駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 1月
 日 月 火 水 木 金 土
- 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - -

1月 31日 (水) 長く続くための信念
1月 30日 (火) 苦しみも悲しみも脳が機能して....
1月 29日 (月) 厚化粧はアクセスが伸びない原因
1月 28日 (日) 魅力的な場所で仕事ができる有....
1月 27日 (土) 良い事は起るけど悪いことは起....
1月 26日 (金) 和室の美しさは正座の美しさと....
1月 25日 (木) コンプレックスは地雷
1月 24日 (水) お金に追いかけられるのは怖い....
1月 23日 (火) 大雪に先人の過酷さを思う
1月 22日 (月) お金を貰っておきながら恩まで....


 

 1月 10日 (水)
 遠くにいる人と仲良くできるのは当たり前 身近な人と仲良く出来るのは立派
国連で何度も制裁決議を採択されて 
 
それででも核ミサイル開発を止めない北朝鮮 
 
それを可能にしてるのが中国 
 
って話しが一般的ですが 
 
しかしそれだけではなく 
 
アフリカの国々も 
 
制裁の目をかいくぐり 
 
北朝鮮を支えてるようです。 
 
私達からすれば 
 
あんなならず者国家 
 
何で味方するのか? 
 
なんて思いますが 
 
そう思うのは視野が狭いからですよね。 
 
アフリカの国々が北朝鮮に好意的なのは 
 
40年くらい前 
 
経済的にも苦しく政情も不安定で 
 
大変苦しかった時期に 
 
北朝鮮が一生懸命手をさしのべてくれたから 
 
だそうです。 
 
つまり私達とは真逆で 
 
欧米には反発して 
 
北朝鮮には好意を持つ 
 
そんな国が多い訳です。 
 
理由は援助もそうですが 
 
歴史を見れば 
 
欧米は植民地にして奴隷として自国に連れ帰った 
 
そんな野蛮な行為をアフリカにしてきた訳です。 
 
そうやって考えると 
 
私達とは真逆な価値観がある事も理解できます。 
 
この国民感情 
 
これは理屈ではありませんからやっかいですよね。 
 
日本でも最近中国や朝鮮を差別する人達が増えましたが 
 
その隣国では同じように日本嫌いが多い訳で 
 
これでは永遠に軋轢が続く 
 
そう思うと少し悲観的になります。 
 
まぁしかし東アジアに限らず 
 
物理的な距離が近ければ仲が悪くなるのは 
 
世界中で起きてる事です。 
 
どうしてそうなるかと言えば 
 
お隣同志は 
 
嫌いでも関係が切れないからです。 
 
経済的にも安全保障の面でも 
 
近い国同士は密接につながります。 
 
逆に北朝鮮がアフリカで評判が良いのは 
 
距離が遠く離れてるからです。 
 
もう少し突っ込んで言えば 
 
アフリカでは日本も中国も評判が良い訳で 
 
別に北朝鮮が特別ではありません。 
 
ですから 
 
私達は良く日本は 
 
アフリカでも中東でも好意的に思われてる 
 
なんて自慢しますが 
 
遠く離れた国と仲良くできるのは当たり前で 
 
別に自慢する事ではありません 
 
むしろ 
 
中国や南北朝鮮と仲良く出来たときに自慢するべきです。 
 
この構造は 
 
国家に限らず 
 
私達人間世界を支配する普遍的な原理です。 
 
私達のお客様でも 
 
地元の人達は相続でモメて 
 
近くに住む兄弟同士 
 
お互い口も利かなくなる 
 
なんて人達はたくさんいますが 
 
そんな人達が 
 
アメリカに住む親戚の話を自慢げに語ったりしますが 
 
これも全く同じ理由です。 
 
会社でも 
 
昔から不動産屋は 
 
他社の社員と仲が良いのを自慢する人がたくさんいますが 
 
これもあまりそんな事ばかり言ってると 
 
足下をすくわれます。 
 
他社の営業マンと仲が良いのまでは良いのですが 
 
その事で 
 
自社の仲間や 
 
あるいは会社そのものを見下すような態度を取るようになると 
 
そんなにバカにするなら出て行けば? 
 
って思われるのは当たり前です。 
 
で 
 
いづらくなり退社 
 
そして 
 
それまで親しくしていた不動産に転がり込む 
 
すると 
 
今度はその転がり込んだ先と一気に関係が悪化して 
 
その会社もすぐに辞めて 
 
結果あっちこっちを転々として 
 
最後は行方不明 
 
私はこんな人達をたくさん見てきました。 
 
いずれにしても 
 
遠くにいる人と仲良くするのは当たり前 
 
大切なのは 
 
身近にいる人達と仲良くできるかどうかです。 
 
身近な人達から尊敬されて 
 
初めて立派な人間って事になります。 
 
日本も 
 
隣国から尊敬されるようになれば 
 
誇れる国と言えますが 
 
隣国の悪口ばかり言ってるようでは 
 
同じレベルって事ですから 
 
まだまだ 
 
私はそんな風に感じています。 
 


  土下座や謝罪や金銭を何度も要求してくるあの隣国に無理に尊敬されなくてよいのでは。ヤ●ザに尊敬される必要がないように。
なる ..1/10 15:13(水)

  >なるさん
隣国がそんな態度をとる理由もあるのです。そこを考えない日本人が増えたのでいつまでたってもこの問題はガタガタするのです。どっちもどっちです。
はるぼ ..1/10 15:48(水)

  いつも楽しく拝見しております。
様々なご意見があって、勉強になります。
どちらが正解、というよりも、思った事を言い合える、尊重しあえることが素晴らしいと思います。
神戸のいちファン ..1/10 23:54(水)

  >神戸ののいちファンさん

おっしゃる通りですね正解なんて滅多にありません。自分の考えが正しいと決め付けずに
色んな意見を受け入れる事
大切だと思います。

ただこのブログは当社のお客様がたくさん見ています。その中には外国の方もたくさんいますので。巨大掲示板風の書き込みをそのまま放置しては私も同じ考えだと思われますので時々は厳しい反論もさせていただきますし
ひどい場合は削除しています。
コメントもそんな私の事情を察して
嫌悪感丸出しの書き込みは控えていただきたいと思います。
はるぼ ..1/11 17:21(木)

Name: DelKey:
Mail: URL:
Cookie  

Pass:






| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++