駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 5月
 日 月 火 水 木 金 土
- 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - -

5月 31日 (水) 風によって舞い上がった物は風....
5月 30日 (火) 面倒は金を生む
5月 29日 (月) 零細企業に王道無し
5月 28日 (日) 人を恨んで苦しむのは自分、恨....
5月 27日 (土) 満たされすぎに注意
5月 26日 (金) 健康の秘訣は水道水
5月 25日 (木) 不動産の世界はやはり特殊
5月 24日 (水) 個人に重きを置くから悩み苦し....
5月 23日 (火) 社員がいるから時代に取り残さ....
5月 22日 (月) 雰囲気に流されないためにまず....


 

 5月 21日 (日)
 どんな世界も達人は間合いの達人
息子夫婦が近くに引っ越して来て 
 
時々孫を預かる事があります。 
 
私自身にとっては至福の時間ですが 
 
私が喜んで預かるのは 
 
実はもうひとつの大きな理由があります。 
 
それは 
 
孫と母親の絆 
 
これを大切にしたいからです。 
 
息子の嫁は元看護師さんって事もあって 
 
大変子供への愛情も強く 
 
完璧な子育てをしていますが 
 
だからこそ 
 
私達の存在が大切 
 
そんな風に確信しています。 
 
まぁ孫バカじじいののろけ話 
 
そんな感じに捉える人が多いかもしれませんが 
 
あえてそんな話しをブログで書く事はありません。 
 
この話しを例えるのは 
 
人間関係一般的に 
 
良好さを保つ秘訣 
 
これが詰まってるからです。 
 
私が孫を預かるのはせいぜい半日ですが 
 
その預けた孫を母親が引き取りに来る時 
 
大変感動的なシーンが見られます。 
 
それは 
 
たった数時間会わないだけで 
 
会った瞬間孫と母親が飛びついて抱き合い 
 
お互いに愛情を確かめ合うのです。 
 
これが本当に大切だと思うから 
 
私はあえて孫を預かるのです。 
 
どうして大切かと言うと 
 
少し離れる事によって 
 
お互い一緒にいる時間がいかに大切か? 
 
これに気づく訳です。 
 
この離れると言う行為がないと 
 
一緒にいる時間は当たり前になり 
 
そしてその内に苦痛になる事もある 
 
これが人間です。 
 
これは人間に備わった深刻な問題で 
 
良くニュースで子供を虐待して殺した 
 
なんて話しが流れますが 
 
自分の腹を痛めた子供を殺すまで虐待するのは 
 
離れる時間がないためです。 
 
これが少しでも離れる事ができれば 
 
この数時間で 
 
子供が自分にとっていかに大切か? 
 
これに気づくはずです。 
 
ですから悲惨なニュースを見るたびに 
 
私は少し子供と距離を置く環境が無かった親たち 
 
本当に残念に思います。 
 
親子だけの関係ではありません。 
 
事情があって詳しくは書けませんが 
 
私の身近な人間で 
 
長年体調不良で苦しみ 
 
散々医者通いをしたのに原因が分からず 
 
大変悩んでたのに 
 
ある事がきっかけで 
 
瞬時に回復した人がいます。 
 
これも 
 
実は一番大切な人 
 
これと距離を置いたために起きた摩訶不思議な現象です。 
 
つまり 
 
残念ながら 
 
私達人間は 
 
一番愛情を持ってる相手でも 
 
少し離れる時間がないと 
 
これがストレスになり 
 
体調不良まで引き起こす 
 
やっかいな生き物である訳です。 
 
親子や夫婦でもそうなんですから 
 
会社や友人関係おいては 
 
それを円満に保つには 
 
この原則をしっかり理解する必要があります。 
 
会社ではこれまで何度か見てきましたが 
 
仕事が終わってから 
 
毎日仲良く一杯やってる同僚 
 
これが 
 
最初は楽しくやってたのに 
 
その内苦痛になって来ます。 
 
ところがお互いそれが言い出せずに 
 
同じ事を繰り返して 
 
そしてある日酔っぱらった勢いで感情が爆発 
 
そして大げんか 
 
結果 
 
会社を辞める 
 
なんてのは良くある話しです。 
 
新聞では殺人にまで発展した 
 
そんな記事もたまに目にします。 
 
そんな訳で 
 
私達は 
 
人間関係が修復不能な段階まで崩れるのは 
 
共有する時間が長すぎる 
 
ここに行き着く事が多いのです。 
 
日本で起こる殺人事件の半数以上が 
 
親族間で起こる 
 
この事実も原因はそこにあります。 
 
そんな訳で 
 
人間関係を保つには 
 
適度な距離 
 
これが欠かせないって事を 
 
しっかり頭に入れれば 
 
家族が崩壊したり 
 
同僚との軋轢で職を失う 
 
なんて事は少なくなる 
 
私は確信しています。 
 
 


  今日の話、とても共感しました。
最近もとても仲良くなった友人と毎週のように会っていましたが、ある日違和感を感じて私から距離をおきました。
あのまま同じペースで会っていたら絶縁になっていた気がします。
今は数カ月に一度会うくらいで、とてもいい距離感だと思っています。
これが同じ会社とかだと、距離をとりたくても中々難しいのかもしれませんね。
ニチ ..5/22 12:01(月)

  >ニチさん
タイミング良く距離を空けたようで良かったです。
簡単なようですが
勇気の要ることですから中々それができずにずるずる行って最悪になる事も多いものです。
はるぼ ..5/22 16:24(月)

Name: DelKey:
Mail: URL:
Cookie  

Pass:






| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++