駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 10月
 日 月 火 水 木 金 土
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - -

10月 31日 (火) ウソは人間関係の潤滑油
10月 30日 (月) ビジネスは妥協
10月 29日 (日) 建前が支配する日本の社会の危....
10月 28日 (土) 最近心の健康を保つために意識....
10月 27日 (金) 人間の社会は壁だらけ
10月 26日 (木) 踏んだり蹴ったり
10月 25日 (水) 苦しみは悟り
10月 24日 (火) 押し寄せる法律との戦い
10月 23日 (月) 顧客の認知能力の低下に苦しむ....
10月 22日 (日) カメムシ


 

 10月 9日 (月)
 出来る社員は上司を酷使する
当社のように地域に密着して長く営業してると 
 
色んなお付き合いの出費が出ます。 
 
地元の神社のお祭りとか交通安全協会とか 
 
あるいは地元の学校の学園祭 
 
必ず寄付集めがやって来ます。 
 
特に今の時期は本当にお祭りが多くて 
 
頻繁にやってきます。 
 
あまりにも多いので 
 
結構な金額になりますが 
 
こちらは地域にお世話になってる成り立ってる訳ですから 
 
喜んで寄付させていただいています。 
 
しかしこの寄付要求 
 
何も地域の事だけではありません。 
 
会社を経営してると 
 
本当に色んなところから寄付の話しが来ます。 
 
昔は反社会勢力からも来ましたし 
 
政治家のパーティーのお誘いもありました 
 
また時にはいかがわしい団体のセミナーのお誘いもあります。 
 
こんな要求にいちいち応えていては会社が潰れますからね。 
 
ですから地域の行事以外の寄付はすべてお断りする事になります。 
 
まぁしかし面白いもので一度断ると 
 
大体もう2度と来ませんね 
 
逆に一度寄付すると 
 
毎年やってきます。 
 
皆さんしっかりデータを取って 
 
どこに行けば寄付して貰えるか 
 
それが分かってるんですよね。 
 
ですから効率よく寄付を集めるには 
 
寄付を断られる事 
 
これも貴重な体験なんですよね。 
 
断られれば次回からはムダな時間を割かなくて済む訳です。 
 
この構造 
 
私達の仕事でも全く一緒です。 
 
当社の場合は 
 
社員は幅広く仕事をします。 
 
一台数千円の駐車場から 
 
億単位の取引まで 
 
誰でもこなします。 
 
って事は 
 
成約の確率とそれに取られる時間 
 
これを常に頭に入れないと 
 
営業成績が上がらないって事です。 
 
数十億の仕事ばかり追いかけて 
 
気がつけば一年間売り上げがゼロ 
 
って事になれば食っていけませんし 
 
また一生懸命家主に言われるまま雑用ばかりに時間を割いて 
 
気がつけば営業の仕事が出来なかった 
 
って事もよくあります。 
 
ですから 
 
時間が限られてる以上は 
 
狙いを定める 
 
この意思と能力が絶対に必要な訳です。 
 
これができないと 
 
毎日死ぬほど忙しいのに 
 
営業成績はさっぱり 
 
って事になる訳です。 
 
で 
 
私達のような仕事は 
 
毎日色んな話しがきます。 
 
それを選別せずに大量の仕事を抱え込んで潰れる 
 
このパターンは当社でもありました 
 
営業マンが人柄が良くて 
 
お客様の話が断れないのです。 
 
まぁしかし営業マンの本能として 
 
断るなんてのは抵抗がある 
 
これは当たり前ですよね。 
 
しかしこれが出来るのと出来ないのでは 
 
営業成績は大きく違ってくる訳です。 
 
で 
 
営業マンの中には 
 
“社長この案件はどうしましょうか・” 
 
って私に聞いてくる事があります。 
 
聞いてくれば大体私が止めろ 
 
と言うケースがほとんどです。 
 
例えば 
 
家主が訴えられて 
 
ナントカ間に入って借主と話しをつけて欲しい 
 
なんて言って来たりする訳です。 
 
で詳しく聞くと 
 
とても家主の話しは筋が通らない 
 
ってケースがあります。 
 
こんな話しの間に入れば 
 
裁判に関わる事になり 
 
膨大な時間を取られる可能性がある訳です。 
 
ですから 
 
私の判断は当然断りなさい 
 
って事になる訳ですが 
 
担当者はその言葉を待ってる訳です。 
 
で 
 
家主に電話して 
 
“上からストップがかかり間に入る事が出来ません” 
 
って言います。 
 
そしてしばらくすると 
 
“家主が社長に代われ言ってます” 
 
って私に電話を代わります。 
 
私に電話を代わればもう解決ですからね 
 
担当社員は晴れて他の仕事に専念できる訳です。 
 
ここ最近の当社の営業マンの動きを見ると 
 
私に相談の多い社員が営業成績を上げています。 
 
逆に相談の無い社員は 
 
成績は上がりません 
 
自分の中で囲い込んだ段階で進歩が止まる 
 
これが本当に良く見て取れます。 
 
まぁしかし 
 
この歳でいちいち呼出されるのは疲れますが 
 
しかしこれも自分の宿命 
 
そう思って諦める事にしました。 
 
 
 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++