駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 10月
 日 月 火 水 木 金 土
- 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - -

10月 17日 (水) メールアドレスで遊んではいけ....
10月 16日 (火) 社員は社長の鏡
10月 15日 (月) 言葉は凶器になったり万能薬に....
10月 14日 (日) 楽観と心配のバランスが大切
10月 13日 (土) 長年たくさんの社員が築き上げ....
10月 12日 (金) 救急車で緊急搬送されました
10月 11日 (木) 不要な書類がどうも馴染めません
10月 10日 (水) 社会生活と動物の本能
10月 09日 (火) お寺も檀家も神社も無縁の世界....
10月 08日 (月) 沈黙は雄弁


 

 10月 6日 (土)
 徒労の苦しみは生かさなければもったいない
火曜日にゴルフクラブに行ったら 
 
信じられない事になっていました。 
 
台風24号で 
 
樹齢60年以上の大木が根っこをむき出して 
 
たくさんひっくり返っていました。 
 
これまで倒れなかった訳ですから 
 
ゴルフ場にとっては 
 
過去最大の強風が吹いた可能性が高い訳です。 
 
まぁしかしゴルフは遊びですが 
 
沖縄の仲間から送られてきた写真は凄いですね。 
 
建物が倒壊したり 
 
屋根がそっくり吹っ飛んで家の中から青空を仰ぐ事になったり 
 
まるで空襲に遭ったかのようです。 
 
そんな中沖縄ではおとといと昨日にかけて 
 
今度は台風25号に立て続けに襲われましたから 
 
頑張ってやった復旧作業もパァ 
 
なんて人もいるんでしょうね。 
 
努力が水泡に帰す 
 
これ本当に応えますよね 
 
私の両親は半年も重労働に耐えて収穫期が目の前に迫った田んぼに 
 
台風が押し寄せると 
 
本当に落胆していました。 
 
私は子供ながらに農業は絶対にやりたくない 
 
って思った物です。 
 
まぁしかし自然災害なら諦めもつきますが 
 
良く同じ事が人間よってもたらされますよね。 
 
高校球野球では 
 
小学生の頃から練習に打ち込んで 
 
夢だった甲子園がすぐそこまで来てるのに 
 
部員の暴行事件で出場辞退 
 
なんてニュースが流れますが 
 
まぁ辛いでしょうね。 
 
心より同情します。 
 
私の知合いに 
 
お子さんが医学部を目指してた方がいますが 
 
その子が頑張って合格したのに 
 
結局お金が用意できずに断念した方がいます。 
 
これも子供の気持を考えるとやり切れませんよね。 
 
まぁしかしこれが人間社会です。 
 
努力がムダになる 
 
なんて事に耐えられなければ 
 
人生はそんな話しだらけですから 
 
とても乗り切れません 
 
まだムダになるだけなら良いですよね。 
 
最近オウムの事件を振り返ったテレビ番組を良く見ますが 
 
大切に育てて 
 
せっかく難しい大学に入ったのに 
 
その.子供達が殺人犯なり処刑になった親たち 
 
その気持は想像すらできません。 
 
ですから 
 
人生は努力がムダになるなんてのは最初から覚悟して 
 
それに対する耐性 
 
これも養うべきでしょうね。 
 
特に不動産の仕事は 
 
頑張って営業活動をしても 
 
それが裏目に出る 
 
なんてのは日常茶飯事です。 
 
お金と時間をかけて営業活動してきて 
 
やっとお客様を見つけたら 
 
売主が心変わり 
 
なんてのはいくらでも起こります。 
 
そんな時に営業マンは失望し無力感に襲われますが 
 
しかしこれに耐えるのも不動産の大切な心構えです。 
 
この覚悟がない不動産屋は 
 
お客様の心変わりに動揺し怒鳴り散らかす訳ですが 
 
そうしたからと言って元に戻る訳ではありませんからね 
 
とっとと諦めて次の仕事に移るべきですが 
 
器の小さい人は 
 
いつまでもギャーギャーする訳です。 
 
まぁしかし 
 
お客様の変心に苦しむのが不動産屋の宿命であれば 
 
本来絶対に加害者になるべきではありませんよね。 
 
ところが 
 
立場が変われば 
 
相手の気持は全く考えない 
 
これも腐るほどいるのがこの業界です。 
 
私は 
 
自社の専任物件に他社が客付けして契約予定を決めた後 
 
その後自社で両手の話しが来ても 
 
絶対にブレずに片手を選択させますが 
 
しかしこれは業界ではむしろ希です。 
 
大体はそれまでの話しをくつがえして 
 
自社の契約優先 
 
大手の業者も含めこれが当たり前です。 
 
そんな悔しい思いを散々したから 
 
私は筋を通す訳ですが 
 
しかし 
 
世の中には自分がやられた事を誰かにやり返す 
 
これを生き甲斐としてる人もたくさんいますから 
 
それも人間の本質かも知れません。 
 
私達の中学時代は 
 
後輩をリンチする人間は 
 
悉く先輩に同じ目に遭った人達です。 
 
この連鎖が今の時代まで続いて 
 
たまに新聞でも中学生のリンチ事件が報じられる訳です。 
 
まぁしかしこのリベンジ本能の強い人 
 
しっかり改心した方が良いですね。 
 
私はこの歳になって強く思いますが 
 
たとえ子供の頃の出来事であっても 
 
この性格は一生自分の人生を狭めます 
 
部活のOBの集まりでも 
 
後輩いじめに熱心だった人は出て来れませんし 
 
同窓会でもそんな人達はまず見かけません。 
 
私は今村に戻れば 
 
たくさんの友人達がいますが 
 
誰一人後輩を殴るのが生き甲斐だったなんて人間はいません。 
 
ですから 
 
昔の人が言った 
 
“自分がやられて嫌だった事は人にはやらない” 
 
これはしっかり心に刻むべきですよね。 
 
これができないと 
 
不動産の世界でも 
 
時間が経てば居場所は無くなります。 
 
両手の欲に駆られて義理を欠いて逃げ回った結果 
 
その後の人生をずっと逃げ回ってる人もたくさんいます。 
 
そうならないために 
 
欲と欲とがぶつかる世界だからこそ 
 
しっかり筋を通せば 
 
逆に輝き 
 
そこで人生を全うできる訳です。 
 
目先の欲に駆られて 
 
人生を台無しにしないように 
 
社員の皆さんは特に気をつけましょう。 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++