駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 5月
 日 月 火 水 木 金 土
- 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - -

5月 31日 (水) 風によって舞い上がった物は風....
5月 30日 (火) 面倒は金を生む
5月 29日 (月) 零細企業に王道無し
5月 28日 (日) 人を恨んで苦しむのは自分、恨....
5月 27日 (土) 満たされすぎに注意
5月 26日 (金) 健康の秘訣は水道水
5月 25日 (木) 不動産の世界はやはり特殊
5月 24日 (水) 個人に重きを置くから悩み苦し....
5月 23日 (火) 社員がいるから時代に取り残さ....
5月 22日 (月) 雰囲気に流されないためにまず....


 

 5月 22日 (月)
 雰囲気に流されないためにまずデーターから入ります
また北朝鮮がミサイルを発射したようです。 
 
このミサイル 
 
ガンガン飛ばしてますが 
 
さすがに最近はもう慣れてしまいましたね。 
 
逆に慣れてしまうと 
 
この問題の行き着く先 
 
これもなんとなく見えてきます。 
 
残念ながら私は北朝鮮は米国の本土攻撃能力を備えた 
 
核保有国として生き残る 
 
そんな風に思います。 
 
もちろん私個人の予測ですから外れる事もありますが 
 
アメリカは北朝鮮に軍事行動を起こさない 
 
そう思うのです。 
 
理由は 
 
世界中で戦争を起こし続けてきたアメリカ 
 
これをデータで見ると 
 
大量に自国民の死者を出す戦争はしてないのです 
 
まぁ大量でないと言っても比較の話しです。 
 
例えば第一次世界大戦ではアメリカ兵は11万人も亡くなってますが 
 
それでも少ないと言うのは 
 
ヨーロッパの国は数百万の犠牲者を出してるのです。 
 
また第二次世界大戦ではアメリカは30万人の犠牲者を出してますが。 
 
これも日本の300万人 
 
またソ連は2000万人 
 
中国の1300万人 
 
等に比べれば極めて少ないって事になります。 
 
特にアメリカ市民の犠牲者 
 
これに限定すれば 
 
第一次世界大戦 第二次世界大戦 朝鮮戦争 ベトナム戦争 
 
アメリカが参戦したこの全てを合わせてもほぼゼロです。 
 
まぁ他国で戦争してますから 
 
市民は死なないですよね。 
 
つまり 
 
これがアメリカの戦争の歴史です。 
 
自国の市民の命を失ってまで戦争はしない 
 
そんな本性が見えてきます。 
 
ちなみにこの戦争の犠牲者数 
 
とりわけ市民の犠牲者数を見れば 
 
今の国際政治 
 
また国内では沖縄の問題 
 
こんな事もよく見えてきます。 
 
太平洋戦争では 
 
日本の民間人の死者は80万人ですが 
 
しかもその大半はアメリカによって殺されてます。 
 
にも関わらず私達日本人は 
 
なぜか反米には走りません。 
 
これに対し 
 
中国は970万人の犠牲者が出てますが 
 
この中のかなりの部分は日本軍に殺さたはずです。 
 
これが中国の中で反日感情が消えない大きな理由です。 
 
私は日々こんなデータを見てますから 
 
中国が語る 
 
日本は歴史をしっかり認識しろ 
 
って言葉もある程度理解出来ます。 
 
このデーターを知ろうともせずに 
 
やたら騒ぎまくる若い人が増えてる今の日本の風潮を見ると 
 
また同じ事を繰り返すのか? 
 
なんて不安も湧いて暗い気持にもなります。 
 
こんな話しをすると 
 
一方からしか物を見ようとしない人達が 
 
私に反日 
 
なんてレッテルを貼りそうですからこの位にしますが 
 
いずれにしても 
 
私達はデーターを元にして物事を見れば 
 
よく実態が見えるって話しです。 
 
このデーターを見る習慣をつけないと 
 
感覚だけで物事を見てしまいますから 
 
結果誤った方向に行ってしまいます。 
 
例えば 
 
私達営業の会社であれば 
 
社員を営業成績だけで優劣を決める 
 
そんな傾向に陥りがちですが 
 
これでは指導者としては失格です。 
 
収益を上げなければ会社は成り立ちませんが 
 
では 
 
売り上げだけで成り立つかと言えば 
 
そうではありません。 
 
会社はある意味軍隊と同じです 
 
戦争は前線で弾を撃つのはごく僅かの人です。 
 
その後ろには 
 
たくさんの後方支援があって安心して弾を撃てるのです。 
 
会社も同じです 
 
誰かが大量の事務処理をし 
 
誰かがお金にならない雑用をこなし 
 
その上で営業はその本来の仕事に専念できる訳です。 
 
そして 
 
会社の最高司令官は社長ですから 
 
その職務を全うするためには 
 
後方支援の重要さと 
 
データに基づく状況判断 
 
これは欠かせないと思っています。 
 
私の会社の舵取りは 
 
雰囲気だけで行う事はありません。 
 
まずデータに目を通す 
 
これが基本って訳です。 
 
データを見れば 
 
複雑に見える人間社会がよく見える 
 
これも私が実感してる事です。 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++