駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ
名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 11月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-

11月 30日 (金) 法人と自然人
11月 29日 (木) 老いも若きも自分の人生第一主義
11月 28日 (水) 最後は覚悟するのみ
11月 27日 (火) 狂った時代の終焉
11月 26日 (月) 時に経済合理性と矛盾するのが....
11月 25日 (日) 加害者と被害者の意識の差は信....
11月 24日 (土) 協定と協約の違い
11月 23日 (金) 弁護士依存症に陥りませぬよう....
11月 22日 (木) 自分の正義は自分だけの物
11月 21日 (水) 心の中に欲が蔓延すれば待って....


 

 11月 26日 (月)
 時に経済合理性と矛盾するのが地価
カルロスゴーンさんの続報を注意深く見ていますが 
 
まぁ未だに理解できませんね 
 
本当に逮捕するほどの事件ですかね? 
 
横領でもなく脱税でもない 
 
金融商品取引法の虚偽記載? 
 
これ過大に見ても形式犯であり 
 
逮捕して長期間拘留するだけの事でしょうかね? 
 
会社で買った豪邸を私的に利用してた 
 
なんて話もさも犯罪の如く報じられてますが 
 
こんな事をやってる経営者は普通にたくさんいますよね。 
 
私は自宅は自分のお金で買いましたが 
 
当時税理士から会社名義にした方が節税になる 
 
ってアドバイスされましたからね。 
 
まぁ私が理解できないだけで 
 
優秀な検察が判断したことですから間違いは無いのかもしれませんが 
 
多分の私のように疑問に思ってる人はたくさんいると思いますので 
 
是非納得の行くように情報を公開して欲しいものです。 
 
最後に日産の権力闘争に検察が踊らされた 
 
なんて情けない結果にだけはならないように祈っています。 
 
この話はこの位にして 
 
このニュースで気になる話が流れてきました。 
 
それはゴーンさんが 
 
レバノンに豪邸を買ってた 
 
って話です。 
 
このニュースは驚きましたね。 
 
廃虚同然の家を7億円で買って 
 
さらに数億円をかけて内装した 
 
って話ですが 
 
私の中ではレバノンは 
 
戦争でズタズタの国 
 
ってイメージです。 
 
私たちが若い頃は 
 
レバノンの内戦で破壊されたベイルートの映像が良く流れましたし 
 
最近でもイスラエルと戦争をしていましたよね 
 
直近ではシリアの内戦の影響をモロに受けてるはず 
 
なのに 
 
東京よりも家がはるかに高い 
 
これに驚いた訳です。 
 
どうしてなんでしょうね? 
 
戦火に見舞われる中東の小国なのに・・・ 
 
まぁ今は私には分かりません 
 
機会があれば一度言ってこの目で見てみたい 
 
なんて思いが湧いてきましたね。 
 
ただ 
 
少しネットで調べて分かったのは 
 
レバノンは昔は中東のパリと言われてたんですよね 
 
ですから 
 
もしかしたら私たち日本人は分からないだけで 
 
その地域ではステイタスシンボル 
 
みたいな意識があるのかも知れませんね 
 
金持ちが成功の証としてレバノンの土地を買う 
 
これが地価が高い理由 
 
なんとなくそんな気がします。 
 
まぁしかしこの地価は元々そんな性質を持っていますよね。 
 
つまり不動産価格は 
 
経済原理だけで決まる訳ではない 
 
ってのが日本特に関東で不動産の仕事をしてると良く分かります。 
 
よく通勤の利便性を語る時に 
 
東京駅から何`圏内 
 
なんて話がでますが 
 
これで判断すると 
 
地価は大きな矛盾があります。 
 
具体的には 
 
東京駅から東に1時間で通勤するのと 
 
西に1時間通勤するのでは 
 
地価は大きく違うのです。 
 
経済的な合理性から言えば同じであるべきですが 
 
どうして地価が違うのか? 
 
まぁこれは私の意見ではありませんが 
 
一般的に言われてる事は 
 
日本の長い歴史の中で 
 
日本人に植え付けられた潜在意識 
 
これが地価に表れるって話です。 
 
具体的には 
 
日本の都は昔は京都ですから 
 
関東からすれば 
 
西に向かうと言う事は都に向かう事であり 
 
出世のイメージがある訳です 
 
逆に東に行けば蝦夷の国ですから 
 
没落 
 
そんな印象につながります。 
 
この歴史的に根付く意識 
 
これが 
 
今の時代の地価にも反映されてるって訳です。 
 
面白いですよね 
 
徳川幕府ができて400年以経っても 
 
日本人の潜在意識は京にあるって訳です。 
 
そんな訳で 
 
地価は経済合理性だけで決まる訳ではありません 
 
不動産投資家の皆さんは 
 
そんな事も頭に入れながら 
 
適切な投資判断を心がけるべきでしょうね。 
 
徳川が江戸城を構え 
 
明治維新で天皇が東京に移り 
 
結果東高西低となり 
 
長く関西の没落が語られてましたが 
 
これから大きく盛り返すかも知れませんね 
 
大阪の外国人観光客は1000万人を超えましたし 
 
万博も決まりました 
 
歴史的に西が日本の政治経済の中心地だった訳ですから 
 
また元に戻るかもしれませんね 
 
歴史は繰り返すって言いますしね。 
 
日本政府が 
 
外国人をたくさん迎え入れる方向に舵を取るのであれば 
 
アジアに近い関西は 
 
立地で関東に勝る 
 
そんな風に感じています。 
 
しかし私は関西には全くの無知ですから 
 
近いうちに一度行ってみようか? 
 
なんて思っています。 
 


  面白いですね。同じ通勤圏内でもそんな意識の違いも影響するんですね。(^-^)
小川 ..11/26 8:33(月)

  私は3年前に1年間大阪に住んで、兵庫県に通勤してましたが、沖縄出身の自分には合わなくて1年で仕事も辞めて沖縄に帰りました。
関西弁(特に播州弁)がきつく感じる、また接客業をしていて感じたのですが東京、沖縄に比べて物言いのきついクレーマー体質の方々が圧倒的に多いです。
関西が関東に比べてバッとしないのはそれも原因の一つのような気かします。
ちゅらさん ..11/26 10:17(月)

  >小川さん
そうなんですよ、私も若い頃最初は不思議に思っていましたが色んな人から話を聞いて理由は潜在意識に行き着く事が分かって驚きました。

>ちゅらさんさん
播州弁って初めて聞きましたがそんなにキツいですか?
もっとも沖縄も結構言葉が乱暴な地域もありますよね。いずれにしても私は関西に無知なので大変興味深いお話でした。
はるぼ ..11/26 18:50(月)
>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++