駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 7月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - -

7月 31日 (月) 求心力低下
7月 30日 (日) 危険度が増す時代の到来
7月 29日 (土) 大口取引先は爆弾
7月 28日 (金) おサムライ様達はプライドが高い
7月 27日 (木) トラブルで裁判になる訳ではあ....
7月 26日 (水) 勝負の醍醐味は攻撃にあり
7月 25日 (火) 勝利は一瞬 敗北は延々と・・
7月 24日 (月) 印象操作は諦めて実態勝負
7月 23日 (日) 病気になるか健康な生活を送れ....
7月 22日 (土) 忙しくても暇なそぶり


 

 7月 22日 (土)
 忙しくても暇なそぶり
シカゴでレストランの評論を生業として 
 
大変な人気を浴びてた男が 
 
引退後 
 
実は自分が本当に好きだったレストランは紹介しなかった 
 
って語って非難を浴びていました。 
 
つまりこの男は 
 
自分が紹介してしまうと 
 
客が押し寄せますから 
 
レストランの質が落ちる 
 
そうなれば自分が美味しい物を食べられなく 
 
そう考えてひた隠しにした訳です。 
 
まぁプロとしてはやっては行けない事ですよね。 
 
しかしこの話しから学ぶ事は 
 
ビジネスの抱えるジレンマですよね。 
 
繁盛して客が押し寄せれば 
 
大変好ましい事ですが 
 
しかしこれが 
 
その店の評判を落とす事になり 
 
最悪閉店って事になります。 
 
私達の近くにも 
 
マスコミに良く取り上げられたラーメン屋がありましたが 
 
いつの間にか客足が途絶え潰れてしまいました。 
 
食べ物屋だけではありません 
 
私達の仕事でも同じ原理は働きます。 
 
特に私達のような地域密着型の不動産屋は 
 
客が押し寄せては十分なサービスができません。 
 
その結果評判が悪くなり 
 
やはり潰れてしまう。 
 
そんな危険があるのです。 
 
私自身は 
 
数年前にその事に気づき 
 
顧客の数を絞る 
 
そんな行動を起こしました。 
 
結果 
 
社員はじっくり仕事ができるようになり 
 
売り上げを伸ばす事ができました。 
 
そんな自分の経験からも 
 
顧客の多さは時にマイナスに作用する 
 
これは確信を持ってる訳です。 
 
逆に言えば 
 
顧客が押し寄せた時には 
 
単に喜ぶのではなく 
 
実は大変危険な状態に入った 
 
そう思って緊張感を保つ必要があります。 
 
人間は忙しい時には雑になりますから 
 
これを意識してそうならないようにする訳です。 
 
顧客は 
 
忙しいのは分かって入ってきてる訳ですから 
 
心はナーバスになっています。 
 
そんな時に 
 
店員が目を合わせないだけで 
 
帰れ 
 
って言われてるように感じるのです。 
 
一度帰った客は 
 
もう永遠に来ないだけでなく 
 
周りの人にもその店の事を悪く言いますから 
 
評判は急降下となります。 
 
私の友人のお医者さんは 
 
いつも患者さんが押し寄せていますが 
 
近くの同業者は閑古鳥だそうです。 
 
その違いは 
 
友人の先生は 
 
どんなに忙しくても 
 
それを表情に出さないのです。 
 
ですから 
 
患者さんは何度も安心して来る訳です。 
 
武士は食わねど高楊枝 
 
なんて言葉がありますが 
 
さしずめ 
 
仕事が出来る人は 
 
忙しくても余裕があるそぶり 
 
ってとこでしょうか? 
 
最近社員の皆さんに 
 
それが出来ずにただ忙しい忙しいと言ってる人が居ますが 
 
忙しぶるのは 
 
仕事ができない証 
 
これをしっかり頭に入れて下さい。 
 
会社で一番の仕事量をこなしてる私が言うわけです。 
 
間違いありません。 
 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++