駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 8月
 日 月 火 水 木 金 土
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

8月 31日 (木) 覇権が馴染まない世界だから私....
8月 30日 (水) 穏やかな心を保つ極意
8月 29日 (火) ネット性人格障害
8月 28日 (月) 目標を定めない理由
8月 27日 (日) 凡人の防衛本能
8月 26日 (土) 自分も思い通りにならない
8月 25日 (金) コンプレックスが世界を狭くする
8月 24日 (木) 一番の大敵は自画自賛
8月 23日 (水) 不幸は新しい世界への案内人
8月 22日 (火) 支配してるのは良識ではありま....


 

 8月 14日 (月)
 天災は許せても人災は許さない
地球温暖化の影響はなんとなく実感できるようになりましたね。 
 
日本でもスコールのような雨が普通に降るようになり 
 
洪水被害が毎年のように起こるようになりました。 
 
しかし私達不動産屋はこの被災地の映像を見るとぞっとしますね。 
 
なんせ宅地が瞬時に川になってしまったり 
 
土砂崩れで土に埋まったり 
 
こんな事が起こる訳です。 
 
持ち主としては 
 
先祖代々財産として守ってきた土地が 
 
瞬時に消えてしまう訳ですから 
 
まぁ気持は想像もできませんね。 
 
しかしこの被災者の方達 
 
大体公民館やなんかに避難してますが 
 
落胆と焦燥感は伝わってきますが 
 
同時に諦めてる様子も感じられますよね。 
 
長年住んだ家が瞬時に消えたのに 
 
諦めも早い訳です。 
 
どうしてそうなんでしょうか? 
 
それは天災だからです。 
 
天災は人間の力の及ばない事 
 
ですから 
 
諦める訳です。 
 
逆に言えば 
 
人間は人間が起こした災難は 
 
基本的に諦める事はほとんどありません。 
 
戦争は人間が起こす災難の最たるものですから 
 
お隣の国は戦後70年経っても 
 
日本を許す 
 
なんて事は無い訳です。 
 
この人間心理は本当にやっかいで 
 
例えば 
 
自分で道歩いて転んで少し膝をすりむいただけだと 
 
ばんそうこうを貼って終わりですが 
 
車に少しだけ接触した 
 
なんて事になると 
 
もう信じられない位に大事になります。 
 
救急車を呼んで緊急搬送 
 
そして病院ではMRI 
 
って事になる訳です。 
 
この心理は大変不合理で 
 
同じ被害でも 
 
自分が好きな人にやられるのと 
 
嫌いな人にやられるのは大きく違って来ます。 
 
昔私の知ってる不動産屋が 
 
25歳も年下の彼女と付き合ってましたが 
 
この彼女が大女ですが 
 
焼き餅焼きで 
 
彼氏が女の子のいる店に行っただけで 
 
激しく暴力を振るい 
 
顔を腫らす事が良くありました。 
 
そんな中 
 
その男が仕事で 
 
同僚とモメてすこしひっぱたかれたそうです。 
 
で 
 
暴力を振るわれた訳ですから 
 
警察って事になり 
 
そのために医者で診断書を取ろうとしたら 
 
彼女にやられた傷の事は書くな 
 
なんて言った物ですから 
 
診断書は貰えなかったそうです。 
 
当たり前ですよね。 
 
ボロボロの傷だらけの車に 
 
目に見えないような小さな傷が付いたととしても 
 
それを見分ける 
 
なんてのは無理って話です。 
 
そんな感じで 
 
私達人間は 
 
人が与える被害については許せない 
 
なんて気持が湧いてくる訳ですが 
 
その被害も加害者の好き嫌いによって 
 
許せなかったり許せたりする訳です。 
 
これは私達を悩ます音のトラブル 
 
これは本当に顕著です。 
 
隣人の音に苦情を言う人は 
 
大体お互い挨拶すらしない 
 
そんな関係です。 
 
顔を合わせても挨拶をしないって事は 
 
お互い相手が嫌いになります。 
 
その嫌いな人が出す音は 
 
それが例え小さな音であってもムカつく訳です。 
 
これが逆に 
 
お互い仲良くしてる入居者同士だと 
 
まず音のトラブルはありません。 
 
気心が知れてる人の出す音は気にならない 
 
これが人間心理です。 
 
この心理は不合理ですから 
 
他人はどうしようもありませんが 
 
自分自身は 
 
その心理を意識して排除する事によって 
 
合理的な判断ができます。 
 
私自身 
 
去年道を歩いていたら 
 
後ろから来た車のミラーが体にぶつかった事があります。 
 
運転手が慌てて下りてきて 
 
救急車と警察を呼びます 
 
なんて言ってましたが 
 
私は大丈夫ですからと立ち去りました 
 
実際になんともありませんからね 
 
にも関わらず 
 
救急車に乗せられたり 
 
警察の取り調べを受けたり何てことになれば 
 
貴重な時間を取られ大損害って事になります。 
 
そんな訳で 
 
天災は許せても人災は許せない 
 
この心理は 
 
時に大きなマイナスを引き起こしますから 
 
日頃から 
 
人災も天災と考える 
 
そんな意識を持って 
 
不合理な行動はしない 
 
私が日頃心がけてる事です。 
 
 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++