駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 4月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - - - -

4月 30日 (日) 無意識も脳に刻まれる
4月 29日 (土) 失恋で得た宝物
4月 28日 (金) 肉体労働の労賃には特別な思い....
4月 27日 (木) ホテルの部屋の中での商談は断....
4月 26日 (水) 健全な人生は収入と支出のバラ....
4月 25日 (火) 綺麗になりたければ社交ダンス
4月 24日 (月) 不動産屋のプライドは大けがの元
4月 23日 (日) 心の健康法は意識て手に入れて....
4月 22日 (土) 金持ちの家に生まれたら勤労意....
4月 21日 (金) 駆け引きの最前線で神経をすり....


 

 4月 26日 (水)
 健全な人生は収入と支出のバランスが大切
ゴルフを始めた頃は 
 
昼飯だとか交通費だとか 
 
よく奢ったり奢られたりしていました。 
 
しかし頻繁に行くようになると 
 
もう誰もそんな事はしません 
 
割り勘一筋となります。 
 
理由は僅かなお金ですが 
 
奢ったり奢られたりと言うのは 
 
神経を使うのです。 
 
理由はこのバランスが崩れると 
 
基本的に人間関係が崩れるからです。 
 
例えば昼飯を奢ってもらって 
 
交通費も出して貰う 
 
なんて事があったとすれば 
 
対等の関係であれば 
 
次の機会には 
 
逆にこちらがお金を出さないと 
 
相手が連続して出す事になります 
 
これが永遠に続けば 
 
相手は大損害ですから 
 
その内一緒には行かなくなる訳です。 
 
ですから 
 
この奢る奢らないは大変微妙な関係ですから 
 
神経をすり減らします 
 
で結果 
 
皆割り勘に落ち着く訳です。 
 
僅かでもお金と人間関係とは 
 
密接につながると言う事 
 
これが理解できないと 
 
社会生活に支障が出てくる事があります。 
 
ケチは人望を失う 
 
これは私達人間世界に間違いなく存在する原則ですが 
 
この逆 
 
やたら気前の良い人は 
 
人望は失いませんが 
 
お金を失いますから 
 
結果貧困に陥り 
 
家庭が崩壊する事もよくあります。 
 
ですから 
 
この両極端はどちらも良くありませんが 
 
強いて言えばケチは少なくとも金銭的には困りませんから 
 
もしかしたらどちらかと言えばこっちの方が良いかも知れません。 
 
ただしこのタイプは 
 
小銭を貯め込む分には問題ありませんが 
 
会社の経営なんて事になれば 
 
基本的に社員の人望を失いますから 
 
ロクな人材は集まりません 
 
私が親しい人でも 
 
このパターンで会社をつぶした人が何人かいます。 
 
また 
 
ひたすら節約に邁進した結果 
 
小銭がたまり大金になり 
 
そしてアパート経営 
 
なんて人達もいます。 
 
アパート経営は多少ケチでも 
 
なんとか成り立ちましたが 
 
しかし今の時代は 
 
このアパート経営に於いても 
 
極端にがめつい人は苦境に陥る人が多いですね。 
 
理由は 
 
物件が有り余るようになりましたから 
 
不動産屋がトラブルになる家主を避けるようになったからです。 
 
退去の時に 
 
原状回復でもめたり 
 
あるいは今の時代に更新の時に値上げ 
 
なんて話しを出したり 
 
って事になれば 
 
そのまま家主の側に立てば 
 
信用を落とすのはこちらですから 
 
当然無理してお付き合いをする 
 
なんて事はしない訳です。 
 
で結果空室だらけになって困り 
 
今度は売却したい 
 
なんて言ってきたりします。 
 
この場合でも 
 
最大限に注意しますね。 
 
私が接したこのタイプで最悪な人は 
 
売却依頼を受け 
 
専属専任媒介を結び 
 
そして広告を打って 
 
やっと買主を見つけて報告に行ったら 
 
いきなり 
 
いくらで買うの? 
 
って聞いて来ました 
 
ご希望の金額通りです 
 
なんて言ったら 
 
怒った顔で 
 
そんな安く売るバカがいるか 
 
って言いました 
 
こちらは 
 
でもご自身で媒介契約に判を押してありますよ 
 
って言ったら 
 
裁判でも何でもしろ 
 
って言って部屋の奥に行ってもう出てきませんでした。 
 
まぁ私も若かったですから 
 
すっかりやられてしまいましたね。 
 
でも良い勉強でした。 
 
良い勉強だってのは 
 
この方の末路を見る事ができたのです。 
 
詳しくは書けません 
 
地元での話しですからね 
 
見る人が見れば 
 
すぐに分かる話です。 
 
いずれにしても 
 
お金は貯めれば良いってものではありません 
 
それに魂を奪われると 
 
人の心が見えなくなり 
 
ますます頼るのはお金だけって事になり 
 
ひたすら囲い込みます 
 
最後は 
 
大金を残してあの世行きですが 
 
そんな人を見ていつも思います 
 
お金そのものは 
 
単なる紙と金属なのにって 
 
食べる事もできなければ 
 
道具として使う事もできません。 
 
にもかかわらず 
 
人間よりお金に重きを置く生き方をしてしまい 
 
孤独なまま大金を残して亡くなる訳です。 
 
そうならないためには 
 
日頃から 
 
お金はその思いが強いと 
 
間違いなく脳に悪影響を及ぼす 
 
これも少し意識するべきでしょうね。 
 
 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++