駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 8月
 日 月 火 水 木 金 土
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

8月 31日 (木) 覇権が馴染まない世界だから私....
8月 30日 (水) 穏やかな心を保つ極意
8月 29日 (火) ネット性人格障害
8月 28日 (月) 目標を定めない理由
8月 27日 (日) 凡人の防衛本能
8月 26日 (土) 自分も思い通りにならない
8月 25日 (金) コンプレックスが世界を狭くする
8月 24日 (木) 一番の大敵は自画自賛
8月 23日 (水) 不幸は新しい世界への案内人
8月 22日 (火) 支配してるのは良識ではありま....


 

 8月 23日 (水)
 不幸は新しい世界への案内人
先週の土曜日の夕方 
 
もの凄い雷雨でした。 
 
雷が連続して落ちたようですが 
 
私は一瞬北朝鮮のミサイル? 
 
って思ったほどです。 
 
でこの落ちた雷 
 
一軒の家が火災となりました。 
 
まぁしかしお気の毒すよね。 
 
何万軒も家があるのにその方の上に落ちた訳ですが 
 
ご本人は神を恨みたくなるでしょうね。 
 
しかし 
 
この方の不運は雷だけに限れば数万分の1だか数十万分の1 
 
って感じかもしれませんが 
 
人の不幸は雷だけではありません。 
 
交通事故もあれば海でおぼれる事もありますし 
 
病気になる事もあれば経済的に立ちゆかなくなる事もあります。 
 
つまり 
 
不幸の数は無数にありますから 
 
不幸全体を考えれば 
 
見舞われない確率の方が少ない訳です。 
 
私の周りでも最近 
 
家族がガンになったり突然死したり 
 
なんて話しが続きました。 
 
ですから 
 
私達は不幸に見舞われたときに 
 
その不運を嘆きますが 
 
実際には人生は不幸とセット 
 
そんな風に考えた方が良い 
 
私はそんな風に思っています。 
 
そうやって考えると 
 
人生やってられない 
 
なんて思う事もありますが 
 
しかしもう少し突っ込んで考えれば 
 
草が枯れて新芽を出すように 
 
この不幸も次の時代のために必要不可欠 
 
そんな真理も見えて来ます。 
 
不幸は永遠に不幸ではありません 
 
この不幸は次の時代にプラスに作用する 
 
そんな事が多いのです。 
 
私達の仕事でいつも思うのは 
 
お年寄りの死です。 
 
私達がお通夜に行くと 
 
親族の皆さんは悲しみに暮れてますが 
 
しかし初七日も終わると 
 
どこか活気が湧いたような 
 
なんとなく明るい空気になります。 
 
人が一人亡くなれば 
 
その方が占有してた家の空間は広がりますし 
 
また今後の備えとして蓄えてたお金が 
 
そのまま余裕となります。 
 
それに介護を受けてたすれば 
 
それから解放される訳ですから 
 
周りからすれば良い事だらけです。 
 
また 
 
よく病気になった方が 
 
自分の人生ががらっと変わった 
 
なんて話しをしますよね。 
 
それまでやみくもに働いてたのに 
 
それが意味のない事に気付き 
 
転職 
 
たくんさんの人から耳にしました。 
 
そんな訳で 
 
不幸は時間が経てば幸運に変わる 
 
こんな性質は間違いなくあります。 
 
雷に打たれたお宅も 
 
もしかしたらそれによって火災保険が出ますから 
 
1年もしたら立派な家になるかも知れません。 
 
しかし 
 
実際には不幸が全て幸運に変わる訳ではありません 
 
不幸の連鎖も間違いなく存在します。 
 
で 
 
この不幸の連鎖に見舞われる人 
 
本人の性格に起因する事がほとんどですね。 
 
その性格 
 
もしかしらた本人にはどうにもならないのかも知れませんが 
 
基本的には自分の事しか考えられない人です。 
 
所謂自己中って訳です。 
 
奥さんに逃げられ 
 
車は当て逃げされ 
 
会社はクビになり 
 
その後病気になって入院 
 
って不幸の連続攻撃を受けた方がいましたが 
 
大変自己愛の強い方でしたね。 
 
自らを愛する事しかできない者は 
 
誰からも守れない 
 
私がなんとなく感じてる事です。 
 
 
 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++