駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 4月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - - - -

4月 30日 (日) 無意識も脳に刻まれる
4月 29日 (土) 失恋で得た宝物
4月 28日 (金) 肉体労働の労賃には特別な思い....
4月 27日 (木) ホテルの部屋の中での商談は断....
4月 26日 (水) 健全な人生は収入と支出のバラ....
4月 25日 (火) 綺麗になりたければ社交ダンス
4月 24日 (月) 不動産屋のプライドは大けがの元
4月 23日 (日) 心の健康法は意識て手に入れて....
4月 22日 (土) 金持ちの家に生まれたら勤労意....
4月 21日 (金) 駆け引きの最前線で神経をすり....


 

 4月 1日 (土)
 建前は表 真理はウラに
朴大統領逮捕収監のニュースが流れましたね。 
 
しかし日本でも事情は同じですが 
 
この逮捕と言う行為 
 
本来は証拠隠滅を防ぐとか逃亡の防止とか 
 
これが目的のはずですが 
 
実際にはそれは建前であり 
 
逮捕自体が制裁 
 
そんな事になっていますね。 
 
制裁ですから 
 
それによって被害者や 
 
あるいは国民が納得する 
 
これが真の目的 
 
こう言えるのかもしれません。 
 
大体韓国では 
 
この朴大統領を逮捕しない限りは 
 
国民はいつまでもデモを続けそうですから 
 
社会が機能しなくなります。 
 
ですから社会を平常に戻すためにも必要 
 
そんな事なんでしょう。 
 
日本でも大麻を所持してました 
 
なんて事で逮捕された女優がいましたが 
 
彼女はそれによってすっかり犯罪者として日本国中に知られてしまいましたが 
 
この大麻所持は不起訴になる事も多く 
 
また吸引は罪にならないと言う 
 
一見分かりにくい話ですから 
 
逮捕がいかに制裁の意味が強いのか 
 
よく分かりますよね。 
 
有名人でなくても 
 
警察24時なんて番組を見ると 
 
犯人であるかどうかは裁判で確定する訳ですが 
 
いきなり自宅にやって来て拘束して 
 
会社に出勤もさせない訳ですから 
 
この時点で職を失う 
 
そんな意味でも大きな制裁となりますよね。 
 
こうやって考えると 
 
私達は法治国家と言う物の 
 
実際にはその法の理念通り社会が動いてる訳ではない 
 
ってのがよく分かります。 
 
良く痴漢が逮捕されて 
 
すぐに釈放されたり 
 
あるいは長期に拘留されたりする訳ですが 
 
その違いは自白だそうですね。 
 
つまり罪を認めれば 
 
もう逮捕で十分制裁を受けたのでお疲れ様 
 
認めなければ 
 
誤認逮捕の誹りを警察が受ける可能性が高くなりますから 
 
こんなヤツはもう少し懲らしめましょう 
 
って風にも思えます。 
 
警察ですらそうなんですから 
 
他の行政機関は 
 
当然担当公務員の裁量によって 
 
処理の扱いに温度差がある 
 
なんてのは当たり前の話しです。 
 
最近森友学園の話しで 
 
忖度なんて言葉がでてきて 
 
いつまでもやり合ってますが 
 
まぁこの話しは本当に税金のムダ使いですよね。 
 
政治的圧力によって忖度させる 
 
これがさも悪い事かのように偉い先生方がいつまでも 
 
国会の審議時間をむだ使いしてますが 
 
政治家ってのは 
 
大体この公務員に忖度させるのが仕事みたいなものですよね。 
 
私は政治をからめるのは好きで無いので使いませんが 
 
仲間の不動産屋には 
 
開発行為のスムーズな進捗を政治家にお願いして 
 
そしてすんなり事が運んだ 
 
なんて事を普通にやってる人がいますし 
 
大体選挙で不動産屋が候補者を応援するってのは 
 
そんな見返りがあるからです。 
 
これは何も与党だけの話しではありません 
 
野党の先生方も 
 
忖度をさせる天才がたくさんいます。 
 
・・・・ 
 
また政治の話しになると終わりませんね 
 
中高年男性脳の悪いところです。 
 
いずれにしても言いたい事は 
 
私達人間の行う行為は 
 
建前を見ては真実は見えないって事です。 
 
真実を見たいのであれば 
 
まず当の人間の目的を推察する事です。 
 
そうすれば 
 
真理が良く見えます。 
 
森友学園問題で言えば 
 
野党が安倍政権の支持率を落としたい 
 
そんな目的がありますから 
 
いつまでも忖度の話しを続ける訳です。 
 
私達の仕事でも 
 
この思考法は大変有効です。 
 
例えば 
 
隣人の音がうるさい 
 
なんてクレームを延々と言って来る入居者の中に 
 
その目的は実は音とはかけ離れた所にある 
 
なんて人がたまにいます。 
 
そんな人には 
 
いくらその口実のクレームを処理してもムダです。 
 
その真の目的 
 
それから入れば 
 
すんなり解決したりします。 
 
そして 
 
ケースによっては 
 
クレームが幸いとなる 
 
そんな事もある訳です。 
 
私が以前やった案件で 
 
その音のクレームを入れてきた入居者がいました。 
 
で 
 
調べると 
 
その人は家賃の支払いが苦しい経済事情がある事が分りました。 
 
つまり 
 
真の目的は家賃を下げさせる事です。 
 
で 
 
本人には伝えてませんでしたが 
 
その物件は法人が購入して 
 
自社の従業員の社宅にする 
 
こんな話しが進んでいました。 
 
で 
 
立ち退きのお金を提示したら 
 
すんなり大喜びで話しに乗ってくれた 
 
なんて事がありました。 
 
これも真の目的が分からなければ 
 
音のクレーム処理で長引き 
 
最後は感情的になり 
 
もう立ち退きの話しができずに 
 
その売買の話しはお流れ 
 
って事になってた可能性が高い訳です。 
 
そんな訳で 
 
不動産の仕事は 
 
人間の行為の表面だけ見ては務まりません 
 
その行為のウラに隠された真実 
 
これを探る事が大切です。 
 
こんな生き方をしてますから 
 
国会の茶番も大変よく見える訳です。 
 

>> 返信
 

 4月 2日 (日)
 多様性は進化の源
まだ寒い日はありますが 
 
間違いなく春って感じになりましたね 
 
私にとっては寒さも辛いのですが 
 
花粉が飛ばなくなって本当の春到来ですから 
 
もう少しのガマンです。 
 
気温が上がると人間も動きが活発になりますね 
 
プロ野球が開幕しましたが 
 
ゴルフ、サッカー 
 
これからは屋外スポーツが目白押しです。 
 
私はスポーツをたらたらと見るほど閑ではありませんが 
 
結果だけでも十分楽しめてますので 
 
毎日大手検索エンジンのポーツサイトを開くのが楽しみです。 
 
この大手検索エンジンのスポーツ 
 
私の友人が働いていて記事を書いてますので 
 
その意味でも楽しみです。 
 
この会社はあっと言う間に巨大企業になった訳ですが 
 
私はその理由を 
 
友人の仕事ぶりに見た事があります。 
 
それは昨年のオリンピックの前 
 
その前のロンドンオリンピックの時に 
 
そのサイトで少し改善した方が良い 
 
って私が感じてた事があって 
 
その友人と会った時に 
 
その事を伝えた訳です。 
 
すると驚いた事に 
 
すぐに私の意見が反映されましたね。 
 
この出来事に 
 
この会社の凄さを見た気がします。 
 
普通これほどの大きな会社であれば 
 
ポータルサイトの変更は 
 
会議を開いて 
 
上の決済を貰って 
 
って事になりそうですが 
 
これではスピードは期待できませんよね。 
 
会議をしたり書類を上げたりしてる間に 
 
オリンピックが終わってしまいます。 
 
速やかに対応するには 
 
現場に決定権を持たせる 
 
これが一番ですが 
 
おそらくその会社はそれができてるんでしょうね。 
 
だから私ごときの提案が 
 
すぐに反映される訳です。 
 
決済する人が増えれば 
 
スピードが遅くなるだけではなく 
 
仕事の幅も広がりません 
 
社員は上司の気持を忖度して 
 
その範囲の中で仕事するようになりますから 
 
どうしても守備的になります。 
 
この話しは大手の会社だけではありません 
 
当社のような零細企業でも全く一緒です。 
 
零細企業で 
 
全て決済は社長 
 
って事になれば 
 
社員は小ぶりになります。 
 
私自身零細の不動産屋に勤めてましたから 
 
それは身にしみて分かっています。 
 
小さな会社は 
 
全て社長が決済すると 
 
その社長以上の人材は育たないのです。 
 
零細企業は 
 
できれば自分を超える社員がたくさんいる事が望ましい訳で 
 
それを実現するには 
 
現場に権限と責任を与える 
 
これが一番です。 
 
私は 
 
社員が大きくルールを逸脱しかけた時には 
 
直接指導しますが 
 
それ以外はほとんど口を挟みません 
 
成績が低迷してる社員を叱る事すら滅多にありません。 
 
成績が低迷してれば 
 
自分で悩んでますから 
 
本当にそれから脱したいと思えば 
 
私に社員から相談に来るはずです。 
 
ですから 
 
私は 
 
相談しやすい環境を作るだけです。 
 
まぁそんな考えですから 
 
私は支店にはほとんど足を運びません 
 
それぞれ責任者がいる訳ですから 
 
彼等が思い切り活動するには 
 
私が細かく指示すれば弊害になる 
 
これが分かってるのです。 
 
こんな方針を貫くと 
 
大変面白い事が起こります 
 
それは 
 
同じ会社でありながら 
 
それぞれの店舗は独自色が強くなり 
 
まるで別会社のようになるのです。 
 
営業のターゲットもやり方も 
 
言葉遣いも 
 
全く違って来ます。 
 
人間だけではありません 
 
会社の看板も内装も各店舗に自由にさせてますから 
 
全く共通性はありません。 
 
多様性は進化の証 
 
私はそんな風に考えてますから 
 
これからも 
 
あえて単色に染まる指導はしないつもりです。 
 

>> 返信
 

 4月 3日 (月)
 核家族の弊害について考える
核家族って言葉が使われるようになって随分時間が経ちましたが 
 
今はもうそれが普通になりましたね。 
 
逆に大家族ってのは本当に稀少になって 
 
それだけでテレビに出る事ができる 
 
そんな時代になりました。 
 
そうなると 
 
あえてその核家族って言葉を使い続ける意味があるのか? 
 
なんて疑問に思う事もありますね。 
 
なんせ昔は大家族が当たり前でしたから 
 
今とは違い 
 
大家族って言葉はあまり耳にしませんでしたからね。 
 
私が子どもの頃は私の家も 
 
私の周りも大家族だらけでした。 
 
私の家族は 
 
私達の兄弟が5人で 
 
両親と祖母 
 
それに叔父さんが一緒に暮らしてましたが 
 
その内に私と歳の離れたお姉さんが 
 
嫁ぎ先の家が土砂崩れてつぶされ 
 
家族がそっくり私の家に住む事になりました。 
 
姉は子どもが三人いましたから 
 
旦那さんも含めて 
 
最大の家族は13人でした。 
 
凄いですよね 
 
よくあんな小さな家に住めた物です。 
 
で 
 
その大家族で育った私 
 
今の核家族で育った人達と 
 
大きく違う能力があります。 
 
それは 
 
対人関係の修復能力です。 
 
具体的には 
 
人間生きてば 
 
友人同士 
 
あるいは社員同士 
 
時には感情が高まるほど激しく言い争う事があります。 
 
この言い争った後 
 
冷静になったら 
 
その関係を元に戻さなければなりませんが 
 
今の若い人は 
 
これが本当に苦手です。 
 
長年の友人も 
 
一度酒の席で言い争いをしただけで絶縁 
 
なんてのは私の知ってる人でもありましたし 
 
会社でも同僚と熱くなって言い争いをしたら 
 
もうお互いに口を利かなくなり 
 
どっちかが辞めるまでガマン比べ 
 
みたいな事になります。 
 
夫婦も一度の大げんかで離婚 
 
なんて事も多発してるんだろうと思います。 
 
この関係修復能力の低下 
 
実は本人達はしっかり理解してますよね。 
 
一度地雷を踏めばお仕舞いですから 
 
逆に地雷を踏まなければ良いのです。 
 
この意識が 
 
私達の時代とは違い 
 
お互い神経を使いながらの付き合いって事になります。 
 
若い人達は 
 
社内でも本当に言葉を選んでますよね。 
 
まぁこれはこれで悪いとは言いませんが 
 
しかしこの付き合いは 
 
深い付き合いはできませんから 
 
必然的に浅い付き合いとなりますよね。 
 
私の基準から行けば 
 
今の若い人は親友はいない 
 
そんな風に見えます。 
 
なんせ私達の時代の親友は 
 
言い争いは日常茶飯事 
 
時には殴り合いをしてきて 
 
それでも関係を保った訳ですからね 
 
その深さは測り知れない物があります。 
 
だから何だ? 
 
って言われれば 
 
何が言いたいのか少し分からなくなってきましたが 
 
とにかく私は 
 
社員は私と歳が離れてますから 
 
皆核家族世代 
 
これを意識して付き合っています。 
 
彼等は地雷を踏まないように気を使って生きてる訳ですから 
 
私も同じように神経を使って? 
 
ではありませんね 
 
逆です 
 
彼等の幸せのためには 
 
対人関係の修復能力をつける 
 
これが一番だと思ってますから 
 
私は 
 
ガンガン社員とも言い争いをしますし 
 
社員同士もよく口ゲンカをしています。 
 
まぁそんな私の指導法 
 
間違っては無かったんでしょうね。 
 
今は割と社員同士 
 
言い争いをしても 
 
翌日には普通に仕事をするようになりました。 
 
そんな訳で 
 
核家族で育った皆さん 
 
私から見れば 
 
大変窮屈な人生に見えますが 
 
できれば 
 
少しの意識変化で 
 
世界は広がる 
 
そんな事も頭に入れた方が良いですね。 
 

>> 返信
 

 4月 4日 (火)
 政治理念は利害の前では無力
先日倒産した 
 
てるみくらぶって旅行会社 
 
女性の社長さんが資金繰りが行き詰まった理由について 
 
高齢者をターゲットにしたために 
 
新聞の広告費がかさんだ 
 
そう言ってましたね。 
 
高齢者にはインターネットより新聞広告の方がまだ効果があるんでしょうね。 
 
そう言えば私の妻も 
 
次回はてるみクラブで旅行に行くつもりだったそうです。 
 
何でも知合いからてるみくらぶは安いって情報が入ったそうです。 
 
安いって言葉に本能的に反応する性格ですが 
 
どうやら今回は被害寸前で逃れたようで 
 
倒産のニュースを見て歓喜の声を上げていました。 
 
生まれ持っての悪運の強さ 
 
長く一緒に暮らしてる私しか分かりませんが 
 
かなり不思議な人間です。 
 
強い守護霊がいるのか? 
 
あるいは宇宙人なのか? 
 
おっといけない 
 
また妻の話を・・ 
 
とにかくこのてるみくらぶ 
 
今時倒産するほど新聞広告を打った訳ですが 
 
まぁ珍しいですよね。 
 
私達の仕事も広告は欠かせませんが 
 
しかしネット時代の到来によって 
 
以前主流だった新聞の折り込みはほとんど使わなくなくなりましたね。 
 
対費用効果から言えば 
 
新聞折り込みはネットに太刀打ちできません。 
 
ただ 
 
他社は新聞折り込みを入れてる所もありますので 
 
たまには良いだろう 
 
なんて思い先月 
 
久しぶりに折り込みを入れたら 
 
反響はゼロ 
 
予想できてた事とは言え 
 
改めて紙媒体の衰退を実感しました。 
 
てるみくらぶは自殺行為でしたね。 
 
で 
 
その新聞折り込みを入れてくれる新聞屋さんから 
 
社員が面白い話しを聞いてきました。 
 
それは 
 
昔は新聞を取ると 
 
ごっそり折り込みが入ってくるので 
 
たまにお客様から苦情があったそうです。 
 
俺は新聞を取ってるのであって 
 
新聞折り込みを取ってるのではないと・・ 
 
まぁ気持は分かりますね 
 
私も同じ気分になりました 
 
なんせ新聞を入れる袋が 
 
折り込みチラシですぐに溢れましたからね。 
 
ところが 
 
今は面白い事に 
 
苦情は全く逆だそうです。 
 
つまり 
 
俺は折り込み広告を見るために新聞を取ってるのに 
 
チラシが少ないって怒鳴ってくるそうです。 
 
まぁ新聞販売店にすれば 
 
好きでチラシが少なくなってる訳ではありませんからね 
 
お気の毒って感じです。 
 
昔はユースを読むために新聞を取ってたのに 
 
今はチラシを見るために新聞を取る 
 
時代の流れを感じますね。 
 
それにしても新聞は10年前と比べ1000万部も発行部数が減ってますが 
 
やっていけるんでしょうかね? 
 
