駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 6月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-

6月 27日 (火) 卑劣でウソをつく これが人間....
6月 26日 (月) 籠池症候群に注意
6月 25日 (日) 死ねば支え合う仕組みが変わる....
6月 24日 (土) 頑張り過ぎると悲劇になるのが....
6月 23日 (金) トイレが古いと若い人は足が向....
6月 22日 (木) 受け継がれるのは遺伝子と行動
6月 21日 (水) 至福の二日間
6月 20日 (火) たまには肉体に抗う
6月 19日 (月) ハイテクも人次第
6月 18日 (日) 負動産のお話


 

 6月 14日 (水)
 労働基準監督局ではブラック業界?
若い営業マンが 
 
勤めてた不動産会社を突然解雇された 
 
なんて事で相談がありました。 
 
まぁ相談を受けても 
 
双方の話しを聞かないと詳しい事は分かりませんし 
 
また私は弁護士ではありませんので 
 
その争いの間に入る事もできませんが 
 
その人の話を聞く限り 
 
あまりにもひどい話しなので 
 
労働基準監督局にすぐに行くようにアドバイスしました。 
 
で 
 
後日ご丁寧に結果の報告がありました。 
 
内容は私のアドバイスに従い 
 
すぐに労働基準監督局に行ったために 
 
満足の行く補償を得られたと言う事で 
 
怒りが収まり次の職探しを頑張ります 
 
って事でした。 
 
まぁしかし私のように会社を経営してれば 
 
労働基準監督局と言う物の存在は当たり前ですが 
 
普通の人はまず雇用のトラブルが無ければ無縁ですから 
 
存在すら知らない 
 
なんてのも当然かも知れません。 
 
そんな訳でこの問題自体は簡単に終わった訳ですが 
 
その人が 
 
労働基準監督局で色々聞いた事を話してくれました。 
 
具体的には不動産屋のレベルの低さ 
 
これを痛感したって事でした。 
 
理由は相談に乗ってくれた担当者が教えてくれたそうです。 
 
雇用のトラブルは不動産業界が圧倒的に多いと 
 
しかも内容は 
 
経営者の人格が疑われる 
 
そんなケースばかりって事です。 
 
例えば 
 
ある支店を出した社長さん 
 
支店長さんを新しく採用した訳ですが 
 
全く成績が上がらず 
 
半年で閉めたそうです。 
 
で 
 
営業不振を支店長のせいにして 
 
解雇 
 
まぁこれでもいけませんが 
 
信じられないのは 
 
その支店の損失を 
 
その支店長さん個人に請求してきたそうです。 
 
営業不振の損失を社員に要求する 
 
こんな人間が 
 
まだこの世界にはいるのです。 
 
まぁ私自身も昔は 
 
勤めた会社が 
 
社員をまるで物かなんかのように 
 
気に要らなければ嫌がらせをして辞めさせる 
 
こんなシーンに嫌気が差して辞めた訳ですが 
 
今の時代になっても 
 
まだ同じような経営者がこの世界にはたくさんいるって事です。 
 
また 
 
営業不振で 
 
社員の給与を踏み倒して逃げる 
 
なんて情けない人間もこの世界には今でもいますから 
 
レベルが低い 
 
なんて誹りもあえて受け入れなければならない 
 
そんな風にも思えます。 
 
私自身 
 
今は他人ごとのようにこんな話しを書いてますが 
 
会社を始めた頃は 
 
社員に対する責任の重さ 
 
そんな事はあまり考えてませんでしたね。 
 
なんせ人の出入りが激しいのがこの世界ですから 
 
そんな軽い気持でいた訳です。 
 
ところが 
 
年々 
 
会社経営は 
 
社員全員の生活を守る事が義務 
 
そんな事が分かって 
 
その責任の重さが常に頭に重くのしかかる 
 
そんな風になりました。 
 
特に社員に子供が産まれて 
 
それを見せに来られた時には 
 
この子の人生まで責任を負わされようで 
 
背筋が寒くなったものです。 
 
まぁしかし 
 
そんな思いも今はあまりありません。 
 
それは 
 
もう覚悟したのです。 
 
逃げられないと 
 
沖縄で自給自足の生活は夢見ていますが 
 
どうやら来生に持ち越し 
 
そんな感じです。 
 
自分が経営者として覚悟すると 
 
覚悟の無い経営者 
 
これもよく見えます。 
 
私が知ってる社員の給与を踏み倒した社長さん達 
 
似た傾向がありました。 
 
それは 
 
社員をやたら褒めるのです。 
 
その心理は 
 
内心は社員より自分の事ばかり考えてますから 
 
それがバレないように褒めまくってる 
 
褒めるのはタダだと思ってそうしてる訳ですから 
 
随分社員をナメた話しです。 
 
私は今はそれがよく見えます 
 
だから 
 
逆に言えば私は社員を褒めたり 
 
なんてほとんどありません。 
 
褒めて社員を育てる 
 
なんて言葉もありますが 
 
私には無縁の言葉です。 
 
その辺 
 
覚悟して下さいね 
 
社員の皆さん達 
 
褒められて伸びる人は 
 
褒められなくても伸びる 
 
皆さん小学生ではありませんから 
 
当然の話 
 
私はそんな考えです。 
 
 


Name: DelKey:
Mail: URL:
Cookie  




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++