駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 1月
 日 月 火 水 木 金 土
- 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - -

1月 31日 (水) 長く続くための信念
1月 30日 (火) 苦しみも悲しみも脳が機能して....
1月 29日 (月) 厚化粧はアクセスが伸びない原因
1月 28日 (日) 魅力的な場所で仕事ができる有....
1月 27日 (土) 良い事は起るけど悪いことは起....
1月 26日 (金) 和室の美しさは正座の美しさと....
1月 25日 (木) コンプレックスは地雷
1月 24日 (水) お金に追いかけられるのは怖い....
1月 23日 (火) 大雪に先人の過酷さを思う
1月 22日 (月) お金を貰っておきながら恩まで....


 

 1月 17日 (水)
 真面目さが仇になる事もある
アメリカに早々と渡ったのに 
 
松山とは対照的に中々結果を残せなかった石川遼 
 
アメリカツアーの出場権を失って 
 
日本に戻ってきましたね。 
 
アメリカに旅立つ時と 
 
結果を残せず戻ってくる時 
 
世間の目は大きく違うでしょうね。 
 
多分空港で待ち構えるマスコミもいないかも知れません。 
 
そんな石川遼ですが 
 
面白い事に 
 
いきなり今年の選手会長に選ばれましたね。 
 
日本の男子ゴルフは女子とは違い 
 
大きく人気を落としてますから 
 
もしかしたら協会が彼に助けを求めてる 
 
そんな風にも感じました。 
 
でこの石川遼 
 
日本で再起を図る訳ですから 
 
ガンガン練習しなければなりません 
 
が 
 
選手会長になれば 
 
自分の練習時間を大きく削られますので 
 
悩んだそうです 
 
にもかかわらず 
 
結果引き受けた訳ですが 
 
その理由を新聞で語っていました。 
 
その記事を読んで 
 
石川遼のアメリカでの挫折は別の意味で大きく生きるかも知れない 
 
って思いましたね。 
 
石川遼が選手会長を引き受けた理由 
 
それは年々試合数が減る男子ゴルフ 
 
このままでは20年後には無くなる 
 
そんな風に危機感を感じてるからです。 
 
ですから 
 
彼は 
 
アメリカでもその事をずっと考えながらプレーしていて 
 
観客目線でゴルフを見続けてきたのです。 
 
もしかしたら 
 
マネージメントで彼の挫折が大きく花咲く 
 
そんな気がした訳です。 
 
まぁ先の事は分かりませんが 
 
私自身は 
 
この若い選手会長 
 
大いに期待して見たいと思います。 
 
この石川遼が 
 
アメリカのツアーと日本のツアーの違いの一つに挙げてたのが 
 
日本のツアーでは試合中に少し観客が話しただけで 
 
係員が睨む 
 
そんあシーンがよくあるそうです。 
 
つまり少しの雑音で 
 
選手がプレーに専念できないからそうする訳ですが 
 
日本でだけプレーしてれば 
 
その事に違和感を持ちませんが 
 
アメリカで長くプレーした石川遼からすれば 
 
アメリカでは観客はざわざわしてるのが普通で 
 
その程度でお客様を睨みつけるのはおかしい 
 
そんな風に感じるようになったそうです。 
 
この話しが私がよく理解できるのは 
 
私がゴルファーだからです。 
 
日本人のゴルフはアマチュアの世界でも 
 
国民性故に真面目すぎて 
 
どうしても余裕が無くなり 
 
ピリピリする 
 
そんな傾向があるのです。 
 
これでは本来娯楽なのに 
 
楽しくないですよね。 
 
私のような注意力が散漫な人は 
 
よく叱られますが 
 
しかし 
 
自分が間違っていても 
 
少しのマナー違反で怒鳴られると 
 
一日気分が悪い物です。 
 
私自身は 
 
例え相手が少しマナー違反をしたからと言って 
 
自分のお金でプレーしてる人に怒鳴るのは失礼 
 
そう思っています。 
 
注意するのであれば 
 
相手の人格を尊重して 
 
それなりの言葉遣いで注意するべきですが 
 
まるで相手を家来かなんかのように怒鳴り散らかす 
 
こんなゴルファーがたまにいますが 
 
そんな人を見る度に 
 
ゴルフのマナー以前に 
 
人間としてのマナーに欠けてる 
 
そんな風に思います。 
 
よく信号待ちで 
 
前の車が青になっても気づかずに発信が遅れると 
 
大音量でクラクションを鳴らし続ける威嚇型ドライバー 
 
そんな人間とイメージがかぶってしまいます。 
 
この話しは 
 
ゴルフだけでなく 
 
 
私たちの生活一般で見られる事です。 
 
特に私たちのような仕事では 
 
家賃滞納者やトラブルメーカーの対応を真面目に続けてる内に 
 
普通の顧客に対しても傲慢になる 
 
そんな危険をはらんでますから 
 
当社の社員はしっかり意識して貰いたい物です。 
 
私が一度叱られた人とは絶対にゴルフをしないのと一緒で 
 
不動産屋の担当者に不愉快な思いをしたお客様は 
 
絶対にリピーターになる事はありません。 
 
紹介客やリピーターが少ない営業マンは 
 
真面目さが仇になってる 
 
こんな事も多いのです。 
 
まぁそんな訳で 
 
私たち日本人は 
 
真面目さ故に 
 
規則を守る意識が先走り 
 
人間の感情に無頓着に成る 
 
そんな傾向があります。 
 
そんな日本人の欠点をしっかり理解してる石川遼 
 
本当に楽しみですね。 
 
今のゴルフ環境では 
 
私は係員に睨まれる可能性があるので 
 
見に行く事もありませんが 
 
石川遼の改革が進めば 
 
是非一度見てみたい 
 
そんな風に思っています。 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++