まぁ生き残りを模索するとは思いますが 
 
この事が 
 
新聞の地位低下をもたらす事 
 
これは間違いありません。 
 
私はその兆候を既に感じています。 
 
経営が苦しくなると 
 
企業は生き残る事に神経を使うようになりますから 
 
モラルは低下します。 
 
衣食足りて礼節を知る 
 
って訳です。 
 
新聞社も 
 
業績が悪化すれば 
 
社会的な使命感より 
 
自社の利益 
 
この思いが優先しますから 
 
どうしても購入する読者を意識して 
 
偏った報道になりがちです。 
 
元々新聞は右と左 
 
それぞれに読者を棲み分けてる面がありますが 
 
この傾向が強まってるように思います。 
 
朝日新聞はますます左に 
 
産経新聞はさらに右 
 
そんな感じです。 
 
そうなれば 
 
私達国民の判断基準としての新聞の役目は低下しますよね。 
 
物事は一人一人の国民が 
 
自分で考える 
 
これが今後は大切なように思います。 
 
 
まぁしかし森友学園の件でつくづく思いましたが 
 
右だの左だのと言いますが 
 
実際には皆さん利益のためにその立場を装うってるんですよね。 
 
教育勅語まで園児に暗唱させる人間が 
 
ピンチになれば天敵の共産党まで自宅に招き入れる訳ですからね 
 
さっぱり訳が分かりません。 
 
また右翼とは正反対の立場にある野党の皆さんも 
 
すっかり喜んでド右翼の籠池さんとお友達になりました。 
 
小池章も福島瑞穂も 
 
籠池さんのご自宅で奥様に美味しいお茶を入れていただき 
 
安倍総理の悪口で盛上がったようです。 
 
国会では 
 
安倍陣営が籠池さんを告訴するとか言ってますが 
 
野党は籠池さんを擁護 
 
まったく訳が分かりません。 
 
いずれにしても 
 
私達は 
 
新聞の質が低下した結果 
 
国民の質が低下した 
 
なんて事にならないように 
 
日頃から意識を高く持ちたいものです。 
 
国民のレベルが上がれば 
 
必然的に 
 
新聞の質も 
 
政治の質も上がるはずです。 
 
社員の質が上がれば 
 
社長の質も 
 
会社の質も上がるのと一緒です。 
 
頑張りましょう 
 
みなさん 
 


  うちの嫁さんも朝一番にみるのが折り込みチラシです。
どこどこのスーパーが○円安いとかチラシで比較しています。それが楽しみみたいです。新聞の本文はあまり読んでませんね。
だぶん、チラシがなくなったら、新聞断るかもしれませんねぇ。。。
たか ..4/4 10:24(火)

  >たかさん
やはりそうですか?
その内販売店も
新聞販売店ではなく
チラシ販売店に名称変更するかも知れませんね。
はるぼ ..4/4 19:08(火)

  うちのまわり(23区内)は、ほとんどポスティングチラシしか、効きません。年齢層というよりも、独占されているからでしょう。今まではそれなりに良かったのですが、少し前から、物件情報を出さなくなった、変わったリフォームをして余計売れなくしているなど消費者にとってどうかと思える、独占の弊害が感じられます。もともと(特に日本)では、不動産は不透明なものなのでしょうが、もっとオープンで競争原理が働く市場になってほしいです。スーパーのチラシうそがないから大好きです。でも実際に店に行ってみないともっと安いものには出会えません。
紙チラシ ..4/5 16:01(水)

  >紙チラシさん
不動産業界の閉鎖性は永遠のテーマですね。
当社の近くにも全く物件を紹介しない会社があります。
明らかに顧客の利益より自社の利益を優先してる訳ですが私は社員には絶対に同じ事をするなと強くいってます。
はるぼ ..4/6 8:07(木)
>> 返信
 

 4月 5日 (水)
 不運が続くのにはワケがある
ゴルフは 
 
どんなに上手い人でも 
 
100ヤード先の穴に一発でいれる事はできません。 
 
ティーショットとなれば200ヤード以上先に打ちますから 
 
当然狙いは大まかになります。 
 
って事は 
 
松山でもイボミでも 
 
打ったボールの落ちた場所は 
 
穴ポコだったり 
 
木の根っこだったり 
 
なんて事は起こります。 
 
これがゴルフは実力だけでは無く 
 
運も試すスポーツと言われる理由です。 
 
でこの運 
 
本当に不思議ですが 
 
悪い事は立て続けに起こります。 
 
私の場合は 
 
林に打ち込んだボールを出そうとして打つと 
 
また別の木に当たり 
 
更に林の奥に行くこともありますし 
 
その奥に行ったボールが 
 
木の根っこで止まりもうどうにもならない 
 
なんて事もあります。 
 
まぁしかしゴルフではどうでも良いとも言えますが。 
 
この悪い話しの連続して起こる傾向は 
 
私達の仕事でも良く見られます。 
 
よく言われるように 
 
キャンセルはなぜか一つ起こると 
 
次から次へと伝染病のように伝わることがありますし。 
 
トラブルもやっと処理が終わって 
 
ヘトヘトになってしまい。 
 
自分の椅子で少し目を閉じて休んでると 
 
“社長知らない男の人が社長を出せって怒鳴ってます” 
 
なんて電話が来る事もあります。 
 
また 
 
お客様でも不幸が押し寄せてくるのを良くみます。 
 
まだ子どもが小さいのに奥さんが亡くなってしまい。 
 
田舎からお母さんを呼び寄せしばらく手伝ってもらってたお客様がいますが 
 
そのお母さんも突然亡くなってしまい。 
 
自分の中で消化できずに 
 
精神を病んでしまい 
 
職を失った方もいました。 
 
また 
 
老夫婦で 
 
奥さんがガンになり 
 
ご主人が介護していましたが 
 
その寝たきりの奥さんを残して 
 
ご主人が先に亡くなった事もありました。 
 
そんな訳で 
 
とにかく不思議な事ですが 
 
悪い話しは次々と繰り返し起こる事がよくあるのです。 
 
昔は私もよく不動産の買い取りをしていましたが 
 
中々物件が売れずに 
 
困ってるときに 
 
融資して貰ってる銀行が潰れてしまいました。 
 
担保はそこに全部預けてありましたから 
 
真っ青になりましたね。 
 
でこの不思議な現象 
 
実は必ずしも運だけでもない 
 
長く生きてその事がやっと分かるようになりました。 
 
具体的には 
 
不運を覚悟しないから不運は続くのです。 
 
私のゴルフで言えば 
 
林の中に打ち込んだ時に 
 
不運でムカつき 
 
その結果冷静さを失い 
 
それが次の不運につながります。 
 
林に打ち込んだのであれば 
 
とにかく出す事だけに集中すれば良いのに 
 
そんな事態でも欲をかいて 
 
少しでもグリーンに近づけようと無理をするから 
 
また木に当たる訳です。 
 
また銀行が潰れたときにも 
 
在庫を抱えすぎてたから焦った訳です。 
 
資金に余裕があれば 
 
銀行は潰れても 
 
担保は戻ってきます。 
 
ですから焦る事もない訳です。 
 
そんな訳で 
 
神様は 
 
私達に次々に試練を与える事はよくありますが 
 
日頃から余裕を持って生きていれば 
 
その試練のダメージは大きく違ってきます。 
 
よく会社から給料が出なくて 
 
家賃が払えず 
 
真っ青になって当社にやって来る人がいますが 
 
自分自身は運が悪いと思い込んでますが 
 
実際には 
 
1ヶ月給料が入らないだけで破綻する金銭感覚に問題があるのであって 
 
運は大して問題でない事が多いのです。 
 
金銭的に余裕があれば 
 
会社は潰れても家賃は払えますし 
 
そして時間が過ぎれば 
 
新しい転職先は大変良い会社で 
 
結果 
 
前の会社が潰れた事は幸運に結びついた 
 
って事になるのもよくある話しです。 
 
ですから 
 
不運は 
 
それを余裕を持って受け止めれば 
 
時間が過ぎれば幸運だった 
 
なんて事も普通に起こります。 
 
そんな事も考えながら 
 
誰にでも押し寄せる不運 
 
これを手なずけて 
 
人生を楽しみましょう。 
 
そう言えば 
 
私の身近な人間で 
 
奥さんが重い病気になり 
 
大学病院で治療をしてもらったのですが 
 
その長い待ち時間 
 
退屈なので 
 
備えてある血圧計で何気なく測ったら 
 
驚異の200超えだったそうです。 
 
翌日死んでもおかしくない話しです。 
 
奥さんの病気は不運でしたが 
 
そのおかげで 
 
本人は死なずに済んだ訳です。 
 
まぁ言いたいのは 
 
運命を嘆く暇があったら 
 
それをどうすれば幸運に代えられるか 
 
そっちにエネルギーを注ぐと 
 
結構良い話しになったりする 
 
そんな風に思いますね。 
 

>> 返信
 

 4月 6日 (木)
 脳も家も容量には限界があります
当社の向かいで開店したラーメン屋さん 
 
味噌を売り物にしてますから 
 
珍しいのでホームページを見たら 
 
欧米人に比べて腸が長い日本人に味噌は欠かせない 
 
なんて書いてありました。 
 
この話し良く耳にしますが 
 
どうやら間違いのようですよね。 
 
インターネットを見ればすぐに分かりますが 
 
日本消化器内視鏡学会のホームページに 
 
大腸3DCTで日米1300人の腸の平均的な長さを測定したデータが載っています 
 
結論から言えば 
 
人種による腸の長さに違いは無いって話です。 
 
って事はデマって訳です。 
 
にも関わらず 
 
会社のホームページにそのデマを掲載したままですが 
 
かなりの不注意? 
 
まぁそうも言えますが 
 
私はこの事はむしろ会社に同情してしまいます。 
 
この日本人の腸が長いって話し 
 
実は以前は製薬会社のホームページにも載っていました。 
 
ですから 
 
この話しは一時期 
 
さも科学的に証明された事実かのように 
 
医学や製薬会社の人も信じてた訳です。 
 
しかし今になって思うと 
 
何でこんな話しが蔓延したんだろうと思いますよね。 
 
人種による腸の長さを測定するには 
 
今は測定器が発達してますから可能ですが 
 
その測定器が出来たのは最近ですから 
 
それが無い時代は 
 
どうやって調べたの? 
 
って疑問が湧いてきますよね。 
 
腸の長さを調べるには 
 
実際の腸の長さを測るしか無かった訳ですが 
 
腸は元々長さに個人差が大きいようですから 
 
少なくとも数百人の腸の長さを測定して平均値を出す必要がある訳で 
 
そんなにたくさんの死体から腸を取り出して長さを測ったのか? 
 
って疑問が湧いてきますよね。 
 
もし測った機関があるとすればどこなのか? 
 
って思いますが 
 
この話は出所がわからないまま出回った訳です。 
 
しかも 
 
今の時代になってきちんと測定が行われ 
 
間違いだと言う結論が出てるにも関わらず 
 
まだそんな話は蔓延してる訳です。 
 
私の場合は 
 
自分の腸が弱いために 
 
インターネットで調べて分かっていますが 
 
特に関心がなければ 
 
調べるなんて事はしないはずですから 
 
相変わらずデマがはびこってるのです。 
 
この話し 
 
ネット時代になって本当に気をつけなければ行けない話しですよね。 
 
ネットはデマが飛交う世界です。 
 
そんな時代に生きるには 
 
一見もっともらしい情報も疑ってかかる 
 
この姿勢は絶対に欠かせません 
 
それが無いと 
 
デマを信じこんでしまい 
 
実社会で大恥をかく 
 
こんな事になってしまいます。 
 
特に政治思想が偏った方達が洪水にように流す情報 
 
量の多さについ信じてしまいがちですが 
 
くれぐれも騙されないようにしたいものです。 
 
私の身近な人間にも 
 
この大量の情報をすべて受け入れたために 
 
脳の許容量が限界に達し 
 
もう他の情報は入らなくなり 
 
結果、周りの人間と疎遠になってしまった男がいます。 
 
そうならないためには 
 
まだ脳に余裕がある内に 
 
デマを見極め廃除する 
 
この習慣づけを行いたいものです。 
 
インターネットの情報だけではありません 
 
私達は生きてく上で 
 
何か得れば何かを捨てる 
 
この行為を怠ると 
 
生活が上手く送れなくなります。 
 
私達を悩ますゴミ屋敷人間 
 
これも物を捨てる事ができないから 
 
アパートから強制退去って事にまで発展します。 
 
ですから 
 
日頃から今の時代は 
 
物を捨てる 
 
この能力が生きてく上では欠かせないって事も理解して行きたい物です。 
 
物を大切にする 
 
ってのは私達日本人の中に長くはぐくまれた美徳とも言えますが 
 
もしその気持があれば 
 
捨てる事が出来なければ新しい物は買わない 
 
これを心がけましょう。 
 
いずれにしても 
 
精神科の世界には 
 
もうすでに 
 
溜め込み障害 
 
って言葉が出来てますから 
 
精神科の範疇だって事も理解して 
 
早めの対応 
 
くれぐれもお願いしたいものです。 
 
 
 
この話し 
 
私の一番身近な人に是非読んで貰いたいのですが 
 
読んでますかねブログ 
 
毎日顔を合わせてますが 
 
一度も私のブログの話題が出たことはありませんが・・ 
 
 
誰か 
 
この話し 
 
うちの奥さんにして下さい 
 
 
 
 
 

>> 返信
 

 4月 7日 (金)
 大声を出せば思考は停止する
先日ある女性の方から 
 
“川端さん好きな色は何ですか?” 
 
って聞かれました。 
 
何でそんな事を聞くのか訊ねたら 
 
それによって私の将来を占うそうです。 
 
心理学では好みの色で性格を判断するようですが 
 
占いってのは初めて聞きましたね。 
 
まぁもちろん私が信じる事はありませんが 
 
せっかくの和んだ空気を壊すのも何ですから 
 
好きな色は何だろう 
 
と考えましたが 
 
これが意外な事に答えが出てきません。 
 
よく考えれば 
 
色は自然界に萬遍なく存在する訳で 
 
これに好き嫌いを求めるのは無理がありますよね。 
 
太陽と月  
 
どっちが好きですか? 
 
とか 
 
水と空 
 
どっちが好きですか? 
 
みたいな話しとあまり変わらないように思います。 
 
私達は服の色はピンクが好きとか黒が好きとか 
 
あるいは部屋は白で統一するのが好きとか 
 
そんな傾向はありますが 
 
これ 
 
色が好きかと言われると 
 
少し違いますよね 
 
ピンクの服が好きな人は 
 
服がピンクってのが好きなのであって 
 
別にピンクが好きなのとは少し違うように思います 
 
例えば 
 
ピンクのご飯とか 
 
ピンクの髪の毛とか 
 
そんな物まで含めて好きになれるでしょうか? 
 
また部屋を白で統一するのが好きだかと言って 
 
自分の顔を歌舞伎役者のように真っ白に塗って街を歩く 
 
なんて事はしませんよね。 
 
まぁ屁理屈のようですが 
 
私の頭は還暦の男性脳ですから 
 
そんな事が頭の中を駆け巡り 
 
結果好きな色は? 
 
って単純な問いに答えられない訳です。 
 
強いて言えば自然の色は皆好きです。. 
 
嫌いな色は 
 
すべて人工的な色です 
 
例えば 
 
お年寄りの厚化粧と真っ赤な服は好きになれませんし。 
 
昔の不動産屋の社長さん達によくいた 
 
時計と指輪と歯の金色も抵抗があります。 
 
そんな訳で 
 
同じ色でも 
 
自然に存在する物はすべて美しく見えますが 
 
人工的な色には好きになれない事も多い 
 
これが私が出した結論です。 
 
私は名画と言われる物も 
 
そんなに美しいと感じる事はありませんが 
 
それは 
 
自然には勝てないと思ってるからです。 
 
どんな名画も 
 
私の部屋の窓を開けて広がる景色には 
 
美しさと言う点では 
 
絶対に勝てない 
 
これが私の美意識です。 
 
私の田舎好きは 
 
そこに根本的な理由があると思っています。 
 
私は 
 
会社も 
 
人為的な部分を強調するのは好きではありません。 
 
ファーストフードや居酒屋の店員が 
 
大きな声で挨拶するからと言って 
 
それを私の会社に持ち込む事はしません 
 
昔参加したセミナーでは 
 
大きな声で社内の空気を元気にしましょう 
 
なんて話しもありましたが 
 
どうもそれは不動産には合いませんね 
 
その証拠に 
 
昔多かったやたら声のデカい会社 
 
ほとんど消え去りました。 
 
私は 
 
自然の色が美しいように 
 
人の営みも 
 
自然が良い 
 
そんな風に考えています。 
 
ですから 
 
当社の中は静かですが 
 
これは不動産屋の自然な姿 
 
そんな風に考えています。 
 
理由も分かっています。 
 
居酒屋とファーストフードの店と比べれば簡単に理解できます。 
 
居酒屋の店員は客からの注文を取って 
 
それを厨房に伝え 
 
出来上がったら運ぶ 
 
この決まった動きをしてる訳です。 
 
ですから 
 
そこには思考を深める必要はありません 
 
だからデカい声が出せるのです。 
 
不動産の仕事は 
 
単純作業ではありません 
 
二つと同じ物件が無い不動産と言う商品を 
 
お客様が一生かかって支払う金額で売るのです 
 
当然そこには 
 
深い知識と 
 
高い戦略が要求さる訳です 
 
にも関わらず 
 
デカい声を出しまくっては 
 
思考が停止してしまいます。 
 
これが不動産屋は静かな方が自然 
 
そんな風に私が考える理由です。 
 
逆に思考を停止させた方が機能する組織は 
 
デカい声が有効です。 
 
軍隊が一番良い例です。 
 
兵隊はごちゃごちゃ考えると戦ができませんから 
 
常に大声でお互いを鼓舞し合ってる訳です。 
 
そんな訳で 
 
大声は思考を止める効果がある 
 
そんな事も 
 
世の中の営業職の皆さんは考えた方が良いですね。 
 
最近 
 
私がお付き合いを止めた広告系の会社がありますが 
 
ここの担当者 
 
女性ですが 
 
いつも元気な声でやってきますが 
 
仕事自体はミスだらけ 
 
こちらの要望は無視だらけ 
 
全く使い物になりませんでした。 
 
会社の方針で元気が良いのでしょうが 
 
残念ながら 
 
私は頭の中身が伴わない元気さは 
 
むしろ不快に感じる 
 
そんな性格です。 
 


  結局好きな色はなんと答えられたのでしょうか?
毎日コツコツ ..4/7 20:55(金)

  > 毎日コツコツ さん
海の青 空の青 若葉の緑 夕焼けの赤と答えました 
頭の良い方なのでこれだけで全て理解してくれました
はるぼ ..4/8 9:00(土)
>> 返信
 

