駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 1月
 日 月 火 水 木 金 土
- 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - -

1月 31日 (水) 長く続くための信念
1月 30日 (火) 苦しみも悲しみも脳が機能して....
1月 29日 (月) 厚化粧はアクセスが伸びない原因
1月 28日 (日) 魅力的な場所で仕事ができる有....
1月 27日 (土) 良い事は起るけど悪いことは起....
1月 26日 (金) 和室の美しさは正座の美しさと....
1月 25日 (木) コンプレックスは地雷
1月 24日 (水) お金に追いかけられるのは怖い....
1月 23日 (火) 大雪に先人の過酷さを思う
1月 22日 (月) お金を貰っておきながら恩まで....


 

 1月 22日 (月)
 お金を貰っておきながら恩まで売る
友人から不動産についての相談がありました。 
 
内容は 
 
所有してる空き家を知合いに安く貸したい 
 
って話しでした。 
 
この手の話し 
 
たまに相談されますが 
 
友人とそのその相手の関係も 
 
また素性も知らない訳ですから 
 
私にアドバイスを求められても 
 
答えは決まっています。 
 
“止めた方が良い” 
 
この一言です。 
 
理由はこの手の話しは 
 
ほとんどトラブルになるからです。 
 
裁判沙汰になるケースも腐るほど見てきました。 
 
どうしてトラブルになるかと言えば 
 
お金を貰っていながら 
 
安く貸してやるって言う 
 
いわゆる恩を売る 
 
そんな気持がトラブルを誘発する火薬だからです。 
 
ビジネスに恩だの義理だの 
 
そんなのは馴染まない 
 
これは私が長年人の争いを見てきて行き着いた結論です。 
 
一番目にするのは借地権ですね。 
 
戦後住む場所に困ってた親戚に 
 
地主さんが自分の土地に家を建てさせてやった 
 
にも関わらず 
 
時間が経過すると借地権を主張して 
 
恩を仇で返された 
 
って話しが典型的なストーリーです。 
 
私は若い頃この手の話しを聞いた時には 
 
相手はとんでもない人間 
 
そう決め付けて対応したために 
 
随分ビジネスチャンスを失いました。 
 
でたくさんの失敗を経験して 
 
お金のやりとりを伴う以上は 
 
相手に恩を売るのは間違い 
 
そんな風に考えるようになった訳です。 
 
まぁしかし借地権の場合は 
 
貸し主も裏切られたと言えなくもないので 
 
ある程度気持は理解できますが 
 
よく私たちが接する大家さんには 
 
完全に筋違い 
 
そんな話しをする人がいます。 
 
長い間空室が埋まらず 
 
やっと気に入ってくれたお客様が 
 
少しの値引を交渉して話しがまとまる事があります。 
 
値引はしますが 
 
客が付かなかったと言う事は 
 
元々賃料設定が高かった訳です。 
 
って事は 
 
値引はしますがそれが適正賃料 
 
これが私たちが考える事です。 
 
ですから借りてくれた人には 
 
感謝すべきですが 
 
これが全く逆の思考形態になる大家さんがいます。 
 
例えば 
 
給湯器が壊れたから修理を依頼すると 
 
“安く貸してやったんだからそんなの自分でやってよ” 
 
って言った人もいました。 
 
つまり 
 
その人はボロアパートをやっと借りてくれた人に 
 
賃料を貰っておきながら 
 
感謝しないどころか 
 
恩まで売ろうとする訳です。 
 
これでは不動産屋にも愛想を尽かされますよね。 
 
さすがに最近はそんな大家さんは少なくなりましたが 
 
昔はゴソゴソいて 
 
よくトラブルになりました。 
 
まぁしかし大家さんはまだ良いとして 
 
同じ発想の人がプロでありながら 
 
零細の建て売り屋にもたまにいますよね。 
 
売れ残ってる物件を 
 
値引して契約したら 
 
引き渡しを終った途端に態度が豹変して 
 
“オタクに安く売らされた” 
 
なんて情けない言葉を発する社長さんもいましたね。 
 
私たち日本は 
 
昔から恩だの義理だの人情だの 
 
そんな言葉で村の秩序を維持してきた民族です 
 
ですから 
 
その言葉は私たち日本人には正しい事 
 
として深く刻まれています 
 
これを否定する気はありませんが 
 
お金のやりとりを伴うビジネスで 
 
この発想がごちゃ混ぜになると 
 
欲深い人は 
 
お金を貰っておきながら 
 
恩まで売ろう 
 
なんてとんでもない思考形態になる訳です。 
 
ですから 
 
私に相談されれば 
 
知合いに安く家を貸す 
 
なんて話しには 
 
とても 
 
どうぞ 
 
って事にはならない訳です。 
 
 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++