駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2017年 8月
 日 月 火 水 木 金 土
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

8月 18日 (金) 危機は全人の細胞を活性化させる
8月 17日 (木) 贈り物上手は富が集まる
8月 16日 (水) 明日(木曜日)から営業再開
8月 15日 (火) 発信能力と受信能力のバランス....
8月 14日 (月) 天災は許せても人災は許さない
8月 13日 (日) 心のすれ違い
8月 12日 (土) 不動産にも病があります。
8月 11日 (金) 営巣本能
8月 10日 (木) 接待で勝負する気はありません....
8月 09日 (水) 孫のために必死に寝たふり


 

 8月 7日 (月)
 先にお金を貰ったらやる気は萎える
今の不動産の取引は 
 
売買契約を交わして 
 
それからローンを申し込み 
 
その融資が下りたらそれで残金決済 
 
ってパターンが多い訳ですが 
 
では不動産業者の仲介料はどの時点で発生するかと言えば 
 
売買契約を交わした時点です。 
 
しかし融資が下りずにローン特約によって契約が白紙になれば 
 
速やかにその手数料を返す 
 
まぁこれが原則です。 
 
しかし実際には 
 
契約締結時に仲介料全額を取る 
 
なんて会社は少ないかと思います。 
 
契約時に半額 
 
残金決済時に半額 
 
これが多いのではないかと思います。 
 
当社はどうかと言えば 
 
契約時には全くいただかずに 
 
残金決済の時に全額貰う 
 
これが原則です。 
 
私個人に関して言えば 
 
勤めてた頃もそれを通していました。 
 
ただ 
 
時々経営者から注意されましたので 
 
そんな時には契約時に半額だけもらう 
 
なんて事がたまにありました。 
 
では私はどうして契約が完結する前に報酬を貰いたくないかと言うと 
 
それは自分自身で自分の性格がよく分かるからです。 
 
先に報酬をもらってしまえば 
 
その後の仕事が雑になります。 
 
これでは自分の信用を落としますから 
 
最後まで緊張感を保つために 
 
報酬は一番最後 
 
これを実践してる訳です。 
 
この先に報酬を貰う事による弊害 
 
私だけではありません。 
 
人間は皆そんな傾向があります。 
 
例えば 
 
私は一度だけ造成工事を発注したときに 
 
その工事会社から 
 
年末なので先払いをお願いできないか? 
 
って言われた事があります。 
 
それまで工事はしっかりやってくれましたので 
 
金額も200万程度でしたので 
 
言われたまま支払いました。 
 
で 
 
年明けに工事が始まりましたが 
 
鉄筋が入るべき所に 
 
そのまま生コンを流し込みましたので 
 
苦情を言ったら 
 
逆切れして 
 
それ以来こちらかの電話は一切出なくなりました 
 
まぁこれが人間って訳です。 
 
報酬を先にもらえば 
 
残るのは義務だけ 
 
って事になりますから 
 
やる気を失うのは自然な事とも言える訳です。 
 
最近ニュースで流れた 
 
アパートの建築大手の会社の話しも同じ構造ですよね 
 
建物を建ててもらうために 
 
30年の家賃保証をうたう訳ですが 
 
建物を建ててしまえば 
 
会社からすれば 
 
この家賃保証の負担が延々と重くのしかかる訳で 
 
この苦難から逃れたいと思うのは当たり前の話しです。 
 
で 
 
殺し文句が 
 
“保証家賃を下げなければウチの会社潰れますよ” 
 
です 
 
まぁ会社が潰れれば家賃保証もへちまもありませんからね 
 
地主は泣く泣くその申し出を飲む訳です。 
 
この家賃保証の落とし穴 
 
バブルの頃からあって 
 
当社の管理物件でも 
 
家賃保証した会社が潰れ 
 
大変な目にあった家主がいますので 
 
私はいつもその話を地主さんにはする訳ですが 
 
残念ながら私の話はあまり伝わりませんね 
 
家賃保証をする会社は名前が知れた会社で 
 
当社は零細企業 
 
信用度が違いますからね。 
 
まぁしかし信用度は違いますが 
 
実際に今回裁判になった会社で被害を受けた方もいますので 
 
単に会社の規模で判断するのではなく 
 
色んな人の話に耳を傾けるべきでしょうね。 
 
今回の会社の被害者 
 
私のゴルフ仲間でもいます。 
 
その会社は 
 
グアムかなんかに 
 
宿泊施設付のゴルフ場を持っていて 
 
そこに何度か接待されて言って 
 
すっかり取り込まれたようです。 
 
その話しを自慢げに私にしましたが 
 
私はゴルフは金儲けとは関連づけたくないので 
 
あえてその場の空気を壊す話しはしませんでしたが 
 
豪華な接待で 
 
相手を思考停止に陥れる方法は 
 
豊田商事いらい邪悪な者たちの決まった手口ですからね。 
 
派手な接待を聞いた段階で 
 
多分この会社ダメだろうな? 
 
なんて心でつぶやいた物です。 
 
そんな訳で 
 
私はあまり他社の事を語ると 
 
こちらのイメージを損なう 
 
これが分かってますから 
 
原則的には 
 
あまり語りませんが 
 
家賃保証は会社が潰れればすべてぱぁ 
 
そんなリスクがあるんだって事 
 
せめて頭の片隅にでも入れるべきでしょうね。 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++