 4月 8日 (土)
 学習の基礎は習慣づけ・・・祈宅建合格
私の孫はやっと上下の歯が二本ずつ生えましたが 
 
早速食事のあとは歯ブラシをくわえています。 
 
この食後の歯ブラシ 
 
当社の社員達も昼飯の後は私の席の横の流しで励行しています。 
 
毎日社員のうがいの音がうるさくてたまりませんが 
 
これは社員のせいではなく 
 
大きな洗面所のスペースを確保できない私のせいですから 
 
じっと耐えるのみです。 
 
今の人は食事の後の歯ブラシは欠かしませんが 
 
私達の子どもの頃はそれが習慣にはなっていませんでした 
 
小学生なれば一日1回は歯ブラシをしていましたが 
 
幼稚園くらいまではほとんど歯磨きをしませんでした 
 
歯磨きどころか 
 
夜寝るときに顔を洗う 
 
なんて事もありませんでした 
 
顔を洗うのは 
 
朝起きて目やにをとるために洗う 
 
そんな感じでした。 
 
ではそれが不快だったと言うと 
 
別にそうではありません 
 
気持悪いなんて思った事は一度もありません。 
 
お風呂すら入らなくても平気でしたからね 
 
異臭を放つようになっていやいやながら入ってました。 
 
しかし今はもうあの時代には戻れません 
 
数年前に 
 
真冬に給湯器が故障して 
 
一日だけお風呂をガマンしようと思いましたが 
 
ガマンできませんでしたね 
 
極寒の中 
 
水で体を拭きました。 
 
つまり 
 
私は元々お風呂に入るのが苦痛だったのに 
 
今は逆に凍死を覚悟で体を拭かなければ気持悪くて寝れない訳です。 
 
不思議なものですよね。 
 
実はこの私達人間の性質 
 
これを上手く利用すれば 
 
大きく成長する事ができます。 
 
つまり嫌な事も習慣づけまで行けば 
 
それが苦痛にならなくなり 
 
学習でもスポーツでも大きな成果につながる 
 
これが私達人間には備わってる訳です。 
 
この有難い性質 
 
これを上手く利用できる人が 
 
人生を制す 
 
そうも言えます。 
 
継続は力なり 
 
って言いますが 
 
この継続が 
 
習慣づけまで続けられのか 
 
あるいは途中で挫折するのかによって 
 
その意味が大きく違う訳です。 
 
習慣まで行かなければムダな努力とも言える訳です。 
 
苦しい思いをしてタバコを絶っても 
 
禁煙まで続けなければその苦しみはムダ 
 
これと一緒です。 
 
逆にこの習慣づけができてないと 
 
信じられない位に些細な事が苦痛になります。 
 
私は若い人から 
 
毎日新聞を読み続ける事ができない 
 
なんて話しを聞いた事がありますが 
 
これすら習慣づけが出来てないと苦痛になるんだ 
 
って驚いた事があります。 
 
私は毎日ブログを書いてますが 
 
この行為はすっかり習慣になってますから 
 
書かないと不快になります。 
 
英字新聞も毎日読んでますが 
 
これも逆に読まないとすっきりしません。 
 
また毎日の筋トレとか 
 
毎日起きたときの布団の片付けと部屋の掃除など 
 
何十年もやってると 
 
どんなに酒を飲んで二日酔いでも 
 
それをやらないで放置する事はできません。 
 
残念ながら時間に限りがありますので 
 
たくさんの習慣づけはできませんが 
 
勉強も仕事も 
 
どれだけ習慣づけがあるか? 
 
これを自分でチェックして 
 
若い人は頑張って貰いたい物です。 
 
宅建資格を持ってない不動産屋の営業マンの皆さんは 
 
さし当たり 
 
今日から毎日朝夕参考書を2〜3ページ読む 
 
この習慣づけから入ればどうでしょうかね? 
 
これができれば受からない人はいないと思うのですが・・・ 
 

>> 返信
 

 4月 9日 (日)
 良く考えれば紙に数字が印刷されてるだけ
私の沖縄の実家は 
 
何度も空き巣に入られて 
 
どうやら被害は数十万に達するようです。 
 
今は兄夫婦がお金を管理していますから 
 
多額の現金は家にはありませんが 
 
父親が生きてた頃は結構な現金が置いてありました。 
 
どうしてそうしてたかと言うと 
 
父親は車の運転が出来なかったからです。 
 
銀行のある町まで行くには 
 
1時間に1本しかないバスに乗って行かなければならない訳ですが 
 
そのバスも間引き運転が横行してますから 
 
頻繁に銀行には行けない訳です。 
 
それを知って 
 
空き巣は私の実家を狙い討ちしてたと思われます。 
 
今は現金が置いてありませんが 
 
実際に空き巣も入ってこなくなったようですから 
 
空き巣は空き巣で 
 
その辺の情報はしっかり把握してる 
 
そんな風にも思えます。 
 
どんな世界でもプロはそれなりに努力してるって事です。 
 
しかしこのお金 
 
今は随分事情が変わりましたね。 
 
昔は 
 
お金は人が移動する距離しか移動できませんでした。 
 
私は以前にも書いた通り 
 
子供の頃は注意力散漫で 
 
よく母親からもらった学校の給食費を落としてしまいました。 
 
でも当時は 
 
自分が歩いた道を逆に辿れば 
 
大体見つかりましたね 
 
大体人があまり通らない農道ですから 
 
誰かに拾われる事も無かった訳です。 
 
銀行ですらお金の移動は 
 
現金輸送車だけが手段でしたから 
 
昔は3億円事件なんてのも起った訳でです。 
 
そうやって考えると 
 
お金の性質は随分変わりましたね。 
 
実際にお金持ちと言っても 
 
厳密に言えばお金を持ってる訳ではありません 
 
私達より一桁か二桁余分に数字が打ち込まれてる通帳を持ってるだけの話しです。 
 
この通帳の数字が 
 
あっちに行ったりこっちに行ったりして 
 
いわゆる決済が行われる訳です。 
 
私が若い頃は不動産の世界でも現金決済がよくありましたね。 
 
数千万 
 
時には億を超える金額を銀行の応接間に積んで取引をした事もありますし 
 
いわゆる事件物なんてのは 
 
法務局のロビーで大金のやりとりをする事がありました。 
 
そんな時には 
 
本来取引には関係ないのに 
 
屈強な同業者に間に入って貰う 
 
なんてシーンもありましたね。 
 
その時の名残で 
 
ブローカーは今でも少し人相が悪いのかも知れません。 
 
実際に私が最初に自分の家を建てるために土地を買った時にも 
 
リスクがある物件でしたので 
 
法務局の真ん前にある司法書士の事務所で 
 
現金を積んで取引をしました 
 
ところが 
 
案の定 
 
書類の不備があって 
 
取引は仕切り直しって事になりました 
 
困りましたね 
 
私はその後スケジュールが詰まってましたから 
 
3000万円近い現金を持ち歩きながら 
 
お客様を案内したり 
 
商談をしたりした訳です。 
 
そんな感じで 
 
経済が発展する前は 
 
お金の移動は人の移動と一致しても問題が無かった訳ですが 
 
高度経済成長となると 
 
従来のお金のままでは不都合が出て 
 
そして今のように 
 
現金での決済が急速に消えて行くのは必然だった訳です。 
 
が 
 
気を付けなければいけないのは 
 
私達は皆錯覚してるって事ですよね。 
 
通帳の数字がお金だって 
 
これ 
 
何で問題にならないかと言うと 
 
皆が錯覚して 
 
それが共通の認識になってるからです。 
 
で 
 
この共通の認識が崩れると 
 
実際にお金だと思ってたのが 
 
ただの印刷された数字 
 
これに気づく訳です。 
 
まぁしかしこの共通認識が崩れる事はさし当たり無さそうですが 
 
しかし 
 
例えば 
 
北朝鮮からミサイルが飛んで来て 
 
金融システムが完全に破壊されたらどうなるんでしょうね? 
 
バックアップが機能しなければ 
 
完全に紙ゴミになりますよね。 
 
社会が安定すれば 
 
お金はその機能を保てますが 
 
社会秩序が崩れれば 
 
今のお金は 
 
人間の共通認識の上に成り立ってる訳で 
 
すぐにその価値を失う 
 
はなはだ存在が怪しい物だって話しです。 
 
では 
 
せっかく蓄えた財産 
 
どうすれば良いのでしょうか? 
 
まぁ完全な防御法はありませんね。 
 
自らの死は 
 
すべてが白紙になる 
 
そう考えて 
 
自分の死後の事まで心配したり備えたりってのは 
 
ほどほどに 
 
私はそんな考えです。 
 

>> 返信
 

 4月 10日 (月)
 面倒くさいからお金が貰える
最近は本当に買い物が便利なりましたね。 
 
会社の消耗品ほぼASUKULで買えますし 
 
ゴルフ道具やなんかの個人の品物はほとんど楽天で買っています。 
 
パソコンで数回クリックするだけで届けてくれる訳ですから 
 
有難い限りです。 
 
しかしこのASUKULと楽天 
 
決定的な違いがありますね。 
 
ASUKULは会社自体が物を売っていますが 
 
楽天は色んな店がサイトを借りてる訳です。 
 
ですからASULULはサイト内での競争はありませんが 
 
楽天は同じ品物を検索しても 
 
色んな店が出店しまくってますから 
 
内部での競争が激しいのが伝わってきます。 
 
で楽天で買い物をする時には 
 
いつも思います 
 
絶対に小売りの商売はやりたくないと・・ 
 
なんせ無数に品物があっても 
 
私が買うのは価格を安い順に並べて 
 
一番上に来た商品を選ぶ訳ですから 
 
2位以下の無数の会社は 
 
出店料を払い 
 
一生懸命商品をアップしても徒労となる訳です。 
 
まぁ気の毒になりますよね。 
 
では 
 
一番上に展示して 
 
私が商品を買った会社は競争に勝ち 
 
一人だけ良い思いをした? 
 
実はこれもそうとは言い切れません 
 
他社より安く提供してると言う事は 
 
利幅は少ないでしょうし 
 
もしかしらた赤字でアップしてるかも知れません。 
 
であれば 
 
私が買っても競争に買って儲かった 
 
とも言えない訳です。 
 
こんな事を考えてますから 
 
私は小売りは本当に大変 
 
そんな思いが強くなるのです。 
 
この小売り 
 
昔は逆に儲かったかも知れませんね。 
 
実際私が子供の頃は 
 
親戚のおばあさんが 
 
村の中で雑貨屋をやってましたが 
 
とにかく汚い店でしたが 
 
それでもそこそこ儲かって 
 
遊びに行くと 
 
当時は自分の家では食べられなかった卵焼きを食べさせてくれたものです。 
 
では 
 
当時と今の小売り 
 
どこが違うんでしょうか? 
 
それは付加価値ですね。 
 
私の親戚のおばあさんは 
 
村で売るために 
 
毎日1時間もかけて那覇に仕入れに行って 
 
持てるだけ品物を買って 
 
そして店頭に並べていました。 
 
この労力の付加価値が 
 
利益を生んだ訳です。 
 
でしばらくして 
 
おばあさんは大変喜んでました 
 
車が普及して 
 
最近は卸業者が自分の店まで品物を持ってきてくれると 
 
バスで大量の品物を運ぶ重労働から解放されたって訳です。 
 
ところが 
 
この事が 
 
おばあさんの付加価値を奪い 
 
結果店には客が来なくなり 
 
最後は売れない品物ばかり山積みになり潰れました。 
 
これを見てましたので 
 
楽をした商売は潰れるってのが 
 
小さい頃から私には染みついています。 
 
だから 
 
楽天の皆さんの苦境が見なくても分かるのです。 
 
不動産の世界でも似たような構造があります。 
 
私達が食べて行けるのは 
 
仲介とか管理とかと言うサービスを提供する事で報酬が貰える訳ですが 
 
これは本当に大変です。 
 
このブログで何度も書いてる通り 
 
色んな人の利害を調整して 
 
そして話しをまとめる訳ですが 
 
精神的にも肉体的にも厳しい物です 
 
だから私はこの仕事をしてるのです。 
 
この付加価値があるから 
 
仕事が無くなる事はない訳です。 
 
私はこの思いが会社経営の根本にありますから 
 
社員が 
 
“面倒くさい” 
 
って言葉を口に出すと強く叱ります。 
 
この面倒くさい事があるから 
 
私達は報酬が貰える 
 
これをしっかり理解させるのです。 
 
最近はそれを口に出す人は少なくなりましたが 
 
それでもたまに私が 
 
○○君ちょっと・・ 
 
って呼びつける事はあります。 
 
で 
 
この付加価値あってのビジネス 
 
これを意識すると 
 
転落の方程式も見えてきます。 
 
具体的には不動産の買い取り転売です。 
 
私自身もたまに買い取り転売をしますが 
 
これを経営の柱にする事はありません。 
 
理由は 
 
付加価値がつかない商売は長続きしない 
 
これが分かってるからです。 
 
土地を買って 
 
造成したり 
 
あるいは複雑な権利関係があって 
 
それを整理したりすれば 
 
付加価値を生みますが 
 
そうでなければ 
 
原則的に 
 
相場より安く仕入れる事ができなければ 
 
利益は生まないのです。 
 
わざわざ安く売る人は滅多にいませんからね。 
 
その数少ないチャンスを経営の柱にすると 
 
最後は仕入れに無理をするようになります。 
 
結果不良在庫が膨らみ倒産って訳です。 
 
この転落パターンはたくさん目にしましたので 
 
私の揺るがない確信です。 
 
最近も当社に即金で買い取って欲しい 
 
なんて話しがあり 
 
価格を提示しましたが 
 
残念ながら他の会社に持って行かれました 
 
そんな時に 
 
悔しい 
 
なんて気持が湧いて来ると 
 
まだまだです。 
 
私は 
 
その不動産を高値で買った業者には 
 
悔しいと言う気持は湧きません 
 
気の毒 
 
そう思ってしまいます。 
 
楽天の安値トップの店と同じで 
 
わずかの儲けか 
 
はたまた赤字か 
 
この境界線で苦しむ事になりますから 
 
身軽に仲介に専念した方が 
 
利益の意味でも 
 
精神的な意味でも 
 
こちらの勝ち 
 
そう思っています。 
 
負けるが勝ち 
 
不動産買い取りの極意です。 
 

>> 返信
 

 4月 11日 (火)
 与えられた仕事は全力で・・ でも引くタイミングも大事
先日 
 
20年ぶりに電話をかけて来たお客様がいます。 
 
その方は 
 
私が会社を起こして間も無い頃 
 
自宅の売却依頼を受けましたが 
 
販売活動をしてる最中に 
 
奥さんが急死してしまい 
 
そのまま売却中止になった訳です。 
 
で 
 
最近 
 
ご自身がガンになり 
 
嫁いだ娘さんが近くに来るように強く勧めるので 
 
思い切って自宅を手放して 
 
引っ越すって話しです。 
 
まぁ有難いですよね。 
 
こんなに時間が経過しても 
 
また無数に不動産屋はあるのに 
 
あえて連絡をいただく訳です。 
 
こんな時に 
 
以前であればお金が先に来て嬉しくなったものですが 
 
今は私ももう先が見えてますから 
 
お金の事はあまり考えません 
 
ただただその気持を嬉しく思う訳です。 
 
ですから 
 
金儲けよりまずはそのお客様にとって何がベストか? 
 
これが頭の中の大部分を占めます 
 
そうすると 
 
お客様のケースによっては 
 
売却を思いとどまらせる 
 
なんて事もよくあります。 
 
つまり 
 
こちらとしてはビジネスにならないって訳です。 
 
しかし 
 
私はもう自分の良心に照らして恥じる事をする位なら 
 
とっとと仕事止める 
 
そう決めてますから 
 
あえてビジネスにならない道も選択するのです。 
 
しかし不思議な物で 
 
こんな気持になってから 
 
逆に仕事はまとまって行きますね。 
 
私が売却を思いとどまらせたお客様はたくさんいますが 
 
そんな方が 
 
自分の知合いや親戚の案件を持って来てくれる事がよくあります。 
 
逆に言えば 
 
それがあるから当社は成り立っています。 
 
紹介のお客様抜きでは 
 
とても会社は成り立ちません。 
 
こんな体験をしていつも思います 
 
長年この仕事をしていながら 
 
いつまで経ってもガツガツ仕事をしてるにも関わらず 
 
いつも売り上げに苦しむ 
 
そんな人達 
 
少し発想を変えるだけで苦しみから解放されるのに 
 
と 
 
不動産の仕事は 
 
広告反響に頼ってる間は 
 
永遠に苦しみます 
 
苦しみから解放されるには 
 
広告をしないのに 
 
お客様が勝手に寄ってくる 
 
その域に達して初めて可能になるのです。 
 
そのためには 
 
まず 
 
勤務先をコロコロ変えないこと 
 
何十年も仕事をしていれば 
 
それまでに顧客の蓄積ができますが 
 
転職しては 
 
お客様と完全に縁が切れます。 
 
不動産の仕事は 
 
頻繁にある訳ではありません 
 
お客様は 
 
今回のように 
 
何十年も経って 
 
またやって来るのです。 
 
また 
 
そのお客様に再訪してもらうためには 
 
お客様と会社の利益が同じ方向を向いてるかどうか? 
 
