駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 6月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-

6月 30日 (金) 言葉を文字にすれば恐ろしい化....
6月 29日 (木) 組織と個人
6月 28日 (水) 営業能力の差はスピードの違い
6月 27日 (火) 卑劣でウソをつく これが人間....
6月 26日 (月) 籠池症候群に注意
6月 25日 (日) 死ねば支え合う仕組みが変わる....
6月 24日 (土) 頑張り過ぎると悲劇になるのが....
6月 23日 (金) トイレが古いと若い人は足が向....
6月 22日 (木) 受け継がれるのは遺伝子と行動
6月 21日 (水) 至福の二日間


 

 6月 4日 (日)
 不動産と寿命
最近再建築が出来ない中古物件を買いました。 
 
市街化調整区域内である事と 
 
接道条件が満たされておらず 
 
元々違法で建てられた物件です。 
 
って事は 
 
我々の感覚では売り物にならない 
 
って話しですが 
 
実際には価値がない訳ではありません。 
 
極端に安くなるって話しです。 
 
ですから 
 
こんな物件には私は原則的に 
 
売却せずに建物が建てられるように条件が改善するのを待つ 
 
これを強く勧めますが 
 
今回の案件は 
 
残念ながらそれまで待てない事情がありました。 
 
それは売主がガンになってしまったのです。 
 
ですから 
 
安くても良いから買い取って欲しい 
 
と言われましたので 
 
その希望にお応えして購入した訳です。 
 
その方にとっては 
 
10年後の1億円より 
 
今の1万円の方が価値があるって訳です。 
 
おっと勘違いしそうなので補足しますが 
 
1万円で買った訳ではありませんよ。 
 
不動産ですから安いと言っても車より安い 
 
なんて事は私達の地域ではありません。 
 
言いたいのは 
 
お金は大切ですが 
 
それは自分の寿命を考慮しないと 
 
意味を成さないって話しです。 
 
更に不動産の場合は 
 
それ自体は消費できませんから 
 
自らの寿命を考慮しないと 
 
その所有は何も意味が無い 
 
そんな事も起こります。 
 
ですから 
 
財産を残す子供もいなければ 
 
適当な段階で不動産は現金に換えて 
 
消費に当てる 
 
これは合理的な話しです。 
 
昨年は 
 
そんな家主さんに 
 
積極的に売却を提案して 
 
ご理解いただきました。 
 
お年寄りでも 
 
生きていれば 
 
現金が老人ホームの入所費用に充てたり 
 
あるいはタクシー代に当てたりできますので 
 
その意味では皆さん喜んでいただきました。 
 
この不動産の現金化 
 
これはある程度頭がしっかりしてる内にやらないと 
 
結構面倒になります。 
 
裁判所にお世話にならなければどうにもならない 
 
なんて事も起こります。 
 
そんな訳で 
 
高齢化社会では 
 
不動産の早めの現金化 
 
これが必要な人もたくさんいるって訳です。 
 
しかし今の時代 
 
社会の事情が急激に変化しましたから 
 
昔からの習慣が不合理になる 
 
こんな事が多いですね。 
 
最近強く思うのはお墓ですね。 
 
核家族になって 
 
墓の長期に渡る利用が危うくなりました。 
 
私が具体的に知ってる方でも 
 
ご両親が立派な墓に入っていますが 
 
お子さんは誰も結婚せずに 
 
その墓の将来の管理が絶望的な人がたくさんいます。 
 
ですから 
 
近い将来 
 
日本は無縁墓だらけになるのはほぼ間違いありません。 
 
その意味では 
 
私の村の門中制度 
 
これは本当に優れたシステムですね。 
 
沖縄でも家族単位で墓を作る人は多いですが 
 
私の村に限ってはほぼ100%門中の墓に入ります。 
 
この門中墓は 
 
一門の共同墓ですから 
 
家が途絶えても 
 
一門も子孫が共同で維持管理しますから 
 
無縁墓は出来ません 
 
実際私の村に無縁墓はありません。 
 
昔の人が考えたシステムですが 
 
本当に良く思い浮んだ物だと感心します。 
 
また 
 
私のように還暦を過ぎると 
 
そろそろ墓の心配をする必要がありますが 
 
私の場合は全くそれは考えずに済みます。 
 
門中墓に入るつもりです。 
 
まぁしかし実際には自分が決める事はできませんよね。 
 
それは息子達が決める事です。 
 
私は門中墓に入る事もできますが 
 
東京で生まれ育った息子達はそれは出来ないでしょうから 
 
私とは別々の墓に入る事になります。 
 
ですから 
 
もしかしたら 
 
私を沖縄に帰さない 
 
そんな結論を出すかもしれません。 
 
まぁしかし死んでしまった後はどうでも良い訳ですから 
 
そんな事を考えても仕方がありませんね。 
 
いずれにしても 
 
私は 
 
日頃から 
 
お金や不動産と寿命 
 
この三つの要素の合理性を考えてますから 
 
今の時代の人間の不合理な行動 
 
これも良く見て取れる訳です。 
 
 

 
 
 
 
 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++