駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 7月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - -

7月 31日 (月) 求心力低下
7月 30日 (日) 危険度が増す時代の到来
7月 29日 (土) 大口取引先は爆弾
7月 28日 (金) おサムライ様達はプライドが高い
7月 27日 (木) トラブルで裁判になる訳ではあ....
7月 26日 (水) 勝負の醍醐味は攻撃にあり
7月 25日 (火) 勝利は一瞬 敗北は延々と・・
7月 24日 (月) 印象操作は諦めて実態勝負
7月 23日 (日) 病気になるか健康な生活を送れ....
7月 22日 (土) 忙しくても暇なそぶり


 

 7月 6日 (木)
 ハッタリはバレたら惨め
トランプさんがレッドラインなんて言って 
 
軍事行動をほのめかしていたICBM 
 
北朝鮮が発射しましたが 
 
どうやら軍事攻撃はなさそうですね。 
 
北朝鮮はこれから 
 
6回目の核実験を行うように思います。 
 
こうやって見ると 
 
トランプさん 
 
やっぱり私達不動産屋の親分なんですね。 
 
どうやら不動産業界には 
 
日米で共通した人種を生み出す素地があるようです。 
 
その共通した人種とは 
 
ハッタリ男です。 
 
トランプさん紛れもなくハッタリでここまで来たように思います 
 
基本的な人生を切り開く方法は 
 
借金まみれにも関わらず 
 
高級外車を乗回して 
 
俺は儲かってるんだ 
 
ってアピールする不動産屋のお父さん達と同じです。 
 
さしずめ今までトランプさんが北朝鮮にやって来た事は 
 
金時計と金の指輪をチラつかせ 
 
さも自分はウラ社会とつながってる 
 
みたいな空気をだして 
 
相手と交渉する 
 
昔の不動産屋と同じです。 
 
この方法は 
 
ハッタリがバレなければ 
 
上手く行きますが 
 
バレてしまえば 
 
悲惨な事になります。 
 
暴力団とのつながりをほのめかしていた不動産屋が 
 
それが全くのハッタリで 
 
結果本職の皆さんの餌食になった話し 
 
私も耳にした事がありますが 
 
トランプさんも 
 
北朝鮮にレッドラインを超えたら軍事攻撃 
 
これをチラつかせてましたが 
 
今回 
 
これがハッタリだと完全にバレた訳です。 
 
金正恩がなぜトランプのハッタリを見抜いたか? 
 
理由は簡単に分かりますよね 
 
就任以来ハッタリばかりかましてるからです。 
 
FBI長官には 
 
さも会話の録音テープがあるかのような口調でしたが 
 
これもハッタリでした。 
 
北朝鮮は 
 
そんなトランプさんを見て 
 
ハッタリは人格の一部 
 
こう読んだんでしょうね。 
 
まぁしかし 
 
色んな見方があるでしょうが 
 
大金を手に入れて贅沢三昧のトランプさん 
 
どうやら 
 
死を覚悟してる金正恩とは 
 
勝負にならないように思いますね。 
 
少しナメてかかり過ぎでした。 
 
まぁしかし 
 
これからは日本も大きく意識を変えなければなりませんね。 
 
私達日本人を拉致しておきながら 
 
未だに誠実な対応が見られない北朝鮮 
 
腹立たしい存在ではありますが 
 
それでも共存していかなければならない 
 
そんな時代になったように思います。 
 
北朝鮮は 
 
嫌いではありますが 
 
感情を抜きにすれば 
 
尊敬できますね。 
 
すざましい経済制裁の中 
 
信じられない早さでアメリカへの核攻撃能力を手に入れた訳ですから 
 
政治家も科学者も 
 
とても優秀 
 
そう認めざるを得ません。 
 
日本の過疎県より低い国家予算で 
 
よくぞそこまでやったものです。 
 
冷戦終結で国家の存在が脅かされるようになりましたから 
 
その危機意識の中で必死に生きる道を模索した結果 
 
そうも言える訳ですが 
 
では 
 
私達が北朝鮮と共存する時代はどうなるんでしょうね? 
 
まぁ言える事は 
 
世界の工業国がこぞって北朝鮮にすり寄るでしょうね。 
 
戦火が途絶えカンボジアやベトナムに企業が進出したように 
 
優秀な人材が安く存在する北朝鮮に 
 
各国から殺到するように思います。 
 
今の若い人には信じられないかも知れませんが 
 
私達が大学生の頃は 
 
北朝鮮は理想国家 
 
そんなイメージがありました 
 
だから若者はよど号ハイジャックみたいな事件を起こしたのです。 
 
それと中国も当時は北朝鮮は先進国と認めて 
 
たくさんの若者を留学させています。 
 
そんな時代の変化を見てきましたから 
 
この先は 
 
また今では想像できない日朝関係 
 
これが出来上がるかも知れません。 
 
まぁだからと言って私が何する訳ではありませんが 
 
若い起業家の方は 
 
その未来も見据えれば 
 
もしかしたら大きなチャンスを掴み 
 
大金を手に入れる事ができるかも知れませんね。 
 
いずれにしても 
 
トランプさんのハッタリがバレましたから 
 
新しい時代に進む 
 
そんな風に思います。 
 
 
 


  おっしゃる通りで外交も日本とは比較にならないほど上手いですよね
マスコミからは批判的な意見しか見えませんが本当のところあの国はどんな国なのか謎ですね
しかし戦前の日本も連合国相手に四面楚歌状態で戦ったことこを考えるとご先祖様たちに尊敬の念を改めて感じます。
忍者くん ..7/6 16:38(木)

  >忍者さん
旧日本軍は本当にすごかったと思いますね。
航空母艦だけで26隻もあった訳ですからね。中国は最近初めて航空母艦を持った訳ですからその凄さが分かりますよね。 ただ誇りには思いますが大きな災難をもたらした訳ですから同じ道は絶対に歩まない
この決意もしっかり維持したい物です
はるぼ ..7/6 19:12(木)

  トランプ大統領の北朝鮮への攻撃に関しては、当初は5月下旬頃を予定していたそうです。
その直前に米中首脳会談があって、そこで習近平が、
「北朝鮮をどうにか説得するから、100日下さい」(要旨)
と泣きついたと聞いていますので、その期限内に中国が北朝鮮を説得出来なければ…と推測されます。
Mr.Fanble ..7/7 1:55(金)

  >Mr.Fanble さん
水面下では私たちが知らない話がたくさんあるんでしょうね。今行われて安全保障理事会もガタガタしてますから多分北朝鮮に効果的な制裁は行われないように思います
はるぼ ..7/7 11:30(金)
>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++