これをいつも確認する事です。 
 
そして 
 
お客様の利益に反すると思えば 
 
勇気をもって契約を諦める事です。 
 
まぁ言葉にすればそれだけですが 
 
これ 
 
中々できませんよ。 
 
誰もできないから 
 
それが出来たときには 
 
不動産の仕事をしていた本当に良かった 
 
なんて思える域まで来れるのです。 
 

>> 返信
 

 4月 12日 (水)
 過去を語れば皆未熟者
女性国会議員の 
 
防衛大臣の稲田朋美と 
 
元社民党の党首福島瑞穂 
 
この二人 
 
いずれも弁護士ですが 
 
方や右翼弁護士 
 
方や左翼弁護士ですから 
 
国会で本当に激しく言い合っていますね。 
 
そんな言い争いの中で 
 
福島瑞穂が完璧に論破された事がありました。 
 
それは稲田防衛大臣を 
 
過去の言動を取り上げて追求した時です。 
 
教育勅語を礼賛した発言を取り上げ 
 
大臣として不適格 
 
って話しです。 
 
つまり 
 
今は内閣の一員であり 
 
過去の発言にこだわらずに 
 
今の内閣の方針に従うって話しですが。 
 
これに福島瑞穂が噛みついた訳です。 
 
過去の発言に責任を持てって話しです。 
 
これを返す稲田大臣が 
 
福島瑞穂は 
 
かつて自衛隊は違憲だと言い続けて居たが 
 
連立内閣に入閣すると 
 
合憲と言うようになった 
 
これを持ち出して 
 
福島瑞穂を黙らせた訳です。 
 
まぁ福島瑞穂は苦し紛れにあれこれ言ってましたが 
 
説得力ゼロ 
 
完敗でした。 
 
この時につくづく思いましたね 
 
他人の過去を持ちだして非難するなら 
 
自分の過去もしっかり調べないと逆効果 
 
って事を 
 
まぁしかしこの過去はやっかいですね。 
 
人間経験を積んで成長しますから 
 
未熟な過去を誰でも持ってる訳で 
 
これを持ち出されては 
 
誰でも弱点となります。 
 
私自身会社では20年以上働いてる社員がいますから 
 
私が厳しく叱ると 
 
私の過去を持ちだして反論されると 
 
私も少しひるむ事があります。 
 
息子が中学生の時にも 
 
少し道にそれかけた事がありましたから 
 
厳しく叱ると 
 
息子から 
 
私の中学生の頃の話しを持ち出され 
 
一瞬たじろいだ事があります。 
 
また 
 
地元で結構人格者で通ってる人の話しをその同級生から聞いた事がありますが 
 
あいつはアンパン中毒だった 
 
なんて言われて 
 
一気に尊敬の念が吹っ飛んだ事があります。 
 
そんな感じで 
 
私達は 
 
過去を語れば 
 
皆未熟ですから 
 
できれば人を評価する時には 
 
あまり過去を掘り下げる事はしない方が良い 
 
私はそんな風に思います。 
 
まぁしかし過去が分かる人はまだ良いですね。 
 
世の中には 
 
過去が分からない人もたくさんいます。 
 
年配で 
 
この過去が分からない人は 
 
少し注意が必要ですね 
 
過去に何かやらかして 
 
誰も自分の事を知らない場所に来た人がたくさんいますし 
 
その事を反省して同じ過ちを繰り返さなければ良いのですが 
 
人によっては 
 
そのやらかした事にうま味を感じて転々としてる人もいますからね。 
 
最近は私達も審査が厳しくなりましたから 
 
あまり被害に遭わなくなりましたが 
 
昔は家賃滞納の常習者によくやられました。 
 
そんな訳で 
 
人は過去を知ればその人間の本質が見えたりしますが 
 
しかしあまりそれにこだわりすぎると 
 
逆に自分の世界を狭めます 
 
ですから 
 
例えば 
 
結婚を考えてる相手が 
 
過去にストーカーだった 
 
なんてのは困りますから 
 
過去の事を調べるのは大切かも知れませんが 
 
深く付き合う訳でもないのに 
 
過去にこだわる事はあまり意味がないように思います。 
 
この人間の変貌 
 
これが一番良く分かるのが中学の同窓会ですね。 
 
昨年の還暦同窓会では 
 
たくさんの元不良が来てましたが 
 
皆さん穏やかで 
 
とても立派な紳士になっています。 
 
逆に問題があって同窓会に来ない人の中には 
 
中学時代は 
 
とても大人しくて良い人間だった 
 
なんて人もいる訳です。 
 
過去にとらわれては 
 
自分自身もロクな人間ではありませんので 
 
自分の評価にも耐えられません 
 
私自身 
 
過去には 
 
大嫌いな自分がいたりなんかします。 
 

>> 返信
 

 4月 13日 (木)
 邪悪な人間には婉曲話法は禁物
森友学園の理事長の奥さんと 
 
昭恵夫人のメールのやりとりで 
 
最後の方で昭恵夫人は 
 
“祈ります” 
 
を連発していましたね。 
 
この言葉をとらえて 
 
昭恵夫人は宗教にはまってる 
 
なんて感じる人も多かったようです。 
 
まぁ何かの信仰から来てるかどうかは分かりませんが 
 
別に宗教に関係なくこの言葉は大変便利なんです。 
 
つまり昭恵夫人もそうなんでしょうが 
 
困ってる相手に何も援助できないときに 
 
“何もしません” 
 
では角が立ちますから 
 
“ご幸運をお祈りいたします” 
 
って言う訳です。 
 
しかし実際には祈る事すらしませんので 
 
この言葉は大ウソ 
 
って事になります。 
 
昭恵夫人も単に祈りますってだけ言ってますが 
 
これも彼女の生真面目さの表われかも知れませんね。 
 
神に祈ります 
 
なんて言ってしまえば 
 
神様を冒涜する事になります。 
 
それが単に祈ります 
 
って言えば 
 
何に祈ろうが勝手ですから 
 
もしかしたら飼い犬に祈ってるかもしれません。 
 
普通の人であれば言葉だけで終わりですが 
 
昭恵夫人はもしかしたらウソが付けないので 
 
そんな言い方になった 
 
私はそんな風に感じました。 
 
そんな訳で 
 
この祈りますって言葉 
 
これを突っ込んで考えれば 
 
何もしないときの断り文句 
 
って事になりますが 
 
しかしこれだけ普及してるってのは 
 
この言葉は大変便利だからですよね。 
 
人間関係の潤滑湯の役目を果しています。 
 
年賀状は 
 
皆様のご健康とご多幸をお祈りしてます 
 
ってのがよくある文句ですが 
 
これを受け取って 
 
本当に相手が祈ってくれてる 
 
なんて思う人はいませんよね。 
 
それはその言葉の真の意味を皆良く理解してるからです。 
 
ところが 
 
もしこの年賀状を受け取った人が 
 
相手に電話して 
 
お祈りするって書いてありましたが本当に私の事を祈ってくれたんですか? 
 
なんて言ったとしたら? 
 
まぁその段階で精神の疾病を疑われますよね。 
 
そんな感じで 
 
私達は 
 
日頃意識しなくても 
 
人間関係の円滑さを保つために 
 
実際には行動に移さない事を 
 
たくさん語ります。 
 
これ日頃の生活では特に問題になることは少ないでしょうが 
 
言葉通りに相手がとらえればウソって事になりますから 
 
仕事では注意しなければ行けません。 
 
特に私達のような 
 
邪悪な人間と接する仕事は 
 
発する言葉は 
 
惰性で言っては行けません。 
 
実際に社員が 
 
とても入居させられないような危ない人間に 
 
その場の空気を考えて 
 
後日家主と相談してご返事します 
 
なんて言って帰って頂いたら 
 
しばらくしてその客から私に電話をして来た事があります。 
 
“お前の会社は客にウソをつくのか?” 
 
と 
 
理由は当社の社員が 
 
家主に入居を断れました 
 
なんてやんわり言ったら 
 
その人は 
 
すぐに家主の所に行き 
 
当社から連絡があったかどうか 
 
確認に行った訳です。 
 
で 
 
家主はそんな連絡は当社から来てませんからそのまま伝えたら 
 
私に電話が来た訳です。 
 
社員としては家主に聞くまでもなくNGなので断った訳ですが 
 
ならその場で言えば良い物を 
 
空気を考えて中途半端な言い方をしたために 
 
警察の話しも出るほどの騒ぎとなりました。 
 
そんな訳で 
 
邪悪な人間は 
 
大体揚げ足取りの名人です。 
 
そんな人達と接する時には 
 
場の空気を考える必要はありません 
 
中途半端な言葉は絶対に禁物です 
 
はっきり言わなければなりません。 
 
社員は 
 
危ない客に 
 
私がガンガン言葉をストレートに発するのでひやひやして見ていますが 
 
これは逆に 
 
トラブル防止には欠かせない 
 
この事もしっかり理解して 
 
私の行動を見て貰いたい物です。 
 

>> 返信
 

 4月 14日 (金)
 ビジネスは合理的 娯楽は非合理的
おとといゴルフ場は桜が満開で 
 
ほんとうに綺麗でした。 
 
ゴルフより桜を楽しんだ気もします。 
 
しかしいつもこの時期に思いますが 
 
この桜は本当に一瞬で散るんですよね。 
 
花が散ってしまえば 
 
もう桜は何の魅力もありません。 
 
と言うより迷惑な事が多いですよね。 
 
夏になれば毛虫が大量に発生しますし 
 
台風が来れば枝が折れて道を塞ぎ 
 
秋になれば枯れ葉が舞い掃き掃除 
 
とにかく私達日本人は 
 
一瞬のために一年中耐えてる 
 
そんな風にも思えます 
 
大変不合理な話しですよね。 
 
であれば 
 
この際日本中の桜の木は 
 
全て切り払った方が良い 
 
考えようによってはそうなりますよね。 
 
しかし 
 
それは間違いです。 
 
この桜の木を 
 
昔から今に至るまで 
 
私達日本人が守り続けてるのは 
 
合理性を超えた真理があるからです。 
 
もう少し分かり易く言えば 
 
私達は合理性を無視したときに 
 
人間らしく生きられる 
 
そんな風にできてるって事です。 
 
例えば桜以外にも 
 
私達はお祝いや葬儀の時に生花を出しますが 
 
これはほんの数日でゴミとして廃棄される運命にあります。 
 
また 
 
私の沖縄の村では 
 
男が大勢出て一日かけて祭りのための大綱を作りますが 
 
これも一晩で役目を終えて畑の肥やしになります。 
 
それに私のゴルフに至っては不合理の塊みたいなものです。 
 
特に冬の天気の悪い日には 
 
大金を払って遠くまででかけ 
 
大変辛い思いをして帰ってくる訳で。 
 
ある意味お金を捨てるよりも愚かな行動とも言えます。 
 
そんな感じで 
 
私達は 
 
合理的に生きるように出来てる訳ではなく 
 
むしろ不合理にこそ人生がある 
 
そんな風にも言えます。 
 
では不合理な行動だけすれば良いのか? 
 
と言うと 
 
今の時代それでは生きて行けません。 
 
例えば給料は20万しかないのに 
 
毎月30万の暮らしをすれば 
 
人生は破綻します。 
 
つまり 
 
私達は 
 
合理性と非合理性 
 
これをバランス良く操りながら生きてるって事です。 
 
まぁ特に語らなくてもほとんどの人は理解してる訳ですが 
 
時々それが理解できずに 
 
人間関係がぎくしゃくしたり 
 
あるいは経済的に苦境に陥ったり 
 
なんて人がいますから 
 
自分がそのタイプだと思えば 
 
しっかりその事を理解した方が良いと思います。 
 
そのためには 
 
主に合理性が求められる場所と 
 
逆に非合理性が占める世界 
 
これを理解すればまず大半の軋轢は避けられるように思います。 
 
具体的には 
 
ビジネスにおいては合理性が強く求められますし 
 
娯楽においてはそれ自体が非合理性 
 
これを理解する事です。 
 
ビジネスでは 
 
例えば経営者 
 
これは30万しか稼げない社員に40万の給料を払えば 
 
非合理的って事になりますから 
 
当然是正圧力が動きます。 
 
また単価が3万円のアパートに 
 
10万円の募集広告費をかける 
 
なんて事もしません。 
 
つまり 
 
非合理的な事を排除しなければ 
 
ビジネスは成り立たないのです。 
 
それが理解できずに 
 
数千円の駐車場に数万円の募集看板を立てたりすれば 
 
当然上司からは叱責されますから 
 
働くのであれば 
 
常に合理性を頭に入れて行動する事が求められます。 
 
これが逆に 
 
プライベートにまで合理性ばかり持ち込むと 
 
友達はいなくなります。 
 
私が以前ゴルフをたまにご一緒した方で 
 
この原則が分からない人がいて周りから疎まれていました。 
 
例えば昼飯で 
 
私が1400円のラーメンを頼むと 
 
“そんな不味いラーメン私なら500円でも食べない” 
 
とか 
 
あるいは他の方が高級外車でゴルフ場に来た時に 
 
“一人でそんなにガソリン代を使ってまで安いゴルフ場に来ても意味がないね” 
 
みたない話しを年から年中するもですから 
 
皆自分のお金で遊びに来てるので不快になり 
 
結果誰も相手にしなくなった訳です。 
 
このタイプ 
 
私が知る限りエンジニアの人に多いですね 
 
その方もIT関係のエンジニアでした。 
 
そんな訳で 
 
普通語るまでもありませんが 
 
たまに理解できない人がいますから 
 
桜の今の時期 
 
なんで桜が咲いてるのか 
 
ただ眺めるだけではなく 
 
その不合理さ 
 
ここにも思いを至らして欲しいって訳です。 
 

>> 返信
 

 4月 15日 (土)
 自分を疑う事の大切さ
浅田真央さんの当然の引退宣言 
 
驚きましたね。 
 
驚いたのは引退そのものではありません。 
 
最近全盛期と比べれば随分成績が落ちましたから 
 
あまりにも痛々しいので 
 
むしろ早く引退した方が良いのに 
 
なんて私は思っていました。 
 
私が驚いたのは 
 
マスコミの取り上げ方です 
 
大手新聞は一面で引退を報じ 
 
テレビはニュース番組でトップの報道でしたし 
 
緊急特番を組んだテレビ局もありました。 
 
私も真央さんは好きですが 
 
総理大臣が辞任した時並の取り上げ方に驚いた訳です。 
 
まぁしかしよく考えれば 
 
王貞治とか長島茂雄とか 
 
昔からスター選手の引退は派手に報道されてきましたが 
 
何で私は今回の真央ちゃんの報道に違和感を感じるのでしょうか? 
 
まぁ私の感覚がずれてるって事ですよね。 
 
国民の大半は妥当な報道ぶり 
 
そう思ってるはずです。 
 
では私はどうして感覚がズレてるのか? 
 
それはフギュアスケートにあまり興味がないからですよね。 
 
オリンピック以外の試合はほとんど見る事がありません。 
 
妻はフィギュアスケート大好き人間ですから 
 
私が家に戻ると 
 
挨拶もせずにテレビに釘付けになってる事がよくあります。 
 
そんな時には私は興味も無いのにタラタラ一緒に観るのも苦痛ですから 
 
ゴルフクラブを持って庭で素振りをする訳です。 
 
近所の皆さん 
 
真冬の寒い夜に 
 
私が庭で素振りをしてるのを見て 
 
私が随分熱心にゴルフをやってる 
 
なんて思ってるかも知れませんが 
 
そうではありません。 
 
テレビを観るのが苦痛だからそうしてるのです。 
 
逆に言えば 
 
私がゴルフの素振りをしてる時は 
 
フィギュアスケートの試合をやってると思って間違いありません。 
 
そんな訳で 
 
私がフィギュアスケートに余り興味が無いから 
 
真央ちゃん引退の報道の過熱ぶりに違和感を覚えるのですが 
 
それを自分の感覚がずれてる 
 
そう言い切れるのは 
 
フィギュアスケートはゴールデンタイムにやってるからです。 
 
それだけ国民の人気が高いからでしょう。 
 
それと比べ 
 
私が好きなゴルフは 
 
まずゴールデンにやる事はありません。 
 
それどころか 
 
日中にテレビを見れない私は 
 
地上波で見る事すらできません。 
 
せいぜいケーブルテレビで夜10頃から見始めて 
 
すぐに睡魔に襲われる 
 
そんなパターンです。 
 
ですから 
 
放送時間の違いで 
 
私の感覚の違いを確信できるのです。 
 
この自分の感覚と 
 
他人の感覚の違いの確認 
 
これは不動産の仕事では大切です。 
 
私は若い頃はその事がしっかり理解出来ずに 
 
随分失敗しました。 
 
その時の私の感覚のズレは 
 
不動産の価値に対する感覚のずれです。 
 
私はお客様に不動産を勧める時に 
 
市場価格だとか流通性だとか 
 
そんな事を過剰に重視して 
 
お客様の価値観の把握におろそかになって 
 
チャンスを失った事が何度もあるのです。 
 
一番多かったのは 
 
建物から入って土地探しをする方ですね。 
 
つまり 
 
どこでどんな建物を建てるか 
 
それを先に決めてから 
 
その建物が建つ土地を探す 
 
って人達です。 
 
そんなお客様は 
 
建物予算が過剰になり 
 
土地に充てる資金が少なくなるのです。 
 
そうするとどうなるか? 
 
安い土地を求める事になりますから 
 
どうしても道路が狭いとか 
 
日当たりが悪いとか 
 
駅から遠いとか 
 
あるいはその悪い要素が全部揃ってるとか 
 
そんな土地になる訳です。 
 
私はいつも 
 
建物はいずれ価値が無くなるのにもったいない 
 
なんて思ってますので 
 
どうしてもその固定観念が邪魔して 
 
成約に至らなかった訳です。 
 
今になれば 
 
土地より建物重視のお客様 
 
それはそれで本人の価値観ですから 
 
どうして尊重できなかったのか? 
 
