駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 8月
 日 月 火 水 木 金 土
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

8月 31日 (木) 覇権が馴染まない世界だから私....
8月 30日 (水) 穏やかな心を保つ極意
8月 29日 (火) ネット性人格障害
8月 28日 (月) 目標を定めない理由
8月 27日 (日) 凡人の防衛本能
8月 26日 (土) 自分も思い通りにならない
8月 25日 (金) コンプレックスが世界を狭くする
8月 24日 (木) 一番の大敵は自画自賛
8月 23日 (水) 不幸は新しい世界への案内人
8月 22日 (火) 支配してるのは良識ではありま....


 

 8月 22日 (火)
 支配してるのは良識ではありません。欲です。
北朝鮮の緊張を耳にする度に 
 
また愚かな戦争が始まるのか? 
 
と暗い気持になりますね。 
 
そんな訳で戦争がバカげてるのは間違いありませんが 
 
ではこのバカげてる戦争 
 
所謂反戦運動家のように 
 
戦争反対だの平和だのと叫べば避けられるのか? 
 
と言えば 
 
私自身はそれはほとんど効果は無いと思っています。 
 
逆に言えば戦争反対を叫んで戦争が避けられるのであれば 
 
武器は要らないとも言えます。 
 
日本も莫大な防衛予算を節約できるって訳です。 
 
戦争反対だの平和だのと言うのは 
 
基本的に本質に踏み込まず表面で留まるから空しいのです。 
 
アメリカ側から見れば 
 
戦争を選択肢に入れないって事は 
 
北朝鮮の核開発を放置するって事ですし 
 
行き着く所は 
 
首にナイフを突きつけられて生きる事になる訳です。 
 
ですから 
 
愚かだと分かっていても 
 
最後は武力行使 
 
これに踏み切る事もある訳です。 
 
人間は農耕を始めて 
 
富の蓄積ができるようになってからは 
 
争いは取れない副産物として付き合う 
 
そんな運命を背負わされています。 
 
古代のお城や遺蹟を見ると 
 
この膨大な建築物は 
 
戦への備えとして作られたのがよく分かります。 
 
つまり 
 
私達は豊かさと争いは両輪 
 
そんな歴史を歩んできた訳です。 
 
ですから 
 
争いのない社会 
 
これは誰も望む事ですが 
 
ただ平和を叫んで手に入れられる 
 
なんて簡単な話ではないって事です。 
 
戦争レベルでは私の力ははるか及びませんが 
 
ビジネスの世界でも 
 
この争いは絶える事はありません。 
 
特に不動産の世界は欲と欲がまともにぶつかりますから 
 
争いだらけです。 
 
不動産屋は昔から 
 
地域の仲間が集まって協力して仕事をする 
 
何て目的で 
 
ナントカ会みたいなのを良く作ります。 
 
私も若い頃は良く参加しましたが 
 
この不動産屋の集まりは 
 
メンバー同志で仕事を巡ってケンカになり 
 
大体消滅します。 
 
私自身不動産だけでなく 
 
地域の色んな団体からお誘いがありますが 
 
全てお断りしています。 
 
ブログタイトルにある通り 
 
地元には私を目の敵にしてる同業者がいますから 
 
そんな会合で顔を合わせれば気まずくなりますから 
 
あえて地元の活動は避けてる訳です。 
 
まぁしかし 
 
争いはビジネスでは付き物 
 
なんて言っても 
 
ケンカばかりしていては神経が持ちませんから 
 
この争いを避ける意識 
 
これは常に持ち続けています。 
 
ビジネスでの争いは 
 
すべて利害の問題ですから 
 
私自身はそれを強く意識して居ます。 
 
つまり 
 
どんな事があっても 
 
相手に良識だとか良心だとかルールだとか 
 
そんな物を求めないようにしてるのです。 
 
例えば賃貸で良くあるのが 
 
こちらの元付け物件のカギを借りてお客様を案内して 
 
そのお客様が気に入れば 
 
当社を飛び越して家主に直接やらせてくれ 
 
なんて言う業者がいます。 
 
所謂抜き行為です。 
 
こんな時には業者のモラルに反する 
 
なんて事で怒鳴り散らかすケースがほとんどですが 
 
私は社員には違う話をしています。 
 
そうやって家主がもしその業者になびくとすれば 
 
悪いのは取った方では無く取られた方 
 
そんな事を語ります。 
 
家主としっかり信頼関係を築いていれば 
 
そんなセコい不動産屋は撥ね付けるはずです。 
 
受け入れると言う事は 
 
担当の営業マンに対しては 
 
縁が切れても構わない 
 
その程度の意識だって事です。 
 
ですから 
 
取られたら 
 
相手を責める前に 
 
自分を責めろ 
 
って訳です。 
 
そんな感じで 
 
相手に求めるハードルを下げれば 
 
争いは大きく減ります。 
 
人間は富の奪い合いで殺し合いをしてきた生きものですから。 
 
欲と欲がぶつかる不動産の世界で 
 
あいてにモラルを求めても 
 
それは裏切られて当たり前 
 
私はそんな考えです。 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++