駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
人気blogランキングへ

人気ブログランキングへ

名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 1月
 日 月 火 水 木 金 土
- 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - -

1月 31日 (水) 長く続くための信念
1月 30日 (火) 苦しみも悲しみも脳が機能して....
1月 29日 (月) 厚化粧はアクセスが伸びない原因
1月 28日 (日) 魅力的な場所で仕事ができる有....
1月 27日 (土) 良い事は起るけど悪いことは起....
1月 26日 (金) 和室の美しさは正座の美しさと....
1月 25日 (木) コンプレックスは地雷
1月 24日 (水) お金に追いかけられるのは怖い....
1月 23日 (火) 大雪に先人の過酷さを思う
1月 22日 (月) お金を貰っておきながら恩まで....


 

 1月 9日 (火)
 復讐心は転落の案内人
私が10代の頃人気だった必殺仕掛け人ってテレビ番組 
 
面白かったですね。 
 
時代劇なのに西部劇風の音楽と 
 
緒形拳のキャラが今でも強烈に印象に残ってます。 
 
その後必殺仕事人にタイトルが変わり 
 
藤田まことが主演なり長く続きました。 
 
仕事人になってからはじっくり見た事はありませんが 
 
悪いやつを懲らしめると言う 
 
時代劇の基本路線は外れずに長く人気を保ったと思われます。 
 
でこの仕事人 
 
おとといベッドに入り眠気が襲うまでテレビをつけたら 
 
またやってましたね。 
 
東山紀之が主演になってましたが 
 
基本的な空気は仕掛け人を踏襲していました。 
 
この新しい仕事人 
 
感想は人それぞれでしょうが 
 
私自身は全く面白くなかったですね。 
 
眠気が襲った事もあり 
 
10分足らずで消しました。 
 
もう見たいとは思いません。 
 
今までのようにチラ見位はすると思いますが・・ 
 
で今の時代でもこの手の時代劇が復活する理由 
 
それは 
 
私たち人間の心に潜む悪いやつを懲らしめる 
 
って願望が満たされるからですよね。 
 
水戸黄門もそうですが 
 
時代劇は最後は悪いやつがこてんぱんにやられる事が保証されてますので 
 
安心して見れるって事です。 
 
ただ 
 
私たちの心に宿るこの願望 
 
本当に危険な物でもあります。 
 
必殺仕事人は 
 
人間の復讐心を満たして人気を得てる訳ですが 
 
この復讐心は 
 
人間を不幸にする危険物です。 
 
彼女に捨てられてその復讐で刺し殺す 
 
なんて事件は後を絶ちませんし 
 
不良同士は 
 
お互い復讐心がエスカレートして殺し合いをします。 
 
じゃ 
 
事件にならなければ良いか? 
 
と言えばそうではありません。 
 
私たち日々の生活でも 
 
この復讐心で転落していく人 
 
たくさんいます。 
 
アパートの入居者でも 
 
隣人の音がうるさいので 
 
その人の部屋の前にゴミを撒いて復讐した 
 
なんてケースがありましたが 
 
そんな事をすれば 
 
アパートに住めなくなり 
 
結果復讐のつもりが 
 
大金を払って自分が立ち退く事になります。 
 
また会社でも 
 
同僚に恨みを募らし 
 
復讐 
 
なんてケースは私が具体的に知ってる範囲でも結構あります。 
 
私自身若い頃はその対象になった事もあります。 
 
いずれにしても 
 
現実社会は時代劇とは全く違います。 
 
復讐心は 
 
ほとんどが自分にはね返り自分自身を苦しめて終ります。 
 
どうしてそうなるかと言えば 
 
現実社会は時代劇の世界と違い 
 
善悪は明確では無いのです。 
 
不動産屋の世界では 
 
昔の業者は 
 
自分の顧客を取られると 
 
”抜き“ 
 
って言葉を使い相手を悪と決め付けましたが 
 
しかしこれも顧客の立場からすると逆転する事が良くあります。 
 
売却を頼んでも自社の利益を優先して囲い込み 
 
結果売却の機会を逸し価格が大幅下落 
 
そんな時に売主が媒介を切り 
 
他社に頼む訳ですが 
 
媒介を切られた業者は怒り狂い 
 
おたくは抜くのか? 
 
なんて怒鳴り散らかしますが 
 
顧客からすれば自分の利益を害して 
 
自社の利益を追求する不動産屋は悪って事になります。 
 
私はこの事は会社を起こした時から意識して 
 
社員には徹底して伝えてますが 
 
ただこれは本当に難しくて 
 
未だに私の思いが理解出来ない社員もいます。 
 
理解できなければ理解させるまでですから 
 
時々怒鳴り合いも起るのです。 
 
話しが逸れかけましたね 
 
いずれにしても 
 
この復讐心は大体に置いて非生産的であり 
 
マイナスの要因です。 
 
ですから 
 
この気持が湧いたら 
 
まず自分の内面から排除する事 
 
これを徹底して習慣づけるべきでしょう。 
 
ただこれは必殺仕事人の人気が示す通り人間の本能に根ざした物ですから 
 
取り去るのは簡単ではありません。 
 
ただ 
 
ビジネスで成功する人達は 
 
大体その手段を身に付けています。 
 
具体的には 
 
この復讐心 
 
弱い人や卑怯者に宿る 
 
そんな傾向があります。 
 
自分をイジめた人が怖くて 
 
仕返しできない 
 
だから夜遅くに頭にロウソクをかざして 
 
藁人形にクギを打つのです。 
 
相手を呪ってなんとかなる 
 
なんて考えがそもそも幼稚の極みですね。 
 
呪って相手が殺せるなら 
 
武器は必要ありませんからね 
 
莫大な予算を軍事費に割いてる国家は 
 
皆大馬鹿って事になります。 
 
つまり 
 
復讐心を根絶したいななら 
 
正々堂々と強く生きるしかないのです。 
 
同僚の成績を妬むなら 
 
自分も負けないように努力すれば 
 
絶対に復讐心は湧いてきません。 
 
努力もせずに 
 
復讐 
 
なんて考えるから 
 
どこまでも転落するのです。 
 
 
 


  必殺仕事人スペシャル!久しぶりに見ましたが、それぞれの正義のぶつかり合いでしたね。
戦争も、それぞれ正義の戦いだと思います。

はるぼ社長の言う「正々堂々と強く生きる」は自己責任で生きるってことと捉えて良いでしょうか?
みやぎゆたか ..1/10 8:59(水)

  >みやぎさん
こないだは有難うございました。大変楽しい夜でしたね。 まあ自己責任は今の時代しっかり頭に入れるべきですよね。自由が保証されてる時代に生きるのであれば責任とセットって訳です。 今日の話しは恨み妬みも人生にマイナスに作用しますがこれを取り去るのは簡単じゃないって事です。かなり強くならなければ堂々と生きる事はできません。
はるぼ ..1/10 9:19(水)
>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++