駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 5月
 日 月 火 水 木 金 土
- 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - -

5月 31日 (水) 風によって舞い上がった物は風....
5月 30日 (火) 面倒は金を生む
5月 29日 (月) 零細企業に王道無し
5月 28日 (日) 人を恨んで苦しむのは自分、恨....
5月 27日 (土) 満たされすぎに注意
5月 26日 (金) 健康の秘訣は水道水
5月 25日 (木) 不動産の世界はやはり特殊
5月 24日 (水) 個人に重きを置くから悩み苦し....
5月 23日 (火) 社員がいるから時代に取り残さ....
5月 22日 (月) 雰囲気に流されないためにまず....


 

 5月 10日 (水)
 威光に頼るのは時代遅れ
一昨日と昨日 
 
国会の予算委員会で集中審議が行われてましたが 
 
民進党はまだ籠池さんを担ぎ出して 
 
森友問題ばかりやってましたね。 
 
100兆円近い予算審議の大切な時間を 
 
いつまでこんな話しに費やすのかと思うと 
 
少し腹も立ってきます。 
 
元々は政治的な立場が真逆なのに 
 
一方は安倍総理の威光を当てに事業を始めたのに 
 
その目論見が外れたので復讐にまっしぐら 
 
一方は安倍総理理が 
 
自分の妻が森友の払い下げに関わってたら総理も議員も辞める 
 
なんて言った物ですから 
 
その言葉に舞い上がり 
 
ひたすら虚言オヤジの言動にすがり続ける 
 
そんな風に私は見えてしまいます。 
 
これでは民進党さん 
 
しばらくは浮上できませんね。 
 
野党が弱すぎては国民は不幸ですから 
 
もう籠池さんを利用するのは止めて 
 
まともな予算審議をお願いしたいと思います。 
 
しかし籠池夫婦 
 
マスコミは視聴率が取れるので 
 
相変わらずメディアの露出度も高いですが 
 
どうも私は生理的に好きになれませんね 
 
理由は 
 
私が散々不動産の世界で見てきた 
 
夫婦経営の典型的なパターンだからです。 
 
当社が絶縁になった会社は 
 
ほとんどがこの構造の会社です。 
 
だんなさんが社長で 
 
気の強い奥さんが専務 
 
零細不動産屋に良く見られますが 
 
こんな会社は 
 
本当に良く似てきます。 
 
社員は経営者夫婦の顔色をうかがいながら働く事になりますから 
 
まず能力のある人間は定着しません。 
 
残るのは 
 
経営者には物言わぬイエスマンばかり 
 
結果 
 
夫婦は成長の機会を失い 
 
夫婦の間で独特の世界ができて 
 
世間との間にズレが生ずるのです。 
 
まぁ実際には 
 
夫婦経営がそうなる訳ではありません。 
 
立派な会社もたくさんあります。 
 
ただ 
 
そんな会社と 
 
異常な会社 
 
これには明確な違いがあります。 
 
それは経営者の感情が支配するのか 
 
良識が支配するのか 
 
この違いです。 
 
そうならないようにするためには 
 
少し感情の制御が苦手な奥様達は 
 
このブログでも読んで 
 
感情の暴発を抑える訓練をした方が良いかもしれませんね。 
 
おっといけない 
 
この話しになるとつい私も感情的になりますね 
 
過去の辛い思いがどうしても湧いて来ます。 
 
書きたいのはそんな話しではありません。 
 
今回の森友学園で明らかなのは 
 
籠池さんが昭恵夫人を通じて 
 
安部晋三の名前を使って 
 
右翼っ気のある人達からお金を集め 
 
また役所にはその名前をまるで水戸黄門の印籠かのように使い 
 
そして自分の思いを遂げようとした 
 
って話しですが 
 
実はこの誰かの威光を使って 
 
自分の思いを遂げるなんてのは 
 
私達人間社会によく見られる事です。 
 
私は昔 
 
不動産のトラブルでモメた時に 
 
その相手の男が 
 
有名な反社会勢力の親分と一緒に写ってる写真を見せられた事がありますが 
 
これも同じ動機からきてる訳です。 
 
私達が日頃相手にする家賃滞納者は 
 
この威光依存症の方 
 
結構いますね 
 
やたら弁護士だの政治家だの 
 
あるいはどこそこの親分だの 
 
そんな話しをする人はいつまでも絶える事無く存在します。 
 
お金が無ければ 
 
実際には弁護士も政治家も親分さんも相手にしない訳ですから 
 
実に気の毒な話しです。 
 
しかし最近は 
 
日本社会ではこの威光ってのは 
 
廃れてきましたね。 
 
それだけ社会が進歩した証だろうと思います。 
 
その意味では 
 
私は時代を読んでましたね。 
 
色んな威光ビジネスのお誘いがありましたが 
 
全て断りましたからね。 
 
特に不動産のフランチャイズの皆さん 
 
熱心にお誘いがありました。 
 
お誘いだか脅しだか分からないのもありましたね。 
 
お宅が加入しなければ別の会社が近くに看板を出しますよ 
 
なんて言われた事もあります。 
 
まぁ人の看板に頼る位なら 
 
最初から独立なんかしませんよね。 
 
誰にも縛られる事無く 
 
自分の心に恥じない仕事がしたい 
 
これが私の独立の動機ですからね。 
 
元々 
 
威光に頼るなんて甘ったれた気持は断って決断したのです。 
 
いずれにしても 
 
威光に頼って生きるのは 
 
もう時代遅れ 
 
私はそんな風に思っています。 
 
お隣の韓国はまだ政治的に未熟ですが 
 
そんな韓国ですら 
 
ずるい事をすれば 
 
大統領もサムスンの御曹司もブタ箱に入れられる訳ですから 
 
もう日本ではそんな事は絶対にやってはダメですね。 
 
自分の力に見合ったビジネスに徹するべきです。 
 
当社も零細不動産歴がもうすぐ30年ですが 
 
私の能力に見合った結果って訳です。 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++