駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 12月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - - -

12月 16日 (土) 自分の時間の価値を高める
12月 15日 (金) 仕事では厳しく私生活は無防備....
12月 14日 (木) ジョージワシントンの桜
12月 13日 (水) 恨みをあの世まで持って行く男
12月 12日 (火) 個人型と集団型は争いやすい
12月 11日 (月) 所詮ひとりの人間です 大した....
12月 10日 (日) 金儲道
12月 09日 (土) セレブを演じると身も心も病ん....
12月 08日 (金) 脳を活性化させるウラ技
12月 07日 (木) 問題は人間の脳が作る物 元々....


 

 12月 6日 (水)
 若い頃のやんちゃが重くのしかかる時代
先日小さな工場を法人に買っていただきました。 
 
契約にはその法人の幹部の方がお二人で見えましたが 
 
大変すがすがしい方達でしたね 
 
とてもキビキビして礼儀正しい人達でした。 
 
で 
 
その礼儀正しさ 
 
どうやって身に付けたのでしょうか? 
 
色々想像できますよね 
 
体育会系で部活だとか 
 
あるいは自衛隊の経験者だとか 
 
またもしかしたら家庭がしっかりしていて 
 
そこで教育されたのかも知れません。 
 
ただ 
 
この方達に限れば 
 
明らかにそんな場所ではありません。 
 
あの礼儀正しさを叩き込まれたのは 
 
私達が反社会勢力と呼ばれる組織か 
 
あるいはその下部の暴走族 
 
ここでしっかり教育されたのです。 
 
どうして分かるかと言えば 
 
そんな社会の独特な礼儀正しさでしたし 
 
お客様ですから具体的には語りませんが 
 
明らかな証拠もありました。 
 
しかしこれは全て過去の事であり 
 
今はしっかり業績の上がって会社の幹部ですから 
 
そんな世界とは縁を切ってる事も分かります。 
 
私達は普段契約の時に 
 
反社会勢力排除条項と言うのを読み上げますが 
 
普通はこんなの何の意味があるんだろう? 
 
なんて疑問が湧くのがほとんどですよね。 
 
弱った一人暮らしのお婆さんに 
 
借主が反社会勢力の構成員である事が判明した場合はどうこうとか 
 
警察官のお客様に対しても同じ文面を読み上げる 
 
これが私達の仕事です。 
 
また私の場合は 
 
自分の息子も私の所でアパートを借りましたが 
 
社員は息子に対しても同じ文面を読んでいました。 
 
私はこんな意味の無い事が苦手なので 
 
大体社員にお任せです。 
 
が 
 
今回のケース 
 
これはしっかり強調して読まさせていただきました。 
 
反社会勢力の場合は全て没収しますよ 
 
って話しを真剣に聞いてくれました。 
 
ですから反社会勢力排除条項は 
 
日頃は無意味なケースがほとんどですが 
 
たまにはしっかりこれが意味を持つことがありますから 
 
不動産屋の皆さんいかなる場合も手を抜かないようにしましょう。 
 
ただし私の場合は 
 
お婆さんを目の前に笑いをこらえて読む事になりますから 
 
吹き出す可能性もありますから 
 
今後も社員の皆さんにお願いする事になります。 
 
そんな訳で 
 
今回のお客様のように 
 
若い頃少し道を踏み外しても 
 
しっかり更正すれば 
 
その踏み外した道も新たな人生の肥やしとなりますから 
 
私自身は過去だけで現在を判断しない 
 
これは随分前から心がけています。 
 
しかし今回のお客様 
 
生業でしっかり成功して 
 
立派な車に乗ったり 
 
あるいは大きな家を買ったり 
 
って事ができた訳ですが 
 
しかし気の毒な事に 
 
私のようにゴルフを楽しんだり 
 
あるいは温泉旅行を楽しんだり 
 
なんて事はできないんですよね。 
 
しかしいつからそうなったんでしょうね? 
 
私が若い頃は 
 
銭湯にいけば 
 
普通に入れ墨の人達はたくさんいましたけどね。 
 
今回のお客様のような方であれば 
 
もしゴルフやるのであれば 
 
お誘いしたかったのですが 
 
残念ながらそれはできませんでした。 
 
これが今の日本社会です。 
 
アウトローにはますます厳しくなりますし 
 
今はその痕跡も許されなくなりました。 
 
若い方達は 
 
本当にその辺をしっかり考えて貰いたい 
 
この立派なお客様が 
 
生き方を制限せざるを得ないのを 
 
強く感じました。 
 
 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++