なんて思いますが 
 
若い頃はそこに思いが至らなかった訳です。 
 
そんな体験をしましたので 
 
真央ちゃんの過剰報道を観ても 
 
ズレてるのは自分 
 
そんな思いにすぐ気づくのです。 
 
ただ 
 
たくさんいますよね。 
 
自分の価値観を疑う事ができない中高年の男性 
 
私もこの仕事をしてなければそうなってたと思います。 
 
しかしそれは視野が狭い証ですから 
 
できれば改めるべきですね。 
 
これができないと 
 
たまに症状が悪化して 
 
実社会でうまく生活ができずに 
 
ネットの掲示板に書き込んでは 
 
同じ考えの人のコメントを集めてプライドを保つ 
 
なんて事になります。 
 
ネットでは人気者 
 
実社会では変わり者って訳です。 
 


  フィギュアスケートには興味ありませんでしたが、真央ちゃんの演技だけにはとてつもなく魅了され応援したくなる選手でした。
なる ..4/15 17:06(土)

  >なるさん
特に中学生の時に
今より足が短く
ぴょんぴょん飛び跳ねてた時にはつい惹きこまれましたよね
はるぼ ..4/16 9:03(日)
>> 返信
 

 4月 16日 (日)
 災難があっても元気に笑い飛ばせる・・私はそういう者になりたい
昨日は北朝鮮が核実験を強行する可能性が語られてましたが 
 
これまでの所はどうやら思いとどまってるようで一安心ですね。 
 
しかしまだ緊張状態は続いてますので 
 
気は抜けません 
 
今回核実験をすればアメリカは軍事行動に移る可能性が高いと言われてますから 
 
1000基以上あると言われてる射程距離が日本に届くミサイル 
 
これが雨のように私達の上に降ってくるんでしょうかね? 
 
心配ですが 
 
最後は金正恩の正気に期待したいところです。 
 
正気であれば核実験をすれば 
 
自らの命もありませんから 
 
思いとどまるはずですが 
 
もしそうでなければ 
 
世界には自爆テロを行うような 
 
頭がおかしい人もたくさんいる訳で 
 
もしかしたら国家の自爆テロ 
 
なんて事をやらかす可能性もありますからね。 
 
恐い話しです。 
 
今の時代はたくさんの人間が地球上に生きていて 
 
その欲望が暴発して人類を破滅させないために 
 
秩序だとかは抑止力だとか 
 
またそれを作り上げる基礎の教育だとか 
 
そんな事でなんとか大部分は平穏を保っていますが 
 
しかしそれが機能するためには 
 
人間の脳 
 
特に指導者の脳がブチ壊れていない 
 
これが大前提なります。 
 
そうやって考えると 
 
改めて私達人類は 
 
本当に不安定で危うい物の上で生きてるんだって事が分かりますよね。 
 
金正恩が正気でなかったとすれば 
 
おそらく数十万人単位 
 
もしかしたら数百万人単位の人が死ぬ事になりますが 
 
それでも地球上には70億以上の人間がいる訳で 
 
世界規模で見ればわずかですよね。 
 
ところが 
 
数千発の核兵器を持ってるアメリカ 
 
この大統領の精神がおかしくなったら 
 
どうなるんでしょうね? 
 
核ボタンは大統領が持っていて 
 
しかも外遊する時には持ち歩いてるそうですから 
 
専用機の中でワインを飲み過ぎて 
 
ついうっかり 
 
なんて事になりませんかね? 
 
私はそっちは本当に心配です。 
 
原発が賛成とか反対とか 
 
日本では議論になりますが 
 
人類は原子力を手入れた段階で 
 
もう破滅は約束されてる 
 
そう言う人もいます。 
 
破滅がくるのは規定路線で 
 
問題はその時期だけ 
 
って話しです。 
 
それが本当かどうかは分かりませんが 
 
私自身は信憑性を強く感じています。 
 
核兵器廃絶の動きはありますが 
 
多分無理でしょうね。 
 
アメリカは個人の銃さえ手放せない訳ですからね。 
 
一度手に入れた無敵の武器 
 
これは絶対に手放さないはずです。 
 
って事は 
 
私達人類は 
 
これから先も 
 
アメリカ大統領の精神を心配しながら生きて行く事になります。 
 
まぁしかしそんな世界の事を心配し過ぎるのは愚かですよね。 
 
私達ではどうにもなりませんし 
 
むしろ個人レベルではいつ命に関わる災難が襲うかも知れない中で生きてる訳ですからね。 
 
ガンで余命宣告されてる人を知っていますが 
 
その人に取っては 
 
どう考えても人類の破滅より自分の死が先に来るわけで 
 
将来核戦争が起ころうが関係ないって事になりますよね。 
 
大体個人の死と言う意味では 
 
病院で治療に散々苦しんだ挙げ句死ぬよりは 
 
核爆弾で何の苦しみもなく死ぬ 
 
こっちの方が良いとも言えます。 
 
ですから 
 
突き詰めて考えれば 
 
人類の絶滅を心配するのは愚か 
 
こんな事になるかも知れません。 
 
しかし私達人間は 
 
脳が発達したためにこの不合理な心配をするんですよね。 
 
私達の仕事で思うのは 
 
高齢者が先の心配をする時ですね。 
 
特に資産のある方が 
 
10年先20年先の日本の経済を心配する 
 
そんな事があります。 
 
私が大変お世話になった方も 
 
リーマンショックで世界の経済は20年は元に戻らない 
 
なんて話しを散々心配そうに語ってましたが 
 
その数ヶ月後に亡くなりました。 
 
また不動産の仕事をしてると 
 
この逆もよく見ます。 
 
将来の心配は全く心配しない 
 
そんな人達です。 
 
蓄えが全くなくても 
 
毎日人生を謳歌して生きてる人 
 
世の中にはたくさんいます。 
 
これはこれで大問題ですが 
 
しかしいつも思いますが 
 
本当に人生ってのは不安定ですから 
 
いつもそれに向けて心の備えをする 
 
これは人生の質を高めるには欠かせない 
 
そう思います。 
 
私の身近で 
 
離婚しても何も変らず仕事をして平然としてる人もいれば 
 
家族に癌が見つかっても 
 
全く動じること無く生きてる猛者もいます。 
 
私よりはるか年下ですが 
 
すごいと感心します。 
 
私のゴルフ仲間にも 
 
ご自身が末期の膵臓癌で 
 
発見された時には手術ができないほど進行していましたが 
 
まだ私と定期的にゴルフをしています。 
 
その方の自慢話が面白いですね。 
 
“俺は千代の富士より先に癌が見つかり、しかも千代の富士は手術ができたけど 
おれはその段階で手術も出来なかった 
にもかかわらず俺はあの大横綱より長生きしてる 
すごいよね、それって“ 
 
そう言って満足そうに声を上げて笑います。 
 
はいその通りです 
 
本当にすごいです。 
 
もう私の中では 
 
千代の富士よりはるかに偉人です。 
 
 
そんな人達にたくさん出会い 
 
できれば 
 
不幸に見舞われたときに 
 
笑い飛ばせる 
 
そんな人間になりたいと思ってますが 
 
私には無理かも知れませんね。 
 
心配で 
 
毎朝パソコンを立ち上げると 
 
真っ先に北朝鮮情勢を検索しています。 
 


  自分とこが核をもっているのに他国が持つのを許さない。。アメリカを世界の警察と認めてない北朝鮮からしたらおかしな話ですよね
saikoo ..4/17 12:33(月)

  > saikoo さん
確かにおっしゃる通り
北朝鮮から見れば矛盾だらけですよね
大体北朝鮮がここまで頑なになるのは
毎年米韓の合同演習が行われるからですよね
威嚇しておきながら武器を捨てろ
って言ってる訳ですから
とても飲めないのかも知れません
はるぼ ..4/17 17:59(月)
>> 返信
 

 4月 17日 (月)
 長い共有時間は憎しみの温床
静岡県警察の刑事部長が失踪した事件で 
 
ネットでは色んな噂が飛交ってましたね 
 
暴力団取り締まりの先頭に立って指揮した方ですから 
 
もしや? 
 
なんて話しは誰でも頭に浮びます。 
 
まぁしかし結果を見れば自殺って事だった訳ですが 
 
その理由が家族とケンカしたから 
 
って事のようです。 
 
警察の最前線で犯罪者と対峙した人が 
 
家族と口論しただけで自殺? 
 
どうも附に落ちない感じもしますが 
 
しかし少し考えれば 
 
この家族ってのは 
 
やっかいな側面もあるんですよね。 
 
日本で起こる殺人事件の半数以上は親族間で起こる 
 
なんて話しも聞きました。 
 
また殺人まで至らなくても 
 
暴力で警察沙汰 
 
なんて家族は私達の入居者でもよく起こりますし 
 
最悪なのは両親を息子が刃物で脅して立てこもり 
 
テレビで生中継された 
 
なんて事もありました。 
 
その後入居者は出ていただきましたが 
 
それ以来部屋は空室のままです。 
 
そんな訳で 
 
親族は扶養義務が課されてるように 
 
お互い支え合うべき存在ですが 
 
しかし実際には長く時間を共有する事により 
 
親子であっても憎悪が深まる 
 
こんな危険な面も存在しています。 
 
まぁしかし子どもは親を選べませんからね 
 
虐待を行うような家庭に生まれたら 
 
本当に運が悪かった 
 
そう思いますね。 
 
森友学園の事件では 
 
強烈な籠池夫婦がテレビ画面を賑わしましたが 
 
息子の一人は自殺してるそうですが 
 
なんとなく分かりますね。 
 
あんなのが教育者って事になってますが 
 
この教育ってのは本当に危険ですよね。 
 
必要であるのは間違いありませんが 
 
これを行う人が未熟だったり邪悪だったり 
 
また籠池夫婦のように妄想の傾向があったりすると 
 
考えが偏り悲劇になります。 
 
それと誤解を恐れずに言えば 
 
私の知ってる限り 
 
学校の先生の家庭で 
 
子どもが成長したら 
 
親子の縁が切れたり 
 
切れなくても遠のいたり 
 
なんてケースは本当によく目にします。 
 
どうしても教育の観念が強いと 
 
子どもに厳しくなりますから 
 
子どもは反発したり 
 
あるいはその反発を未成年の内は封印して 
 
成人して独立したら 
 
親とはなるべく関わりたくない 
 
そう思うようになる訳でです。 
 
まぁしかし 
 
子どもの教育に完璧はありません。 
 
甘やかせば弱い子になり 
 
結果仕事もせずに引き籠もる 
 
私達のお客様でもよく目にします。 
 
ですから 
 
厳しすぎてもだめ 
 
甘やかし過ぎてもだめ 
 
本当に難しい物です。 
 
言い方を変えれば 
 
子どもであっても 
 
自分の思うように作り上げる 
 
なんて事はできないって事です。 
 
って事は 
 
子ども以外の他人 
 
例えば会社であれば社員 
 
これも私が社員を作り上げる 
 
なんて事は絶対にできません。 
 
せいぜい少し影響を与える 
 
そんな感じです。 
 
そんな訳で 
 
家族は軋轢が深まると 
 
殺人に発展するほど憎み合いますが 
 
会社も時間を長く共有しますから 
 
同じ危険性があります。 
 
悲劇につながないためには 
 
お互いに 
 
会社では決められた最低限のルールを守れば 
 
それ以外の事は干渉しない事です。 
 
特に会社では上下関係が存在しますから 
 
部下が思い通りにならないのは当たり前で 
 
指導は 
 
会社の業務に対してのみ行うべきあって 
 
家庭やなんかのプライベートまでは踏み込むべきではない 
 
私はそんな考えです 
 
ですから 
 
結婚しても 
 
奥さんが挨拶に来ない 
 
なんて事もありますが 
 
それはそれで 
 
家庭の問題ですから 
 
私はあえてどうのこうのとは言いません。 
 
まぁそんな感じです。 
 

>> 返信
 

 4月 18日 (火)
 人の命も惜しまれる内が花
地球規模の問題は温暖化 
 
日本の国の問題は少子高齢化 
 
って言われて久しいですが 
 
ここに来て実感できるようになりましたね。 
 
温暖化は明らかに進んでいて 
 
それが一番分かるのが植物です。 
 
以前は東京では育たなかった沖縄の植物が 
 
随分育つようになりました。 
 
私の自宅の塀は 
 
沖縄の実家のイシバーと言う植物で覆われていますが 
 
これは以前は冬には枯れて育ちませんでしたが 
 
今は沖縄の実家のそれよりも逞しく育っていて 
 
毎年トリミングが大変です。 
 
それと高齢化 
 
これは不動産の仕事をしていると 
 
明らかに問題が深刻なのが分かります。 
 
一人暮らしのお年寄りが認知症になり 
 
問題を起こすケースが増えてるのです。 
 
最近でも頻繁にトイレを詰まらせるお年寄りが 
 
何度も何度も階下の住人に迷惑をかけたり 
 
あるいはガスコンロを暖房代わりに燃やし続けるお年寄りがいて 
 
ボヤ騒ぎを起こしたりと 
 
本当に深刻です。 
 
でも 
 
実際に深刻なのは 
 
高齢化そのものではありません。 
 
核家族化です。 
 
つまり 
 
年寄りが認知症になって危険な状態でも 
 
子供に頼れない 
 
そんな社会になってしまったのです。 
 
先ほどの例で言えば 
 
いずれもお子さんがいる訳で 
 
当社の担当者は 
 
一時的にでも預かって貰えないか? 
 
ってお子さんに頼みましたが 
 
拒否です。 
 
その結果 
 
アパートの他の入居者や私達は 
 
そのお年寄りの行動に怯えながら生きてる訳です。 
 
そんな訳で 
 
この高齢化と核家族化は 
 
昔であれば大切にされたお年寄りを 
 
一番やっかいなゴミにしてしまった 
 
って感じです。 
 
まぁどうしてそうなったかと言えば 
 
医療が進歩したからですよね 
 
昔ならとっくに死んでた人が 
 
車イスに乗ったり 
 
あるいは寝たきりになったりして長く生きる訳です。 
 
医学の進歩がこんな社会にしたのであれば 
 
最後まで病院は責任を取れば良いのですが 
 
実は今は病院はお年寄りを長く入院させてくれません。 
 
無理矢理追い出します 
 
 
理由は診療報酬が長期入院だと安くなるからだそうです。 
 
つまり儲からないから追い出す訳です。 
 
国の財政事情を考えれば仕方ないかも知れませんが 
 
であれば 
 
余計な延命処置は止めてくれと言いたくなりますよね。 
 
でも 
 
病院は治療をしなければお金が貰えませんから 
 
そう言う訳にも行きませんよね。 
 
そんなシーンをたくさん見ると 
 
これから自分の問題として降りかかる訳ですから 
 
暗い気持になりますが 
 
まぁ考えても仕方がないので 
 
あまり考えないようにしています。 
 
自分の問題からは目を反らせますが 
 
そんな訳で 
 
私達はこの高齢化社会で 
 
家族からもゴミ扱いのお年寄り 
 
これから人生最後の行程に進むためのお手伝い 
 
増えると思いますね。 
 
そうやって考えると 
 
大変な仕事ですが 
 
しかし 
 
家族がゴミ扱いしてるのに 
 
私達は最後の面倒を見る訳ですから 
 
間違いなく感謝はされますよね 
 
そうすれば 
 
何か良いことがあるかも知れません 
 
例えば 
 
そのお年寄りに莫大な財産があって 
 
遺言書で 
 
ハウスショップの○〇君にすべて相続させる 
 
なんて一筆が見つかるかもしれません。 
 
ん? 
 
無いですねそんな話しは 
 
皆さんアパートで一人暮らしですから 
 
元々財産は無いんです。 
 
まぁしかし 
 
最後に感謝されれば 
 
きっと良い事もありますから 
 
頑張って下さいね 
 
社員の皆さん方 
 
いずれ 
 
みんなが歩む道です 
 
この経験は 
 
自分の人生の終焉にも 
 
大きく役立つはずです。 
 
 
 
ふぅ 
 
あまり説得力がありませんね 
 
いずれにしても 
 
若い社員達が 
 
少し嫌気が差してます。 
 
 
 
 

>> 返信
 

 4月 19日 (水)
 不安は金になる
以前私が休みの日に 
 
自宅の庭の手入れをしていると 
 
作業着姿の若い男がやってきて 
 
近くで屋根の工事をしていて前を通りかかったら 
 
うちの屋根のクギが抜けかけてて 
 
“放置すると屋根が飛んでしまい大変な事になりますよ。“ 
 
なんて言いました。 
 
私はあえて 
 
“有り難うでは知合いの工務店に見て貰うから” 
 
って言ったら 
 
残念そうに帰って行きました。 
 
でこれで終わりかと思いきや 
 
私がいない時に何度も何度もやってきて 
 
妻に 
 
早くしたほうが良いですよ 
 
って言ったそうです。 
 
さすがに妻が怖がり始めたので 
 
私が電話を入れてガツンと言いました。 
 
いい加減にしろと 
 
まぁ話せば長くなりますが 
 
このクギが出てる理由は私が一番良く分かっています。 
 
これは遠くから見ればクギに見えますが 
 
元々はアンテナを支えてたボルトです。 
 
些細な事で不安にさせて取り入る 
 
悪徳リフォーム業者の最近の手口のようです。 
 
で 
 
私の件はそれで終わりましたが 
 
先日近くの家で 
 
同じ男が家に招き入れられるの偶然みかけました 
 
多分見事に騙されたのだと思いますが 
 
見ず知らずの人に証拠もないのに止めさせる訳にも行きませんので 
 
通り過ぎましたが 
 
まぁこの手法が長く続くとも思えませんが 
 
少なくともこのブログを見てる人は引っかからないようにして貰いたい物です。 
 
しかしこの業者だけでなく 
 
世の中は不安をビジネスにする 
 
なんてのは多いですね。 
 
保険のように安心と引き替えであれば 
 
その出費も納得できるのもあれば 
 
霊感商法のように 
 
詐欺の部類に入るケースも多いですね。 
 
では 
 
ビジネスと詐欺の分かれ目は何でしょうか? 
 
