駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 11月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-

11月 30日 (金) 法人と自然人
11月 29日 (木) 老いも若きも自分の人生第一主義
11月 28日 (水) 最後は覚悟するのみ
11月 27日 (火) 狂った時代の終焉
11月 26日 (月) 時に経済合理性と矛盾するのが....
11月 25日 (日) 加害者と被害者の意識の差は信....
11月 24日 (土) 協定と協約の違い
11月 23日 (金) 弁護士依存症に陥りませぬよう....
11月 22日 (木) 自分の正義は自分だけの物
11月 21日 (水) 心の中に欲が蔓延すれば待って....


 

 11月 24日 (土)
 協定と協約の違い
日々洪水のように流れてくるニュースで 
 
その理解を深めようと思えば 
 
言葉の持つ意味を頑張って少しだけ深く知る 
 
これだけで全く違っています。 
 
例えば最近韓国で徴用工裁判で判決が出ましたが 
 
私を含めて日本人が呆れてるのは 
 
これが日韓請求権協定を無視してるからです 
 
一方2015年には日韓慰安婦合意が交わされましたが 
 
これも日本は10億円も出したのに 
 
相手は財団を解散してしまいました 
 
これも問題ですが 
 
しかし日韓請求権協定とは違い 
 
そんな事もあるだろう 
 
って予測できた話です。 
 
つまり 
 
日韓請求権協定と慰安婦合意 
 
これは決定的に違うのです。 
 
協定は法的拘束力があるのに対し 
 
合意はいつでも破棄できる 
 
そんな違いがあります。 
 
ちなみに協約って言葉もありますが 
 
日本では合意と協約を分けて使ってますが 
 
英語ではagreement ですから同じです。 
 
この違いが分かれば 
 
トランプが簡単にイラン核合意を破棄した理由も理解できますし 
 
北朝鮮が6ヶ国合意に反し 
 
核ミサイル開発を続けた理由も分かります 
 
逆にアメイカは北米自由貿易協定を一方的に破棄できずに 
 
再交渉を求めてる 
 
この違いも分かります。 
 
どうしてそうなるかと言えば 
 
協約や合意は行政機関が勝手に締結できますが 
 
協定は議会の批准が必要だからです 
 
その違いは国際法においては 
 
法的拘束力のある無しになり 
 
決定的に違います。 
 
だから日本は日韓請求権協定を反故にする韓国の判決に対し 
 
国際司法裁判所への提訴をチラつかせてる訳です。 
 
この位にしましょうね 
 
飽きられてしまいそうですし私のボロも出そうです。 
 
今日語りたいのは 
 
不動産の世界でも協約と協定の違い 
 
これを理解する必要があるって事です。 
 
具体的には 
 
建築協約と建築協定 
 
って言葉がありますが 
 
これ 
 
似てますが全く違います 
 
それは行き着く所は 
 
国際条約と同じで法的拘束力です。 
 
つまり 
 
建築協定地域は 
 
それによって禁じられた建物は建てられませんが 
 
建築協約地域は 
 
協約で建てられません 
 
って書いてあっても 
 
行政の判断はそれに縛られないって事になります。 
 
まぁこの程度の知識は不動産屋は誰でも持ってると思いますが 
 
これはお客様にはしっかり説明しないと 
 
大きなトラブルになります。 
 
例えば 
 
ある土地を買って貰ったとして 
 
それが建築協約地域に入っていて 
 
アパートの建築が禁じられてる 
 
だから隣にアパートが建つことは無い 
 
なんて思いで買った人が 
 
ある日隣の空き地にアパート建設予定の看板が立ち 
 
真っ青になって 
 
不動産屋に駆け込んで来るのです。 
 
ですから 
 
このトラブルは大きなトラブルになります 
 
そんな訳で 
 
この話は普通であれば分かり切った話ですが 
 
社員の注意喚起のために 
 
こんな話を書いてる訳です 
 
なんせ私達の地域には建築協約地域がたくさんありますからね 
 
くれぐれも社員の皆さんは 
 
しっかり協約と協定の違いを頭に叩き込んで 
 
お客様も真っ青 
 
自分も真っ青 
 
なんて事にならないように 
 
って話です。 
 
 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++