
本当は理解できないのに 
 
さも理解した 
 
そんな風に勘違いしてる人 
 
多いと思いますね。 
 
まぁ私が分からない世界ですので 
 
実際に理解できる人がたくさんいるも間違いないと思いますが・・・ 
 
ただ私のレベルと同じ位か 
 
あるいはそれ以上に 
 
実際には理解できないのに 
 
理解できたと勘違いしてる人 
 
これがいるように思うのです。 
 
こんな話しをするとお叱りを受けそうですが 
 
実際に当社ではそんなシーンがよく起こるのです。 
 
先ほど言ったように 
 
私は安物の湯飲みにお茶を入れて出す訳ですが 
 
たまに 
 
この湯飲みを褒める人がいるのです 
 
素晴らしいと・・ 
 
こんな時には本当に困りますよね。 
 
相手の立場を考えれば 
 
とてもダイソーで買いました 
 
なんて言えません 
 
かと言って 
 
お客様が褒めて下さり 
 
どこで買いましたか? 
 
なんて訊ねてる訳ですから 
 
答えない訳にも行きません。 
 
まぁしかしこんな時には 
 
私達人間には良い能力が備わってますよね 
 
それは嘘 
 
そうです 
 
こんな時には嘘で逃れるのです 
 
具体的には 
 
いただきものですから分かりません 
 
って答えるのです。 
 
これで 
 
相手は傷つかずに済みますからね。 
 
嘘は 
 
それが邪悪な動機で使うのはいけませんが 
 
時には 
 
人間関係の潤滑湯の役目も果たしますから 
 
平和に暮らすには欠かせないって事も間違いありません。 
 
ただ 
 
たまに達人は 
 
そんな嘘でもしっかり見抜きますよね。 
 
私が先ほどの 
 
頂き物なので分かりません 
 
って答えたら 
 
ダイソーで売ってますかね? 
 
って返したお客様がいました。 
 
見事に一本取られました 
 
こんなやりとりも 
 
この仕事の醍醐味です。 
 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++