それは 
 
その不安の根拠の信憑性です。 
 
例え確率が少なくても 
 
交通事故を起こす可能性は疑う余地はありませんから 
 
保険に入り安心感を得る 
 
これは何も問題がありません 
 
大地震が来れば建物が倒壊する可能性がありますから 
 
耐震補強をする 
 
これも本人がそれによって安心して眠れる訳ですから 
 
合理的な出費となります。 
 
ところが 
 
本来存在しない事で不安をあおり金儲け 
 
これは邪悪な証です。 
 
先ほどのリフォーム業者は 
 
実際には屋根の固定とは無関係の突起物を 
 
“屋根が飛んでしまいます” 
 
なんて言って金儲けをする訳ですから 
 
これはいけません。 
 
悪霊の話しを持ち出して不安にさせ 
 
高い壺を売る行為と根は一緒です。 
 
ですから 
 
騙されないためには 
 
不安の根拠 
 
これをしっかり見極めれば良い 
 
って事も言えます。 
 
ただ 
 
世の中 
 
そう単純な話しばかりではありませんね。 
 
不動産の世界でも 
 
実際には存在するかどうか定かではない 
 
そんな不安もあります。 
 
例えば借り入れで投資をすれば 
 
将来の入居率 
 
あるいは地価の下落 
 
いずれも不安材料ですが 
 
それは不確定です。 
 
そんな不安心理を過剰に利用するビジネスモデルも存在しますから 
 
これは要注意です。 
 
最近目に余るのがリフォームですね。 
 
アパートに入居者が決まらない 
 
そんな時に 
 
今の時代に合わせたリフォームをして 
 
そして入居者を確保する 
 
これは理にかなった行為ですが 
 
しかし 
 
これは不動産屋によっては 
 
入居者を決める事より 
 
高額のリフォームが目的 
 
なんて会社もあります。 
 
この話し 
 
具体的に書くと 
 
また私は地元で敵を増やしますから書きませんが 
 
いずれにしても 
 
家主さんは 
 
入居者が決まらず 
 
高額のリフォームの話しが来たら 
 
そのリフォームが 
 
本当に入居者を確保するために行われるのか 
 
それとも 
 
不動産屋の儲けのために行われるのか 
 
この見極めを意識するだけで 
 
随分負担は違ってくるはずです。 
 
具体的にはかけないと言いましたが 
 
時々 
 
信じられない話が 
 
お客様から入ってくるのです。 
 
 
 
 
 


  リフォームがらみで殺人事件がありましたね。
リフォーム ..4/18 18:50(火)

  >  リフォーム さん
はいあれは残酷な事件でしたね。
何があったか分かりませんが
あんな悪質な人間も居るんだって事
しっかり頭に入れたいですね。
はるぼ ..4/19 16:47(水)
>> 返信
 

 4月 20日 (木)
 妻を同伴する習慣に馴染めない男達の旅行
国の首脳が外遊する時に 
 
奥さんを同伴する事が定番になりましたね 
 
いわゆるファーストレディーって訳です。 
 
こうなるとファーストレディーも美人を連れて歩くと 
 
なんだか格が上がったような 
 
そんな雰囲気がありますね。 
 
その意味ではトランプさんの奥さんは 
 
まぁダントツって感じですね。 
 
他の国の首脳の奥さんが気の毒になります。 
 
この奥さんを公式の場に同伴する習慣 
 
元々は欧米の文化ですよね。 
 
日本を含め 
 
アジアではあまり奥さんを公式の場に出すことは無かったように思います。 
 
女性は慎み深さが求められる 
 
そんな空気があったから当然そうなる訳です。 
 
しかし今は 
 
将来国の指導者になる事を目指すのであれば 
 
アジアでも 
 
奥さんはモデルか女優って事になるかも知れませんね 
 
習近平さんの奥さんは女優だったそうですが 
 
どうもだんなさんは 
 
将来国の指導者になる事を意識して奥さんを選んだ 
 
そんな気がします。 
 
いずれにしても 
 
日本でも元々は奥さんはあまり表に出なかったのが 
 
欧米に倣い 
 
ファーストレディーの出番は増える一方って感じになりましたから 
 
これからは 
 
選挙の時には 
 
奥さんの美貌も判断材料になって行くかもしれません。 
 
何も政治家に限らず 
 
日本社会そのものが 
 
奥さんを表に出す 
 
そんな機運が高まりましたね。 
 
まぁその意味では 
 
欧米の文化が浸透して良かった 
 
そう言って間違いないでしょう。 
 
が 
 
この変化 
 
少し問題もあります。 
 
奥さんが表に出る環境自体は否定する事はありませんが 
 
日本人には 
 
表に出るのを嫌がる女性 
 
これもたくさんいる訳です。 
 
奥さんだけでなく 
 
ご主人も奥さんを連れて人前に行くのが苦手 
 
これも間違いなく存在します。 
 
奥さんからすれば 
 
例えば 
 
ご主人の会社の同僚の親睦会で 
 
他の方達が連れて来る奥さんが若くて綺麗 
 
なんて事であれば 
 
とてもそんな場所には行きたくない 
 
そう思うのも仕方がありません。 
 
大体人前に奥さんを連れて来る方達は 
 
皆奥さんに自信があるからですよね。 
 
綺麗な女性を射止めた 
 
って事であれば 
 
自分の価値が高いよ 
 
ってアピールできます。 
 
であれば 
 
人前に連れて行きたがるのも当然です。 
 
しかしそれはそれで否定はしませんが 
 
そんな人達の中には 
 
時々 
 
“○○さんも奥さんを連れて来てくださいよ” 
 
なんてしつこく言う人 
 
たまにいますよね。 
 
でもこれは迷惑ですね。 
 
相手には 
 
奥さんを連れてこない理由がある訳ですから 
 
しつこく聞くのは失礼です。 
 
自分の奥さんは 
 
たとえば綾瀬はるかみたいな若くて綺麗な子 
 
だったとすれば連れて歩きたいでしょうが 
 
相手の奥さんは 
 
年上で 
 
見た目は老婆 
 
って事もある訳です。 
 
まぁそんな訳で 
 
奥さんを連れて歩く人は 
 
それはそれで良い事ですが 
 
連れて歩かない相手にも 
 
少し気配り 
 
これを意識した物です 
 
あっといけない 
 
誤解されそうなので言っておきますが 
 
老婆って 
 
私の妻の事ではありませんよ 
 
絶対に 
 
ただ私が妻とあまり表に一緒に出ないのは 
 
私達は 
 
お互い沖縄の田舎で育ちましたから 
 
昔の習慣が染みついてるのです。 
 
ですから 
 
私だけではありません 
 
私の同級生も 
 
誰一人奥さんを人前には連れて歩きません。 
 
家庭では夫婦仲良く 
 
家庭以外ではお互いそれぞれの世界を楽しむ 
 
これが私達の習慣です。 
 
さて 
 
明日から 
 
そんな男達だけの旅行です。 
 
10人揃って 
 
男だけであっちこっちウロウロします。 
 
異様でしょうね 
 
でも 
 
私達はそれが自然で心地良いのです。 
 
そんな訳で 
 
今日から日曜日まで 
 
私は連絡が取りづらくなります。 
 

>> 返信
 

 4月 21日 (金)
 駆け引きの最前線で神経をすり減らして対価をいただく
同じ日本の大都市でも 
 
東京と大阪は色んな意味で随分違いがあります。 
 
一番強く思うのは言葉ですね。 
 
世界の大都市で 
 
たかだか500km位しか離れてないのに 
 
これほど言葉が違う国はあるんでしょうかね。 
 
言葉だけではなく 
 
人間の性格も随分違うようです。 
 
最近テレビでやってて驚いた事に 
 
東京の人は店で買い物をする時に値切る人はまずいませんが 
 
大阪の人はほぼ100%値切るそうです。 
 
面白いですよな 
 
同じ日本でありながらそれだけ商慣習が違う訳です。 
 
ただ 
 
東京では日頃の買い物で値切る人はいませんが 
 
車だとか不動産だとか 
 
高価な物は価格交渉が入ります。 
 
ですから 
 
不動産の世界においては 
 
大阪の商売人と同じで 
 
プロには交渉力が求められます。 
 
この能力の違いが営業成績の違いとも言えます。 
 
ただ不動産屋 
 
特に零細の建売業者はたまに 
 
少し価格交渉を入れただけで 
 
ブチ切れる人が居ますから要注意です。 
 
私も以前そんな業者に値引交渉を入れたら 
 
いきなり 
 
“お前何年不動産屋をやってんだ” 
 
から入られましたね。 
 
このような情緒不安定型は 
 
大体先々モメますから 
 
原則的に相手にしないのが私の方針です。 
 
大体そんな業者は消え去りますが 
 
しかし東京ではしばらくなんとか務まっても 
 
大阪で最初から絶対に務まらないでしょうね。 
 
そんな訳で 
 
東京でも不動産の世界では 
 
価格の折り合いをつける 
 
これが求められる訳ですが 
 
では私達がいただく仲介手数料 
 
これはどうでしょうか? 
 
これはほとんど値引交渉を入れる人はいませんが 
 
たまになんとか成らないのか? 
 
なんて言ってくる方がいます。 
 
ここは仲介業者としては悩むところですが 
 
私は社員に仲介料の値引は禁止しています。 
 
それは 
 
一部のお客様に仲介料の値引を認めれば不公平になるからです。 
 
ですから 
 
私達は仲介料に見合ったサービを提供して 
 
そして報酬をいただく 
 
この原則を貫いてる訳です。 
 
それと仲介料の値引を禁止してる理由は 
 
私は若い頃からたくさんの部下を見てきて 
 
はっきり分かりますが 
 
これはクセになります。 
 
さらに悪化するおt 
 
お客様から値引の交渉が無くても 
 
勝手に仲介料を値引くようになります。 
 
こんな場合 
 
本人に注意しても 
 
この契約は止む得なかったとかなんとか言い訳をしますが 
 
私としては全社員の動きを見てますから 
 
一人の人間に仲介料の値引は集中してると言う事実 
 
これを指摘して指導する訳です。 
 
不動産に限らず 
 
ビジネスは 
 
それぞれ金儲けですから 
 
お客様との駆け引きの中 
 
そのギリギリの境界線で神経をすり減らしながら行う物です。 
 
これが 
 
その努力を惜しんで 
 
楽な方向に安易に進んでは 
 
商売人としては失格です。 
 
大阪の商売人も 
 
しつこく値引を求めるお客様に 
 
ああだこうだと粘り強く頑張ってるから 
 
商売として成り立つのです。 
 
逆に言えば 
 
これがビジネスマンの腕の違いの見せ所です。 
 
これができなければ 
 
そんな駆け引きのない仕事を選ぶべきです。 
 
不動産の仕事ももちろんビジネスですから一緒です。 
 
楽な道を歩み始めたら 
 
もうこの世界に長くいる事はできません。 
 
だから 
 
私は社員に弱気の芽を見たら 
 
呼んで指導する訳です。 
 
私達生きる場所は 
 
駆け引が激しくて 
 
神経をすり減らす 
 
そんな世界だって事を理解して 
 
頑張りましょうって事です。 
 

>> 返信
 

 4月 22日 (土)
 金持ちの家に生まれたら勤労意欲欠乏症に注意
千葉でベトナム人の女の子が死体で見つかり 
 
その後逮捕された容疑者は 
 
その子が通う学校の保護者会の会長でした。 
 
本当に驚きましたね 
 
映し出される犯人の映像を見て 
 
私まで憎しみが沸いてきました。 
 
しかしその後の報道を見て 
 
この犯人の男 
 
多分資産家の家に生まれなければ 
 
そんな事件は起こさなくて済んだかも知れない 
 
そんな風にふと思いました。 
 
理由は簡単です 
 
この男は仕事を辞めてますが 
 
辞めた理由は親族から財産を引き継いだからです。 
 
つまり働かなくても良くなったのです。 
 
この本来働き盛りの大の男が仕事をしないと言う事 
 
これは大変な弊害があるって事です。 
 
具体的には 
 
時間が有り余りますが 
 
普通の人は働かなければなりませんから 
 
その有り余る時間に付き合う人はいません。 
 
その結果 
 
自分の意識が別世界に行ってしまうのです。 
 
そして 
 
欲望の制御力だとか 
 
あるいは現実の認識力とか 
 
そんな物が弱まって来て 
 
結果信じられないような事件を起こす訳です。 
 
ですから 
 
この男は 
 
多分資産が手に入らなければ 
 
普通に人生を全うできたかも知れない 
 
そんな風に思うのです。 
 
どうしてそんな思いに至るかと言うと 
 
似たような人達をたくさん知ってるからです。 
 
資産がある環境に生まれたが故に 
 
働く意欲を失い 
 
結果 
 
世間からずれてしまった人を・・・ 
 
犯罪を犯さないまでも 
 
働く意欲を削がれた人達は 
 
その環境故に不幸なる危険があります。 
 
まぁしかし子どもに 
 
うちはお金持ちだから将来働かなくて良いよ 
 
なんて言う親もいないと思いますが 
 
こどもは親を見ていれば 
 
自分の家がお金持ちだってのが分かりますからね 
 
言葉で言わなくても 
 
空気で 
 
働く必要はない 
 
なんて感じてる訳です。 
 
ただ親が生きてる内は親の財産ですから 
 
相続するまでは 
 
一応働かなければなりませんよね。 
 
仕方なく申し訳程度に働く訳ですが 
 
親が亡くなった途端にすぐに仕事を辞めて 
 
ブラブラしますが 
 
それでは世間体が悪いので 
 
ボランティアをしたり 
 
あるいは今回の容疑者のように 
 
保護者会の会長をやったりする訳です。 
 
ですから 
 
今後 
 
こんな男の被害に遭わないためには 
 
この勤労意欲を失った男達 
 
少し注意する事ですね。 
 
私なら 
 
肩書きは保護者会の会長でも 
 
無職と言うだけで最大限警戒します。 
 
逆に言えば 
 
社会的評価の高い肩書きでも 
 
特に働き盛りの無職の男は信用してはいけないって事です。 
 
政治家でもよくいますよね 
 
最近も週刊誌で女性問題を暴露された二世議員もいましたが 
 
あれもまさに味方を変えれば 
 
生まれた環境の被害者 
 
そんな側面もあります。。 
 
私は若い頃から 
 
たくさんのお金持ちを見てきました 
 
その結果 
 
恵まれてる家に生まれたつもりが 
 
じつは逆だった 
 
なんてケースを実際に目にしてきたのです。 
 
特に私のように長くこの世界にいると 
 
私が最初会った頃は 
 
大変可愛い子供だったのに 
 
いつの間にか大人になって 
 
お父さんの財産を引き継いだ 
 
なんてとこまで目にする訳です。 
 
だから 
 
断言できるのです 
 
資産家の家に生まれたら 
 
勤労意欲欠乏症に注意しましょうって。 
 


  当社のOB達も退職後、することがなく、家にいると嫁さんからは鬱陶しがられて、結局、給料はいくらでもいいからと、再就職するひとが多いですね。
たか ..4/22 9:58(土)

  >たかさん
定年退職はみなさん働き盛りの間はしっかり働いた訳ですからその後の人生はご自分で決めれば良いと思いますが若い人がぶらぶらするとロクな事になららないように思いますね。
はるぼ ..4/22 12:37(土)
>> 返信
 

 4月 23日 (日)
 心の健康法は意識て手に入れています。
山一面を覆う花々 
 
凄いですよね。 
 
一度でいいから是非見てみたい物です。 
 
これカリフォルニアで起こった 
 
Super bloom って現象だそうです。 
 
どうしてこんな事になったかと言うと 
 
カリフォルニアは4年もの間大干ばつに見舞われてましたが 
 
この冬は十分に雪と雨が降り 
 
一気に草花が芽吹いたって訳です。 
 
しかしこの植物の種はすごいですよね 
 
何年もじっとしていて雨が降るのを待ってるんですよね。 
 
数年前 
 
2000年以上も昔の蓮の実が発芽した 
 
なんてニュースがありましたが 
 
2000年もの間種は生きてたんですよね。 
 
そんな事に思いが至ると 
 
本当に生命は不思議な物だと思いますね。 
 
植物は動物とは全く違う存在に見えますが 
 
しかしどっちも遺伝子で設計図が書かれてる訳ですから 
 
元々は一緒って事です。 
 
一方は土に根っこを下ろして一生動かない 
 
一方は動き回って食べ物を口にしないと生命が維持できない 
 
これが元は一緒だと言われても 
 
感覚的には納得できませんよね。 
 
が 
 
実際には 
 
植物の方にこの世界の真理が見える 
 
これは間違いないように思います。 
 
具体的には 
 
植物は意思をもたないのに 
 
何億年も命をつないでるのです。 
 
って事は 
 
本来生命には意思は必要ない訳ですが 
 
動き回って食べ物を取る 
 
そんな新しい生命が作られ 
 
そしてそのためには意思が必要になった 
 
こんな感じで後から私達の脳はついて来た 
 
って事だろうと思います。 
 
そんな風に考えると 
 
結構人生が楽になりますね。 
 
つまり 
 
私達の自我は 
 
元々大したしろものでは無いって事です。 
 
言い方を変えれば 
 
生命の歴史の中では 
 
まだ自我はできたばかりで 
 
これから進化していく 
 
そうも言えます 
 
であれば 
 
私達人間が不完全であるのは当然です。 
 
ここに思いが至れば 
 
人生観ががらっと変ります。 
 
自分自身が漠然と抱く将来の不安 
 
こんな物は元々意味がないんだって事が 
 
実感として分かるのです。 
 
ましてや私のように還暦まで生きれば 
 
ここまで来ただけで本当に幸運だった 
 
そんな風に思うようになります。 
 
また 
 
脳が不完全である事が理解できれば 
 
他人に対しても寛大になれます。 
 
私達の仕事をしていれば 
 
トラブルは日常的に向き合う事になりますが 
 
そんな時に 
 
経験が浅いと 
 
理不尽な相手には腹が立ちますが 
 
しかし人間の脳が皆不完全であるなら 
 
ある意味理不尽も必然 
 
そう思うようになります。 
 
私達は 
 
人に怒りや憎しみを覚えたときには 
 
実際に苦しむのは相手ではなく自分です。 
 
ですから 
 
自分の人生を穏やかに生きたいと思えば 
 
他人に対して寛大になる事が一番の近道です。 
 
これが 
 
人間の脳の評価を下げる事によって 
 
可能になるのです。 
 
最近は 
 
ぶっ殺すだの何だのと言われても 
 
余り腹は立ちません。 
 
野獣のように喚く姿を見て 
 
単に人間の脳のレベルの低さを感じるだけです。 
 
この仕事を長く続けるには 
 
自分自身が苦しみから解かれる 
 
そんな手段をたくさん手に入れなければなりません。 
 
そして 
 
その手段の一つが 
 
私の場合は 
 
生命の神秘さ 
 
そこに思いをはせて 
 
自らの命だけでなく 
 
人類その物も矮小化して 
 
自らの心の健康を保ってるって訳です。 
 
さりげないカリフォルニアのsuper bloom の画像を見て 
 
あれこれ考えるのも 
 
行き着くところは 
 
自らの心の健康を保つ 
 
って話しです。 
 

>> 返信
 

 4月 24日 (月)
 不動産屋のプライドは大けがの元
パソコンやネットはもう仕事や生活で欠かせなくなりましたが 
 
しかしまだまだ進化の途中ですよね。 
 
頻繁に発生する不具合 
 
これと格闘しながら 
 
その便利さを享受してるって感じです。 
 
仕事ではネット接続やクラウドに不具合が生じると 
 
全体の業務をマヒさせる事になりますから 
 
大体私が汗かきながら修復するって感じです。 
 
自分ではどうにもならない時にはコールセンターへ電話する訳ですが 
 
長時間待たされるのが定番ですよね。 
 
電話をされる方とすれば 
 
散々待たせる事によって 
 
イラついた顧客が 
 
自分で頑張って調べて解決する 
 
これを戦略として 
 
わざと長々と待たせてる 
 
私はそんな気がしています。 
 
実際私も最近は電話する前に 
 
随分頑張って調べる事が習慣になりましたからね 
 
その意味では見事に相手の戦略にはまっています。 
 
しかし 
 
いくらネットで調べても解決できない時には 
 
長時間待たされるのを覚悟で 
 
受話器をスピーカー状態にして 
 
相手が電話に出てくれるのを延々と待つ訳です。 
 
最近もどうしても解決できない事があって 
 
電話をかけましたが 
 
やはり待たされましたが 
 
なんとか電話で話す事ができました。 
 
ところが 
 
相手の指示通り色んな事を試すのですが 
 
改善しますが 
 
完全に解決する事はできません。 
 
1時間以上もああでもないこうでもない 
 
ってやってましたが 
 
相手の女の子も参っていましたし 
 
私も空腹が限界に達しましたので 
 
“ありがとうございます。これでガマンします” 
 
