駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 4月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - - - -

4月 30日 (日) 無意識も脳に刻まれる
4月 29日 (土) 失恋で得た宝物
4月 28日 (金) 肉体労働の労賃には特別な思い....
4月 27日 (木) ホテルの部屋の中での商談は断....
4月 26日 (水) 健全な人生は収入と支出のバラ....
4月 25日 (火) 綺麗になりたければ社交ダンス
4月 24日 (月) 不動産屋のプライドは大けがの元
4月 23日 (日) 心の健康法は意識て手に入れて....
4月 22日 (土) 金持ちの家に生まれたら勤労意....
4月 21日 (金) 駆け引きの最前線で神経をすり....


 

 4月 24日 (月)
 不動産屋のプライドは大けがの元
パソコンやネットはもう仕事や生活で欠かせなくなりましたが 
 
しかしまだまだ進化の途中ですよね。 
 
頻繁に発生する不具合 
 
これと格闘しながら 
 
その便利さを享受してるって感じです。 
 
仕事ではネット接続やクラウドに不具合が生じると 
 
全体の業務をマヒさせる事になりますから 
 
大体私が汗かきながら修復するって感じです。 
 
自分ではどうにもならない時にはコールセンターへ電話する訳ですが 
 
長時間待たされるのが定番ですよね。 
 
電話をされる方とすれば 
 
散々待たせる事によって 
 
イラついた顧客が 
 
自分で頑張って調べて解決する 
 
これを戦略として 
 
わざと長々と待たせてる 
 
私はそんな気がしています。 
 
実際私も最近は電話する前に 
 
随分頑張って調べる事が習慣になりましたからね 
 
その意味では見事に相手の戦略にはまっています。 
 
しかし 
 
いくらネットで調べても解決できない時には 
 
長時間待たされるのを覚悟で 
 
受話器をスピーカー状態にして 
 
相手が電話に出てくれるのを延々と待つ訳です。 
 
最近もどうしても解決できない事があって 
 
電話をかけましたが 
 
やはり待たされましたが 
 
なんとか電話で話す事ができました。 
 
ところが 
 
相手の指示通り色んな事を試すのですが 
 
改善しますが 
 
完全に解決する事はできません。 
 
1時間以上もああでもないこうでもない 
 
ってやってましたが 
 
相手の女の子も参っていましたし 
 
私も空腹が限界に達しましたので 
 
“ありがとうございます。これでガマンします” 
 
と言って電話を切りました。 
 
まぁしかし 
 
よくパソコンの不具合が起こると 
 
データーの送付をメーカーに求める 
 
そんなポップアップが出てくる事がありますが 
 
無数に発生する不具合 
 
実際にはメーカーですら分からない 
 
ってのが多いって事です。 
 
こんな状態で市場に出して成り立ってる訳ですから 
 
発展途上とは言え 
 
不思議な世界です。 
 
なんせ時にはネットワークに障害が起きて 
 
飛行機が全て飛べない 
 
なんて事もニュースで流れますから 
 
このコンピュータに依存した社会がいかにモロいかって話しですよね。 
 
アメリカの大統領選では 
 
ロシアがサイバー攻撃をして 
 
めでたくトランプ大統領の誕生 
 
なんて話しも語られますので 
 
まぁ不思議な話です。 
 
 
あれ? 
 
私言いたい事は何でしたっけ? 
 
あぁそうそう思い出しました 
 
話しを元に戻します 
 
先ほどの私のネットワーク上でのファイル編集の不具合 
 
コールセンターに電話をかけても解決しませんでしたが 
 
大変不思議な事が起こりました。 
 
問題のファイルを見ながら 
 
途方に暮れてると 
 
字がかすんで来ました。 
 
私も歳を取りましたからね 
 
そんな事は別に驚く事ではありません。 
 
で 
 
よく見ようと老眼鏡をかけると 
 
あれ? 
 
少し変 
 
どうやら私の目のせいだけではありません 
 
かすんでるのは 
 
その文字自体に問題があるのです 
 
で 
 
フォントを確認すると遊ゴシックって 
 
今まで一度も使ったことのない文字体です 
 
当社にはやたらそうやって色んなのをイジるのが好きな社員がいますからね 
 
多分ヤツのせいでしょう。 
 
で 
 
私は 
 
そのフォントをMSゴシックに戻しました。 
 
これで 
 
文字が良く見える 
 
そう考えた訳ですが 
 
その私の期待通り 
 
はっきり見えるようになりました。 
 
で 
 
メガネを外しキーボードを叩くと 
 
あれ? 
 
なんか今までと違う 
 
そうです 
 
不具合が治ったのです 
 
散々コールセンターとやりとしても治らなかったのに 
 
何ともあっけなく。 
 
不思議な事もあるものです。 
 
でも 
 
これは実際には不思議でありません。 
 
科学技術が発達してた今 
 
私達の社会全体が陥る問題です。 
 
つまり 
 
私達は 
 
専門家は自分の分からない事が全て分かってる 
 
そう期待しがちですが 
 
実際には専門家も分からない事が多いってのが今の社会です。 
 
高度に発達したおかげで 
 
専門家と言えども 
 
脳のキャパは追いつけない訳です。 
 
これは医療でも同じです。 
 
よく誤診で医者が責められますが 
 
これも 
 
医療の技術が発達したために 
 
本来分からなくて当然の病気まで 
 
結果が求められるようになた結果 
 
能力が追いつかない医者が責められるのです。 
 
昔の医者であれば 
 
風邪薬と腹痛の薬 
 
これだけで大半の患者は対処できたでしょうからね。 
 
腹痛の薬を与えても亡くなった方は 
 
お気の毒 
 
これで終わりだったはずです。 
 
ところが今は誤診で訴えられるような 
 
そんな時代になりましたから 
 
医者も大変です。 
 
そんな時代で生きてくためには 
 
専門家でも能力が付いて行けない 
 
これをしっかり理解するべきです。 
 
これは 
 
私達の仕事でも全く一緒です。 
 
宅建士の資格を持ってるだけでは 
 
実際には不動産に関わる知識は全く足りません 
 
足りませんが 
 
人間の脳はそれを完璧に補う事もできません。 
 
ですから 
 
私達はそれを認めて 
 
お客様の質問に答えられない時には 
 
その場を取り繕うのではなく 
 
後日しっかり調べてから回答 
 
この姿勢は絶対に欠かせません 
 
知らない事が恥 
 
って気持が強いと 
 
大失敗をやらかす可能性があります。 
 
医者も不動産屋も 
 
誤診をしては 
 
もうオシマイ 
 
この緊張感があれば 
 
調子の良い言葉がポンポン出てくる 
 
なんて事はないはずです。 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++