駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 6月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-

6月 27日 (火) 卑劣でウソをつく これが人間....
6月 26日 (月) 籠池症候群に注意
6月 25日 (日) 死ねば支え合う仕組みが変わる....
6月 24日 (土) 頑張り過ぎると悲劇になるのが....
6月 23日 (金) トイレが古いと若い人は足が向....
6月 22日 (木) 受け継がれるのは遺伝子と行動
6月 21日 (水) 至福の二日間
6月 20日 (火) たまには肉体に抗う
6月 19日 (月) ハイテクも人次第
6月 18日 (日) 負動産のお話


 

 6月 5日 (月)
 経験は最良の教師
私は自分が長年売買の営業をしてきましたので 
 
その経験から色んな事を学びました 
 
その中で会社経営に一番大きく貢献したのは 
 
効率の悪い仕事を排除する事ができた 
 
って事です。 
 
特に広告 
 
これは紙媒体を中心に散々やって来ましたので 
 
反響が取れない広告 
 
これはすでに会社を始めた頃から排除しています。 
 
この反響が取れない広告は 
 
お金は出て行きますし 
 
それに関わる仕事は増えますし 
 
経営上は大きなマイナスになるのです。 
 
ではどんな広告が反響を取れないかと言うと 
 
一言で言えば 
 
ありきたりの物件を 
 
どこでもやってる広告に載せる事です。 
 
これに反響は期待できません。 
 
ありきたりの物件にいくら大金をかけても反響はありませんし 
 
ありきたりの物件をいくら数多く掲載しても 
 
反響はありません。 
 
逆に 
 
反響が取れる物件は広告代はかかりません。 
 
当社で言えば 
 
一番契約になるのは 
 
店頭に反響が取れる物件を掲示するだけ 
 
です 
 
反響が取れる物件は 
 
広告代がかからない 
 
そうも言えます。 
 
しかし 
 
私は今 
 
あえて社員に無駄な広告をさせています。 
 
どうしてそうしてるかと言うと 
 
今期は利益が出ていますから 
 
あえてお金をドブに捨てるような事を容認してる訳です。 
 
理由は 
 
私の指導を社員に納得させるためです。 
 
つまり 
 
私は無駄な広告が分かってますから 
 
そんな事よりは 
 
物件の収集にエネルギーを注ぐ 
 
これが正道ですが 
 
社員達は他の会社が広告を出してるのを見て 
 
もしかしたらそれが大変儲かる 
 
そんな思いがあるのです。 
 
ですから 
 
心のどこかでは 
 
他社を羨やんでる訳です。 
 
この気持ち 
 
私がいくら言葉で言っても排除できませんから 
 
あえて 
 
今無駄な事を体験させてる訳です。 
 
言葉ではいくら大声を張り上げても伝わりませんが 
 
体験すれば理解できますからね。 
 
私も散々自分で広告を出してきたから 
 
広告の難しさ 
 
これが身にしみて分かってる訳です。 
 
ですから 
 
体験してない社員達に同じ体験をさせる 
 
大金はかかりますが 
 
これはこれで人を育てるには欠かせない 
 
そう思ってあえて目をつぶってやりたいようにさせてる訳です。 
 
しかし会社経営は大変ですよね。 
 
一番大変なのはこの人を育てるって事です。 
 
会社の経営者は皆その大切さを知っていますが 
 
しかしその方法を知らない人も多いですね。 
 
最近ある不動産会社を辞めた若い人と話しましたが 
 
そこの社長さん 
 
人を育てる 
 
これをいつも口にしてるそうですが 
 
その方法はワンパターンで 
 
延々と長い会議で自分の持論を話す 
 
それだけだそうです。 
 
で 
 
その話を聞いる社員達 
 
皆黙ってますが 
 
その社長の軽薄さ 
 
これに気づくそうです。 
 
つまり語るって事は 
 
自分を晒す事になりますから 
 
自分の中身がなければ 
 
逆に社員はバカにする訳です。 
 
そんな訳で 
 
社員を育てる 
 
なんて簡単に口にする社長さん 
 
日本中にたくさんいると思いますが 
 
この社員を育てる事も 
 
広告と同じで難しい事 
 
私はよく分かってます 
 
具体的には 
 
言葉だけで育てようとしてもダメだって事です。 
 
言葉ではなんとでも言えますから 
 
社長がいくら熱く語っても 
 
社員は見透かしてる訳です。 
 
社員も子供も育てる基本は同じです。 
 
言葉では無く 
 
行動で教える 
 
それだけです。 
 
ですから 
 
会社経営はキツいんです。 
 
私自身 
 
還暦を過ぎても 
 
休まる日は見えてこないって訳です。 
 
いずれにしても 
 
広告も社員を育てる事も 
 
まず 
 
その難しさ 
 
これを知る事が第一歩です。 
 
そしてそれを知るために 
 
時にはムダ金を使う事も必要だって訳です。 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++