駅前不動産屋 今日も回りは敵だらけ

人気blogランキングへ


名も無い小さな駅前不動産屋が
強力な大手不動産屋と
地主系地元業者のひしめく中
ナントカ生き残ってます。

ハウスショップのホームページ

2018年 11月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-

11月 30日 (金) 法人と自然人
11月 29日 (木) 老いも若きも自分の人生第一主義
11月 28日 (水) 最後は覚悟するのみ
11月 27日 (火) 狂った時代の終焉
11月 26日 (月) 時に経済合理性と矛盾するのが....
11月 25日 (日) 加害者と被害者の意識の差は信....
11月 24日 (土) 協定と協約の違い
11月 23日 (金) 弁護士依存症に陥りませぬよう....
11月 22日 (木) 自分の正義は自分だけの物
11月 21日 (水) 心の中に欲が蔓延すれば待って....


 

 11月 27日 (火)
 狂った時代の終焉
私は若い頃少しゴルフをやって 
 
それから20年くらい休んで 
 
また再開した訳ですが 
 
まぁ当時と比べて 
 
ゴルフ環境は大きく変わりましたね。 
 
昔は予約を取るのにメンバーの紹介が必要だったところが多かったのですが 
 
今はそんなゴルフ場はほとんどありません。 
 
プレー代も随分安くなりました 
 
感覚的には当時の3分の1って感じです。 
 
また道具も大分変わりました。 
 
私が昔使ってたドライバーのヘッドは小さかったのですが 
 
今はそんなクラブはどこ探してもありません。 
 
クラブの進化で体力は落ちても 
 
飛距離はそれほど変わりません。 
 
この変化は私達ゴルファーにとっては大変有難い事だらけですが 
 
その中でも私が特に思うのはキャディーさんへのチップの心配が無くなった事ですね 
 
セルフプレーがほとんどになりましたし 
 
キャディーさんが付いても 
 
ゴルフ場がチップを禁止している所も増えました。 
 
結果キャディーさんへのチップの習慣は消えたのです。 
 
昔はゴルフだけでなく 
 
旅館でも仲居さんに少し包む事が多かった訳ですが 
 
私はどうもそれが苦手でした。 
 
いくら包んだら良いのか 
 
どのタイミングで渡せば良いのか? 
 
悩みのタネでしたね。 
 
ですから元々日本にはそんなに根付いてなかったチップ 
 
消えた事は大変有難い訳ですが 
 
しかし外国に行った時には困りますよね 
 
チップ文化が根付いていますからね 
 
タクシーからレストランまで 
 
チップだらけです。 
 
そんな時にいつも思いますよね 
 
日本は良い国だと・・ 
 
ただ 
 
ここに来て 
 
日本も少し変化してきましたね。 
 
日本でチップが浸透しないのは 
 
サービスはタダ 
 
そんな潜在意識があるからです。 
 
飲み水もタダサービスもタダ 
 
この日本の状況に驚く外国人も多かった訳ですが 
 
最近は飲み水を普通に買うようになりましたし 
 
ここへ来てサービスの無料提供 
 
これも急激に変化しています。 
 
会社では車を良く買いますが 
 
その買った車をディーラーが持ってくると 
 
お金を取るようになりましたね。 
 
以前では考えられなかった事です。 
 
また最近車がパンクしましたが 
 
昔は知合いのスタンドに言えば 
 
やってきてタイヤの脱着をしてくれましたが 
 
今はどこに聞いてもそんな事はやってくれません。 
 
そんな訳で 
 
サービスはタダ 
 
この常識が日本では急激に変化してるのです。 
 
またお店を悩ますクレーマーの皆さん達 
 
日本で顧客第一主義が蔓延した結果異常増殖した訳ですが 
 
これ私は随分前から大問題だと思っていましたが 
 
ここへ来て悪質顧客に対する厳しい対応が進むようになりましたね 
 
法整備も検討されてるようです。 
 
飲食店によっては 
 
“お客様は神様でもなければ店員は皆さんの奴隷でもありません” 
 
なんて張り紙をする店もあるようですが 
 
以前であれば叩かれたと思いますが 
 
今は概ね顧客にも評判が良い 
 
そんな話がテレビで流れていました。 
 
まぁしかし 
 
これまでの日本はかなり異常でしたね。 
 
コンビニの店員の態度が悪いと言って土下座させて 
 
それをネットで上げた人がいましたが 
 
こんな人達は本当に店員は自分の奴隷だと思ってるんでしょうね。 
 
元来そんな顧客は排除すべき存在ですが 
 
お客様は全て神様 
 
そんな話が長く企業の教育で行われた結果 
 
いびつな顧客と事業者の関係になったんですよね。 
 
私自身は会社設立以来 
 
顧客にサービスを提供して 
 
それに相応しい報酬を頂く 
 
この方針は徹底していますので 
 
会社に害及ぼす顧客は排除しますし 
 
欲が深すぎて入居者に過剰に負担を要求する家主 
 
これもバサバサお付き合いを止めさせていただきました。 
 
結果どうなるかと言えば 
 
業績は落ちません 
 
つまり 
 
元々正常な顧客だけを相手にしてもビジネスは成り立つのです 
 
逆に異常な顧客を受け入れば 
 
業績の低下要因になります。 
 
それと 
 
自分を神様だと思って 
 
社員を怒鳴り散らかす顧客を受け入れては 
 
社員が持ちません 
 
最近は社員の処理能力も高まりましたから 
 
私の出番がありませんが 
 
以前は不良顧客の排除 
 
これは私の役目でした。 
 
そんな訳で 
 
私は元々顧客の選択は行って来たので 
 
最近までの何でもかんでも顧客が正しい 
 
って考えには違和感がありましたが 
 
ここに来てやっと 
 
世の中が私と同じ方向になってきましたので 
 
大変良い事だと思っています。 
 
外の世界で勘違いが身についた顧客は 
 
間違い無く減ると思いますので 
 
私達もこれで楽になります。 
 
あまりにも態度が悪いので 
 
“お客様当社ではお貸しできる物件はありませんお帰り下さい” 
 
って言ったら 
 
“テメーその言葉忘れるな、テレビで全国で放送させるから” 
 
って言った人もいましたね。 
 
まぁさすがに零細不動産屋がテレビに出る事はありませんが 
 
たまに 
 
そんな人種から流れて来た情報を取り上げるテレビ局がありますが 
 
そんな番組を見る度に 
 
テレビの罪は大きい 
 
そんな風に思うのです。 
 
もうテレビも 
 
悪質クレーマーは排除 
 
これを徹底してもらいたいものです。 
 
いずれにしても不良顧客を神様扱いする 
 
そんな狂った時代がやっと終る 
 
私はそんな時代認識を持って 
 
歓迎しています。 
 
 
 
 
 

>> 返信




| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |

++ Powered By 21style ++