駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 4月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - - - -

4月 30日 (日) 無意識も脳に刻まれる
4月 29日 (土) 失恋で得た宝物
4月 28日 (金) 肉体労働の労賃には特別な思い....
4月 27日 (木) ホテルの部屋の中での商談は断....
4月 26日 (水) 健全な人生は収入と支出のバラ....
4月 25日 (火) 綺麗になりたければ社交ダンス
4月 24日 (月) 不動産屋のプライドは大けがの元
4月 23日 (日) 心の健康法は意識て手に入れて....
4月 22日 (土) 金持ちの家に生まれたら勤労意....
4月 21日 (金) 駆け引きの最前線で神経をすり....


 

 4月 29日 (土)
 失恋で得た宝物
私は今は全く知らない人達のゴルフサークルに平気で行ったりしますが 
 
では私は人見知りをしないかと言うと 
 
そうではありません。 
 
私の内面は知らない人と話すのが苦手であり 
 
内向的でもあります。 
 
では 
 
どうして今は知らない人ともガンガン話せるかと言うと 
 
必要に迫られ後天的にそうなったのです。 
 
逆に言えば 
 
私の人見知りの本質は 
 
生まれた環境でそうなったんだと思います。 
 
ほとんどが顔見知りの小さな村で育ちましたから 
 
知らない人と接する機会があまり無かった訳です。 
 
これは 
 
自分の村に戻って 
 
村から外に出なかった人達を見るとよく分かります。 
 
どうしても皆さん知らない人と接するのがぎこちない 
 
そんな感じの方ばかりです。 
 
私の場合は 
 
逆に中学の時に沖縄を離れ 
 
知ってる人は誰もいない 
 
そんな環境に投げ出されましたから 
 
どうしてもその自分の殻を破る必要があった訳です。 
 
しかも大学を卒業してわずかの間ですが 
 
飛び込みで不動産を売る仕事もしましたので 
 
人見知りの自分は徹底的に封じ込めた訳です。 
 
ただ 
 
この歳になっても思いますが 
 
私が育った環境で備わった性質 
 
これは永遠に取れる事はありません。 
 
知らないゴルフサークルでは 
 
平然を装うっていますが 
 
心臓の鼓動が早くなってるのは自分自身が一番よく分かります。 
 
そんな感じで 
 
仕事では内気な自分を克服しましたが 
 
しかしそれ以外では 
 
自分の殻を破れてない 
 
これは間違いなくあります。 
 
一番明白なのが女性ですね 
 
私は若くして今の妻と付き合いましたから 
 
恋愛経験がほとんどありません 
 
まぁいまさらどうでも良い事ですが 
 
私は女性に告白する勇気 
 
これを備える事無く人生を終わります。 
 
私の友人の中には 
 
大学の頃友達同士で飲みに言って 
 
たまたまその場に来た女性が好きになり 
 
その日の内に告白した猛者もいます。 
 
その後結婚まで至りましたが 
 
その話を聞いて 
 
本当に尊敬の念が湧いてきます。 
 
その勇気は 
 
私から見れば反社会勢力の事務所に一人で殴り込む 
 
それよりも凄いって感じです。 
 
まぁしかし世の中には 
 
簡単に女性に告白できる人もたくさんいますが 
 
私から見れば 
 
本当に羨ましいと思いますね。 
 
とても出来ません。 
 
が 
 
私はたまたま必要に迫られなかったからそうであって 
 
もし妻と出会う事無く歳を重ねて 
 
いよいよ後が無い 
 
なんて事になれば 
 
勇気を振り絞って殻を破った 
 
そんな気がします。 
 
では 
 
私はどうしてそんなに女性が苦手なのでしょうか? 
 
その理由も分かってます。 
 
私は中2の時に好きな女性に告白して 
 
フラれました。 
 
その時は本当にショックで 
 
それ以来トラウマになってるのです。 
 
どうしてトラウマになるかと言うと 
 
告白しても断られる 
 
この恐怖が離れない訳です。 
 
あんな恥ずかしくて辛い思いをするなら諦める 
 
若い頃の私はそんな人間でした。 
 
恋愛だけではありません 
 
私の場合は極端ですが 
 
私達人間は 
 
他人に何かを申し出るときに 
 
その申し出が断られたときには 
 
誰でも衝撃を受ける物です。 
 
ところが断る方はそこまで相手が傷つくとは思いませんから 
 
簡単に断ります。 
 
この事がよく分かるのがゴルフですね。 
 
私も何度か経験がありますが 
 
お誘いを受けて2〜3度断ると 
 
大体もう2度とその人からお誘いは来なくなります。 
 
こちらは都合が悪くて断ってるだけですが 
 
相手はその断りによって 
 
色んな妄想が頭を駆け巡るのです 
 
嫌われてるとか避けられてるとか・・ 
 
ですから 
 
その後そのお誘いが来なくなった方と 
 
別の機会に顔を合わせても 
 
少しよそよそしかったりします。 
 
まあゴルフはどうでも良いのですが 
 
私達の仕事をする上で 
 
この断る人と断わられる人の意識の違い 
 
これはしっかり頭に叩き込む必要があります。 
 
この理解が足りないと 
 
成績は伸び悩みます 
 
例えば 
 
お客様が申し込みをして 
 
家主に伝えたら入居を断られた 
 
なんて事になれば 
 
それをお客様に伝えるときに 
 
単に事務的に断られました 
 
なんて言っては失格です。 
 
そんな事では 
 
お客様はその営業マンに怒りを覚えます。 
 
入居審査を断られると言う事は 
 
お客様に取っては 
 
自分を否定されてるって事です。 
 
自分を否定されて傷つかない人はいません。 
 
その事に思いが至れば 
 
当然出てくる言葉も違うはずです。 
 
私は 
 
中2の時の失恋で 
 
この気持がよく分かりますから 
 
皆さんみたいな苦情は一件も無かった訳です。 
 
そんな人間心理も考えながら 
 
成長して下さい。 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++