駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 8月
 日 月 火 水 木 金 土
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

8月 31日 (木) 覇権が馴染まない世界だから私....
8月 30日 (水) 穏やかな心を保つ極意
8月 29日 (火) ネット性人格障害
8月 28日 (月) 目標を定めない理由
8月 27日 (日) 凡人の防衛本能
8月 26日 (土) 自分も思い通りにならない
8月 25日 (金) コンプレックスが世界を狭くする
8月 24日 (木) 一番の大敵は自画自賛
8月 23日 (水) 不幸は新しい世界への案内人
8月 22日 (火) 支配してるのは良識ではありま....


 

 8月 25日 (金)
 コンプレックスが世界を狭くする
還暦ともなると 
 
振り返ると 
 
たくさんの部下を持ちました 
 
また 
 
自分の子供や甥や姪 
 
これまたたくさん育ってきました。 
 
年上ですからね 
 
一応教育とか指導とかしますが 
 
しかし思う事は 
 
基本的には人間を人間が変える事はできません。 
 
一見立派な人に出会えて変った 
 
そんな風に見える事も多いですが 
 
実際には本人が変わりたいと思うから 
 
その出会いが生きてくるのであって 
 
本人が求めないのに人の出会いが人を変える 
 
これは滅多に起こりえません。 
 
不良少年が 
 
体でぶつかってくる熱血先生に出会い 
 
道に逸れずに済んだ 
 
なんてのはテレビドラマでよく目にしますが 
 
本当に不良を変えられるのであれば 
 
反社会勢力はいなくなるはずです。 
 
また反社会勢力に進んだ人も 
 
その世界には自分が尊敬できるアニキがいたりなんかします。 
 
つまり 
 
私達は 
 
自分の心の中にある潜在意識が 
 
自分が尊敬できる人を決めてるんだって事です。 
 
つまり決めるのはあくまで本人です。 
 
ですから 
 
求めない人にいくら語っても 
 
それは相手を変える事はできないって事です。 
 
なんでそんな事を書くかと言うと 
 
私は長くその事が理解できずに 
 
縁が切れてしまった人がたくさんいるのです。 
 
今にして思うと 
 
若い頃見た熱血学園ドラマの影響でしたね。 
 
自分自身大した人間でもないのに 
 
自己評価が高く 
 
若い人に熱く接しすぎて逃げられたって訳です。 
 
まぁしかし遅まきながら気づいて幸いでしたね 
 
人は変えられない 
 
この事に思いが至ってからは 
 
身近な人との軋轢はほとんどなくなりました。 
 
今は社内でも部下と上手くやってますし 
 
プライベートでも子供や甥や姪 
 
みんな仲良くやっています。 
 
そんな訳で私は幸いでしたが 
 
世の中にはこの事が分からない人 
 
多いですね 
 
ゴルフでは教え魔が絶滅する事はありませんし 
 
子供に厳しすぎて 
 
独立したら寄りつかない 
 
なんて人もたくさんいます。 
 
って事は 
 
職場やプライベートでは 
 
この自分の考えを押しつける人 
 
普通にいるって事です。 
 
その都度ケンカしても面倒なので 
 
これも上手くあしらう術を身につけなければ 
 
結構世間が狭くなります。 
 
会社では特に上下関係がありますから 
 
上司から指導されるたびに会社を辞めては 
 
これはこれで問題です。 
 
で 
 
私は 
 
自分から去って行った人間達 
 
これは共通した特徴があります。 
 
ですから 
 
私とは縁が切れましたが 
 
聞くところによると 
 
大体何度も何度も会社を辞めたり 
 
あるいは友人と疎遠になったりを繰り返します。 
 
では 
 
そんな人はどんな特徴があるかと言うと 
 
一口で言えば 
 
部分否定と全否定の区別がつかないのです。 
 
具体的には 
 
例えば 
 
書類のミスが多いので注意すると 
 
直せば良い物を 
 
自分はバカにされた 
 
なんて思う訳です。 
 
つまり全人格を否定されたって訳です。 
 
勝手に自分の人格を否定して 
 
辞めていきます。 
 
また私のプライベートでも 
 
若い頃離れた友人がいますが 
 
彼が間違った話しをしてましたので 
 
それを少し指摘したら 
 
お前は学歴で人を見下す 
 
なんて言って終わりです。 
 
そんな感じで 
 
自分に対する指摘は 
 
全て全否定につながる 
 
これではまともな社会生活を送る事はできません。 
 
人間社会は人と人がひしきめきあって暮らします。 
 
その中では 
 
当然自分に対する指摘は起こります 
 
その都度感情的になって 
 
逃げ回っては 
 
最後は 
 
本当に世界が狭くなります。 
 
そうならないためには 
 
自分に対する指摘は冷静に受け止める 
 
これが欠かせません 
 
そして 
 
その打たれ弱さは 
 
大体はコンプレックスから来ていますから 
 
日頃からこのコンプレックス退治 
 
心がける事が大切だって訳です。 
 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++