と言って電話を切りました。 
 
まぁしかし 
 
よくパソコンの不具合が起こると 
 
データーの送付をメーカーに求める 
 
そんなポップアップが出てくる事がありますが 
 
無数に発生する不具合 
 
実際にはメーカーですら分からない 
 
ってのが多いって事です。 
 
こんな状態で市場に出して成り立ってる訳ですから 
 
発展途上とは言え 
 
不思議な世界です。 
 
なんせ時にはネットワークに障害が起きて 
 
飛行機が全て飛べない 
 
なんて事もニュースで流れますから 
 
このコンピュータに依存した社会がいかにモロいかって話しですよね。 
 
アメリカの大統領選では 
 
ロシアがサイバー攻撃をして 
 
めでたくトランプ大統領の誕生 
 
なんて話しも語られますので 
 
まぁ不思議な話です。 
 
 
あれ? 
 
私言いたい事は何でしたっけ? 
 
あぁそうそう思い出しました 
 
話しを元に戻します 
 
先ほどの私のネットワーク上でのファイル編集の不具合 
 
コールセンターに電話をかけても解決しませんでしたが 
 
大変不思議な事が起こりました。 
 
問題のファイルを見ながら 
 
途方に暮れてると 
 
字がかすんで来ました。 
 
私も歳を取りましたからね 
 
そんな事は別に驚く事ではありません。 
 
で 
 
よく見ようと老眼鏡をかけると 
 
あれ? 
 
少し変 
 
どうやら私の目のせいだけではありません 
 
かすんでるのは 
 
その文字自体に問題があるのです 
 
で 
 
フォントを確認すると遊ゴシックって 
 
今まで一度も使ったことのない文字体です 
 
当社にはやたらそうやって色んなのをイジるのが好きな社員がいますからね 
 
多分ヤツのせいでしょう。 
 
で 
 
私は 
 
そのフォントをMSゴシックに戻しました。 
 
これで 
 
文字が良く見える 
 
そう考えた訳ですが 
 
その私の期待通り 
 
はっきり見えるようになりました。 
 
で 
 
メガネを外しキーボードを叩くと 
 
あれ? 
 
なんか今までと違う 
 
そうです 
 
不具合が治ったのです 
 
散々コールセンターとやりとしても治らなかったのに 
 
何ともあっけなく。 
 
不思議な事もあるものです。 
 
でも 
 
これは実際には不思議でありません。 
 
科学技術が発達してた今 
 
私達の社会全体が陥る問題です。 
 
つまり 
 
私達は 
 
専門家は自分の分からない事が全て分かってる 
 
そう期待しがちですが 
 
実際には専門家も分からない事が多いってのが今の社会です。 
 
高度に発達したおかげで 
 
専門家と言えども 
 
脳のキャパは追いつけない訳です。 
 
これは医療でも同じです。 
 
よく誤診で医者が責められますが 
 
これも 
 
医療の技術が発達したために 
 
本来分からなくて当然の病気まで 
 
結果が求められるようになた結果 
 
能力が追いつかない医者が責められるのです。 
 
昔の医者であれば 
 
風邪薬と腹痛の薬 
 
これだけで大半の患者は対処できたでしょうからね。 
 
腹痛の薬を与えても亡くなった方は 
 
お気の毒 
 
これで終わりだったはずです。 
 
ところが今は誤診で訴えられるような 
 
そんな時代になりましたから 
 
医者も大変です。 
 
そんな時代で生きてくためには 
 
専門家でも能力が付いて行けない 
 
これをしっかり理解するべきです。 
 
これは 
 
私達の仕事でも全く一緒です。 
 
宅建士の資格を持ってるだけでは 
 
実際には不動産に関わる知識は全く足りません 
 
足りませんが 
 
人間の脳はそれを完璧に補う事もできません。 
 
ですから 
 
私達はそれを認めて 
 
お客様の質問に答えられない時には 
 
その場を取り繕うのではなく 
 
後日しっかり調べてから回答 
 
この姿勢は絶対に欠かせません 
 
知らない事が恥 
 
って気持が強いと 
 
大失敗をやらかす可能性があります。 
 
医者も不動産屋も 
 
誤診をしては 
 
もうオシマイ 
 
この緊張感があれば 
 
調子の良い言葉がポンポン出てくる 
 
なんて事はないはずです。 
 

>> 返信
 

 4月 25日 (火)
 綺麗になりたければ社交ダンス
先週の週末は 
 
土曜日は沖縄から遊びに来た 
 
同級生10人で横浜中華街で食事をしました。 
 
まぁしかし沖縄の男達は口にいれる量は半端ではありませんね 
 
感覚的には 
 
私の10倍食べて10倍飲むって感じです。 
 
そのせいで 
 
私の友人達のメタボ率は100%です。 
 
食事が終わって 
 
全員で男妊婦の大きなお腹を晒しながら 
 
大通り公園をホテルに向かって歩きましたが 
 
他の通行人の方達は皆さん振り返りましたからね 
 
異様だったのでしょう。 
 
いずれにしても 
 
長寿県沖縄 
 
この呼び名は 
 
あと10年も持たないように思います。 
 
私達の年代が寿命を迎える時には 
 
短命県として沖縄は知れ渡る 
 
これを友人達のお腹を見て確信しました。 
 
今は沖縄の食生活がもてはやされますが 
 
将来は沖縄の人の食生活が 
 
悪しき例として語られる 
 
そんな事も頭に浮びました。 
 
まぁしかし皆さん豪快ですからね 
 
明日死んでも悔いは無い 
 
そんな生き方ですから 
 
必ずしも悪いとも言えません。 
 
そんなこんなを考えながら 
 
翌日は皆さんとホテルでお別れして 
 
私はそのまま 
 
江東区で行われてるお客様の記念パーティーに出かけました。 
 
何のパーティーかと言うと 
 
社交ダンスのパーティーです。 
 
私のお客様が社交ダンスの有名な先生なので 
 
有難い事にお招きいただきました。 
 
私は社交ダンスとは無縁の人生でしたので 
 
興味もあり出かけて行きました。 
 
で 
 
会場に入った途端に驚きましたね。 
 
200人ほどのパーティーですが 
 
皆さんダンスをやってる方ばかりです。 
 
華やかな衣装は予想していましたが 
 
私が予想できなかったのは 
 
200人全員がスタイルが良いのです。 
 
その中には高齢者もいらっしゃいましたが 
 
皆さん体は細く柔らかい 
 
まるで20代で時間が止まった 
 
そんな風に思わせる方ばかりです。 
 
前日の私の友人達はメタボ率100% 
 
社交ダンスの世界は 
 
200人いてもメタボ率0% 
 
同じ人間とは思えませんね。 
 
いずれにしても 
 
そんな世界を少し覗かせていただいた私 
 
その場で考える事は一つです。 
 
なるべく目立たない事 
 
私の建設作業員風の肉体は 
 
とてもその空気に耐えられる物ではありません。 
 
しかし私はそう思っても 
 
社交ダンスのパーティーは 
 
頻繁に 
 
踊りましょう 
 
なんてお誘いが来るんですね。 
 
もちろん私は踊る事もできなければ 
 
この見苦しい肉体を衆人に晒す勇気もありませんから 
 
頭を深々と下げてお断りしましたが 
 
本当に申し訳なかったですね。 
 
社交ダンスのパーティーに参加するのであれば 
 
せめて減量とステップの練習 
 
これは絶対に欠かせない 
 
今更ながらそう思いました。 
 
そんなこんなで 
 
あっと言う間に2時間が経過して 
 
私は仕事で帰る時間になりましたが 
 
会社に戻って 
 
自分の背筋が痛み出しました。 
 
ここ数日多忙でゴルフの素振りすらしてませんから 
 
不思議な話です。 
 
で 
 
あれこれ考えました 
 
すると理由が分かりました。 
 
私は 
 
社交ダンスを鑑賞してる間 
 
無意識の内に背筋を伸ばしてたのです。 
 
なんせ周りは 
 
ダランと椅子に腰掛けてる人はいません 
 
皆さん背骨をしっかり伸ばして 
 
姿勢良くしてるのです。 
 
その中にいたために 
 
私も釣られて 
 
2時間も背筋を伸ばしてたのです。 
 
日頃そんな事はありませんからね 
 
結果背中が痛い訳です。 
 
で 
 
その背中の痛みでつくづく思いました。 
 
綺麗になるのにジムもエステも要らない 
 
ただ社交ダンスを始めれば良い 
 
と 
 
私が背筋を痛めるほど無意識に背筋を伸ばしてたように 
 
綺麗な人が集まる環境に身を置けば 
 
自然に綺麗になる振る舞いが身に作って訳です。 
 
私が若い頃社交ダンスをやってれば 
 
女性にモテない今の人生とは別の世界があった 
 
そんな気がしてきました。 
 
まぁしかしモテるのが必ずしも幸せになるとも限りませんが 
 
彼女が居なくて悩んでる人 
 
勇気を持って 
 
社交ダンスに1歩踏み出す 
 
これだけで人生が大きく開けるかも知れませんよ。 
 
 
その際はこちらに 
 
↓ 
 
http://dancespacefunabori.com/ 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


  夏の会では
元ダンサーのはやとさんとの社交ダンスのご披露を楽しみにしています。。
takahiro ..4/25 8:59(火)

  >takahiro さん
そういえば今思い出しましたがハヤトさんはあの美人の奥さんは社交ダンスでゲットしたって言ってましたよ。
教えてもらいましょうね。
ステップと
美人のゲットの仕方を・・
来生では是非実践したいと思います
はるぼ ..4/25 9:53(火)

  先日はお忙しい中起こしいただき本当に有難うございました。せっかく沖縄で楽しんでいらっしゃったのに申し訳ありません。
はるぼさんが踊るのを断る姿がちょ〜かわいかったです。
この機会にダンスに少しでも興味を持っていただけたら、いいんだけどなあ。笑
アイチャン ..4/25 22:17(火)

  >アイチャンさん
皆さんは見慣れる光景だと思いますが私は初めて見ましたので衝撃的でした、あの中で踊る勇気が湧かず失礼しました。
藤田は私より勇気がありますから
機会がありましたら是非踊ってもらいたいと思います。
また早速お礼状も頂きまして恐縮です。
有り難うございました。
はるぼ ..4/27 8:27(木)
>> 返信
 

 4月 26日 (水)
 健全な人生は収入と支出のバランスが大切
ゴルフを始めた頃は 
 
昼飯だとか交通費だとか 
 
よく奢ったり奢られたりしていました。 
 
しかし頻繁に行くようになると 
 
もう誰もそんな事はしません 
 
割り勘一筋となります。 
 
理由は僅かなお金ですが 
 
奢ったり奢られたりと言うのは 
 
神経を使うのです。 
 
理由はこのバランスが崩れると 
 
基本的に人間関係が崩れるからです。 
 
例えば昼飯を奢ってもらって 
 
交通費も出して貰う 
 
なんて事があったとすれば 
 
対等の関係であれば 
 
次の機会には 
 
逆にこちらがお金を出さないと 
 
相手が連続して出す事になります 
 
これが永遠に続けば 
 
相手は大損害ですから 
 
その内一緒には行かなくなる訳です。 
 
ですから 
 
この奢る奢らないは大変微妙な関係ですから 
 
神経をすり減らします 
 
で結果 
 
皆割り勘に落ち着く訳です。 
 
僅かでもお金と人間関係とは 
 
密接につながると言う事 
 
これが理解できないと 
 
社会生活に支障が出てくる事があります。 
 
ケチは人望を失う 
 
これは私達人間世界に間違いなく存在する原則ですが 
 
この逆 
 
やたら気前の良い人は 
 
人望は失いませんが 
 
お金を失いますから 
 
結果貧困に陥り 
 
家庭が崩壊する事もよくあります。 
 
ですから 
 
この両極端はどちらも良くありませんが 
 
強いて言えばケチは少なくとも金銭的には困りませんから 
 
もしかしたらどちらかと言えばこっちの方が良いかも知れません。 
 
ただしこのタイプは 
 
小銭を貯め込む分には問題ありませんが 
 
会社の経営なんて事になれば 
 
基本的に社員の人望を失いますから 
 
ロクな人材は集まりません 
 
私が親しい人でも 
 
このパターンで会社をつぶした人が何人かいます。 
 
また 
 
ひたすら節約に邁進した結果 
 
小銭がたまり大金になり 
 
そしてアパート経営 
 
なんて人達もいます。 
 
アパート経営は多少ケチでも 
 
なんとか成り立ちましたが 
 
しかし今の時代は 
 
このアパート経営に於いても 
 
極端にがめつい人は苦境に陥る人が多いですね。 
 
理由は 
 
物件が有り余るようになりましたから 
 
不動産屋がトラブルになる家主を避けるようになったからです。 
 
退去の時に 
 
原状回復でもめたり 
 
あるいは今の時代に更新の時に値上げ 
 
なんて話しを出したり 
 
って事になれば 
 
そのまま家主の側に立てば 
 
信用を落とすのはこちらですから 
 
当然無理してお付き合いをする 
 
なんて事はしない訳です。 
 
で結果空室だらけになって困り 
 
今度は売却したい 
 
なんて言ってきたりします。 
 
この場合でも 
 
最大限に注意しますね。 
 
私が接したこのタイプで最悪な人は 
 
売却依頼を受け 
 
専属専任媒介を結び 
 
そして広告を打って 
 
やっと買主を見つけて報告に行ったら 
 
いきなり 
 
いくらで買うの? 
 
って聞いて来ました 
 
ご希望の金額通りです 
 
なんて言ったら 
 
怒った顔で 
 
そんな安く売るバカがいるか 
 
って言いました 
 
こちらは 
 
でもご自身で媒介契約に判を押してありますよ 
 
って言ったら 
 
裁判でも何でもしろ 
 
って言って部屋の奥に行ってもう出てきませんでした。 
 
まぁ私も若かったですから 
 
すっかりやられてしまいましたね。 
 
でも良い勉強でした。 
 
良い勉強だってのは 
 
この方の末路を見る事ができたのです。 
 
詳しくは書けません 
 
地元での話しですからね 
 
見る人が見れば 
 
すぐに分かる話です。 
 
いずれにしても 
 
お金は貯めれば良いってものではありません 
 
それに魂を奪われると 
 
人の心が見えなくなり 
 
ますます頼るのはお金だけって事になり 
 
ひたすら囲い込みます 
 
最後は 
 
大金を残してあの世行きですが 
 
そんな人を見ていつも思います 
 
お金そのものは 
 
単なる紙と金属なのにって 
 
食べる事もできなければ 
 
道具として使う事もできません。 
 
にもかかわらず 
 
人間よりお金に重きを置く生き方をしてしまい 
 
孤独なまま大金を残して亡くなる訳です。 
 
そうならないためには 
 
日頃から 
 
お金はその思いが強いと 
 
間違いなく脳に悪影響を及ぼす 
 
これも少し意識するべきでしょうね。 
 
 
 

>> 返信
 

 4月 27日 (木)
 ホテルの部屋の中での商談は断固拒否
社員から私に相談がありました。 
 
当社で売却委任を受けてる物件を広告に出したら 
 
すぐに反響があって 
 
是非買いたい 
 
そんな話をしたお客様がいるとの事でした。 
 
でも 
 
物件を案内した訳でもないのに? 
 
