駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 7月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - -

7月 31日 (月) 求心力低下
7月 30日 (日) 危険度が増す時代の到来
7月 29日 (土) 大口取引先は爆弾
7月 28日 (金) おサムライ様達はプライドが高い
7月 27日 (木) トラブルで裁判になる訳ではあ....
7月 26日 (水) 勝負の醍醐味は攻撃にあり
7月 25日 (火) 勝利は一瞬 敗北は延々と・・
7月 24日 (月) 印象操作は諦めて実態勝負
7月 23日 (日) 病気になるか健康な生活を送れ....
7月 22日 (土) 忙しくても暇なそぶり


 

 7月 31日 (月)
 求心力低下
長い間 
 
社員より早く出社して 
 
最後に帰る 
 
この零細企業の社長の姿勢を貫いて来ましたが 
 
最近は週末は時々社員より早く帰ります。 
 
理由は孫が来るためにお風呂を入れるのです。 
 
孫にお風呂を入れるためだけに早く帰るなんて 
 
自分の子育ての頃には考えられませんでしたが 
 
今は迷う事無く家にまっしぐらです。 
 
どうしてかと言えば 
 
孫が私にまとわり付く時間は 
 
あっと言う間に終わるのが分かってるからです。 
 
今は私の顔を見ると飛びついてきますが 
 
もうすぐそんな事はしなくなります。 
 
脳細胞が増えて 
 
知能が発達すれば 
 
人生を終わる年寄りに興味は湧かなくなります。 
 
それが分かってるから 
 
私は今の時間を大切にしてる訳です。 
 
これは成長する子供だけの話しではありません。 
 
私達人間は集団を作る動物ですが 
 
その作る集団 
 
実際にはそのつながりは永遠ではありません。 
 
時代の変化でくっついたり離れたりするのが自然な事です。 
 
私の所属するゴルフサークルは 
 
もう出来てから10年以上になりますが 
 
相変わらず活気があります 
 
が 
 
出来た当初のメンバーはもう誰もいません 
 
私が加入してからもガンガンいなくなりましたから 
 
私はいつの間にか古株です。 
 
私達人間の体の組織が 
 
毎日細胞が入れ替わって健康を保つのと一緒で 
 
人のつながりも出会いと別れ 
 
これを繰り返して健全さを保つ物です。 
 
当社は出来て26年が過ぎましたが 
 
比較的社員の出入りは少なかったのですが 
 
それでも随分入れ替わりました 
 
また今居る社員も 
 
永遠にいる訳ではありません。 
 
少し淋しくなりますが 
 
しかしだから会社は柔軟性を保つ事ができる 
 
そんな風に思えます 
 
まぁしかし 
 
太陽系の中心に太陽があるように 
 
組織の中心部がしっかり求心力を保つからバラバラにならずに済むんですよね。 
 
党首が求心力を失ったために 
 
幹事長になる人も見つけられない 
 
民主党の蓮舫さんが 
 
自分の求心力が無くなったって言ったのはまさにその組織の本質だろうと思います。 
 
で 
 
昨日 
 
長津田店の店長が 
 
朝出社して 
 
ニコニコしながら私に 
 
“社長の求心力も低下しましたね” 
 
なんて言って来ました 
 
そう言われる出来事があった訳です。 
 
なんせこの頑固者達 
 
私の言う事聞きませんからね 
 
昔であれば 
 
大声で叱り付けたり 
 
言う事聞かなければ出て行け 
 
みたいな事が言えましたが 
 
今の時代は 
 
すぐにパワハラ扱いですから 
 
穏やかな言葉で 
 
粘り強く説得する訳ですが 
 
なんせ 
 
話してる途中で無視して出ていきますからね。 
 
ずいぶん社長の権威は落ちた 
 
私自身が感じています。 
 
多分学校の先生方も同じなんでしょうね。 
 
すぐに体罰だの虐待だのって話しになりますから 
 
もう生徒の指導には限界があります。 
 
先生の注意を聞かずに授業中に 
 
廊下で遊んでる子供に 
 
少し強い言葉で注意すれば 
 
録音を取られてテレビで流されますから 
 
もう放置するしかないのだろうと思います。 
 
いずれにしても 
 
今日本は国力が大きく低下していますが 
 
求心力が保てない社会になった 
 
これが一番の原因だろうと思います。 
 
ただし 
 
弱い社会が不幸とは限りません 
 
電通の話しを聞くと 
 
競争に走りすぎて 
 
社長自身が人間に限界があると言う意識が飛んでた 
 
なんて言う訳ですから 
 
その強い組織は 
 
不幸の生産工場だった 
 
そんな風にも言える訳です。 
 
そんな事を考えると 
 
多少の求心力低下は 
 
受け入れた方が良いのか? 
 
なんて考えています。 
 
私の孫とのお風呂も 
 
もしかしたら求心力低下の一因かも知れませんが 
 
それはそれで理解しながら 
 
孫との時間を優先する 
 
還暦を過ぎましたから 
 
その選択に迷いはありません。 
 
 
 


  組織は儲けることも大切ですが継続することに重きをおくことがより大切ですね
忍者くん ..8/1 11:50(火)

  >忍者くんさん
おっしゃる通りだと思いますね。私は大きくはなれませんでしたが長くやれた事は誇りに思ってます。
はるぼ ..8/1 18:43(火)
>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++