駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 1月
 日 月 火 水 木 金 土
- 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - -

1月 31日 (水) 長く続くための信念
1月 30日 (火) 苦しみも悲しみも脳が機能して....
1月 29日 (月) 厚化粧はアクセスが伸びない原因
1月 28日 (日) 魅力的な場所で仕事ができる有....
1月 27日 (土) 良い事は起るけど悪いことは起....
1月 26日 (金) 和室の美しさは正座の美しさと....
1月 25日 (木) コンプレックスは地雷
1月 24日 (水) お金に追いかけられるのは怖い....
1月 23日 (火) 大雪に先人の過酷さを思う
1月 22日 (月) お金を貰っておきながら恩まで....


 

 1月 4日 (木)
 弱肉強食の世界で自分を保つ
昔はアパートの住民が野良ネコにエサを上げてる 
 
なんて苦情が定期的にありましたが 
 
最近はほとんどありませんね。 
 
それに気づいてから町中を意識して見ると 
 
野良ネコは全く見なくなりましたね。 
 
以前はよく目にした車に轢かれた死骸も目にしなくなりました。 
 
役所の方達が頑張ったおかげでしょうかね? 
 
そんな訳ですっかり珍しくなった野良ネコですが 
 
先日夜道を車で走ってると 
 
久しぶりに暗い中をモソモソ歩いてるのを見ました 
 
で車を停めて目を凝らすと 
 
驚いた事にネコではなくて狸でした。 
 
狸は逆に昔は全く見る事はありませんでしたが 
 
年々見かける機会が増えてきましたね。 
 
町の中の動物も 
 
時代によって勢力が入れ替わるようです。 
 
で野良ネコ 
 
数を減らして苦情が少なくなったのは有難いのですが 
 
逆にそれによって増えたクレームがあります。 
 
それはネズミです。 
 
私たちが子供の頃はトムとジェリーってアメリカのアニメが人気でしたが 
 
昔からネコはネズミの天敵ですから 
 
この天敵がいなくなったために 
 
ネズミが繁殖した訳です。 
 
この苦情 
 
これから更に増えるように思いますね。 
 
これはやっかいで 
 
高いお金を払って駆除業者に捕ってもらう訳ですが 
 
さらに数が増えれば 
 
もう人間の手には負えなくなりますからね 
 
そうなればどうなるんでしょうね? 
 
また野良ネコに登場願うしかないかも知れませんね。 
 
今は役所は捕獲して殺傷処分なんでしょうが 
 
時代が変われば 
 
今度は養殖して町に放す 
 
なんて時代がまた来るかもしれませんね。 
 
そうなれば 
 
散々虐げれた 
 
野良ネコにエサを上げてたおばあさん達 
 
表彰状が貰えるかもしれません。 
 
まぁ冗談をともかく 
 
この話しに限らず 
 
私たち人間の進歩の大半は副作用を伴っていますよね。 
 
人体に関して言えば 
 
先日北朝鮮から韓国に亡命する際 
 
瀕死の重傷を負った兵士を手術したら 
 
大きな寄生虫がお腹の中から出てきた 
 
なんて話しがありましたが 
 
この寄生虫 
 
私たちが子供の頃はたくさんの人が持っていたんですよね。 
 
その後衛生状態が良くなり 
 
日本人のお腹の中からはほぼ消えた訳ですが 
 
この弊害として 
 
花粉症などのアレルギーを発症するようになったと言われてますし 
 
また日本では車が普及したり 
 
食生活が向上したために 
 
メタボだらけになりました。 
 
そんな感じで 
 
私たちは新しい物を手入れたときには 
 
なにかしらの弊害 
 
これを伴う事が多いのです 
 
まぁしかし 
 
便利な手段と副作用 
 
これを天秤にかけてもメリットがあるから 
 
人間の社会は進歩する訳です。 
 
この原理 
 
ビジネスの世界ではしっかり頭に叩き込む必要があります。 
 
そんな事は当たり前 
 
なんて思いがちですが 
 
実は金儲けの世界では 
 
時々 
 
この逆転が起るのです。 
 
つまりお金をかけたのに 
 
不利益の方が大きい 
 
そんな話しです。 
 
私自身コンピュータが普及し始めた頃は 
 
大金を出して買ったソフトが使い勝手が悪く使い物にならない 
 
なんてのは何度も体験しましたし 
 
広告媒体も 
 
お金と手間をかけても全く効果が無い 
 
そんな物だらけです。 
 
ですから 
 
社員は広告の営業マンに押されて私に良く提案してきますが 
 
ほとんどが却下です。 
 
失敗を経験した者とそうで無い者 
 
意識は大きく違います。 
 
この落とし穴 
 
自分が落ちないことはもちろん大切ですが 
 
実はビジネスで一番大切なのは 
 
自分自身が顧客に不利益になる提案はしないって事です。 
 
これ簡単なようですが 
 
実は大変難しい話しです。 
 
ビジネスの目的は金儲けですが 
 
これに意識が行き過ぎて 
 
顧客の利害に対する思いが疎かになる 
 
この罠は大企業から零細企業に至るまで簡単にハマってしまいます。 
 
新聞やテレビで報道される大企業のデーター偽装から談合 
 
これらは全て顧客の利益の意識が飛んでしまった結果です。 
 
まぁしかしそれでも大手の会社は 
 
役員の皆さんが記者会見で揃って頭を下げれば 
 
それをピークに騒ぎは収まり 
 
またビジネスは続きますが 
 
私たちのような零細企業がそれをやっては先はありません。 
 
私はその意識が強いので 
 
顧客の利益に反する取引を社員がしようとすると 
 
それを制止するのです。 
 
社員はせっかくまとめた契約 
 
私がそれを阻むとなれば面白くありませんよね 
 
過去には何度も大声で言い争いました。 
 
しかし 
 
私が金に目がくらめば 
 
もう当社の先はありませんから 
 
最後は私の思いが通る事になります。 
 
そんな訳で 
 
社員の皆さんは 
 
顧客に提案する時には 
 
しっかりお客様の利害を頭に入れて下さい。 
 
特に相続対策 
 
建築屋からの紹介料欲しさに 
 
やたらそんな話しを持ち出すのは止めて下さい。 
 
当社は 
 
財産を守るために相続対策をしたのに 
 
それが裏目に出て 
 
苦境に陥った人達 
 
これを助ける事によって 
 
ここまで成り立ってきたのです 
 
くれぐれも加害者にはなってはいけませんよ 
 
って話しです。 
 
金儲けの社会は弱肉強食の世界です。 
 
元来ビジネスのモラルは顧客の利益と相反する 
 
そんな方向に進みやすいのです。 
 
ですから意識しないと 
 
すぐに加害者になるのです。 
 
 


  12月26日のテレビ東京「ガイアの夜明け」ではレ●パレスを社名を出して放送していました。地主に賃貸アパートを建てさせますが、10年間家賃保証のはずの契約を「状況が悪化した」として中途減額を強引に承諾させます。
…金持ち土地持ちは、寄ってくる儲け話のリスクを見抜く力がないと大変ですね。
江戸川 ..1/5 0:31(金)

  >江戸川さん
その会社の件は当社でも具体的に被害者から聞いていますがまさにそのパターンですね。その会社の後始末 これからお手伝いが増えそうです
はるぼ ..1/5 8:49(金)
>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++