駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 1月
 日 月 火 水 木 金 土
- 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - -

1月 31日 (水) 長く続くための信念
1月 30日 (火) 苦しみも悲しみも脳が機能して....
1月 29日 (月) 厚化粧はアクセスが伸びない原因
1月 28日 (日) 魅力的な場所で仕事ができる有....
1月 27日 (土) 良い事は起るけど悪いことは起....
1月 26日 (金) 和室の美しさは正座の美しさと....
1月 25日 (木) コンプレックスは地雷
1月 24日 (水) お金に追いかけられるのは怖い....
1月 23日 (火) 大雪に先人の過酷さを思う
1月 22日 (月) お金を貰っておきながら恩まで....


 

 1月 5日 (金)
 過去をねつ造して美化するのは人間の本能
私が大学生の頃は 
 
“今日は聖徳太子が入ったからおごってあげる” 
 
なんて会話を良く交わしましたね。 
 
聖徳太子は1万円札を意味する隠語でした。 
 
私達は中学の頃 
 
聖徳太子は冠位十二階を定め 
 
17条の憲法を制定しました 
 
なんて習いましたが 
 
しかし驚いた事に 
 
この聖徳太子は実在しなかったんですよね。 
 
聖徳太子と言う名前は 
 
本人が亡くなって100年以上も経ってから付けられた名前です。 
 
つまり 
 
本人や家族からすれば 
 
“聖徳太子って誰?” 
 
って事になります。 
 
ではどうして後生の人は聖徳太子って呼ぶようになったんでしょうかね? 
 
私は歴史学者じゃありませんから詳しい事は分かりませんが 
 
天皇を中心とした国造りを維持したい人達にとっては 
 
神格化する事によって利用できますから。 
 
本名の厩戸王子では 
 
名前がいまいちダサイ 
 
そう考えたかもしれませんね。 
 
実際最近でも 
 
文部科学省で指導要綱で厩戸王という名前使用するように 
 
と改訂しようとしたら批判が殺到したそうですから 
 
今の時代でも聖徳太子でなければ困る 
 
なんて人がたくさんいる訳です。 
 
本人が生きてた時代には誰も使わなかったのに 
 
後生の都合で新しく名前をつけられ神格化される 
 
本人はどう思ってるんでしょうね? 
 
まあしかし 
 
後生の人が歴史を利用するのは 
 
何も聖徳太子だけではありません 
 
私達が学ぶ歴史はそんな話しだらけです。 
 
琉球の正史では日琉同祖論の展開目的で 
 
八丈島で亡くなったはずの源為朝まで持ち出して 
 
舜天王を産んだ事になっています。 
 
歴史だけではありません 
 
私の実家でも 
 
母親は先祖の事を立派だったといつも語ってましたが 
 
その内容は 
 
脚色され増幅されてるのが 
 
今になればよく分かります。 
 
ただこの事が間違ってるかと言うと 
 
その時々の時代の要請ですから 
 
間違ってる訳ではありません。 
 
日本で言えば 
 
聖徳太子を神格化する事によって 
 
天皇支配の正当化に役立ったでしょうし 
 
それによって国が安定すれば 
 
国民にとっては良いこと 
 
そんな風にも言えます 
 
私の母親も先祖の事を立派だったと語りましたが 
 
それによってその血を引く私達も 
 
先祖の名前を汚してはいけない 
 
この思いが強く植え付けられましたから 
 
犯罪に走る事も無かった訳です。 
 
ですから 
 
歴史は 
 
後生の都合でいくらでもねつ造され利用されるし 
 
これは悪い事とは限らない 
 
これが私の考えです。 
 
実際に日々の生活の中でも 
 
子供の教育のために 
 
自分の過去のねつ造は普通に行われます 
 
私自身 
 
中学生の未熟な時期の事は 
 
子供達には語れませんし 
 
適当に話しを作った事は何度もあります。 
 
ただ 
 
この建設的な過去のねつ造 
 
悪いとは言いませんが 
 
その過去を知る人がいる間は 
 
止めた方が良いですね。 
 
厩戸王子も100年以上経過して 
 
当時の人が誰もいなくなって 
 
聖徳太子って事になった訳で 
 
琉球の為朝伝説は 
 
本人の死後400年以上も経ってから書かれてる訳です。 
 
ですから 
 
個人の過去のねつ造は 
 
それを知ってる人がいれば 
 
バレる可能性がありますから 
 
極力避けた方が良い 
 
これは間違いありません。 
 
私達不動産の世界は狭く 
 
昔悪さをやらかした人が 
 
どこかの会社の管理職になってたりします。 
 
で 
 
私のように長くこの世界にいると 
 
その男の昔を知っていますが 
 
本人は 
 
過去を書き換え 
 
新しい世界で生きてる訳です 
 
これはこれで悪い事ではありませんが 
 
私のような人間が出てくると 
 
本当にいやでしょうね。 
 
たまにそんな男と 
 
道でばったり会ったりしますが 
 
こちらが声かけても無視しますね。 
 
少しムカつきますが 
 
相手の立場に立てば 
 
そうせざるを得ない訳で 
 
気の毒な話しです。 
 
消したつもりでも消せない 
 
過去はそんなやっかいなものでもあります。 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++