不思議な話です。 
 
大体こんなケースは他社に案内されたお客様が 
 
その業者を飛び越えて契約したい 
 
なんてパターンが多いのですが 
 
今回は明らかに様子が違います。 
 
そのお客様は今ホテルに泊まっていて 
 
とにかくすぐにその家を買いたい 
 
って事です。 
 
これで契約になる 
 
なんて思って喜ぶようでは未熟な証ですよね。 
 
私たちは最大限に警戒します。 
 
しかし買いたいと言う人に会わない訳にも行きませんから 
 
社員は私に相談して来た訳です。 
 
本来は当社に足を運んでもらえば良いのですが 
 
どうしても忙しくて来れない 
 
って事でしたので止むを得ず 
 
その方の泊まってるホテルで会う事になりました。 
 
で 
 
翌日約束をした時間にホテルに行くと 
 
ロビーにはそれらしき人はいないので 
 
社員はフロントに行き 
 
“○○さんはこちらにご宿泊ですか?” 
 
って尋ねたそうです。 
 
すると 
 
フロントの女の子が青ざめ 
 
少々お待ち下さい 
 
と言って奥に行ったそうです。 
 
するとしばらくして 
 
ホテルの従業員の男たちが 
 
厳しい顔をして社員を取り囲んだそうです。 
 
社員も何が何だか分からずキョトンとしてると 
 
支配人の男性が 
 
○○さんとどう言う知り合いですか? 
 
って聞かれました。 
 
で 
 
不動産の商談に来た事を話すと 
 
またあれこれ質問ばかりするので 
 
社員も少し大声で 
 
○○さんはここに泊まってるかどうか? 
 
それだけ知りたいんです 
 
なんて言うと 
 
どうやらホテルの方達も分ってくれて 
 
それから色々と事情を語ってくれたそうです。 
 
結論から言うと 
 
社員が約束したその○○さんは 
 
前日の夜 
 
ホテルにやってきた警官数人を相手に大暴れした挙句 
 
逮捕されたそうです。 
 
警察の捜査対象だった訳です。 
 
で 
 
その時にホテルの従業員が言うには 
 
全身に刺青が入ってたそうです。 
 
見るからにそのスジの方で 
 
しかもかなりの凶悪犯 
 
で 
 
警察から 
 
ホテルの方達は 
 
万一その人の知り合いが来たら 
 
連絡するように言われてた訳です。 
 
そんな中社員がタイミング良く訪ねて来たので 
 
ホテルは驚いて大慌てって訳です。 
 
あやうく社員も誤認逮捕 
 
って事になる所でした。 
 
まぁしかし危機一髪 
 
社員は難を逃れましたが 
 
しかし今回つくづく思いましたね 
 
私達の仕事は危険と隣り合わせって事を 
 
とにかく色んな人間と接しますから 
 
身の危険は日常茶飯事って訳です。 
 
今回 
 
その警察に大捕り物で捕まった犯人が 
 
何で社員を呼びつけたか 
 
理由は分かりませんが 
 
想像はできます。 
 
家を買う 
 
なんて言って電話してきた訳ですが 
 
実際には警察に追われて 
 
お金に困ってたようですから 
 
逃走資金を手に入れるために 
 
ホテルに監禁して・・ 
 
まぁそんな所でしょう。 
 
いずれにしても 
 
社員の皆さんは 
 
少しでも怪しい 
 
なんて思ったら 
 
必ず私に相談してください 
 
長年仕事をしてると 
 
ついつい気が緩みますが 
 
実際には 
 
私達の仕事は 
 
要所要所は 
 
しっかり緊張感を保つ 
 
これが要求されますよ 
 
って事です。 
 


  投資目的とかでなく、普通の住居用を売り買いした何も知らなかった個人ですが、不動産の人たちのうその多さと他では見たことがない態度に驚きました。情報の非対称にじょうじてやりたい放題だなと感じました。不動産側の人もいろいろな客がいて大変でしょうが、客側も、普通のお人よしほどつけこまれるようで、なるたけ不動産とはつきあいたくないと思いました。リフォームも本当に迷ってしまいます。空き家が増えている一因だと思います。
たんたん ..4/26 15:52(水)

  >たんたんさん
残念ながらおっしゃるような状態は不動産の世界に存在しますね。
この業界の特異性は必然的にそうなってる面があります。
大手の業者でも物件確認の時に平然と嘘をつきますから
逆に言えばウソがつけない人は生きていけないそんな側面もあります。
はるぼ ..4/28 8:10(金)
>> 返信
 

 4月 28日 (金)
 肉体労働の労賃には特別な思いがあります
私は沖縄と東京で暮らした訳ですが 
 
この地域による人間の意識の違い 
 
大変良く理解出来ます。 
 
良く言われるように 
 
沖縄ではウチナータイムってのがあって 
 
時間にルーズなんて言われます。 
 
まぁしかし確かにそうなんですが 
 
それでも沖縄は昔に比べたら随分改善しましたよね。 
 
私達が中学生の時には 
 
先生が授業に普通に遅れてきましたかね 
 
始業ベルがなっても20分くらいしてからやって来て 
 
生徒が 
 
“なんで遅れたか?” 
 
って尋ねると 
 
平然と 
 
“ニーブイしてた” 
 
って言った先生もいました。 
 
まぁしかし改善はしましたが 
 
たまに結婚式や飲み会に参加すると 
 
まだまだ時間の観念は緩いですね。 
 
面白い事に 
 
この緩さ 
 
遅れるだけじゃなんですよね。 
 
早く来すぎる人もたくさんいます。 
 
結婚式では 
 
始まる時にはもう結構出来上がってる 
 
なんてシーンは普通ですし 
 
私の友人の飲み会は 
 
一番早い人は2時間くらい前から来ていて 
 
始まる時間になると 
 
“もー酔っぱらったから帰ろうね〜” 
 
って出て行く人もいます。 
 
仕事でも 
 
私の友人達の話しを聞くと 
 
遅れるどころか 
 
約束を忘れる人も結構いるそうです。 
 
で 
 
電話を入れると 
 
別に悪びれる風もない 
 
なんて言って笑っています。 
 
この最後が大切ですよ 
 
つまり約束をすっぽかされても笑う 
 
これが出来ずに 
 
相手を詰問すると 
 
もう2度と仕事はして貰えない 
 
なんて話しも聞きました。 
 
そんな感じで 
 
同じ日本でも随分時間の感覚が違う 
 
これは沖縄に移住を考えてる人は 
 
しっかり頭に入れるべきでしょうね。 
 
この感覚の違い 
 
実は地域差だけではありませんよね 
 
個人差もあります。 
 
東京でも時間にルーズな人 
 
たくさんいます。 
 
もちろん時間にルーズって事は 
 
家賃の支払いもルーズな事が多い物です。 
 
お金はあっても 
 
ついつい支払いを忘れる人はたくさんいます。 
 
こんな相手に 
 
ワンパターンで接しては 
 
不動産屋は失格ですね。 
 
この家賃の支払いが緩い人 
 
二通りあります。 
 
ひとつは 
 
元々性格がルーズな人です。 
 
これは生まれつきですから 
 
まぁ治りませんね 
 
その都度まめに取り立てる事になります。 
 
もう一つは職業から来る緩さです。 
 
これは建築関係の職人に多いのですが 
 
良く 
 
“入って来るはずのお金が入らなかった” 
 
って言ってきます。 
 
こんな時に 
 
頭ごなしで叱ってはいけません。 
 
建築の職人さんは 
 
実際に仕事をしても 
 
元請けの会社がお金が無くて手間賃が貰えない 
 
なんて事は頻繁に起こるのです。 
 
頻繁に起こるって事は 
 
その世界では皆お互い寛大にならなければ生きて行けないのです。 
 
にも関わらず 
 
不動産に数日家賃が遅れる 
 
なんて言っただけで怒鳴り散らかされては 
 
相手は自分の置かれてる環境との差を感じ 
 
逆切れする訳です。 
 
そんな訳で 
 
常習者でない限りは 
 
まず相手の話に耳を傾けて 
 
家賃の支払いの意思があればお客様だって事 
 
これはしっかり頭に入れましょう。 
 
私は 
 
そんな職人さんたちにたくさん接しましたので 
 
その職人さんを苦境に陥れる原因 
 
つまり 
 
工事代金を踏み倒す 
 
そんな人達を見ると嫌悪感が沸くのです。 
 
特に不動産屋が 
 
日頃良い服を着て 
 
良い車に乗っていながら 
 
汚れた服で汗水垂らして仕事した人達のお金を踏み倒して逃げる 
 
なんてのを見ると 
 
絶対に付き合いたくない 
 
そんな風に強く感じます。 
 

>> 返信
 

 4月 29日 (土)
 失恋で得た宝物
私は今は全く知らない人達のゴルフサークルに平気で行ったりしますが 
 
では私は人見知りをしないかと言うと 
 
そうではありません。 
 
私の内面は知らない人と話すのが苦手であり 
 
内向的でもあります。 
 
では 
 
どうして今は知らない人ともガンガン話せるかと言うと 
 
必要に迫られ後天的にそうなったのです。 
 
逆に言えば 
 
私の人見知りの本質は 
 
生まれた環境でそうなったんだと思います。 
 
ほとんどが顔見知りの小さな村で育ちましたから 
 
知らない人と接する機会があまり無かった訳です。 
 
これは 
 
自分の村に戻って 
 
村から外に出なかった人達を見るとよく分かります。 
 
どうしても皆さん知らない人と接するのがぎこちない 
 
そんな感じの方ばかりです。 
 
私の場合は 
 
逆に中学の時に沖縄を離れ 
 
知ってる人は誰もいない 
 
そんな環境に投げ出されましたから 
 
どうしてもその自分の殻を破る必要があった訳です。 
 
しかも大学を卒業してわずかの間ですが 
 
飛び込みで不動産を売る仕事もしましたので 
 
人見知りの自分は徹底的に封じ込めた訳です。 
 
ただ 
 
この歳になっても思いますが 
 
私が育った環境で備わった性質 
 
これは永遠に取れる事はありません。 
 
知らないゴルフサークルでは 
 
平然を装うっていますが 
 
心臓の鼓動が早くなってるのは自分自身が一番よく分かります。 
 
そんな感じで 
 
仕事では内気な自分を克服しましたが 
 
しかしそれ以外では 
 
自分の殻を破れてない 
 
これは間違いなくあります。 
 
一番明白なのが女性ですね 
 
私は若くして今の妻と付き合いましたから 
 
恋愛経験がほとんどありません 
 
まぁいまさらどうでも良い事ですが 
 
私は女性に告白する勇気 
 
これを備える事無く人生を終わります。 
 
私の友人の中には 
 
大学の頃友達同士で飲みに言って 
 
たまたまその場に来た女性が好きになり 
 
その日の内に告白した猛者もいます。 
 
その後結婚まで至りましたが 
 
その話を聞いて 
 
本当に尊敬の念が湧いてきます。 
 
その勇気は 
 
私から見れば反社会勢力の事務所に一人で殴り込む 
 
それよりも凄いって感じです。 
 
まぁしかし世の中には 
 
簡単に女性に告白できる人もたくさんいますが 
 
私から見れば 
 
本当に羨ましいと思いますね。 
 
とても出来ません。 
 
が 
 
私はたまたま必要に迫られなかったからそうであって 
 
もし妻と出会う事無く歳を重ねて 
 
いよいよ後が無い 
 
なんて事になれば 
 
勇気を振り絞って殻を破った 
 
そんな気がします。 
 
では 
 
私はどうしてそんなに女性が苦手なのでしょうか? 
 
その理由も分かってます。 
 
私は中2の時に好きな女性に告白して 
 
フラれました。 
 
その時は本当にショックで 
 
それ以来トラウマになってるのです。 
 
どうしてトラウマになるかと言うと 
 
告白しても断られる 
 
この恐怖が離れない訳です。 
 
あんな恥ずかしくて辛い思いをするなら諦める 
 
若い頃の私はそんな人間でした。 
 
恋愛だけではありません 
 
私の場合は極端ですが 
 
私達人間は 
 
他人に何かを申し出るときに 
 
その申し出が断られたときには 
 
誰でも衝撃を受ける物です。 
 
ところが断る方はそこまで相手が傷つくとは思いませんから 
 
簡単に断ります。 
 
この事がよく分かるのがゴルフですね。 
 
私も何度か経験がありますが 
 
お誘いを受けて2〜3度断ると 
 
大体もう2度とその人からお誘いは来なくなります。 
 
こちらは都合が悪くて断ってるだけですが 
 
相手はその断りによって 
 
色んな妄想が頭を駆け巡るのです 
 
嫌われてるとか避けられてるとか・・ 
 
ですから 
 
その後そのお誘いが来なくなった方と 
 
別の機会に顔を合わせても 
 
少しよそよそしかったりします。 
 
まあゴルフはどうでも良いのですが 
 
私達の仕事をする上で 
 
この断る人と断わられる人の意識の違い 
 
これはしっかり頭に叩き込む必要があります。 
 
この理解が足りないと 
 
成績は伸び悩みます 
 
例えば 
 
お客様が申し込みをして 
 
家主に伝えたら入居を断られた 
 
なんて事になれば 
 
それをお客様に伝えるときに 
 
単に事務的に断られました 
 
なんて言っては失格です。 
 
そんな事では 
 
お客様はその営業マンに怒りを覚えます。 
 
入居審査を断られると言う事は 
 
お客様に取っては 
 
自分を否定されてるって事です。 
 
自分を否定されて傷つかない人はいません。 
 
その事に思いが至れば 
 
当然出てくる言葉も違うはずです。 
 
私は 
 
中2の時の失恋で 
 
この気持がよく分かりますから 
 
皆さんみたいな苦情は一件も無かった訳です。 
 
そんな人間心理も考えながら 
 
成長して下さい。 
 

>> 返信
 

 4月 30日 (日)
 無意識も脳に刻まれる
以前ネットで 
 
優秀な人でも 
 
本を読んでいて集中できずに 
 
結果何を読んだか分からずに読み直す 
 
なんて記事を読んで 
 
偉い人達でも 
 
私と同じ思いをしてるんだと思い 
 
少し安心しましたね。 
 
実は私はこの事を若い頃には随分悩みました 
 
高校生位までは 
 
読書で気が散るどころか 
 
逆に夢中になってはまり込んでしまい 
 
周りが見えなくなる事がよくありました 
 
授業がつまらないので教科書に隠して文庫本を読んでたら 
 
すぐ後ろに先生が迫っても気づかない 
 
なんて事がよくありました 
 
本を没収されて職員室に謝りに行ったのは1度や2度ではありません。 
 
それが大学になると 
 
目で本を追ってはいますが 
 
いつの間にか意識は他の空間を旅して 
 
本の中身は全く頭に入らない 
 
この不可解な現象に悩んだのです。 
 
まぁ実際には不可解ではありません 
 
理由は分かっています。 
 
どうして大学になると本から意識が飛ぶのか 
 
それは本が難解で 
 
私の意識は自然に逃避行動に移るのです。 
 
高校までは集中してたのは 
 
面白い本しか読まなかったからです。 
 
それが大学では 
 
憲法原論みたいな 
 
タイトルからして難解な本を読む事を強いられますから 
 
私の脳は逃げまくる訳です。 
 
これでは司法試験は無理ですよね。 
 
早々と諦めました。 
 
それ以来 
 
私は難解な本は今に至るまで避けていますが 
 
しかし最近は 
 
あの時に意識が他に飛んだ現象 
 
この解決策を知ってますので 
 
若い頃に戻れたら 
 
もっと学習できた 
 
そんな思いが湧いて少しもったいない気もしています。 
 
私が会得した解決策 
 
これは毎日読んでる英字新聞でヒントを得ました 
 
英語の記事は 
 
簡単に理解できる記事と 
 
中々理解できない記事に分かれます。 
 
単語の問題ではありません 
 
言い回しの問題です。 
 
つまり主語、述語、目的語の単純な構造であれば良いのですが 
 
実際には長い文章自体が主語の役目を果してたり 
 
しかも並びは目的語の部分の文章が先に来たりと 
 
とにかく嫌がらせをしてるとしか思えない記事がよくあるのです。 
 
最初はそんな難解な記事は避けてましたが 
 
その内 
 
時々挑戦するようになります。 
 
で 
 
そうすると 
 
私の大学一年の時と同じで 
 
脳は混乱して逃避行動に入ります 
 
そうなったときに 
 
最初は 
 
もうやめやめ 
 
って気持ですぐに諦めました 
 
が 
 
その内頑張ろう 
 
なんて気もわいたりして 
 
しばらく集中する訳ですが 
 
それでもやはり長続きはしません 
 
意識は他の世界に一人歩きします 
 
そんな事を繰り返して 
 
ある時にはたと気づいた事があります。 
 
つまり 
 
意識は他に飛びますが 
 
目は文章を追ってますので 
 
試しに 
 
全く理解出来なかったその文書を繰り返して読んでみたのです 
 
すると 
 
今度は劇的に理解できるようになります。 
 
ただそうは言っても 
 
やはり理解出来ない部分はありますので 
 
そこではまた意識は逃避を始めます。 
 
で 
 
それでも構わず目で文書を追って 
 
そして3回目にチャレンジする訳です。 
 
これで 
 
もうほとんどスラスラと理解できるようになります。 
 
理解出来れば意識が集中すますから 
 
面白みが分かり 
 
また難解な文章にチャレンジするのが楽しくなります。 
 
これが難解な文章の理解方法です。 
 
最初言った優秀な人達も 
 
文章を読み直すって言ってましたよね。 
 
つまり 
 
私達凡人と優秀な人の違いは 
 
理解出来なくても読み直す人と 
 
そのまま諦める人の違い 
 
そうも言える訳です。 
 
そんな訳で 
 
このブログを読んでる若い方は頑張って下さいね。 
 
頭には入ってないようでも 
 
目で追ってれば 
 
脳の中にはしっかり記憶されます 
 
そして目で追うことを繰り返せば 
 
それが文章として理解できる 
 
私達人間の脳は 
 
そんな優れものだって事です。 
 
利用しない手はありません。 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++