駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 1月
 日 月 火 水 木 金 土
- 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - -

1月 31日 (水) 長く続くための信念
1月 30日 (火) 苦しみも悲しみも脳が機能して....
1月 29日 (月) 厚化粧はアクセスが伸びない原因
1月 28日 (日) 魅力的な場所で仕事ができる有....
1月 27日 (土) 良い事は起るけど悪いことは起....
1月 26日 (金) 和室の美しさは正座の美しさと....
1月 25日 (木) コンプレックスは地雷
1月 24日 (水) お金に追いかけられるのは怖い....
1月 23日 (火) 大雪に先人の過酷さを思う
1月 22日 (月) お金を貰っておきながら恩まで....


 

 1月 20日 (土)
 零細不動産屋の生きる道
不動産の取引は高額ですから 
 
トラブルにならないように 
 
その取引き過程では色んな説明をしていきますが 
 
しかしいくら説明してもトラブルは根絶できません。 
 
理由は顧客の理解力に大きな差があるからです。 
 
理解力の低い人は 
 
こちらの話しが通じていませんから 
 
後になって 
 
聞いていない 
 
って事になりトラブルに発展するのです。 
 
ですから 
 
この仕事を長くすればする程 
 
顧客の理解力に細心の注意を払うようになります。 
 
どんなに説明しても通じないとなれば 
 
原則的に取引はしません 
 
しかし私達はそうなんですが 
 
この理解力の足りない人達は 
 
邪悪な人間の餌食になりやすいとも言えます。 
 
振り込め詐欺みたいな単純な話しに引っかかるお年寄りが絶えませんが 
 
これも理解力の低い人を狙い討ちしてる訳です。 
 
まあしかし 
 
犯罪者は刑務所のリスクを冒して詐欺を行ってる訳で 
 
これはこれでしっかり報いが来る可能性が高い訳ですが 
 
やっかいなのは 
 
合法的にこの理解力の足りない人達を狙う 
 
そんな人達がいます。 
 
不動産の世界では 
 
テレビコマーシャルをガンガン流してイメージを先行させたり 
 
あるいはバブルの頃は 
 
銀行と不動産屋と建築屋が結託して 
 
理解力はないけど資産は親から相続してたっぷりある 
 
なんて人達が狙い討ちされました。 
 
当社の開業の頃は 
 
この被害を受けた地主のお手伝い 
 
これをたくさんしましたから 
 
当時の邪悪な者たちの所行がよく分かったのです。 
 
今当社でも 
 
テレビコマーシャルで有名な会社の餌食になろうとしてる人の家族から相談があって 
 
ある計画を中止させようとしてますが 
 
結果は徒労に終りそうです。 
 
残念ながらこの計画の危険さを説明しても 
 
零細企業の一社員と 
 
テレビでガンガンコマーシャルを流す上場会社の社員では 
 
理解する意思がなければ勝負になりません 
 
そんな感じで 
 
私達零細企業は 
 
このイメージの差で随分悔しい思いをしますが 
 
全て悪い話しかと言えば 
 
逆の事もよくあります。 
 
先日取引した少し問題のある売買案件 
 
売主は大手の不動産屋に行って相談しましたが 
 
全くやる気が無く失望して帰ったそうです。 
 
で 
 
知合いの方から当社を紹介してもらってやってきた訳ですが 
 
めでたく成約になりました。 
 
その方が 
 
大手と当社の違いを語ってくれましたが 
 
当社は問題点があれば 
 
それを解決するためにまず汗を流すわけですが 
 
大手は 
 
問題点があれば 
 
まず大幅な値引 
 
それを要求する訳です。 
 
具体的には 
 
アパートの売買で不良入居者が居れば 
 
当社はその入居者を立ち退かせる努力から始める訳ですが 
 
大手はその入居者がいるのであれば相場の半額 
 
そんな話しをする訳です。 
 
まぁしかし大手の営業マンからすれば仕方がないのでしょうね。 
 
良いお客様がたくさんいる訳ですから 
 
問題を抱えた案件は避けたい 
 
そう思うはずです。 
 
大手には大手の立場がありますから 
 
私達零細不動産屋の生きる隙間が生まれる訳です。 
 
これからも当社の生きる道は 
 
大手がやりたがらない案件 
 
これに汗を流す 
 
これを貫くつもりです。 
 
私達には私達が生きる場所がある 
 
これを信じて 
 
社員の皆さんは 
 
知恵を絞り 
 
汗を流して下さい。 
 
 
 
 
 


  スマー●デイ●という会社のニュース。『首都圏で女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を展開する不動産会社が、物件所有者への今月の賃借料の支払いを突然停止しトラブルになっていることが20日、分かった。所有者は数百人に上り、銀行から多額の「アパートローン」を借り入れ、1億円超の新築物件を購入した人が大半とみられる。』
私は、宅地建物取引士並みの法律、不動産の知識がない人は、金額の大きい不動産投資をするべきではないと思っています。
江戸川 ..1/21 0:15(日)

  >江戸川さん
この会社も賃貸の利益はほとんど無く建築を受注するために家賃保証を謳った訳ですがこのパターンは昔から本当によく破たんします。 会社がつぶれれば保証もへったくれも無い訳ですがなぜかその辺を軽視する投資家さんがたくさんいるのです。
はるぼ ..1/21 9:44(日)
>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++