駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 7月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - -

7月 26日 (水) 勝負の醍醐味は攻撃にあり
7月 25日 (火) 勝利は一瞬 敗北は延々と・・
7月 24日 (月) 印象操作は諦めて実態勝負
7月 23日 (日) 病気になるか健康な生活を送れ....
7月 22日 (土) 忙しくても暇なそぶり
7月 21日 (金) 口達者の落とし穴
7月 20日 (木) 小さいながらも多様な人を抱え....
7月 19日 (水) 生涯現役道
7月 18日 (火) 妄想が暴走すれば現実と融合する
7月 17日 (月) 不動産も野菜も新鮮な内は買い....


 

 7月 18日 (火)
 妄想が暴走すれば現実と融合する
恋愛ドラマで 
 
女の子が 
 
世界でアナタが一番好き 
 
って叫んだりすると 
 
世界中の男を知ってる訳でもないのに・・ 
 
なんてつい思ってしまいますよね。 
 
ブルゾンちえみによると 
 
世界の中の男の数は 
 
35億と5千万人だそうですから 
 
そんな凄い数がいるのに世界で一番好き 
 
なんて言葉発するのは間違い 
 
私もすぐに感じます。 
 
がこれは全く逆です 
 
これは私達男性の脳がよくやらかす明らかな勘違いです。 
 
世界で一番アナタが好き 
 
って言う言葉に 
 
その女の子の視野の狭さを感じてるお父さん達 
 
視野が狭いのは実際にはアナタです。 
 
私達男性は 
 
地球儀を見て 
 
それが世界 
 
だなんて思っていますが 
 
この世界は実際には存在しません。 
 
おっといけないこの表現 
 
誤解されそうですね 
 
“はるぼさんいっちゃった” 
 
なんてつぶやきが聞こえてきそうです。 
 
私が存在しないと言うのは 
 
自分の五感では存在しないと言う事です。 
 
つまり 
 
自分が実際に体験できる世界は 
 
ごく限られた空間であって 
 
私達が当たり前のように考える地球儀レベルの世界は 
 
私達の頭で想像するしかない 
 
そんな世界です。 
 
つまり 
 
世界と言う言葉は 
 
目の前に広がる世界と 
 
私達が目にする事ができない頭の中で作り出す世界 
 
この二つがあるって事です。 
 
この理解が足りないまま 
 
ドラマの女の子の言葉尻を捕まえるのは 
 
逆に視野が浅いって事になります。 
 
女の子は 
 
自分の体験した世界の中で出会った人 
 
それを前提に叫んでるのです。 
 
私が男性脳とあえて結びつけるのは 
 
ゴルファーのお父さん達に 
 
とにかくこの手の突っ込みをする人が本当に多いのです。 
 
私はその場の空気が壊れると困りますからあえて黙ってますが 
 
得意げになってるお父さんが少し気の毒になる事もあります。 
 
その話はともかく 
 
私達人間は 
 
脳が発達した弊害として 
 
想像力が増した 
 
って事があります。 
 
この想像力は人間の進歩に大きく貢献していますから 
 
肯定的にとらえるべきですが 
 
これは大きな弊害もあります。 
 
それは現実と脳が作り出す世界との区別があいまいになってしまう 
 
そんな性質があるのです。 
 
そしてその想像力が暴走すると 
 
やがて妄想に変わり 
 
社会生活も上手く行かなくなり 
 
精神科の範疇となります。 
 
私達はそんなお客様とも数多く接しますので 
 
この恐ろしさを肌で感じる事ができますから 
 
逆に理解もできる訳ですが 
 
普通の人はそれが理解できない 
 
これも事実です。 
 
ですから 
 
例えば 
 
アパートの入居者に言動がおかしい 
 
なんて人がいると 
 
さし当たり暴れたり危害を加える事がなくても 
 
気持ち悪いから追い出せ 
 
なんて言ってきます。 
 
何もしないのに追い出す事もできませんからその事を説明すると 
 
逆にクレームを言った人が出て行く 
 
こんなケースもよくあります。 
 
出て行くのは止められませんから 
 
結果空室になり 
 
また次の入居者にはその事を説明しなければなりませんから 
 
中々借り手が決まらず大損害 
 
って事もよくあります。 
 
そんな感じで 
 
私達人間社会には 
 
たくさんの現実と妄想の境界を失った人がいますが 
 
悪化すれば不幸の原因となりますから 
 
なるべく早期に意識して 
 
円満な社会生活を営んで貰いたいためにこんな話しをする訳です。 
 
以前沖縄の友人から面白い話しを耳にしました。 
 
沖縄の村は地域のつながりが強いので 
 
精神的に病んでも 
 
周りは抱えながら付き合っていきますが 
 
この精神的に病む人 
 
宇宙の話しをする人が多いそうです。 
 
宇宙の話しと言っても 
 
2種類あって 
 
たとえば宇宙物理学のような学術的な話しをする人問は題ありませんが 
 
危ないのは 
 
UFOだとか宇宙人だとか 
 
若い頃からそんな話しばかりする人 
 
歳をとっていっちゃう事が多いそうです。 
 
地球は行った事がない場所でも 
 
その気になれば行く事はできますが 
 
宇宙は完全に妄想の世界ですからね 
 
幼い頃からその興味が強いと 
 
脳は妄想が支配するようになり 
 
結果目の前の世界と融合する 
 
なんとなく分かります。 
 
これが意識して防げるかどうかも分かりませんが 
 
もし 
 
このブログ読んで思い当たれば 
 
少し妄想の世界は抑制する事でしょうね。 
 
それで改善すれば 
 
私達の苦しみも減りますからね 
 
いずれにしても 
 
私達の一番の悩みは 
 
妄想型入居者です。 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++