駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 6月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-

6月 30日 (金) 言葉を文字にすれば恐ろしい化....
6月 29日 (木) 組織と個人
6月 28日 (水) 営業能力の差はスピードの違い
6月 27日 (火) 卑劣でウソをつく これが人間....
6月 26日 (月) 籠池症候群に注意
6月 25日 (日) 死ねば支え合う仕組みが変わる....
6月 24日 (土) 頑張り過ぎると悲劇になるのが....
6月 23日 (金) トイレが古いと若い人は足が向....
6月 22日 (木) 受け継がれるのは遺伝子と行動
6月 21日 (水) 至福の二日間


 

 6月 28日 (水)
 営業能力の差はスピードの違い
ビジネスホンの入れ替えで 
 
数社に見積もりをお願いしたのですが 
 
まぁしかし世の中の営業マン 
 
ピンからキリまでってのが良く分りますね。 
 
優秀なのは 
 
こちらが連絡すると 
 
1時間もしないうちにファックスで見積もりを送ってきますが 
 
遅い人は 
 
ウンもスンもなく5日ほどしてから電話が来ます。 
 
いきなり 
 
見積もりが出来ましたのでこれから伺います。 
 
って感じです。 
 
こちらは電話機の調子が悪くて見積もり依頼をしてる訳ですから 
 
残念ながら電話貰った段階でもう決まってます。 
 
しかもその営業マンより最低なのは 
 
某大手営業マンですね。 
 
ほぼそこで決めるつもりで 
 
一番真っ先に連絡をしました。 
 
ですから 
 
最初の内は他の会社にはコンタクトをとりませんでした。 
 
で 
 
連絡を取って二日後に訪ねてきましたが 
 
年齢は私と変わりません 
 
って事は 
 
定年間近です。 
 
ですから 
 
言葉は威勢が良いのですが 
 
なんせ行動とマッチしません。 
 
翌日見積もりをお送りします 
 
なんて言いながら 
 
それを待ち焦がれてると 
 
翌日は音沙汰無し。 
 
で 
 
二日後に届いた見積書は 
 
こっちの要望は入らず 
 
余計な物だらけ 
 
で 
 
作り直すように伝えると 
 
すぐに訂正いたします。 
 
って言いました。 
 
で 
 
私は電話機が調子悪いので急いでいると伝えると 
 
また 
 
明日お持ちします 
 
って返事 
 
待ってるとやっぱり来ない 
 
で翌々日 
 
やっと持って来ましたが 
 
私があれほど事前に連絡するように言ったにもかかわらず 
 
わざわざ私がいない時に来て 
 
見積書を置いて行きました。 
 
で 
 
会社に電話すると 
 
外出していてそのまま直帰の予定 
 
って言われました。 
 
私は急いでいるので 
 
携帯で連絡とってもらいえないかと言うと 
 
すぐに連絡します 
 
なんて言われましたが 
 
結局その日は電話が来ませんでした。 
 
で 
 
その翌日に電話がかかってきましたので 
 
契約したい旨を伝えると 
 
翌日伺いますとのこと 
 
でこの時も電話をしてから来るように伝えましたが 
 
朝11時になっても電話がかかって来ません。 
 
で 
 
会社に電話すると 
 
またまた外出していて直帰予定の事 
 
まぁこの段階でアウトですね。 
 
この直帰男 
 
仕事をする気は全くありません。 
 
頭にあるのは 
 
すぐにやってくる定年まで 
 
何の問題も起こさないこと 
 
だろうと思います。 
 
今更契約しても 
 
退職金には何の影響もないし 
 
契約すれば 
 
トラブルになる事もありますから 
 
もしかしたら懲戒解雇 
 
で 
 
退職金がパア 
 
理論的にはあり得ます。 
 
まぁそれは妄想が過ぎる気もしますが 
 
とにかく信じられない位にやる気がないのです。 
 
この男を見て思いましたね。 
 
もうやる気が無いのであれば 
 
会社に出社されては 
 
企業にとっては大損害だと 
 
今回もその会社は契約機会を失ったわけですが 
 
それ以上に大きいのは 
 
同僚に対する影響ですよね。 
 
よくミカンに例えられますが 
 
組織も腐ったミカンがあると 
 
全体にそのカビが蔓延しますからね。 
 
私自身は 
 
昔から社員が辞める事になれば 
 
決まった賃金は払うから 
 
区切りが付いた段階で出社しなくても良い 
 
って言うのが口ぐせです。 
 
その理由はまさにその腐ったミカン箱理論です。 
 
まぁしかし 
 
今回顧客の立場であれこれ電話会社を見て 
 
色んな事を学びましたね。 
 
その中でも改めて 
 
営業は人に行き着く 
 
この事を再確認しました。 
 
今後の社員教育に大いに生かしたいと思います。 
 
仕事が出来る人間は 
 
クイックレスポンス 
 
まずこれを徹底します。 
 


  シンプルですが、基本ですよね。
というか社長さんよくそんなに詳細に記憶してますね笑
余程イラついたんでしょうか・・
キタオカ1丁目 ..6/28 18:37(水)

  社長と年齢が近いのに、外回りも大変😰と思います。
おそらく、出世コースから外れて外回りしていると思います。家のローン、教育費用もあるのでしょう。
高齢営業 ..6/29 7:18(木)

  大手はやっぱり待遇いいですね。そんなんでもボーナスも給与ももらえて解雇もされないんだから。
なる ..6/29 8:59(木)

  >キタオカ1丁目さん
この話は先週の事なので詳しく書ける訳です。
まだしっかり記憶に残っています。

>高齢営業さん
大手の事情は分かりませんが
多分おっしゃる通りでしょうね。
この方は営業の基本的な部分が欠けてるように思います。

>なるさん
おっしゃる通りですね。
私たち零細企業でとても抱える事はできません。
はるぼ ..6/29 9:16(木)
>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++