駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 6月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-

6月 27日 (火) 卑劣でウソをつく これが人間....
6月 26日 (月) 籠池症候群に注意
6月 25日 (日) 死ねば支え合う仕組みが変わる....
6月 24日 (土) 頑張り過ぎると悲劇になるのが....
6月 23日 (金) トイレが古いと若い人は足が向....
6月 22日 (木) 受け継がれるのは遺伝子と行動
6月 21日 (水) 至福の二日間
6月 20日 (火) たまには肉体に抗う
6月 19日 (月) ハイテクも人次第
6月 18日 (日) 負動産のお話


 

 6月 21日 (水)
 至福の二日間
先週 
 
太田昌秀元沖縄県知事の訃報が流れてきました。 
 
数年前に羽田でお見かけしたときにはお元気でしたが 
 
高齢ですからね 
 
仕方がありません。 
 
この太田元知事は 
 
徹底した反戦反基地の方でしたが 
 
死の床で言ったうわごとは衝撃的でしたね。 
 
“早く壕を探しなさい 早く鉄砲と弾を兵隊に届けなさい” 
 
って言ったそうです。 
 
戦争の時に鉄血勤皇隊に招集された時に 
 
意識が戻ったんだろうと思いますが 
 
戦後は一貫して戦争と米軍基地の県内移転に反対して来た訳ですが 
 
この間の時間が脳の中ではすっかり消え去った 
 
そんな風にも思えます。 
 
私達は人間を固定的に評価しがちですが 
 
しかし実際には 
 
長い時間の経過の中では脳が変化して 
 
それに伴い人格も変化していくのが普通です。 
 
私自身自分の変化 
 
これは強く感じています。 
 
この歳になれば 
 
体力も記憶力も低下し 
 
それに伴い遊ぶ気力も失われてきましたので 
 
今は真面目一筋の人生ですが 
 
しかし若い頃は 
 
まだ人格は未熟なのに欲も体力もありましたから 
 
今からすれば恥ずかしくなるような 
 
そんな時期がありました。 
 
この自分にも起こった人格の変化 
 
若い頃はこれがあまり理解できずに 
 
随分人間関係で苦しみました。 
 
長年付き合ったのに 
 
ある日突然嫌な部分が見えて 
 
ケンカになって絶縁になった人 
 
何人もいます。 
 
で 
 
今になってその原因を考えると 
 
相手の人格変化だけでなく 
 
自分も変化してるのに 
 
相変わらず昔の惰性で付き合ってたのがいけなかった訳です。 
 
付き合った当初はお互い価値観が合うから遊ぶ訳ですが 
 
その後お互い体験する世界が違いますから 
 
内面は変化していきます。 
 
変化すれば価値観も合わなくなる 
 
これが自然ですが 
 
若い頃はこれが理解できなかた訳です。 
 
今は何人も友人を失って 
 
しっかり学習しました。 
 
人間は 
 
時の変化で付き合う人も変えて行く 
 
これが人間関係で苦しまない方法 
 
そんな風に考えるようになりました。 
 
ですから 
 
私は今は人間関係はさばさばしています。 
 
親しく付き合った人でも 
 
いつまでもタラタラと付き合う事はありません。 
 
一見冷たいようですが 
 
これを実践すると 
 
大変面白い事がおきます 
 
円満に距離を置くと 
 
時間が過ぎて 
 
またお互い求める時期が来るのです。 
 
そうすれば 
 
すぐに昔に戻り 
 
また仲良くできる訳です。 
 
今還暦を過ぎて 
 
そんなごぶさた友人と会う事が増えてきました。 
 
その友人達も 
 
このまま死ぬまでつながる 
 
なんて事もないかも知れませんが 
 
いずれにしても 
 
過去に自分が未熟なためにケンカ別れした人達 
 
本当に残念です。 
 
できれば時計の針を戻したい位です。 
 
まぁここまでは一般的な話しなんですが 
 
私にはそれ以外に 
 
奇跡の友人達がいます。 
 
村の同級生達です。 
 
幼稚園から今まで 
 
一度も絶える事無く親しく付き合ってきた 
 
奇跡の仲間たちです。 
 
まあ大切な仲間と言って離れてますから 
 
頻繁に会える訳ではありませんが 
 
年に数回 
 
飛行機に乗って会いに出かけます。 
 
昨日は 
 
パームヒルでゴルフをして酒盛りでした。 
 
今日は一日親兄弟と過ごして 
 
明日朝一で戻って仕事復帰です。 
 
この時間があるから 
 
仕事を頑張ろう 
 
って気持になるのです。 
 
 
 
 
 
 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++