駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 12月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - - -

12月 16日 (土) 自分の時間の価値を高める
12月 15日 (金) 仕事では厳しく私生活は無防備....
12月 14日 (木) ジョージワシントンの桜
12月 13日 (水) 恨みをあの世まで持って行く男
12月 12日 (火) 個人型と集団型は争いやすい
12月 11日 (月) 所詮ひとりの人間です 大した....
12月 10日 (日) 金儲道
12月 09日 (土) セレブを演じると身も心も病ん....
12月 08日 (金) 脳を活性化させるウラ技
12月 07日 (木) 問題は人間の脳が作る物 元々....


 

 12月 3日 (日)
 酒の場で説教するのは愚か者
またまた相撲の話題で恐縮ですが 
 
今回の日馬富士の暴力問題 
 
私たち不動産屋、と言うより人間全体が直面する問題が収縮されてますので 
 
社員の教育の意味でも 
 
又考察して行きたいと思います。 
 
今回の問題 
 
中間報告が相撲協会から出されましたね。 
 
概ね日馬富士を擁護する 
 
そんな内容に私には感じました。 
 
モンゴルの方達が集まるのは 
 
単なる飲み会ではなく 
 
互助会的な意味合いや社会福祉の側面もある 
 
って話しと 
 
礼儀がなってない貴ノ岩を横綱が指導した過程で 
 
スマホをいじったり 
 
睨み返したり 
 
そんな反抗的な態度に 
 
日馬富士の暴力がエスカレートした 
 
って話しです。 
 
この話しを聞いて 
 
日馬富士に同情する気持が湧いた人 
 
多かったのではないでしょうかね? 
 
また相撲協会もそれが目的だったのかも知れません。 
 
が 
 
この話しに同情していては 
 
今の時代は 
 
アナタ自身が日馬富士と同じ過ちを犯す 
 
そんな危険が高まります。 
 
この話しに私たちに同情心が湧くのは 
 
私たち日本人の価値観がそんな風に作られて来たからです。 
 
一番分かり易いのは 
 
私が中学生高校生の頃大人気だった学園ドラマですね。 
 
不良を熱血先生が殴り 
 
そしてその不良が自分の間違いに気づいて 
 
その殴った先生の愛情を感じ 
 
感謝して泣いて抱き合う 
 
定番の感動シーンでした。 
 
私も最近まで 
 
どちらかと言うと 
 
その熱血先生と同類だったように思います。 
 
が 
 
この話しは 
 
たくさんの大きな間違いを抱えています。 
 
そしてその大きな間違いの真っ先に来るのは 
 
熱血先生の自分自身の内面に関する勘違いです。 
 
何が一番の勘違いかと言えば 
 
愛情があるから殴る 
 
そう思い込んでるからです。 
 
この考えは大変浅い考えです。 
 
人間を痛みと恐怖で変えられる 
 
なんて考えは幼稚の極みです。 
 
逆にその思考形態は 
 
その先生の無能さを表してるのです。 
 
今回の日馬富士の件で言えば 
 
日馬富士は貴ノ岩の事を思って殴った 
 
なんて勘違いしていますが 
 
この勘違いは殴られた方は良く分かっています 
 
だからふて腐れるのです。 
 
何が勘違いかと言うと 
 
人に暴力を振るう時には 
 
愛情は消え去り 
 
憎しみと怒り 
 
これがそうさせるんだと言う事です。 
 
つまり 
 
日頃愛情を持ってる相手でも 
 
瞬間的に人間は憎しみと怒りが勝り相手を傷付ける 
 
こんな爆弾みたいなやっかいな脳を持ってるのです。 
 
これは 
 
恋人に対する暴力事件や 
 
あるいは子供の虐待事件 
 
こんな話が典型的です。 
 
好きでたまらない相手でも 
 
ふとした事で怒りが湧き 
 
結果殺してしまうほどの激しい暴力を振るう訳ですし 
 
また 
 
毎日ごはんを上げたりオムツを替えたりして 
 
愛情をたっぷり注いで育てた自分の子供 
 
これがイヤイヤ期に入り 
 
せっかく用意したごはんを投げつけたりなんかすると 
 
その瞬間お母さんの怒りのスイッチがはいり爆発 
 
そしてハタと我に帰ったら 
 
目の前には意識を失ってぐったりしてる子供が・・ 
 
そんな感じです。 
 
ですから 
 
この日馬富士の問題は 
 
私たち人間社会にいたるところに存在する地雷です。 
 
これを踏んでしまっては 
 
取り返しのない事になりますから 
 
日頃自分の内面に存在する爆弾に火をつけないよう心がける 
 
これが大切なんです。 
 
そのためには 
 
学園ドラマで植え付けられた錯覚 
 
これを自分の中に持ってる人は 
 
早めに取り去る事です 
 
愛情のある暴力は存在しません 
 
暴力は怒りと憎しみ 
 
これがそうさせるのです。 
 
また 
 
暴力で人は変えられません。 
 
人が変わるのは 
 
自分の生き方が周りで拒否され 
 
自分自身が間違いに気づいた時です。 
 
これはネットでの書き込みでもよく分かります。 
 
やたらネットで人に噛みつく人 
 
こんな人間にいちいち反論しても 
 
ぜったっいに収まりません 
 
延々とののしり合いが続きます 
 
そんな人に分からせるのは 
 
無視 
 
これが一番です。 
 
ですから 
 
日馬富士も 
 
本当に貴ノ岩の事を思うのであれば 
 
距離を置く事 
 
これが正解だった訳ですが 
 
同郷の横綱としての思いが強く 
 
結果は最悪って訳です。 
 
この話しは 
 
私自身 
 
何度も失敗して行き着いた結論です。 
 
ですから 
 
今は 
 
昔のように 
 
酒を飲みながら社員を指導 
 
なんて事は一切やらない訳です。 
 
指導は 
 
相手も自分も冷静な時に行って初めて意味がある 
 
ましてや 
 
酒の席でそれをやるなんてのは 
 
ある意味 
 
ガソリンスタンドでタバコの火をつけるような物です。 
 
横綱と言う立場ですが 
 
白鵬も日馬富士もその意味では幼かった訳です。 
 
 
 
 
 


  この問題を取り上げて頂き、有難うございます。確かに、おっしゃる通り、この問題の報道のされ方からすると、錯覚を起こしてしまった人も相当数いたのではないかと思います。こんなときは、「もし、社長様が社員の皆様に礼儀・礼節を教えるとき、果たして今回の日馬富士のような手段をとるだろうか?」を考えれば、そんなに難しくない問題だと思んですが、、、言い分の内容も中学生の番長レベルの話ですし、、、加えて、日馬富士の親方の行動、言動も非常に気になります。教育というのはホントに誤魔化せない、改めて大切であると深く感じさせられます。
ロコロコ ..12/3 22:12(日)

  >ロコロコさん
確かに会社の社員教育は分かり易いですね。
社長が社員を殴って教育なんてやった日には
その社長さんは警察で教育してもらう事になりますからね。いずれにしても暴力は野蛮人のやる事です。

はるぼ ..12/4 8:41(月)

Name: DelKey:
Mail: URL:
Cookie  

Pass:






| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++