駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 6月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-

6月 27日 (火) 卑劣でウソをつく これが人間....
6月 26日 (月) 籠池症候群に注意
6月 25日 (日) 死ねば支え合う仕組みが変わる....
6月 24日 (土) 頑張り過ぎると悲劇になるのが....
6月 23日 (金) トイレが古いと若い人は足が向....
6月 22日 (木) 受け継がれるのは遺伝子と行動
6月 21日 (水) 至福の二日間
6月 20日 (火) たまには肉体に抗う
6月 19日 (月) ハイテクも人次第
6月 18日 (日) 負動産のお話


 

 6月 6日 (火)
 財産だと思っていたらババだった。
私達が子供の頃のマンガの泥棒の定番は 
 
頬かぶりをして 
 
口の周りはぐるっと真っ黒いヒゲが生えてて 
 
そして背中に唐草模様の風呂敷を背負ってました。 
 
でその風呂敷の中には盗んだ品物が入ってる訳ですが 
 
大体服だとか鍋だとか 
 
そんな感じです。 
 
どこの家も貧しい時代ですから 
 
現金は無かったのでしょう。 
 
しかし当時泥棒が盗んだ品物 
 
今は逆にお金を出して処分して貰うんですよね 
 
消費財の生産効率が上がった結果 
 
物に対する常識がガラっと変わりました。 
 
私がこの世界に入った頃は 
 
夜逃げに遭うと 
 
その逃げた入居者が残していった物を処分して 
 
いくらかの家賃が回収できましたが 
 
今は逆に残置物の処分にお金がかかり 
 
踏んだり蹴ったりです。 
 
でこの消費財の変化 
 
これが不動産でも起こりつつあります。 
 
つまり 
 
価値があると思ってた不動産が 
 
逆に負債になる 
 
そんなケースが出てきて 
 
そしてそれが加速度的に悪化する 
 
そんな風に私は感じています。 
 
今現実に起こってるのは別荘地ですね 
 
大手が管理してる別荘地は 
 
毎年管理料がかかります。 
 
これが仇となり 
 
その別荘地を持ったら最後 
 
今度はタダでも手放せない 
 
それが現実に起こっています。 
 
って事は 
 
使う当てもないのに 
 
永遠に管理料は支払う 
 
なんてとんでもない事になってる訳です。 
 
まぁしかし 
 
別荘の管理会社もそのスキームは壊れますから 
 
お先真っ暗ですよね。 
 
その別荘地の所有者が亡くなれば 
 
他に財産がなければ 
 
それを相続する人もいなくなる訳ですから 
 
いずれその別荘地は荒れ果てるはずです。 
 
それでも別荘地に留まれば社会全体としては大した問題ではありませんが 
 
遠隔地のマンションもやばいでしょうね。 
 
所有者が亡くなれば 
 
相続する人が居なくなり 
 
管理費も入って来なくなります。 
 
転売しようにも需要がなければ 
 
そのままって事になりますから 
 
幽霊マンションだらけになり 
 
社会的に大問題になる日がそこまで来てるように思います。 
 
そんな感じで 
 
将来を考えれば悪い材料がゴソゴソ出てきますが 
 
まぁ人口が減る事によって全て起こる訳ですから 
 
人口を増やさない事にはどうにもなりませんね。 
 
さんざん政治がいろいろやってどうにもならない訳ですから 
 
さし当たり人口を増やす 
 
なんて事も難しいように思います 
 
であれば 
 
将来この時代の変化で悲惨な目に遭わないようにするには? 
 
一番思う事は 
 
不動産が負担になる日が来る事をいつも意識する事ですね。 
 
昔価値のあった家具やなんかが負担になった事と一緒の道を辿る訳ですが 
 
消費財は時代に合わせて廃棄できますが 
 
不動産は無くなりませんからね 
 
って事は 
 
今価値があるからと言って飛びつかない事です。 
 
将来その価値が維持できるかどうか? 
 
そんな事まで思いを巡らして 
 
重い負担になる不動産は持たない事です。 
 
バブルの頃は 
 
私達は不動産の買い取りをババ抜きに例えて表現していましたが 
 
そのババ 
 
引くのはほとんどプロでしたが 
 
これからのババ引きは 
 
素人が主役です。 
 
私の知人が 
 
長年の友人から 
 
ある別荘地を譲ってくれる 
 
なんて言われて喜んでましたので 
 
今日の話をそっくりそのまましました。 
 
で 
 
しばらくして 
 
ビール券が送られてきました 
 
でお礼の電話を入れると 
 
“おかげババを引かずに済みました” 
 
ですって 
 
流行りますよ 
 
大人のババ引き 
 
くれぐれも注意しましょう。 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++